アンコール クッキー。 お値段は…

カンボジアで日本人が活躍「アンコールクッキー」 [アンコールワット] All About

アンコール クッキー

友人がかの超大型連休GのWにカンボジアへ行ってきたらしい。 カシューナッツのアンコールクッキー これが「Angkor Cookies(アンコール・クッキー)」! 色合いや模様がやっぱりアジアって感じですね。 金箔の、たぶんアンコール・ワット?のイラストがなんだか可愛い。 カシューナッツの入ったクッキーですね。 英語ですね。 やっぱお土産用だからかな。 カンボジアの言葉は「クメール語」。 とはいえ、カンボジアへ旅行に行くときは、クメール語がわからなくても「英語」で全然大丈夫!らしい。 何と言っても世界遺産の『アンコールワット』があるもんね。 世界中から旅行者がやってくるとなると、やっぱり共通言語は英語なんでしょうね。 ……英語がんばろ。 いつかカンボジアへ行くために。 アンコールワットの形をしたクッキー なんとクッキーの形は世界遺産『アンコールワット』! なかなか凝ってる。 しかもちゃんと「ANGKOR WAT」って入ってる。 クッキーの裏のちょっとボコボコした感じが、かえって「アンコールワット」感を感じる。 材料はすごくシンプルですね。 小麦粉• バター• カシューナッツ• 塩 味も素朴な優しい手作りの味わい。 シンプルに美味しい。 カシューナッツは細かく砕いた感じで入ってました。 地域貢献として設立された「Angkor Cookie(アンコールクッキー)」 箱の中には、「アンコールクッキー」のリーフレットも入ってました。 えーっと、「Angkor Cookie(アンコールクッキー)」は2004年にシェムリアップに設立されたと。 地方の女性の働く場所を提供したいという思いで立ち上げ、カンボジアで取れる材料を使って、カンボジア人が作る、シンプルな味わいでも長くお客様に愛されるものを作る。 化学調味料なども使わず、選び抜いた材料だけを使って作る。 何より、カシューナッツはカンボジアの特産品! なんですって。 おぉ、なんか拒否反応なく英文読み取れた。 たとえなんちゃってでも、細々っとでも英語の勉強を続けてる成果かな(笑) たぶん意味は間違えてないと思うんだけどな。 そして、どうやら「Khmer Time(クメールタイム)」というカフェがあるらしい。 カンボジアのフルーツが楽しめるらしいよ。 カンボジアに行く機会があったら行ってみたいな。 バナナチップスとかもある アンコールクッキーには、カシューナッツの他に、パイナップルやバナナ&シナモン味のクッキーもあるらしい。 後他にもバナナチップスとか、いろいろある。 ペッパーカシューナッツが気になる。 これ絶対、シンプルに間違いなく美味しいやつや。 リーフレットの裏面。 この写真はもしかしてカフェかな? リーフレットは、こんな感じの4つ折りです。 かなりちゃんとした作り。 アンコールワット見に行きたいなぁ…… GWでもそんなに高くなかったよと言ってたしなぁ。 ちょっと頑張れば行けなくもないか? アンコールワットが見たい! 確か江戸時代の武士の落書きがあるんだよね? それも確認するためにもアンコールワットに行かなきゃ! 問題は、いつ行くか、よりも費用の捻出だな、うん…… そういえば、何気にで検索してみたらあったよ……アンコールクッキー。 すげぇな。

次の

お土産人気NO.1!アンコールクッキーを買える場所

アンコール クッキー

アンコールワット旅行記はこれで完結となります。 最後に、お土産のこと、カンボジアサーカス「ファー」を観賞したときのこと、現地の物価など、書き忘れたことや補足情報などを記しておこうと思います。 私自身は20年ぶりの再訪となったせいか、あまり感動的な旅行記は書けませんでしたが、家族でのんびり観光したり、ホテルでマッタリ過ごすことができてそれなりに楽しむことができました。 特に年と共に重要度が増すばかりの食の楽しみ。 これは、お値段も安く、新鮮野菜の種類が豊富な東南アジアだからこそ。 今回も十分楽しむことができました。 お土産はアンコール クメール クッキーのみ 旅を重ねる度におみやげの量が減っていくのは当然かとも思いますが、それにしても今回はクッキーしか買ってきませんでした。 しかもおなじみになったカフェ屋台が併設されているコンビニで購入という安直なもの(笑)。 でも友人たちにはココナッツの優しい甘さが大変好評でした。 何せ現地滞在中にメーカーの異なる2つの商品を家族全員で試食の上購入という一手間をかけていますからね。 下の写真はパッケージを開けてしまってから慌てて撮ったものですみません。 アンコールクッキーの違いって? 上の方が日本人のマダムサチコが現地の人たちを雇用した会社で製造しているもの。 パッケージもお味もこちらの方が上品で高品質なのですが、日本で食べるのとあまり変わらない感じ。 つまり素朴なカンボジアのイメージとはちょっと違うような、、、でも日本人の定番みやげとして有名らしいです。 下の方はよく見るとURLが記載されているのですが、現在リンク先がブロックされているので詳細不明です。 こちらはパッケージデザインも中身もあまり洗練されてはいないものの、素朴な舌触り ココナッツのザラザラ感? からカンボジアらしさが漂ってきます。 家族の評価としては3対1でこちらの勝ち。 結局こちらをいくつか購入することを決めました。 どちらのメーカー共、このココナッツクッキー以外にパインやマンゴー、コーヒーなどたくさんの種類のものを販売していますが、私はココナッツ味が好きなので、これ一択。 でもおみやげなので、一応マンゴー味との比較もしてみましたが、やっぱりココナッツの勝ちでした! アンコールクッキーを買ったコンビニの場所とお値段 下の地図の川沿いに、旗のマークが付いた「コンビニ」がこのお店の場所です。 確か Shadow Angkor Residence の1階になっていたと思いますが、今のところGoogleマップには反映されていないので(まだホテルのレストランのまま)ご注意ください。 道を挟んだ並びにはピザカンパニーがあります。 お値段は、一番小さい10枚入り 写真)が どちらも1. 25$、この2倍サイズの 20枚入りが2. 5$です。 あとで調べて見ると、マダムサチコのショップや空港で販売されているものはこれよりかなりお高いようで、「日本並の価格」とのクチコミが多数見つかりました。 そちらは日本人向けに箱内で個包装されているようですが、こちらの箱の中は10枚ずつセロファンで簡易包装されています。 一度に配ってしまうおみやげなら価格の安い方で十分だと思いました。 ひとりひとりに手渡すなら、10枚入りの箱を人数分買うのもありですね。 カンボジアに限らず、東南アジアではスーパーやコンビニのおみやげの品揃えが豊富で、お値段も観光客の多い市場よりは安く買えることが多いので、私たちは大抵こういうところでおみやげを買うようにしています。 カンボジアサーカス団「ファー」 帰国前日、街中から少し離れた場所にあるカンボジアサーカス団「ファー」のショーを観に行きました。 結構距離があるのでトゥクトゥクで往復してもらいましたが、料金はホテルから片道2$ほど。 私たちは2つ目のホテルで予約をお願いしましたが、新年早々の繁忙期だったせいか数日後の席しか取れませんでした。 滞在日数の短い方はで事前に入手しておいた方が良さそうです。 下は開場前の様子。 内戦時に難民キャンプにいた青年達が中心となって、人々を楽しませるために始めたというサーカス団「ファー」。 その後フランスの支援でより洗練されサーカスとして成長してきたようです。 サーカスといってもライオンの輪くぐりとか、象の曲芸とかはありません。 一応簡単なストーリーがあって、その中で体を鍛えた若者たちのアクロバティックな演技を観るというものです。 日本人がイメージするサーカスとはちょっと違っていますね。 ミュージカルとアクロバティックダンスのミックスといったイメージでしょうか。 時折、英語や日本語の字幕が出ます。

次の

プノンペン国際空港で購入!アンコールクッキーの箱の中の写真を公開

アンコール クッキー

こちらは 小サイズ(10枚入)と 中サイズ(20枚入)の大きさ比較です。 大サイズ(30枚入)もあり、今回は中サイズ4ケースと小サイズ1ケースを購入。 2013年8月末におけるDUFRYでの価格は、 小サイズ: USD 8 中サイズ: USD 14 大サイズ: USD 21 でした。 お店はプノンペン国際空港でチェックインをしたあと、搭乗ゲート前にあります。 おやつ系ばかりが集められたコーナーの目立つところに陳列されていました。 大きな空港ではないので、すぐに「あそこにある!」と発見できますよ。 ケースの表。 アンコールワットを背景にアプサラが華麗に踊っています。 「MADAM SACHIKO」はカンボジアのスーパーブランドです! 箱の裏側です。 Best before(賞味期限)は来年の6月30日、約10ヶ月もあって新鮮です。 紹介カードには企業理念やクッキーができるまでのストーリーなどが紹介されています。 【誕生ストーリー】 「カンボジア人の手による、カンボジアの素材を使った本物のカンボジア土産を作ろう」 アンコールクッキーはオーナーである日本人、マダムサチコのこの想いから生まれました。 カンボジア産カシューナッツを贅沢なほどたっぷり使ったアンコールクッキーは、 香ばしい風味とサクサクした食感が特徴です。 アンコールワットの門前町、シェムリアップにある工房で、カンボジアの女性たちが 一枚一枚手作りで焼き上げています。 アンコールワットの想い出と共に、ぜひアンコールクッキーをお持ち帰りください。 「ANGKOR WAT」と刻印されたクッキーが一枚ずつ袋に入れられて新鮮です。 これが上の写真の袋に10枚入っています。 クッキーの裏側です。 乾燥剤が2個入っているので、より長期間鮮度を保つことができます。 これが2013年8月時点におけるアンコールクッキーです。 時代に合わせて、味とデザインが進化していくかもしれないですね。 免税店にはいくつかカンボジアの素材で作られたお土産はありましたが、今回もこれなら間違いない!ということで、アンコールクッキーを選んでしまいました。 冒険したくないなら、アンコールクッキーに限らず 「MADAM SACHIKO ANGKOR COOKIES」の商品をおすすめします。 世界の土産をお取り扱いする通販ショップを利用する方法をまとめましたので、お役立てください。

次の