乳がん患者の看護計画

そのため、学習意欲や自己管理意欲が低下する。 まずは静かに話せる環境を整えましょう。

Next

白血病患者の看護計画

心不全を起こすと心機能は確実に低下し、再発を繰り返すたびにささらに低下していく。 4-5、家族支援• 以下に認知症と物忘れの違いを記載します。 ポイント! ・強迫症状を緩和するための行動上の目標を設定して、その意味を教示し、達成感をもたせて安全感を強化すると同時に、頑張りすぎないよう にコントロールすることを助ける。

Next

これで完璧!ストレスコーピングの看護過程の4つのポイント

・ 認知症がある、理解力が低下している、ナースコールが押せない…適切な判断ができず、一人で動いて転倒してしまう危険があります。 しかし、骨折の治療は医師の仕事です。 慢性骨髄性白血病(CML)22%• しっかり理解をしたうえでさらに必要な指導技術やストマケア方法を学んでいって下さい。

Next

膵臓癌患者の看護(注意すべき症状・看護計画・求められるスキル)

まれに話したくないという人もいますが、誰しもが話を聞いてもらいたいと思っています。 不必要な世話はしない。

Next

心不全の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とその評価・アセスメント、看護問題に対する成果目標達成の為の具体策

#1様々な条件や誘因による葛藤があり、不安発作の起こる可能性がある 目標:患者はストレスに対する自分の行動反応を知り、ストレスに対処する代替え方法を身につける OーP(観察) 1 スタッフとの接し方 2 他患者との接し方 3 家族との接し方 4 考えられるストレスの原因やきっかけ 5 今までのコーピング TーP(実施) 1 感情や表現を助け患者自身が不安状態について考えられるように援助する a 患者が不安に感じていることを自由に話してもらい、感情を表出できるようにする b 話は受容的に聞き道徳的賛否は避ける c 患者にある程度冷静に自分自身を見つめるように促し、不安行動を客観視できるように見守る 2 不安の原因について考えられるように援助する a 不安の為に起こっている様々な行動、精神上の変化を一つ一つ取り上げてみるように促す b 持っている不安を自分がどのように行動で表しているのか考えるよう促す c 自分を不安にさせている原因は何か、ストレスの内容を具体的に考えてもらう d 不安行動の早期徴候を自覚できるように話し合う 3 患者が穏やかな時に不安を処理する方法について一緒に考える 4 患者が弛緩法を身につけたり感情を表現した時は、肯定的なフイードバックを行うように関わる 5 自分自身と自分の能力を現実的にみられるように方向づけし、自己の自信回復を手助けする 6 不安軽減のための方法が成功したら評価し、失敗時には変わりの方法を用いるよう援助する EーP(教育) 1 深呼吸、リラックスが自分でできるように指導する 2 軽い不安は注意力を高め、感覚を鋭く知て望ましい変化をもたらすものであると考え、肯定的に受け止めるように指導する #2不安発作により身体症状が多彩にみられ、取り乱したりすることによる苦痛がある 目標:自傷の危険がなくなり、身体の苦痛が緩和され楽になったと表現することが出来る OーP(観察) 1 循環器系の観察 a 動悸、頻脈 b 血圧の上昇、下降 c 胸痛 d 発作の誘因と有無 2 呼吸器系の観察 a 胸内苦悶 b 呼吸困難、咳嗽 c 過換気症状 3 消化器系の観察 a 吐気、嘔吐 b 腹痛 c 便秘、下痢 4 自律神経系 a 口渇 b 声のカスレ c 発汗 d 皮膚蒼白、紅潮 e 頻尿 5 神経系の観察 a 頭痛 b 眩暈 c 耳鳴り d 動揺感 e 脱力感 f 不眠 g 眼のかすみ TーP(実施) 1 休息をとるよう促す 2 不安症状の訴えをゆっくり聞く 3 安心感が持てるように静かな自信のある態度で接する 4 過換気症候群の場合は紙袋で鼻と口を覆って深呼吸を促し、様子を見る 5 患者に付き添い安全を守る 6 出来れば刺激の少ない静かな小さな部屋に患者を移し安心感を高める 7 落ち着けるようにブラインドを降ろし部屋を暗くする 8 衣類の緊張を緩める 9 短く簡潔明瞭に表現し患者がこたえやすいように質問する 10 落ち着いたら温かい飲み物を用意する 11 苦しい部位に手を当てゆっくりさする 12 深呼吸を患者と共にゆっくり行う 13 吐気のある時は吐いても大丈夫だと伝え、速やかに含嗽用膿盆を用意する 14 医師に連絡し、薬剤使用の指示があれば実施する EーP(教育) 1 身体症状をゆっくり聞き、バイタルサインの測定結果を伝えたうえで、この症状は一過性であり大丈夫であることを説明する #3不安状態により日常生活が規則正しく送れない可能性がある 目標:患者が不安を少しづつ表出することで日常生活が無理なく送れ、休息、睡眠、栄養、活動の適切なバランスを保つことが出来る OーP(観察) 1 情緒的、感情的変化:苛立ち、怯え、困惑、緊張、興奮、硬い表情、沈んだ表情 2 言語の変化 a そわそわした、しっくりしない態度 b 落ち着かない行動 c 周囲に遠慮するような話し方 d 人の目を気にする態度 e 無動、又は無目的な歩行 f 自傷、他害、自殺企図の有無、器物破損 g 注意力の欠如 h 両手を握りしめるなどの過緊張状態 3 日常生活行動の変化 a 不眠 b 食事量の変化や食欲 c 引きこもり、又は活動性の亢進 4 不安を起こしやすい環境の変化 a 入院に対して:入院をどのように受け止めているか。 そのような場合は、認知症のせん妄症状がでているのかもしれません。

Next

神経症患者の標準看護計画

抗がん剤においては、点滴による治療や内服治療もあります。

Next