豪華絢爛 観光列車「花嫁のれん号」 日本国内/金沢特派員ブログ

和風の半個室を8つ (桜梅の間・撫子の間・扇絵の間・鉄線の間・菊の間・笹の間・錦秋の間・青の間)設置しており、その内の扇絵の間と笹の間には、3名分の回転式の腰掛を、鉄線の間と菊の間には、2名分の回転式の腰掛を採用している。

『北陸 /3つの『観光列車』に乗って来ました♪(2日目①・花嫁のれん乗車編)』金沢(石川県)の旅行記・ブログ by satobuさん【フォートラベル】

車体後位側(乗車口付近)には、物販スペースが配置されており、客室側の側面は金沢金箔で装飾されている。 1時間30分の所要時間ですが、高級感の雰囲気からは安めかもって印象です。

Next

『北陸 /3つの『観光列車』に乗って来ました♪(2日目①・花嫁のれん乗車編)』金沢(石川県)の旅行記・ブログ by satobuさん【フォートラベル】

日本経済新聞. 金沢に到着しましたが、気になったのは往路にあった暖簾が無かったことです。

Next

観光列車「花嫁のれん号」車内の雰囲気や予約方法・運転日・時刻表・停車駅・座席の配置図・オススメ座席などを掲載

車内では事前予約性ですがお食事サービスがあり、和軽食のお弁当、スイーツセット、ほろよいセットが供されます。 鮮やかな色で描かれた おしどり、花車などのおめでたい絵柄に、華やかな喜びが息づきます。 平日ということもあって、見るからに鉄道ファンな人々はあまり見かけなかった。

Next

2021年 七尾線観光列車 花嫁のれん

コメント頂き有り難うございます。 花嫁のれんとしては、丈も少し短めとなっています。 列車は、七尾線に入り住宅地を抜けて能瀬駅付近から田園地帯を走ります。

花嫁のれん│観光列車の旅時間:JRおでかけネット

大好きな女優さんの一人です。 撮影後は、往路と同じ2号車に乗車します。

Next