大阪都構想の亡霊。松井市長と吉村知事の“厚顔無恥”代替案に市民絶句

(市長) 大阪都構想については「神奈川県議会議員時代、県を解消し道州制の形で広域化すべきと主張した経緯があったので今回の『大阪都構想』の大枠は共感している。

Next

大阪都構想の亡霊。松井市長と吉村知事の“厚顔無恥”代替案に市民絶句

なお、この際に、与野党の対立で府・市両議会が混乱していることについて、「関係者の間で真摯な議論を」と求める新藤総務相名の助言書も交付された。 メディアを通じて感じたことは住民投票がかなり拮抗していたことで最終的には反対という方が多かった。 大阪都構想、ダブル選挙の結果ではなく、国と地方を考える大きな議論になる可能性が大きくなる」と静観。

大阪府/報道発表資料/特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)(案)についてご意見を募集します

」と疑問視 () 「国から地方(都道府県・政令市)への権限、財源の移譲を明らかにし、国と地方の役割を明確にすることが重要である。

Next

大阪「都構想」代替案条例が成立 全国初、地方分権逆行も

— 松井一郎 大阪市長 gogoichiro 松井市長は市委委員長に対して、文句を言うなら「対案を出せ」とツイッター上で迫った。 こういったことが基本。

Next

大阪府/報道発表資料/特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)(案)についてご意見を募集します

すべきではない」、共産党委員から「都構想は百害あって一利なしだということがはっきりした」という、都構想そのものに対する反対論が述べられた。

大阪府/報道発表資料/特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)(案)についてご意見を募集します

前回は「反対」の結果だったものの、大阪市の方が府と市の在り方について議論を尽くされた上での選択でありその結果と思っている。 府議団内では大阪市内の選出議員は制度案に反対したものの、全体では賛成多数であったとされ、反対の方針を維持する自民市議団とは対応が分かれる見通しとなった。

吉村知事が緊急事態宣言下で推し進める〝大阪都構想〟 2月に条例案提出 (2021年1月13日)

大阪市では「大阪市廃止・特別区設置」(都構想)の協定書が二度にわたって住民投票で否決されたが、大阪維新の会の松井一郎市長、吉村洋文府知事は「 […]• 2019年12月8日閲覧。 2020年11月2日閲覧。

Next