害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生。 駆除人(ラノベ/小説・紹介・感想)

異世界転生した清掃員が最強。ギャグファンタジー溢れる「駆除人」3巻のネタバレ

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

駆除人 クリックするとAmazon商品ページへ飛びます 『駆除人』は、花黒子によるなろう小説。 漫画は 浅川圭司。 「小説家になろう」で連載後書籍化されている。 最強スキルや剣,魔法の才能もなく生前の知識を活かし 清掃員兼害虫駆除の仕事をして生前とあまり変わらない生活をしていた。 依頼を受けたある害獣駆除の仕事でナオキは下水に住み着いたネズミを殺鼠剤で大量に駆除し、そのネズミの死骸を他の魔物に処理してもらうため魔物が住む森に捨てていた。 ネズミを食べた魔物も殺鼠剤の影響で死に絶え、さらにその魔物を死体を食べた大型の魔物も道ずれとなる負の連鎖が起きて、ナオキはあっという間に大量の経験値を積む。 なんとナオキは 歴代の勇者がレベル55という世界で、数日でレベル38に到達した!!! その レベルアップで得たスキルポイントを全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として異世界で生きていくこと決めます。 その後、ナオキは生活も安定したころで異世界の全てを知りたいと考え、自分の目で見るために旅に出ることを決意します。 旅に出ながらも生活費を稼ぐために 清掃員兼害虫駆除の仕事をこなしながら異世界を冒険していく少し変わった異世界転生物語です。 駆除人 キャラクター コムロ・ナオキ 本作品の主人公。 転生前は清掃員兼害虫駆除業者しており転生後も生前を活かし清掃員兼害虫駆除を行っている。 異世界の話を聞き旅に出るが、旅の途中でも清掃員兼害虫駆除をこなし生活費を稼いでいる。 旅に出るときには、かつて魔王を倒した勇者のレベルを普通に超えてしまっている。 アイル 冒険者ギルドの訓練教官。 冒険者ランクはBランク。 ナオキの昇給試験官をし一撃で倒されたのをきっかけにナオキの旅についてくる。 カミーラ(カモミール) 薬屋を営んでいる老エルフ。 薬屋を営業しているときは老エルフだがそれ以外では少女の姿(カモミール)に戻り生活している。 老エルフになる理由は老婆の売る薬の方が効きそうだからと商魂たくましい800年生きているエルフ。 ナオキに二階の部屋を貸している。 アイリーン ギルドの受付狐獣人で異世界のことを教えてくれる。 ちょくちょくナオキに直接依頼しに来る。 セーラ ゲッコー族で隠密や鑑定を得意とする種族の少女。 奴隷で石化の魔法をかけられていたがナオキに直してもらう。 バルザック 犬の獣人のおっさん。 セーラと同じく奴隷だったがナオキが解放し墓守の仕事をこなしている。 駆除人 見どころ 駆除人 本作品の一番の見どころはやはり清掃員兼害虫駆除ではないでしょうか!! まず他の異世界転生系漫画では見られない駆除人。 その内容も生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かし魔物を戦わずして倒していくというもの。 歴代の勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達し敵なしの状態で、丁寧な仕事や奴隷を開放したり、Bランク冒険者アイルを一撃で倒すことで夜伽でもいいから一緒にいたいという美少女が出てくるのですが手を出さないところが読んでいて面白かったです。 中盤でどうしようか悩むシーンもありましたがそこの思想とかも見どころになるのでは? と思いました(笑) 強くなっても職人 先ほども書いたのですが勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達して得たスキルポイントをかっこいい攻撃魔法とかではなく全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として極めていくところが面白いなと感じました。 異世界って未知の世界で只でさえ好奇心をくすぐられるのに作品の数だけ違う異世界があって楽しさ、面白さが尽きないのでいいですよね。 今回ご紹介させていただいた『駆除人』は異世界転生で最強スキルで無双しながら冒険ではなくて、生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かしながら異世界で自分らしく旅していくという、とても個性的な作品でした。

次の

駆除人【1巻ネタバレ】清掃員兼害虫駆除のおっさんが異世界で最強へ!?

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

駆除人 クリックするとAmazon商品ページへ飛びます 『駆除人』は、花黒子によるなろう小説。 漫画は 浅川圭司。 「小説家になろう」で連載後書籍化されている。 最強スキルや剣,魔法の才能もなく生前の知識を活かし 清掃員兼害虫駆除の仕事をして生前とあまり変わらない生活をしていた。 依頼を受けたある害獣駆除の仕事でナオキは下水に住み着いたネズミを殺鼠剤で大量に駆除し、そのネズミの死骸を他の魔物に処理してもらうため魔物が住む森に捨てていた。 ネズミを食べた魔物も殺鼠剤の影響で死に絶え、さらにその魔物を死体を食べた大型の魔物も道ずれとなる負の連鎖が起きて、ナオキはあっという間に大量の経験値を積む。 なんとナオキは 歴代の勇者がレベル55という世界で、数日でレベル38に到達した!!! その レベルアップで得たスキルポイントを全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として異世界で生きていくこと決めます。 その後、ナオキは生活も安定したころで異世界の全てを知りたいと考え、自分の目で見るために旅に出ることを決意します。 旅に出ながらも生活費を稼ぐために 清掃員兼害虫駆除の仕事をこなしながら異世界を冒険していく少し変わった異世界転生物語です。 駆除人 キャラクター コムロ・ナオキ 本作品の主人公。 転生前は清掃員兼害虫駆除業者しており転生後も生前を活かし清掃員兼害虫駆除を行っている。 異世界の話を聞き旅に出るが、旅の途中でも清掃員兼害虫駆除をこなし生活費を稼いでいる。 旅に出るときには、かつて魔王を倒した勇者のレベルを普通に超えてしまっている。 アイル 冒険者ギルドの訓練教官。 冒険者ランクはBランク。 ナオキの昇給試験官をし一撃で倒されたのをきっかけにナオキの旅についてくる。 カミーラ(カモミール) 薬屋を営んでいる老エルフ。 薬屋を営業しているときは老エルフだがそれ以外では少女の姿(カモミール)に戻り生活している。 老エルフになる理由は老婆の売る薬の方が効きそうだからと商魂たくましい800年生きているエルフ。 ナオキに二階の部屋を貸している。 アイリーン ギルドの受付狐獣人で異世界のことを教えてくれる。 ちょくちょくナオキに直接依頼しに来る。 セーラ ゲッコー族で隠密や鑑定を得意とする種族の少女。 奴隷で石化の魔法をかけられていたがナオキに直してもらう。 バルザック 犬の獣人のおっさん。 セーラと同じく奴隷だったがナオキが解放し墓守の仕事をこなしている。 駆除人 見どころ 駆除人 本作品の一番の見どころはやはり清掃員兼害虫駆除ではないでしょうか!! まず他の異世界転生系漫画では見られない駆除人。 その内容も生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かし魔物を戦わずして倒していくというもの。 歴代の勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達し敵なしの状態で、丁寧な仕事や奴隷を開放したり、Bランク冒険者アイルを一撃で倒すことで夜伽でもいいから一緒にいたいという美少女が出てくるのですが手を出さないところが読んでいて面白かったです。 中盤でどうしようか悩むシーンもありましたがそこの思想とかも見どころになるのでは? と思いました(笑) 強くなっても職人 先ほども書いたのですが勇者がレベル55という異世界で、数日でレベル38に到達して得たスキルポイントをかっこいい攻撃魔法とかではなく全て非戦闘スキルに割り振り、清掃員兼害虫駆除業者として極めていくところが面白いなと感じました。 異世界って未知の世界で只でさえ好奇心をくすぐられるのに作品の数だけ違う異世界があって楽しさ、面白さが尽きないのでいいですよね。 今回ご紹介させていただいた『駆除人』は異世界転生で最強スキルで無双しながら冒険ではなくて、生前の清掃員兼害虫駆除業者での経験を活かしながら異世界で自分らしく旅していくという、とても個性的な作品でした。

次の

漫画「駆除人」の感想!異世界転生した清掃員が活躍する異彩を放つ面白いマンガ|魂を揺さぶるヨ!

害虫 駆除 員 が 異 世界 に 転生

リンク どんな内容? 今いる街の場所も名前も分からない。 ただ、どこであろうと俺の仕事は変わらない。 主人公の コムロ・ナオキは元いた世界で死んでしまい、目を開けると異世界にいました。 生きるために冒険者ギルドに入り、適性訓練を受けますが、ナオキには剣の才能も魔法の才能もありませんでした。 そこで ナオキは生前に仕事としていた 清掃員兼害虫駆除の知識を生かして生計を立てることにします。 ナオキはギルドに行き仕事を探していると、どの冒険者からも請けてもらえなかった地下下水道に繁殖したネズミの駆除依頼があることを知ります。 ナオキはこの依頼を受け、元いた世界で作成していた殺鼠団子をこっちの世界の材料で作成し駆除することに成功します。 これでお金が稼げると考えたナオキは殺鼠団子を量産し、下水に住みついたネズミを大量に駆除し、そのネズミの死骸を森に投げ捨てていきます。 そして森の魔物たちはこの毒を内包したネズミの死骸を食べたことで死んでしまい、ナオキに大量の経験値が入ることとなるのでした。 その結果、 ナオキは勇者がレベル55で魔王を倒した世界で、たった数日でレベル38にまで到達してしまったのです。 それでもナオキはレベルアップで得たスキルポイントを戦闘スキルには一切使わず、害虫駆除に役立つスキルばかり獲得し、 この世界でも清掃員兼害虫駆除業者として生きていくことを決めるのでした。 ここが魅力的! よくある異世界に転生して主人公が無双するような内容なのですが、モンスターと戦うというよりかはネズミやハチなどの害虫を駆除するというちょっと個性的な作品です。 主人公のナオキは一気にレベルアップして凄い強さなのにも関わらず、戦闘のスキルは一切取らず、非戦闘のスキルばかり獲得するというちょっと変わった存在となるのです。 どんどん清掃員兼害虫駆除業者の技術が高まっていきます。 強いのだけど戦闘を好まず、黙々と仕事をおこなうタイプの主人公なのです。 そして高レベルなのにギルドの依頼も誰もやらないような害虫駆除の仕事を請けていき、生活費を稼いでいきます。 そんなナオキを笑う者もいれば、ナオキに助けられ惹かれていく者もでてきます。 ハーレムものになるのかなと思いましたが、この主人公、手を出しません。 ヘタレなのかな。 それともあまり女性に興味がないのか。 自分以外にも異世界から来ている人物がいることを知ったナオキはこの世界についてもっと知りたいを思うようになり、旅に出ることを決意します。 今後、この世界でナオキはどんな害虫駆除をおこなっていくのかとても楽しみです。 清掃員兼害虫駆除業者として極まっていくナオキに期待大の作品です。

次の