強制執行行為妨害罪|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

2011年6月に成立した情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律(平成23年6月24日法律第74号)により、法定刑が2年以下の懲役又は20万円以下の罰金から3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金又はその併科に引き上げられた。 【証 拠】 省 略 【法令の適用】 罰条 刑法60条,157条1項 不実記載公正証書原本行使 刑法60条,158条1項,157条1項 強制執行妨害 刑法60条,96条の2科刑上一罪処理 刑法54条1項前段,後段,10条(と不実記載公正証書原本行使との間には手段結果の関係があり,と強制執行妨害,及び,不実記載公正証書原本行使と強制執行妨害とは,それぞれ1個の行為が2個の罪名に触れる場合である から,結局,以上を1罪として,刑及び犯情の最も重い不実記載公正証書原本行使罪の刑で処断) 刑種選択 懲役刑 未決算入 刑法21条 【量刑に当たって特に考慮した事情】 1 本件は,被告人ら家族が居住する建物の敷地を競落した者からの被告人やその経営する会社等に対する建物収去(退去)土地明渡等請求訴訟に敗訴した被告人が,同判決に基づく建物収去土地明渡の強制執行を妨害しようと企て,妻と共謀の上,不実の共有者全員持分全部移転登記を申請して登記簿にその旨の記載をさせこれを法務局出張所に備え付けさせて本件建物を仮装譲渡した事案であるところ,被告人は,上記敗訴後数年間にわたって,強制執行が迫ってくると本件建物の登記名義を変更するなどして執行妨害を繰り返した挙げ句,上記競落人が提起した執行官の処分(本件建物の登記名義が,建物収去の代替執行の授権決定以前から,授権決定記載の債務者以外の者となっていることを理由とする執行不能の処分)に対する執行異議の申立てに対するI地方裁判所の決定において,本件建物の頻繁な登記名義の変更はもっぱら執行妨害のみを目的として実質的同一会社間及び親族間でおこなわれたものであり,当時の所有名義人であるH及びGに対する代替執行は,民事訴訟において被告とされた会社の承継人たる会社に対する授権決定に基いて当然におこなうことができると認定されたため,本件建物の登記名義を,いずれも被告人の子であるH及びGから,今度は,別に暮らす実妹Dに移そうと企て,執行官が被告人方に来訪し強制執行の期日を予告した約1週間後に,判示犯行に及んだものである。 >先日全面的に勝訴しました。

Next

公務の執行を妨害する罪

インターネットの掲示板に、「6月16日3時にアメリカ村で無差別殺人おこします」などと書き込み、警察に警戒活動を行なわせる等して警察官の正常業務遂行を妨害した事件で、偽計業務妨害罪の成立を認めた例がある 大阪高判平21・10・22 判タ1327号279頁。

強制執行妨害に関する罪について

申出があつた場合において、当該弁護士会は、その申出が適当でないと認めるときは、これを拒絶することができる。

Next

強制執行妨害目的財産損壊等罪|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

依前項規定得易科罰金而未聲請易科罰金者,得以提供社會勞動六小時折 算一日,易服社會勞動。 本罪は第一に、債権者の保護を図ることにあり、また、第2に強制執行の適正な運用を保持することを図る目的もあるといえます。

Next

強制執行妨害罪(キョウセイシッコウボウガイザイ)

差押を受けたときの残高(裁判所の差押命令が銀行に到達したときの残高)が口座から抜かれて別段預金になる(自分ではおろせなくなる)だけで,そこで口座の残高がゼロになった後は従来どおり使えるのが普通です。

Next

不動産競売・強制執行に関する犯罪・刑罰の規定まとめ

そうすると,被告人の妻の証言によれば本件建物からの任意退去の準備は進んでいるというのであって,はなはだ遅きに失したとはいえ,間もなく上記競落人の権利の実現が図られる見込みであること,被告人は,身柄拘束の当初こそ犯行を否認していたものの,その後事実を認めるに至り,当公判廷においても,事実を認めて,反省と上記競落人に対する謝罪の弁を述べていること,扶養を要する家族があること等の事情を被告人のため最大限有利に考慮しても,被告人は厳しい処罰を免れず,本件はその刑の執行を猶予すべき事案とは認められない。

中華民國刑法

民事保全法 (仮差押命令の必要性) 第二十条 仮差押命令は、金銭の支払を目的とする債権について、強制執行をすることができなくなるおそれがあるとき、又は強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるときに発することができる。 ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済義務はなくなります。 銀行にはその義務がありませんので無理ではないでしようか。

中華民國刑法

)において準用する場合を含む。

Next