リリカ od 錠 副作用。 神経からくる痛みに効果的なリリカとは?副作用と注意事項についても解説

リリカカプセル25mgの効果や副作用について!

リリカ od 錠 副作用

リリカは効果も副作用もかなり強い薬だと思います。 私は以前、腰椎椎間板ヘルニアを患い、半年間ほどリリカを服用しました。 はじめはリンゲリーズ錠(痛みや炎症を抑える薬)とエペル錠(筋肉の痛みやこわばりを和らげる薬)を飲んでいましたが、少しよくなっては発作のような痛み(2〜3週間まったく歩けない)がぶり返す、それを何度か繰り返していたことから、 手術を前提に病院を変えたところ、リリカが処方されるようになりました。 結果、リリカを飲み始めてからはヘルニアの痛みがだんだんとおさまっていき、 手術は回避できました。 まあ、手術の予定がいっぱいですぐに受けられなかったのもあるのですが・・・ 前置きが長くなってしまいましたが、 リリカを服用している時には大なり小なり副作用もありました。 ですので、今現在リリカを服用されている方や、これから服用される方の参考にして頂ければと思い、 服用経験者として私が実感したリリカの効果と副作用について書いてみることにしました。 リリカとは? リリカの効果と特徴 ズキズキする痛みの神経障害性疼痛をはじめとする神経痛をやわらげる薬です。 一般的な鎮痛剤が効きにくい、神経障害が原因の痛みに幅広く効果を発揮します。 引用:『薬の教科書 決定版』 TJMOOK宝島社 2016年9月2日第4刷発行 一般的な鎮痛剤が効きにくい神経痛をやわらげるというのが特徴ですね。 と薬局から渡された紙に書いてありました。 リリカが発売された当初(2010年頃)は、帯状疱疹の薬として認められていたようです。 現在では椎間板ヘルニアや糖尿性神経障害、三叉神経痛など末梢性神経障害にも広く使用されています。 炎症とか外傷ならロキソニンなどがの鎮痛剤、解熱剤が効果的なようですが、 私の場合、MRIを見た先生曰く、「飛び出した椎間板が神経に刺さっているような感じ」でしたので、 神経に直接働きかけるリリカが効果的だったみたいです。 また、リリカは末梢性神経に働きかけるため、効果が現れるまで時間がかかるようです。 ですので、効かないと感じても、自分の判断で服用を中断せず先生に相談したほうがいいですね。 リリカの副作用は? 当時、薬局から渡された紙には、 「注意・副作用」として以下のように書いてありました。 服用を中止する際は必ず医師にご相談ください。 ネットを見ると太るとか足がむくむなどの副作用もあるようですが、当時の先生からは特にそういう説明はなかったと思います。 どうしても個人差があると思いますので、体重増加やむくみは微々たる差なのかも知れませんね。 ただ、1度に服用できる量に上限があるようです。 リリカカプセル75mgを朝昼晩1カプセルずつ、つまり1日3回の処方せんを出されたのですが、薬剤師さんが驚いて朝晩1日2回まででは?と先生に電話で確認していたのを覚えています。 結局、そのまま1日3回服用することになりました。 と、ここまで書いて、どうして薬剤師さんと先生の間で上記のようなやりとりがあったのか気になってきたのでネットで調べてみると、 こんなものがありました。 用法・用量 神経障害性疼痛 通常、成人には初期用量としてプレガバリン1 日150 mg を1 日2 回に分けて経口投与し、その後1 週間以上かけて1 日用量として300 mg まで漸増する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1 日最高用量は600 mg を超えないこととし、いずれも1 日2 回に分けて経口投与する。 引用: プレガバリンとはリリカのことです。 リリカというのは製品名なんですね。 やっぱり 始めの用量は1日2回、150mgのようですね。 当時はとにかく痛みでまともに歩けないことがつらく、薬が変わったことや、その用法とか用量には意識が向きませんでした。 [adsense] 半年間、リリカを服用して感じた効果・副作用 まず、腰のヘルニアになってからリリカを服用するようになるまでの約半年間は、 病院で処方された鎮痛剤やブロック注射をやりながら、手術は考えず保存療法の方向で治療していました。 腰のヘルニアと言っても、腰が痛いわけではなく、私の場合は左の臀部から太もも、ふくらはぎ、足首まで、神経に直接鉄筋でもぶっ刺されているような痛みがありました。 しびれるとか、ズキズキとかジンジンとかそんなレベルではなかったです。 私が感じたリリカの効果 リリカを飲み始めてからどのくらいの期間で効果を感じたのか、正直覚えていません。 ただ、病院が変わり リリカを服用するようになってからは、 歩けなくなるほどの痛みが再発することは1度もありませんでした。 (リリカ服用中は、ブロック注射も静脈注射も牽引などのリハビリもやっていません。 ) 服用している時も、いつ何かの拍子で歩けなくなってしまうか不安なのは変わらないのですが、後からふと「あれ?そういえばここ3ヶ月再発してないや」と気づく感じでした。 ですので、やはりゆっくりじわじわと効いていたのだと思います。 ちなみにですが、リリカを服用する前の半年間は、激痛が襲って歩けなくなると1〜2週間会社を休ませてもらい、松葉杖で何とか歩ける状態まで神経の炎症が引くのを待って我慢しながら出勤する。 そして、そんな状態なので結局1〜2ヶ月のうちに痛みが再発する、ということを何度も繰り返していました。 また、リリカの副作用には「注意力・集中力等が低下することがある」ようですが、 私の場合は逆に、 不安やストレスが軽減して仕事に対する集中力がアップしたように思います。 リリカには「神経の伝達を抑える」作用があるので、私の場合は痛みだけでなく、不安やストレスも抑制されたのではと考えています。 体重増加について 70キロだった体重が75キロまで増えました。 ヘルニアになるまでは15年近く体重70キロ前後を維持していました。 以前は72キロまで増えれば体が重くてしょうがなかったのが気がつけば75キロに。 自分にとってありえない数字でした。 満腹感も脳に伝わりにくくなっていたのでしょうか。 特に食欲があったわけではないのですが。 リリカの服用をやめても73キロ前後で落ち着いてしまったので、その後ダイエットをして一時は68キロまで落としましたが、現在はまた73キロまで戻ってしまいました。 これは単純に中年太りのせいだと思います。 強い眠気について 朝昼夕と服用していましたが、朝と昼は眠気に襲われることはありませんでした。 とにかく会社に行って無事仕事を終えてくることに気を張っていたからかも知れません。 その反動か、 夜はいつ寝入ったのか分からないほどあっという間に寝落ちしてました。 夕食後、リリカを飲んで風呂に入り、真冬とはいえあがったばかりなのでパンツにTシャツ姿で布団の上に座ったまでは覚えているのですが、気がつくとそのまま布団も掛けずに3〜4時間眠っていた、なんてことがしょっちゅうでした。 でも脂肪も増えたからか寒さも感じず風邪もひかなかったから不思議です。 [adsense] まとめ リリカの効果としては、気がつけば痛みがやわらいで激しい痛みの再発もなかったな、というくらい徐々に効いてきた感じです。 病院が変わってリリカが処方されてからは、ブロック注射もリハビリも並行していませんでしたので、リリカの服用だけでヘルニアが自然治癒していき、手術を回避できました。 手術についてですが、医師から手術を勧められたことはありません。 少しよくなると無理をして何度も再発させてしまうので、自分から手術も検討したいと初めの病院の先生に相談したところ、次の病院を紹介されました。 副作用として私がはっきりと感じたのは、体重増加と夕食後の眠気です。 と言っても、それが当時の日常生活に悪影響だと感じたことはありませんでした。 むしろ、増えた脂肪のおかげで真冬でも例年より寒さを感じずに済みましたし、夜はネガティブなことを考えずにすぐに眠れたので、私にとっては副作用より効果に近かったですね。 腰椎椎間板ヘルニアになったのが30代半ばの春。 あまりの痛みに人生で初めて救急車のお世話になりました。 初めの半年間は、鎮痛剤と解熱剤、ブロック注射。 そして鍼灸、牽引などのリハビリも並行してやりましたが、快方に向かいませんでした。 リリカを飲み始めてからは、痛みも徐々に気にならなくなり再発もなく、 MRIの結果も先生曰く「尖っていたヘルニアがだいぶ丸まった」とのことでしたので、約半年間で服用をやめました。 少しでもリリカを服用される方の参考になれば幸いです。

次の

リリカOD錠75mg

リリカ od 錠 副作用

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 浮動性眩暈、浮腫、疼痛、体重増加、好中球減少症、白血球減少症、血小板減少症、食欲不振、食欲亢進、高脂血症、高血糖 起こる可能性のある重大な副作用 眩暈、傾眠、意識消失、転倒、骨折、心不全、低血糖、倦怠感、冷汗、振戦、意識障害、低血糖症状、肝機能障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、肺水腫、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎障害、血管浮腫、過敏症、間質性肺炎、咳嗽、呼吸困難、発熱、ショック、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形紅斑、劇症肝炎、腎不全、アナフィラキシー 上記以外の副作用 不眠症、錯乱、失見当識、多幸気分、異常な夢、幻覚、うつ病、落ち着きのなさ、気分動揺、抑うつ気分、無感情、不安、リビドー消失、睡眠障害、思考異常、頭痛、平衡障害、運動失調、注意力障害、感覚鈍麻、嗜眠、構語障害、記憶障害、健忘、錯感覚、協調運動異常、鎮静、認知障害、ミオクローヌス、反射消失、ジスキネジー、精神運動亢進、体位性眩暈、知覚過敏、味覚異常、灼熱感、失神、精神的機能障害、会話障害、霧視、複視、視力低下、視覚障害、網膜出血、視野欠損、眼部腫脹、眼痛、眼精疲労、疲労、流涙増加、光視症、斜視、眼乾燥、眼振、回転性眩暈、耳鳴、聴覚過敏、動悸、第1度房室ブロック、頻脈、洞性不整脈、洞性徐脈、心室性期外収縮、高血圧、低血圧、ほてり、鼻咽頭炎、いびき、鼻出血、鼻炎、便秘、悪心、下痢、腹痛、嘔吐、腹部膨満、消化不良、鼓腸、胃炎、胃不快感、口内炎、流涎過多、胃食道逆流性疾患、膵炎、舌腫脹、発疹、皮膚そう痒症、湿疹、眼窩周囲浮腫、多汗症、蕁麻疹、脱毛、筋力低下、筋痙縮、関節腫脹、四肢痛、背部痛、重感、関節痛、筋骨格硬直、尿失禁、排尿困難、尿閉、乳房痛、勃起不全、女性化乳房、口渇、異常感、歩行障害、顔面浮腫、無力症、圧痕浮腫、胸痛、冷感、悪寒、易刺激性、酩酊感、転落、血中CPK増加、血中CK増加、ALT増加、AST増加、血中アミラーゼ増加、血中クレアチニン増加、体重減少、血中尿酸増加、離人症、無オルガズム症、激越、喚語困難、リビドー亢進、パニック発作、脱抑制、昏迷、嗅覚錯誤、書字障害、眼刺激、散瞳、動揺視、深径覚変化、視覚の明るさ、角膜炎、洞性頻脈、鼻乾燥、鼻閉、咽喉絞扼感、腹水、嚥下障害、丘疹、乏尿、射精遅延、性機能不全、無月経、乳房分泌、月経困難症、乳房肥大、胸部絞扼感、血中カリウム減少 リリカOD錠75mgの用法・用量• 1.神経障害性疼痛:初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増する• なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口投与する• 2.線維筋痛症に伴う疼痛:初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増した後、300~450mgで維持する• なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は450mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口投与する リリカOD錠75mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 血管浮腫• 腎機能障害• 腎機能低下• 心血管障害• 重度うっ血性心不全 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 リリカOD錠75mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

医療用医薬品 : リリカ

リリカ od 錠 副作用

この痛みの種類にも色々あって、通常の痛み止め(以下、鎮痛薬と表記)で比較的容易に治るものから特別な薬を使わないと改善しないものまで、様々な痛みとそれぞれに適する薬があります。 ここで紹介するのは、痛みの中でも厄介な痛みである神経障害性疼痛の治療薬リリカについてです。 その効果効能と作用の仕方や副作用などについて解説します。 また、リリカは通常の鎮痛薬と効果の現れる仕組みが異なります。 リリカという薬をより理解するためには、痛みの種類や痛みを感じる仕組みについての知識が必要です。 ここではリリカという薬だけではなく、痛みの種類と痛みを感じる仕組みの違いについても解説しています。 切り傷などの外傷や化膿など、炎症が生じたときに発生する痛みです。 傷つけられた細胞や炎症部位に集まってきた炎症細胞から、痛みのセンサーである侵害受容体を刺激する種々の痛み物質 カリウム・セロトニン・ブラジキニン・ヒスタミンなど が放出されます。 さらにそれらの痛み物質の作用を強める物質 サブスタンスP・ロイコトリエン・プロスタグランジンなど も放出されれて痛み物質がより強く侵害受容体を刺激します。 そして侵害受容体からの痛みの信号が、大脳の知覚領野に伝えられて痛みを感じることになるのです。 侵害受容体を介した痛みは傷ついたり炎症が生じている部位に限定され、押さえると痛みが出ます。 痛みは一定の強さで持続しますが、ときに拍動するように痛むこともあります。 また、体を動かすと痛みが強くなるというのも特徴です。 打撲や切り傷などの痛みがこれにあたり、通常の鎮痛薬で効果が得られます。 通常の鎮痛薬とは、いわゆる痛み止めとして一般に馴染みのある薬であり、非ステロイド性抗炎症薬 以下NSAIDsと表記:非麻薬性鎮痛薬とも言う と呼ばれるものです。 痛みの原因物質として最強のブラジキニンの作用を、プロスタグランジンという物質が増強して痛みを感じるようになります。 このプロスタグランジンを作る酵素であるシクロオキシゲナーゼの働きを阻害するのがNSAIDsです。 つまり侵害受容体を強力に刺激するブラジキニンの作用を強めるプロスタグランジンを少なくすることで、NSAIDsは痛みを和らげます。 末梢および中枢神経が何らかの原因により直接的に傷つけられて生じる痛みです。 上記の侵害受容性疼痛と異なり、侵害受容器が刺激されずに発生します。 神経自体が傷つくことで、その神経に関係する神経が過敏となり、傷ついた神経を持続的に刺激するようになるのです。 その後、いくつかの過程を経たのち、痛みを感じる中枢神経細胞内にCaイオンが流入 後述のリリカはこれに作用! するようになって、痛みを感じる中枢神経が過剰に興奮し痛みを感じやすくなります。 さらに関連しているとされるのは、痛みを抑制する系統の神経の機能低下です。 実際の障害としては、腰椎の椎間板ヘルニアによる神経圧迫で生じる坐骨神経痛や、帯状疱疹ウイルスが神経内にとどまって神経を傷つけることで生じる帯状疱疹後神経痛などがあります。 鎮痛薬は、先に述べた通常の鎮痛薬であるNSAIDsと麻薬性鎮痛薬に分けられますが、神経障害性疼痛は、その両方の鎮痛薬の効果が得られないのです。 痛みに効果がある薬には鎮痛補助薬といわれる薬があり、神経障害性疼痛に効果が期待できるリリカは鎮痛補助薬に分類されます。 製造販売をしているメーカーの添付文書にによれば、神経障害性疼痛に対するリリカの用量は使用する疾患により異なり以下のようになります。 神経障害性疼痛 通常、成人には初期用量としてプレガバリン1日150mgを経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増します。 年齢、症状により適宜服用量は増減しますが、1日の最高用量は600mgまでです。 いずれの服用量でも、1日2回に分けて服用する必要があります。 線維筋痛症に伴う疼痛 通常、成人には初期用量としてプレガバリン1日150mgを経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増します。 その後、効果が不十分であれば450mgまで増量可能です。 なお、年齢、症状により適宜服用量は1日450mgまでの範囲で増減し、服用はどのような量であっても必ず1日2回に分けて服用します。 リリカによってめまい、傾眠、意識消失などが表れることが報告されています。 服用中は自動車やバイクなどの運転や、危険をともなう機械の操作はしてはいけません。 また、高齢者では転倒して骨折した例も報告されており、十分な注意が必要です。 なお、リリカをいきなり中止することによって、不眠、悪心、頭痛、下痢、不安及び多汗症などの症状があらわれることがあるので、最短でも1週間以上かけて減量してから中止していく必要があります。 その他、リリカによって、体重が増えることがあるため、肥満の兆候があらわれた場合は食事療法や運動療法など適切に対処することが大切です。 特に、服用量が増えたり服用期間が長期となった場合に体重が増えることが認められ、定期的な体重測定をしていく必要があります。 さらに、リリカの服用によって弱視、視覚障害、霧視、複視などの眼障害が生じる可能性があるため、これらの異常がみられた場合は主治医に相談して、必要であれば眼科で診察を受けるようにしましょう。

次の