マグミット錠330mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

Next

マグミット錠330mgの添付文書

病院で酸化マグネシウム便秘薬の処方を受けている方の場合は、かかりつけの医師や薬剤師の幾重のチェックが入るため、飲み合わせの問題が発生することはほぼありませんが、知識として持っておいても良いでしょう。 酸化マグネシウム系の便秘薬はコーラックなどの刺激系とは違い、慣れないので安全なのでは?と質問をいただくこともありますが、あくまでも薬なので使用目的を変更することはおすすめしません。 腸内フローラの改善とともに、便の水分保持をすることで無理のない排便習慣がつき、徐々に今飲んでいる便秘薬を減量することにつながります。

Next

マグミット錠330mg│お薬事典│マグミット錠330mgの詳細情報ならここカラダ

酸化マグネシウム便秘薬の飲み方のコツや注意点 酸化マグネシウム便秘薬は消化管に水分を保持する薬のため、 多めの水と一緒に服用することでより効果的です。

Next

Magmitt Tab(マグミット錠) 330mg

効果も確実かつ緩徐で、汎用下剤として相応しい。 マグミットの量が少ないと効かないし、多いと下痢をする• 水分の集まった便は適度にふくらみ、腸を刺激して スムーズな排便を促します。 マグミット高用量 便秘薬 高用量(1日2000mg)のマグミットは便秘薬として効果を発揮します。

Magmitt Tab(マグミット錠) 330mg

上記の症状や過度な眠気、呼吸が苦しくなるなどの状態があれば、すぐに医師に連絡をしてください。 特に上記の物で飲み合わせが悪いものはありませんが、できるだけお水や白湯で飲んでいただき、お口直しでほかの味の水分をとる程度にしておきましょう。

Next

マグミット錠330mg│お薬事典│マグミット錠330mgの詳細情報ならここカラダ

マグミットの飲み方 マグミットは飲む量(用量)で効果が違います。

Next

マグミットの飲み方はこうしよう!これで下痢便秘とグッドバイ

そういうときは、飲む回数を1日3回から2回に減らすか、マグミット330mgを250mgに減量して、1日のマグミット量を調整しなくてはなりません。 『』 寝る前に飲んだら朝にスッキリ出るイメージです。 同時服用は避けるようにしましょう。

Next