アクティブセルの行に色を付ける

このデータ範囲全般を指定し、上タブの条件付き書式、セルの強調表示ルール、指定の値よりも大きいと選択していきます。 後は決定するだけで、両方の列に対して大小比較を行い大きいセルに色をつける処理が完了となります。

Next

エクセルで重複データに色を付ける方法(セルと行に色を付ける)|Office Hack

先程条件付き書式を設定した範囲を選択します。 空白のセルを塗りつぶす• また、IF関数で文字色を変更できるのかといえば、それは無理です。

Next

一行おきに色付け【Excel・エクセル】

例ではC3:C5 に祝日の日付を入力し、セル範囲C3:C4 に「祝日」と名前を定義しました。 引き続き、元の画面でもOKを選択しましょう。 自分の目で見て色を付けたり消したりしていると、時間もかかるし、消し忘れなど必ずミスが出てしまいます。

Next

<エクセル> 曜日に自動で色付けする3つの方法【土日・祝日などに!】

条件付書式で解決できます。

Next

一行おきに色付け【Excel・エクセル】

奇数行と偶数行が異なる色で塗りつぶされました。 [プレビュー]欄に、条件となる数式に該当していた場合にはこんな感じになりますよ、というのが表示されています。 つまり、行番号を2で割って余りが1、ということは、 「行番号が奇数の時」という条件を数式で設定したことになります。

Next

【Excel】エクセルで一定以上、以下の数値の色を付ける方法【指定値よりも大きい、小さい(未満)のセルの色分け】

今回は条件付き書式の基本についてご紹介しました。 ROW関数の数式はこのようになり、引数[参照]にセル番地を指定するなどして、「このセルは何行目にありますか?」とExcelさんに聞くことができます。 条件と書式が設定されました。

Next