めど 漢字。 買い替え?それとも買い換え?

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

めど 漢字

「めど」には、「目処」と「目途」という2つの表記があり、どちらを使うべきなのか迷いがちです。 そこで今回は、「目処」と「目途」の意味や違いを解説するとともに、よく似た言葉の「目安」についても詳しく紹介していきます。 目処とは 「目処」とは、「目指すところ」や「目当て」「見当」と言った意味の言葉です。 あるものごとに対する、程度の目算や見通しを指しています。 読み方は「めど」で、「復帰の目処がついた」「活動再開の目処が立たない」のように使われます。 「目処」の「目」は「めあて」を指し、「処」は「範囲」や「程度」を指しています。 「目処(めど)」という言葉の由来は諸説ありますが、「メドハギ」という植物が語源ではないかと言われています。 「メドハギ」はハギ科の雑草で、茎の部分が易で使う筮竹(ぜいちく)の原料となっていました。 つまり、占いで人の将来を見通すということから、「見通し」の意味で「めど」の言葉が使われるようになったというわけです。 「目途」との違いについては、以下で見ていきましょう。 目途とは 「目途」とは、「目当て」や「目的」「目標」といった意味の言葉です。 「めど」とも読みますが、「もくと」と読むのが原則です。 「半年以内の完成を目途にしている」「ようやく予算の目途が立った」のように使われます。 「目途」と「目処」は、読みも同じで意味合いもよく似ていますが、それぞれの発祥には違いがあります。 「目処」は日本にもともとあった言葉(和語)で、こちらの方が「目途」より先に使われていました。 「目途」は和製漢語としてその後に作られたもので、始めは「もくと」と読まれて「目標」の意味で使われていましたが、その後「めど」とも読まれるようになり、「見通し」の意味でも使われるようになったという経緯があります。 つまり、「目途」は「もくと」と読むのが原則で、「目標」の意味で使われることが多いという点が、「目処」との違いになります。 目安とは 「目安」とは、「おおよその見当」や「目当て」また「目標」といった意味の言葉です。 「目」は人間の視覚器官のことで、「安」は「わかりやすい」を指します。 もともとは「読者にわかりやすい」という意味で、訴状の一種(目安状)を指す言葉でした。 読み方は、「めやす」です。 「1日20ページを目安に読書する」「70点が合格の目安だ」のように使われます。 「目安」と「目処」は、意味合いはよく似ていますが、ニュアンスには微妙な違いがあります。 「目処」は「目指すべきもの」という積極的なニュアンスを持ちますが、「目安」は「だいたいの程度」というゆるやかなニュアンスを持つようになっています。

次の

「めど」の語源・由来

めど 漢字

次に「目途」という言葉についてですが、これを「めど」と読むと「目処(めど)」と区別しづらいのですが、実は「目途」は「もくと」と読みます。 これは当て字とされ、当て字を音読みにした漢語的表現と呼ばれるもので、「目標」という意味合いを持っています。 広辞苑にも「もくと」で調べると「目当て。 見込み。 」とあり、単純に終着点について意味した言葉だと言えます。 しかしながら日常会話で「目標」のことを「もくと」と表現することはまずなく、従って「目途」という漢字での表記は日常的ではないと推察されます。 ただ、「目途」を「めど」と読んだからといって間違いではないようですので、「目途」はあくまで「目標」としての意味だと認識しておくと良いでしょう。 【例文】 ・資金調達の目処がようやく整った ・途方もない金額の借金で返済の目処が立たない ・このプログラムは9月を目処に細部を詰めていってもらいたい ・膨大な量のデータ処理があって終わりが見えなかったがやっと目処が立ってきた 皆さんがお分かりのとおり、「目処」をすべて「見通し」と置き換えることができます。 たとえばビジネスシーンにおいて、何か仕事を上司から任された際に「今週中を目処にまとめておいてくれ」と言われた場合、いつまでと皆さんは解釈されますでしょうか。 一般的には「今週中を目処に」と言われた場合、それは今週中にその仕事をまとめる見通しでいる、今週中(今週以内)にまとめ終わることを目指してほしいという意になりますので、目安に近い意味合いとなり、決して今週中に仕事がまとめ終わらなくても期限を守れていないことにはなりません。 ただしビジネスの上では期限前に終わらせるように行動するのが前提ですので、あくまで意味としてはということです。 一方、「目処が付いた」などと表現される場合には、明確な目的や見通しができているということですので、この場合はその期限が達成期限となります。 「目途」のゴールとは.

次の

目処(めど)と目途(もくと)

めど 漢字

「仕事の目処が立つ」「解決の目処が付く」などの使われ方がされる。 漢字の「目処」や「目途」は当て字で、「目途」は「もくと」とも読む。 「めど」の元々の漢字は「蓍」という難しい漢字を書いた。 「めど」という言葉の語源は、植物の「蓍萩(メドハギ)」だとする説がある。 メドハギはマメ科ハギ属の植物で、萩(ハギ)の一種だが、普通のハギとは違い、茎が真っ直ぐ伸びるのが特徴である。 メドハギ その真っ直ぐ伸びた茎を、昔は占いの時に使う棒として利用した。 この棒は「めどぎ」または「めどき」と呼ばれ、漢字では「蓍」または「筮」と書いた。 この占いの象徴とも言える棒は、現在では細い竹の棒50本が使用され、その棒は「筮竹(ぜいちく)」と呼ばれる。 昔の人々にとって占いはとても重要なもので、占いで将来の事柄を判断し、何をするべきがを決めていた。 そこから「目指すところ」や「目当て」「目標」を「めど」と言うようになり、「目処」や「目途」の漢字が当てられた。

次の