結婚式 演出 面白い。 結婚式・披露宴【2019最旬】おすすめ演出まとめ【プレ花嫁応援プロジェクト】

インスタ花嫁の結婚式*演出アイデア22【トレンド編】卒花さんのやってよかったエピソードもアリ♪

結婚式 演出 面白い

リングピローに載せた指輪を運びながら、入場する新郎新婦や新婦より先に入場する新郎を先導する形で入場するスタイルが一般的です。 また、フラワーボーイ、フラワーガールは、入場の際に先頭に立ち、祭壇までを花びらをまきながら歩くお子さまゲストのこと。 これらの演出は親族や友人ゲストの子どもにお願いしたり、子どもと一緒の結婚式「ファミリーウエディング」では新郎新婦自身の子どもが参加できる人前式の演出として人気です。 そのロマンチックなワンシーンに加えてゲストも参加できるため、会場全体に一体感が生まれるのも人気の理由。 ちなみに、ブーケに使用する花は自由。 なかでもヨーロッパでは古くから12本のバラを恋人に贈ると幸せになれるというジンクスがあり、それになぞらえたブーケセレモニーを「ダズンローズ」と呼びます。 特にブーケセレモニーでは花束を贈る際にプロポーズの再現をする新郎が多く、花束を贈られた新婦は「YES」の印として一輪を抜き取り新郎の胸ポケットに挿します。 ロマンチックな演出にゲストも思わずうっとり。 そのため、例えば新郎が親と入場するのもOK。 親への感謝の気持ちがしっかりと伝わる人前式演出のひとつです。 なお結婚式場によって対応してもらえるかが異なるため、事前に確認が必要です。 会場の担当者や披露宴パーティの司会者、新郎新婦の友人や親、また新郎自ら司会を務める場合も。 ふたりで決めた結婚の約束を交互または一緒に読み上げたり、それぞれが考えた結婚生活での約束ごとを発表するなど誓い方のスタイルもアイデア次第。 ゲストの手から手に渡り届けられた指輪の交換は、ゲストとの一体感と絆が増す人気の演出です。 サンドセレモニーでは、新郎新婦それぞれがこれまでの人生を象徴する色の違う砂を、新しい人生を象徴する一つの瓶に注ぎ色を重ね合わせるというもの。 また、水合わせの儀は両家それぞれの家の水を汲んできて、それらをひとつの杯に注ぎ合わせてふたりで飲むというもの。 水合わせの儀は日本に古くから伝わる儀式で、和な雰囲気の人前式にオススメの演出です。 ゲスト全員での参加型演出になるのに加え、挙式後は新居に飾ることができるのも魅力です。 アイデア豊富でなかには手作りをする花嫁も。 ふたりが婚姻届にサイン・捺印するシーンはゲストにとってもめったに見ることのできない感動的な瞬間に。 教会式では拍手が一般的ですが、人前式ではここにもアイデアを。 バルーンリリースは、「ふたりの幸せが天に届きますように」と想いを込めて行うとその願いがかなうとされています。 ふたりとゲスト全員で一斉にバルーンを空に放つ様子は、笑顔あふれるフォトジェニックなワンシーンに。 リボンシャワーやフェザーシャワーなど挙式の雰囲気や会場のテイストに合わせたアイテムを選ぶ人も多いみたい。 リボンシャワーやフェザーシャワーなど挙式の雰囲気や会場のテイストに合わせたアイテムを選ぶ人も多いみたい。 ゲスト参加型で取り入れやすい演出のひとつです。 何より、ゲストとの距離が近く「おめでとう~!」の声と笑顔が間近で感じられるのもゲストアーチの魅力です。 注目の【和装の人前式】とは? 和な人前式演出アイデアも 先輩カップルの人前式の衣装で最も選ばれているのはウエディングドレスですが、最近の和婚・和装人気から「和装人前式」もオススメ。 和装であっても十字架が外せるチャペルやホテル・ゲストハウス・専門式場・レストランなどのガーデンや披露宴会場など、いたるところで「和装人前式」は行うことができます。 「和装人前式」ならではの演出は、両家それぞれの家の水を汲んできて、それらをひとつの杯に注ぎ合わせてふたりで飲む「水合わせの儀」や、新婦が母親に身支度の仕上げをしてもらう「紅差しの儀」「筥迫 はこせこ)の儀」、フラワーシャワーならぬ「折り鶴シャワー」など種類も豊富。 どれもその会場の雰囲気や設備に合わせたテーマ性が高い内容で、ふたりらしさを楽しみたいカップルや、人とはちょっと違ったアイデアあふれる挙式にしたいカップルにオススメです。 すべての音楽が星をテーマに奏でられ、大聖堂にはふたりの思い出の星空を再現した満天の星が広がります。 宴の時間にあわせて新郎の家へと向かう花嫁行列が出発。 ライトアップされた明治記念館の庭園で行われる幻想的な人前式です。 色鮮やかなデジタルが生みだす幻想的なウエディングがかなえられます。 大切なゲストとの4つの絆を確かめながら、ふたりだけのオリジナルウエディングがかなえられます。 愛情とユーモアがたっぷり詰まった演出に。 ふたりの誓いは、ガジュマルに手を重ね、幸せを願うという神秘的なセレモニー。

次の

インスタ花嫁の結婚式*演出アイデア22【トレンド編】卒花さんのやってよかったエピソードもアリ♪

結婚式 演出 面白い

リングピローに載せた指輪を運びながら、入場する新郎新婦や新婦より先に入場する新郎を先導する形で入場するスタイルが一般的です。 また、フラワーボーイ、フラワーガールは、入場の際に先頭に立ち、祭壇までを花びらをまきながら歩くお子さまゲストのこと。 これらの演出は親族や友人ゲストの子どもにお願いしたり、子どもと一緒の結婚式「ファミリーウエディング」では新郎新婦自身の子どもが参加できる人前式の演出として人気です。 そのロマンチックなワンシーンに加えてゲストも参加できるため、会場全体に一体感が生まれるのも人気の理由。 ちなみに、ブーケに使用する花は自由。 なかでもヨーロッパでは古くから12本のバラを恋人に贈ると幸せになれるというジンクスがあり、それになぞらえたブーケセレモニーを「ダズンローズ」と呼びます。 特にブーケセレモニーでは花束を贈る際にプロポーズの再現をする新郎が多く、花束を贈られた新婦は「YES」の印として一輪を抜き取り新郎の胸ポケットに挿します。 ロマンチックな演出にゲストも思わずうっとり。 そのため、例えば新郎が親と入場するのもOK。 親への感謝の気持ちがしっかりと伝わる人前式演出のひとつです。 なお結婚式場によって対応してもらえるかが異なるため、事前に確認が必要です。 会場の担当者や披露宴パーティの司会者、新郎新婦の友人や親、また新郎自ら司会を務める場合も。 ふたりで決めた結婚の約束を交互または一緒に読み上げたり、それぞれが考えた結婚生活での約束ごとを発表するなど誓い方のスタイルもアイデア次第。 ゲストの手から手に渡り届けられた指輪の交換は、ゲストとの一体感と絆が増す人気の演出です。 サンドセレモニーでは、新郎新婦それぞれがこれまでの人生を象徴する色の違う砂を、新しい人生を象徴する一つの瓶に注ぎ色を重ね合わせるというもの。 また、水合わせの儀は両家それぞれの家の水を汲んできて、それらをひとつの杯に注ぎ合わせてふたりで飲むというもの。 水合わせの儀は日本に古くから伝わる儀式で、和な雰囲気の人前式にオススメの演出です。 ゲスト全員での参加型演出になるのに加え、挙式後は新居に飾ることができるのも魅力です。 アイデア豊富でなかには手作りをする花嫁も。 ふたりが婚姻届にサイン・捺印するシーンはゲストにとってもめったに見ることのできない感動的な瞬間に。 教会式では拍手が一般的ですが、人前式ではここにもアイデアを。 バルーンリリースは、「ふたりの幸せが天に届きますように」と想いを込めて行うとその願いがかなうとされています。 ふたりとゲスト全員で一斉にバルーンを空に放つ様子は、笑顔あふれるフォトジェニックなワンシーンに。 リボンシャワーやフェザーシャワーなど挙式の雰囲気や会場のテイストに合わせたアイテムを選ぶ人も多いみたい。 リボンシャワーやフェザーシャワーなど挙式の雰囲気や会場のテイストに合わせたアイテムを選ぶ人も多いみたい。 ゲスト参加型で取り入れやすい演出のひとつです。 何より、ゲストとの距離が近く「おめでとう~!」の声と笑顔が間近で感じられるのもゲストアーチの魅力です。 注目の【和装の人前式】とは? 和な人前式演出アイデアも 先輩カップルの人前式の衣装で最も選ばれているのはウエディングドレスですが、最近の和婚・和装人気から「和装人前式」もオススメ。 和装であっても十字架が外せるチャペルやホテル・ゲストハウス・専門式場・レストランなどのガーデンや披露宴会場など、いたるところで「和装人前式」は行うことができます。 「和装人前式」ならではの演出は、両家それぞれの家の水を汲んできて、それらをひとつの杯に注ぎ合わせてふたりで飲む「水合わせの儀」や、新婦が母親に身支度の仕上げをしてもらう「紅差しの儀」「筥迫 はこせこ)の儀」、フラワーシャワーならぬ「折り鶴シャワー」など種類も豊富。 どれもその会場の雰囲気や設備に合わせたテーマ性が高い内容で、ふたりらしさを楽しみたいカップルや、人とはちょっと違ったアイデアあふれる挙式にしたいカップルにオススメです。 すべての音楽が星をテーマに奏でられ、大聖堂にはふたりの思い出の星空を再現した満天の星が広がります。 宴の時間にあわせて新郎の家へと向かう花嫁行列が出発。 ライトアップされた明治記念館の庭園で行われる幻想的な人前式です。 色鮮やかなデジタルが生みだす幻想的なウエディングがかなえられます。 大切なゲストとの4つの絆を確かめながら、ふたりだけのオリジナルウエディングがかなえられます。 愛情とユーモアがたっぷり詰まった演出に。 ふたりの誓いは、ガジュマルに手を重ね、幸せを願うという神秘的なセレモニー。

次の

結婚式・入場演出で取り入れたいアイデア集|オススメのセレモニーも

結婚式 演出 面白い

結婚式の演出アイデア30選!人気の定番から珍しいものまで 誰もが1度は目にした事がある 定番から珍しい演出まで30選ご紹介します。 結婚式の演出:人気の定番20選! その1:ムービーの演出 2人の生い立ちから出会いまでを 映像化するプロフィールムービーは もはや 披露宴演出の定番中の定番。 編集ソフトを使っての自作 を考えている方もいるのでは? そんな方はこちらの記事を 参考にどうぞ。 プロフィールムービーの他にも、 披露宴会場の雰囲気を一気に盛り上げる オープニングムービーや、 ゲストへの感謝の気持ちを込めた エンドロールムービーなども人気があります。 その2:バルーンリリース 新郎新婦やゲストが、 手にしたバルーンを一斉に空へ放つ演出。 空高く舞い上がるカラフルなバルーンには、 2人の幸せが天まで届くようにとの 願いが込められているそうです。 環境に配慮したエコバルーンを使った バルーンリリースがおすすめ。 その3:フラワー&ライスシャワー こちらも昔ながらの定番演出 フラワー&ライスシャワー。 フラワーシャワーには、 悪魔や災難からふたりを守り、 ライスシャワーには、 子孫繁栄や食べ物に困らない等の 意味があると言われています。 最近では花びらだけでなく、 ハート型や星型の紙吹雪に リボンやボンボンをMIXさせるなど ひと工夫するカップルが多いそうですよ。 新郎がフリフリのエプロン姿でサーブ すれば予想外の姿に会場が盛り上がるかも? その9:デザートビュッフェ 女性ゲストを中心に 根強い人気のデザートビュッフェ。 新郎新婦がサーブ役になれば、 ゲストひとりひとりに声をかけながら 感謝を伝えることもできますね。 その10:キャンドルリレー 新郎新婦とゲストが、 キャンドルの灯りをつなぐ演出。 キャンドルには、 その数だけ 天使が舞い降り幸せになれる、 灯した火を吹き消すと願いを叶え閉じ込める といった言い伝えがあります。 素敵な言い伝えに加え、 幻想的な雰囲気が魅力の演出です。 — 1月 5, 2018 at 1:51午前 PST その11:ラストバイト ラストバイトは、 両親から新郎新婦へ食べさせる演出で、 「養い収め」の意味があるそうです。 ファーストバイトはよく行われますが、 こちらも新たな定番として 注目されている演出のひとつです。 その12:サンキューバイト サンキューバイトには、 幸せのおすそわけや 今までの感謝を伝える意味 があるそうです。 ですから、食べてもらう相手は ご両親でも友人でも誰でもOK! その13:鏡開き 新郎新婦が 木槌で樽酒を叩く鏡開き。 樽の蓋を鏡に見立てて、 ふたを割ることで福を呼ぶ 和装の披露宴では定番の演出です。 地元銘柄の樽酒を用意したり、 オリジナルの升を誂えたりと 工夫をこらすカップルも少なくありません。 その14:テーブルフォト 各テーブルをまわり ゲストと写真を撮るテーブルフォト。 招待客が多い場合は少し時間がかかりますが、 その分全てのゲストと記念撮影ができる事から、 「やってよかった」の感想が多い演出です。 その15:両親への子育て卒業証書 結婚式のラスト、 花嫁からの手紙の後に 花束と共に渡すことが多いようです。 証書の内容は、 新郎新婦によってそれぞれ異なりますが、 子供の時の写真やメッセージを入れ、 手作りするカップルもいるそうですよ。 その16:サプライズプロポーズ きちんとプロポーズできないまま 結婚式を迎えてしまった男性が、 想いを伝えるサプライズプロポーズ。 ちょっと照れくさいかも知れませんが、 会場が盛り上がることは間違いなし! 恥ずかしがり屋さんの新郎には、 手紙やムービーでプロポーズする方法 もありますよ。 あいさつ文から、 席次表・メニューが一体となった パンフレットを作るカップルもいます。 手作りすれば節約できるうえに 2人らしさも伝えられて一石二鳥。 その18:ウェディング・ツリー ウエディングツリーとは、 欧米で 芳名帳代わりに行われていた演出で、 枝のみが描かれたイラストに ゲストがサインなどして1本の木を完成させる というもの。 日本ではウエルカムボードに使われる ことが多いようです。 結婚式の記念として残るため、 と人気上昇中です。 — 1月 1, 2018 at 6:57午後 PST その19:巨大クラッカー 見た目のインパクト抜群! テレビにも度々登場し、 ここぞと言うところで会場を多いに 盛り上げてくれる巨大クラッカー。 巨大クラッカー鳴ったら シャッターチャンス。 華やかでフォトジェニックな1枚が 撮影できるはずです。 散らからないタイプや中身が花びらに なっているタイプもあります。 その20:マイクリレー 友人スピーチの代わりに 順番にマイクを渡していき ひとことずつ話してもらうマイクリレー。 一般的なスピーチよりカジュアルで、 少人数の結婚式で行われる事が多い演出です。 結婚式の演出:珍しいもの&参加型編10選! さて、ここからは 人とはちょっと違う演出をご希望の方に 珍しい&参加型の演出をご紹介します! その1:マカロンタワー 円錐状の土台にマカロンを積み重ねた ウエディングケーキ風のマカロンタワー。 元々はシュークリームを積み重ねて作る クロカンブッシュをもとに作られた と言われています。 カラフルなマカロンタワーは、 ウエルカムスペースに 可愛いらしさをプラスしたい時にピッタリ。 紙粘土など100円ショップのアイテムで 気軽に手作りできるのも人気の理由です。 — 6月 22, 2015 at 6:08午前 PDT その3:メモリプレイ 新郎新婦と大切な人との思い出を プロの役者さんが演じ再現する 「MemoReplay(メモリプレイ)」。 実際の披露宴で見たことはなくても、 TVで取り上げられているのを見た という方もいるのでは? 両親がすごく喜んでくれた、 思い出と向き合う時間ができた 等の声が挙がる 注目の感動演出です。 その4:プロジェクションマッピング ゲストが驚く演出をしたいなら プロジェクションマッピング はいかがでしょう? イベントやテーマパークでお馴染みの プロジェクションマッピングを取り入れた 結婚式場は続々と増えているそうですよ。 ブライダルフェアで体験 できる会場もあるので 気になる方はチェックしてみて。 その5:フォトシュシュ【参加型】 撮った写真がスクリーンに飛んで行く 新感覚の演出「フォトシュシュ」。 披露宴中にスマホで撮った写真を シュッとスライドさせるだけ、 アプリ不要の 手軽さも魅力です。 その6:リングリレー【参加型】 リボンに通した結婚指輪を ゲストが後ろから前へとリレーし 新郎新婦の元へ届ける演出。 ゲストとの一体感が生まれることや、 子供からご年配の方まで 全員参加できることも魅力です。 人前式の挙式セレモニーとして 行われることも多いそうですよ。 — 1月 11, 2018 at 5:35午前 PST その7:テーブルインタビュー【参加型】 先程ご紹介したマイクリレーを さらに盛り上げたいなら、 テーブルインタビューがおすすめ。 司会者が各テーブルをまわり インタビュー形式で ゲストから話を聞き出します。 新郎新婦とゲストとの昔話や思い出話、 出会いや第一印象など 答えやすい質問でインタビューする のがポイント。 もちろん、新郎新婦が インタビューに答えるのもありです。 その8:ドレスあてクイズ【参加型】 お色直しタイムには、 花嫁が次に着るドレスの色を予想する ドレスあてクイズは全員が参加でき、 盛り上がる演出のひとつです。 投票形式だけでなく、 選んだ色のペンライトを 再入場時にゲストに振ってもらう なんてアイデアもありました。 また、 ちょっと豪華な景品を用意すると 会場が盛り上がりますよ。 使った宝くじが記念に残るところもいいですね。 その10: 果実酒作り キャンドルサービスなどが定番の テーブルラウンドに、 最近加わった演出が 「果実酒作り」です。 新郎新婦がテーブルをまわりながら、 ゲストにフルーツを入れてもらいます。 新郎新婦がお酒を注ぐシーンは、 絶好のシャッターチャンス。 お酒が出来上がる頃に 新居に遊びに来てもらう楽しみもあります。 番外編:子供ゲストと一緒に行う演出 小さなゲストがいる結婚式なら、 ぜひとも取り入れたいのが 子供ゲストと一緒に行う演出です。 あどけない可愛らしさに 会場が和やかムードになること 間違いなしですよ。 なお、協力してくれた子供達へは お礼を用意するのも忘れずに。 その1:リングガール・ボーイ 挙式で新郎新婦が交換する 結婚指輪を祭壇まで運び ます。 小さい子に依頼する場合は、 指輪が途中で落ちないように リングピローに固定しておく といいですよ。 その2:フラワーガール・ボーイ 挙式の際に、 かごに入った花びらをまきながら 花嫁の前を歩きます。 花には清めの意味合いもあるため、 バージンロードを清める役割を担うのが フラワーガール・ボーイという訳です。 花束を持って、 ゲストに手渡すパターンもあるそうです。 その3:エスコートガール・ボーイ 花嫁のドレスの裾や トレーンの端を持ったり、 手をつないで入退場する エスコートガール・ボーイ。 注目度が高い演出だから、 子供達もはりきってくれるかも知れませんね。 秋の結婚式ならではの演出 ブライダルシーズンとして 人気が高い秋ならではの、 魅力が伝わる演出を考えてみましょう。 会場装飾にはオータムカラーを取り入れて 会場装花やテーブルまわりに マスタードやパープルといった 秋らしい色を取り入れると季節感がアップ。 また、ウエルカムスペースや ペーパーアイテムに 木の実や葉のデザインを取り入れるのも 秋らしさを演出できておすすめです。 — 11月 26, 2016 at 7:10午後 PST 料理にも旬の食材を取り入れて 栗やかぼちゃ、松茸といった 旬の食材をメニューに取り入れると デザートビュッフェに月見団子を加えたり、 ウエディングケーキを秋らしくデコレーション するといった工夫をしたカップルも。 この他にも、余興で神輿や和太鼓 を取り入れて 秋祭りらしくした なんて口コミもありましたよ。 冬の結婚式にピッタリの演出 結婚式が少ない冬だからこそ、 演出にこだわるのもいいですね。 暖色or寒色テーマを決めて会場演出 白やブルーを中心とした寒色系で 冬らしさを演出するだけでなく、 オレンジや赤などの暖色系で ナチュラルな雰囲気にするのもおすすめ。 雪の結晶など冬らしいモチーフを 取り入れるだけでも季節感が増しますよ。 デザイン系の専門学校を卒業後、印刷会社の制作部門にて百貨店の宣伝広告や自動車メーカーの広告媒体のデザインを担当。 その後、リクルートへ転職。 求人系メディアの制作として、多岐にわたる業界を取材。 ブライダル業界からメーカー、IT・小売など様々な求人広告の制作に携わる。 また、自身の結婚式では同僚のゼクシィスタッフからのアドバイスを受けながら、ゲストに楽しんでもらえるウエディングを追求。 多くの笑顔を目の当たりにして結婚式のすばらしさを実感する。 出産を機に退職後は、ライター兼デザイナーとしてフリーランスに。 育休中に取得した色彩検定2級や15年以上に及ぶ実務経験を生かして、ライター&デザイナーとしてスキルアップ中。

次の