若田和希。 [B!] 尼崎北郵便局の若田和希パワハラで場所特定!大道局長は50人を退職させた!

【予約+方法】埼玉 春日部:あゆみクリニックでコロナのPCR検査

若田和希

尼崎北郵便局のパワハラメールとは? 2020年3月17日の午前中でした。 インターネット上で 「尼崎北郵便局パワハラメール」がYahooリアルタイムでトレンド入りしていて、 しかも画像まで公開。 このことでネット上は大炎上しています。 こちらがその投稿内容になります。 《パワハラメール》 本日、尼崎北郵便局からこのようなメールが配達員全員に送られてきました。 内容を要約すると「切手売ってくるまで帰ってくるな!売れなかったら自腹切れ!」です。 見事なパワハラメールです。 この会社はかんぽ生命の件を全く反省してないみたいです。 — なにがし ryohey28 確かにしっかりと尼崎北郵便局からのパワハラメールと記載がありますね。 内容を要約すると切手を売ってくるまで会社に帰ってくるなと言うことのようです。 しかも売れなかったら自腹を切るということは自分でお金を払えということのようですね。 これは確かにパワハラと言えるかもしれません。 たとえ業務命令であったとしてもパワハラではないかとネット上では返事をしています。 尼崎北郵便局パワハラメールの送信者は誰? さてこの パワハラメールを送ったのは誰なのでしょうか。 このようなツイートも投稿されていました。 転載です! 尼崎北局長、大道透の悪事を決して許してはいけない。 私利私欲のために独断で意味不明な配置転換を繰り返し現場は困窮。 些細な事でも始末書の提出を要求、従わなければ訓告処分。 パワハラは日常茶飯事。 着任1年半で50人近くの正社員、期間雇用社員が退職。 — 郵政期間雇用社員でした。 2019年8月16日のツイートのため今回のものと関係があるかは信憑性は定かではないですがただ事ではないようですね。 昔ながらの気質の郵便局なのでしょうか。 この内容を見る限りではあまりにも杜撰な内容になっています。 尼崎北郵便局 部長の名前や顔画像は?パワハラメール ネットの反応は? さらに、 「尼崎北郵便局パワハラメール」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。 返納処理は現場管理者権限で拒絶できるような手続きではなく、全社共通で可能な手続きです。 こんな『上層部にいい顔見せて自己出世欲を満たそうとする浅ましい思考』がかんぽ生命の業務停止命令へと繋がって行ったことを、尼崎北郵便局第一集配営業部長若田和希は解っていないのでしょう。

次の

尼崎北郵便局の若田和希パワハラで場所特定!大道局長は50人を退職させた!

若田和希

スポンサーリンク 尼崎北郵便局の営業部長がパワハラメール? 《パワハラメール》 本日、尼崎北郵便局からこのようなメールが配達員全員に送られてきました。 内容を要約すると「切手売ってくるまで帰ってくるな!売れなかったら自腹切れ!」です。 見事なパワハラメールです。 この会社はかんぽ生命の件を全く反省してないみたいです。 — なにがし ryohey28 Twitter上で尼崎北郵便局のパワハラメールが従業員によって拡散され大炎上しています。 従業員には営業部長から切符販売のノルマに関するメールが送られ、かんぽ生命の事件から何も学んでいないと批判が殺到しています。 業務命令 携行販売(おもてなしの花)必ず販売して帰局して下さい。 返納は受け付けません。 第一集配営業部 部長 岩田和希 「必ず販売しろ・返納は受け付けない」という事で売れ残りは従業員の自腹という事なのかもしれませんね。 ノルマ販売を強いられている「おもてなしの花」は3月3日に販売開始された特殊切手のようで値段は840円です。 ノルマがどれぐらいなのか分かりませんが「売れるまで帰局しないで下さい」はパワハラであり、告発した従業員の勇気が凄いです。 スポンサーリンク ネット上の反応について 元配達員です。 このツイートをしたために、会社から不当な攻撃があったら、JP労組は当てにならないので、郵政産業ユニオンとか労働基準監督署、弁護士とかに相談をお勧めします。 もし身近に心当たりない場合は当方にご連絡ください。 若干伝手ありますので関西方面の適切な相談先ご紹介します。 かんぽ全く反省してない。 信用しない。

次の

尼崎 北 郵便 局 部長 実名

若田和希

スポンサーリンク 尼崎北郵便局の営業部長がパワハラメール? 《パワハラメール》 本日、尼崎北郵便局からこのようなメールが配達員全員に送られてきました。 内容を要約すると「切手売ってくるまで帰ってくるな!売れなかったら自腹切れ!」です。 見事なパワハラメールです。 この会社はかんぽ生命の件を全く反省してないみたいです。 — なにがし ryohey28 Twitter上で尼崎北郵便局のパワハラメールが従業員によって拡散され大炎上しています。 従業員には営業部長から切符販売のノルマに関するメールが送られ、かんぽ生命の事件から何も学んでいないと批判が殺到しています。 業務命令 携行販売(おもてなしの花)必ず販売して帰局して下さい。 返納は受け付けません。 第一集配営業部 部長 岩田和希 「必ず販売しろ・返納は受け付けない」という事で売れ残りは従業員の自腹という事なのかもしれませんね。 ノルマ販売を強いられている「おもてなしの花」は3月3日に販売開始された特殊切手のようで値段は840円です。 ノルマがどれぐらいなのか分かりませんが「売れるまで帰局しないで下さい」はパワハラであり、告発した従業員の勇気が凄いです。 スポンサーリンク ネット上の反応について 元配達員です。 このツイートをしたために、会社から不当な攻撃があったら、JP労組は当てにならないので、郵政産業ユニオンとか労働基準監督署、弁護士とかに相談をお勧めします。 もし身近に心当たりない場合は当方にご連絡ください。 若干伝手ありますので関西方面の適切な相談先ご紹介します。 かんぽ全く反省してない。 信用しない。

次の