情熱 大陸 テーマ。 田丸雅智(ショートショート作家)

「情熱大陸」メインテーマ/葉加瀬太郎【5

情熱 大陸 テーマ

このあと 23:00〜「情熱大陸」 ウイルス学者/河岡義裕 猛威を振るう新型コロナウイルス。 最前線で闘う博士がいる。 「医療現場を守らなければ…」 — 情熱大陸 jounetsu これは何度も放送して欲しい。 — WSXXX SAWAKKO3 Q 希望はありますか? 希望はあります。 我々みんなが行動自粛をすれば必ず流行はおさまります。 それは大間違い。 なぜならウイルスは人を選ばない」 またウイルス遺伝子の構造もわかってきた。 おっしゃる通りで。。。 — Maru Lifeisart30 今週の内容を直前に知って、とっさに録画した。 これは観なきゃ。 約400億の費用を全国にマスク2枚配るんじゃなく、こうした方々に研究費用として使って頂きたいよシンゾウさん。 頑張って頂きたい。 自分もやるべきことを淡々とこなしていこう。

次の

情熱大陸の医療従事者・坂本先生・コロナが話題

情熱 大陸 テーマ

未踏峰・未踏ルートにこだわり、世界が驚く数々の新ルートを制覇してきたトップクライマーの平出和也。 2009年、2018年と2度にわたり、登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初めて受賞。 また、自らの登山映像を撮り続ける山岳カメラマンとしても世界的に活躍する。 番組では、2018年に標高8611m、世界第二の高さを誇る「K2」の偵察の旅に密着した。 「K2」は高さこそエベレストよりも低いものの、厳しい気候条件や雪崩、滑落の危険性から世界で最も登るのが難しいとされ、遭難者が極めて多いことから"非情の山"とも呼ばれている。 そこで新たな未踏ルートを見つけた平出は、"これからの人生をかける挑戦"と位置付けた。 ただ、「K2」の未踏ルートを登るには、まだまだ経験不足だと自覚していた平出。 そこで2019年の夏、高所でのトレーニングのため、新たな山へ赴いた。 パキスタン北部、カラコラム山脈に位置する「ラカポシ」。 標高は7788m。 "K2へのトレーニング"と言っても、こだわりの未踏ルートからこの山を制覇すべく、相棒の登山家・中島健郎と共に挑む。 40歳を過ぎ「若い頃のようには体が動かなくなりつつある... 」と言う平出の"最後の悪あがき"。 果てしない挑戦を続ける姿を追う。 KAZUYA HIRAIDE 1979年長野県出身。 元々、陸上の競歩選手だったが、ルールの定められた中で人と競いあうことに疑問を持ち、大学2年の秋に山岳部へ。 そこで、山の世界の虜になる。 少人数で、荷物を軽量化しスピーディーに登る「アルパインスタイル」を得意とし、誰も足を踏み入れたことのない未踏峰・未踏ルートにこだわってきた。 これまでヒマラヤの8000m峰を5座、7000m峰を11座、6000m峰を4座制覇している。 また山岳カメラマンとしても活躍し、平出にしか撮れない映像を求めて日本のみならず、海外からも依頼が舞い込む。 2017年、登山家とカメラマンとしての実績が認められ、「植村直己冒険賞」を受賞。 2児の父親でもある、41歳。

次の

【ウクレレ楽譜】情熱大陸(オープニング)/美女と野獣(Beauty and The Beast)/世界遺産(初代テーマソング)〔ウクレレソロ〕

情熱 大陸 テーマ

未踏峰・未踏ルートにこだわり、世界が驚く数々の新ルートを制覇してきたトップクライマーの平出和也。 2009年、2018年と2度にわたり、登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初めて受賞。 また、自らの登山映像を撮り続ける山岳カメラマンとしても世界的に活躍する。 番組では、2018年に標高8611m、世界第二の高さを誇る「K2」の偵察の旅に密着した。 「K2」は高さこそエベレストよりも低いものの、厳しい気候条件や雪崩、滑落の危険性から世界で最も登るのが難しいとされ、遭難者が極めて多いことから"非情の山"とも呼ばれている。 そこで新たな未踏ルートを見つけた平出は、"これからの人生をかける挑戦"と位置付けた。 ただ、「K2」の未踏ルートを登るには、まだまだ経験不足だと自覚していた平出。 そこで2019年の夏、高所でのトレーニングのため、新たな山へ赴いた。 パキスタン北部、カラコラム山脈に位置する「ラカポシ」。 標高は7788m。 "K2へのトレーニング"と言っても、こだわりの未踏ルートからこの山を制覇すべく、相棒の登山家・中島健郎と共に挑む。 40歳を過ぎ「若い頃のようには体が動かなくなりつつある... 」と言う平出の"最後の悪あがき"。 果てしない挑戦を続ける姿を追う。 KAZUYA HIRAIDE 1979年長野県出身。 元々、陸上の競歩選手だったが、ルールの定められた中で人と競いあうことに疑問を持ち、大学2年の秋に山岳部へ。 そこで、山の世界の虜になる。 少人数で、荷物を軽量化しスピーディーに登る「アルパインスタイル」を得意とし、誰も足を踏み入れたことのない未踏峰・未踏ルートにこだわってきた。 これまでヒマラヤの8000m峰を5座、7000m峰を11座、6000m峰を4座制覇している。 また山岳カメラマンとしても活躍し、平出にしか撮れない映像を求めて日本のみならず、海外からも依頼が舞い込む。 2017年、登山家とカメラマンとしての実績が認められ、「植村直己冒険賞」を受賞。 2児の父親でもある、41歳。

次の