あつ森 もやもや 伝染。 【12星座別】5月の恋愛運(2020年5月1日)|BIGLOBEニュース

【12星座別】5月の恋愛運(2020年5月1日)|BIGLOBEニュース

あつ森 もやもや 伝染

今、「アドラー心理学」がブームとなり、自分らしく幸せな人生を生きようとする人たちが増えています。 アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、原因論を根底から覆します。 その最大の特徴はトラウマを否定すること。 アドラー心理学では、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている、と説きます。 また、人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎず、いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でも、お金でも、恵まれた環境でもなく、変わること(幸せになること)に伴う「勇気」であると主張します。 アドラー心理学の知恵を素直に受け入れて実践すると、確かに問題を解消できる人はいますし、夢の実現に向けて、実力がつく人もいます。 しかし、その一方、かえって自分が傷ついてしまう人や、人間関係を悪化させてしまう人も少なくありません。 ある意味、アドラー心理学は「劇薬」といえます。 だから、強くて固い意志がない人以外には、本来であればお勧めできないのです。 それが、アランの『幸福論』。 アドラー心理学よりも、より実践的かつシンプルなやり方で幸せになる方法です。 自分を不幸にすることなく、暗く沈んだ気持ちを打ち砕き、明るく前向きに、幸せを感じられるようになります。 こんな言葉があります。 (1)あなたが悲しみに浸っているなら 病気だと思って、通り過ぎるのを待ちなさい 悲しみはどうすることもできない感情です。 しかも、それにとらわれていると、まわりに伝染して悲しい気持ちにさせてしまう上に、自分自身も悲しみの感情にとらわれ、気持ちを切り替えることができなくなってしまいます。 ですから、アランは、 「悲しみに浸ってはいけません。 悲しみは病気だと思えば、すぐに抜け出せます。 」 と説くのです。 悲しみの理由や理屈をあれこれと考えず、病気として我慢する。 気分や気持ちをメンタルなこととして考えると、ますますツラくなります。 胃が痛ければムシャクシャするし、お腹がすくと不機嫌になり、肩がこれば頭痛がしてイライラするでしょう。 気分はもともと身体の状態から生まれてくるものですから、悲しみという気分も、その原因となっている身体の中に押し戻してしまえばいいのです。 悲しんでいても何も始まりませんし、悪化するだけ。 シンプルかつ最も合理的な方法で対応しましょう。 (2)悩み事が頭を離れないのなら とりあえず、身体を動かしなさい 心の状態は体調によって左右されます。 ですから、アランは、 「身体を少し動かすだけで気分や感情はコントロールできます。 」 と断言します。 例えば、もやもやしているとき、公園に行ってランニングをしてみる。 すると、頭がスッキリしてきます。 ムカムカしているときにスキップをすると、怒りも悲しみも消えてしまいます。 身体を動かすと、不幸を生み出す想像力、ある意味妄想を止めることができるのです。 (3)自分は不幸だという考えが頭から離れないのなら、 無理やりにでも笑顔を作ってみなさい アランの名言の中で特に有名なのが、 「幸福だから笑うのではない。 笑うから幸福なのだ。 」 という言葉です。 これには、幸福だから笑顔になるのではなく、笑顔でいるから幸福になるのだ、ということが端的に説明されています。 だから、 「不幸を感じるときほど、意志の力で唇に微笑みをのせてみなさい。 」 とアランは説きます。 笑顔になれば、人間関係が良好になります。 さらに、ものごとが楽観的に捉えられるようになります。 自分で自分の幸福を作ろうという気持ちになるので、幸福をどんどん引き寄せられるのです。 行動すれば、気持ちが変わり、状況もまわりも変化していきます。 アランは、自分は不幸の星の元に生まれてしまったのではないかと悲しみ、絶望の淵に立たされてしまっているような人にも、ただほんの少し見方を変えてみれば、不幸を抜け出し、「幸せ」になれると教えてくれるのです。 早速、自分でもアランの教えを実行したい!という人は、(アスコム刊)のような入門書を読んでみてください。 他にもたくさんあるアランの言葉が、実生活での応用の仕方を含めて、わかりやすく紹介されています。 (新刊JP編集部) 【関連記事】.

次の

あつまれどうぶつの森の住民交換・レシピ交換・旅行券が話題

あつ森 もやもや 伝染

俳優の田中圭と林遣都が4日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇。 田中と林がお互いに感謝のメッセージを贈り合った。 モテない独身ダメ男・春田(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。 イベントは全国30ヵ所の会場に生中継され、瑠東東一郎監督も出席した。 同日で100万人を突破し、会場は23回観たファンも。 ファンに感謝した田中は「俺らよりセリフ覚えてるね」と驚き、「役者仲間も見てくれていて、周りからめちゃくちゃ面白かったって言ってもらえて」とニッコリ。 林も「地元が滋賀県で普段映画館が混雑する地域ではないんですけど、初日は満席だったそうで。 母の目の前に中学の担任もいたそうでうれしかったです」とエピソードを披露。 その途中、林をずっと見つめていた田中が突然「今日いつもより目大きくない?」と問いかけ、林が「真面目な話してるのに…今日整えてきたんで」と照れ笑いする一幕もあった。 イベントでは、公式SNSで募集した本作の好きなシーンベスト3が発表になり、第1位はラストシーンの春田と牧に。 同シーンは最終日の朝に撮影したそうで、田中は監督がセンチメンタルになっていて「それが遣都にも伝染して、俺にも伝染して、大変だった」と回顧。

次の

あつまれどうぶつの森の住民交換・レシピ交換・旅行券が話題

あつ森 もやもや 伝染

俳優の田中圭と林遣都が4日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇。 田中と林がお互いに感謝のメッセージを贈り合った。 モテない独身ダメ男・春田(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。 イベントは全国30ヵ所の会場に生中継され、瑠東東一郎監督も出席した。 同日で100万人を突破し、会場は23回観たファンも。 ファンに感謝した田中は「俺らよりセリフ覚えてるね」と驚き、「役者仲間も見てくれていて、周りからめちゃくちゃ面白かったって言ってもらえて」とニッコリ。 林も「地元が滋賀県で普段映画館が混雑する地域ではないんですけど、初日は満席だったそうで。 母の目の前に中学の担任もいたそうでうれしかったです」とエピソードを披露。 その途中、林をずっと見つめていた田中が突然「今日いつもより目大きくない?」と問いかけ、林が「真面目な話してるのに…今日整えてきたんで」と照れ笑いする一幕もあった。 イベントでは、公式SNSで募集した本作の好きなシーンベスト3が発表になり、第1位はラストシーンの春田と牧に。 同シーンは最終日の朝に撮影したそうで、田中は監督がセンチメンタルになっていて「それが遣都にも伝染して、俺にも伝染して、大変だった」と回顧。

次の