男子 バレー 日本 代表 歴代。 バレーボール全日本男子

バレーボールのオリンピック歴代男子日本代表を紹介(SPAIA)

男子 バレー 日本 代表 歴代

shueisha. 高校では、バレーボール大会優勝へ大きく貢献しました。 2014年には2020年に開催される東京オリンピックの強化指定選手に選ばれ、東京オリンピックでの活躍が期待できます。 なんと、現在中央大学在学中の現役大学生です。 様々なチームとの短期派遣や契約をしてきました。 最優秀選手賞を受賞したこともあります。 石川祐希さんのイケメン具合は、かなりテレビ番組で報道されており、いわゆる塩顔男子として人気です。 真剣な顔も笑った時のクシャッとした顔も大人気です。 石川祐希さんは、まだまだ若くこれからの活躍もとても期待できる選手です。 東京オリンピックでも、是非頑張って欲しいですね。 oricon. 武器は逆回転ジャンプサーブです。 2004年にプロ契約を交わしました。 スパイク決定率は日本代表選手の中でも特に高いほうです。 2008年には北京オリンピックへ出場しました。 2012年から2013年にかけて現役バレーボール選手を引退しました。 現在は、排球大使のアンバサダーへ就任しています。 山本隆弘さんは、"世界が認めたニッポンの大砲"というキャッチコピーを持っています。 イケメン具合は、整った顔立ちと笑った時に出来るえくぼが印象的です。 oricon. かなりの実力があり、たくさんのメディアに注目されるほど、チョウ・シンさんはバレーボールが上手だそうです。 身長は2mですが、ジャンプ力はかなりのもので、3m部分に届くほどだそうです。 見た目のイケメン具合は、韓国や中国などの俳優にいそうな程です。 中国のバレーボールはそこまで強いとは聞かないことから、あまりどのような選手が居るかは知られていませんが、チョウ・シンさんはイケメンなことから、知っている人も多いのではないでしょうか。 血液型:O型 ポジション:WS 両親がバレーボールをしていたことにより影響され、バレーボールを始めました。 高校生になると、のちにバレーボール部の主将に任命され、チームを優勝へと導きました。 2013年には全日本代表としてデビューを果たしました。 2014年には、2020年に開催される東京オリンピックの強化指定選手に選ばれたことにより、東京オリンピックでの活躍にかなり期待ができます。 2017年に、海外のバレーボールチームであるTVインガーソル・ビュールとのプロ契約を交わしました。 MVP受賞や最優秀新人賞など様々な賞も受賞してきました。 2018年4月には、バレーボール男子日本代表の主将に任命されました。 今後の活躍に大期待の選手です。 shueisha. チームは、ポーランドリーグのAsseco Resoviaに所属しています。 バレーボールの腕前もかなりよく、様々な大会などで、金メダルや銀メダル獲得へ貢献しています。 見た目はかなりの爽やかイケメンです。 ヨーロッパ系の彫りの深い整った顔立ちをしています。 oricon. 2014年に、全日本代表としてデビューを果たしました。 2020年に開催される東京オリンピックでは、強化指定選手に選ばれ、東京オリンピックでの活躍が大期待できる選手です。 山内晶大さんは、自身の細身体型がコンプレックスだと語っています。 兄弟揃って細身体型だそうです。 しかし、身長は2m越えの204cmなので、10等身でスタイルが良いとファンの皆さんには言われています。 フランス代表選手の中でもかなりの戦力になる選手です。 なんと、身長は、2メートルもあり、かなりの高身長そして、かなりの肉体美も伺うことができます。 見た目のイケメン具合は、かなりのもので、ファンもかなり多いようです。 アントニン・ルジエさんは、30歳になったころに、フランス代表そして現役を引退しました。 大会で金メダルを獲得したこと、そしてヨーロッパ選手権のMVPを受賞したこともあります。 oricon. バレーボール選手の中でも身長が178cmだと、かなり低いほうですが、以外にも背が低い方が取りやすいボールなどもあるので、チームにとってはかなりの戦力になる選手でもあるのです。 見た目は、ハリウッド俳優のようなイケメンさを伺うことができます。 まだまだ若く、あまり知られていないバレーボール選手ですので、これからの活躍に大期待ですね。 高校までのポジションは、ウィングスパイカーでしたが、大学進学後からは、ボールのスピードに慣れるためということからミドルブロッカーに転向しました。 身長193cmでミドルブロッカーは、バレーボール界では低い方ですが、松本慶彦さんのジャンプ力はバレーボール界の中でも特に高い方です。 2007年には、全日本代表として選出されました。 2008年には北京オリンピックへ出場しました。 shueisha. 2002年に、日本人では高校生初となる全日本代表入を果たしました。 2006年には、サントリーサンバーズとプロ契約をし、見事プロとしてデビューを飾りました。 日本代表選手として、北京オリンピックに出場したことがあります。 2017年に、バレーボールからビーチバレーボールへ転向しました。 高速ジャンプのサーブ・高さのある強烈なスパイクが越川優さんの武器です。 サーブレシーブは苦手です。 元々、将来の夢はバレーボール選手ではなく、パイロットでした。 oricon. 身長が高かったことから、バレーボール界のビッグ3と言われていました。 1989年に、全日本の主将に任命されました。 元々は、バレーボール選手として活躍していましたが、1989年からはビーチバレーボール選手として活躍をし始めました。 日本ビーチバレー連盟会長など、バレーボールに関わる仕事の他に、タレントとしても活躍しているので、川合俊一さんはテレビ番組で目にすることの方が多いのではないでしょうか。 中には、バレーボール選手だったということを知らない方もおり、俳優やタレントだと思っている人も少なくないようです。 大学3年生にて、日本代表に選ばれました。 2009年ね開催されたワールドグランドチャンピオンズカップでは、銅メダルを獲得しました。 大学4年生になると、チームの主将を務め数多くの大会での優勝そして最優秀新人賞を受賞しました。 バレーボール界では「元祖プリンス」と呼ばれるほどの爽やかイケメンぶりです。 中学3年生の頃に、壬生義文監督にスカウトされました。 2015年に豊田合成トレフェルサと言うチームに移籍しました。 強烈なクイックと、かなりのブロック力が傳田亮太さんの武器です。 us-lighthouse. 大学生になると、いきなり日本代表としてデビューをし、様々な大会などで活躍をしてきました。 2008年には北京オリンピックへ出場しました。 スパイク賞は何度も受賞するほど清水邦広さんのスパイクは素晴らしいものです。 2018年2月に出場した大会にて右足を負傷し全治12ヶ月と宣告されました。 アジア大会、アジア選手権では合わせて金メダルを3個、銀メダルを1つ獲得したことがあります。 2014年に歌手の中島美嘉さんと婚約しましたが、2018年2月3日に離婚をしています。 shueisha. バレーボールを、初めてからというものの、みるみるうちに腕をあげ、高校在学中には全日本代表に選出されたことがあります。 2002年からはバレーボールからビーチバレーに転向し、プロビーチバレー選手として活躍しました。 朝日健太郎さんは、オリンピックへ出場したこともあります。 2012年に現役を引退してからは、様々なバレーに関係する仕事をこなしています。 政治家としても活躍しています。

次の

日本代表

男子 バレー 日本 代表 歴代

1960年代 [ ] No. 1980年のモスクワオリンピック年はOQT出場の選手を記述してあります。 オリンピック出場を逸した2000年と2004年はOQT出場メンバーが記載してあります。 オリンピック出場を逸した2012年は世界最終予選出場(OQT)出場メンバーを記述してあります。 2010年WL本戦は予選落ちで不参加のため、2010年に開催された2011年WL予選に出場した選手を記述してあります。 三重県で行われたセルビア・モンテネグロ戦ではキャプテン登録されていたが、怪我のため出場はなし• 2009年に行われたワールドリーグ2010予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選では「1」• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場 関連文献 [ ]• 「」2012年6月号、p. 93-97 オリンピック歴代代表選手全167名リスト 外部リンク [ ]• 五輪関連 [ ]• 世界選手権関連 [ ]• ワールドカップ関連 [ ]• グラチャン関連 [ ]• - (2009年8月26日アーカイブ分) ワールドリーグ関連 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の

日本男子バレーボール代表選手の一覧

男子 バレー 日本 代表 歴代

オリンピック男子バレーボール歴代ジャパン ・1964年東京オリンピック 成績は銅メダル。 監督は、県立檀原公苑の坂上光男、主将は出町豊。 女子も金メダルを獲得したことから、日本の強さが広く世界に知れ渡った。 ・1968年メキシコオリンピック 男女とも銀メダルを獲得。 監督は日本鋼管所属の松平康隆、主将は池田尚弘。 金メダルは前回の東京オリンピックに続き、ソ連が獲得。 ・1972年ミュンヘンオリンピック 念願の金メダルを獲得。 監督は松平康隆、主将は 南将之。 女子も銀メダルを獲得したため、メキシコに続き更に日本の強さが色濃くなった。 ・1976年モントリオールオリンピック 結果は4位。 監督は中京女子大所属の坂上光男、主将は 猫田勝敏。 一方、金メダルを獲得した女子は、東京オリンピック以来12年ぶりに女王の座へ返り咲いた。 ・1980年モスクワオリンピック 政治的な問題から出場を辞退。 ・1984年ロサンゼルスオリンピック 成績は7位。 監督は中野蒲鉾店所属の中野尚弘、主将は 山田修司。 女子は銅メダルを獲得し、善戦だった。 ・1988年ソウルオリンピック 結果は10位。 監督は富士フイルム所属の小山勉、主将は 杉本公雄。 このころバレーボールはオリンピックの正式競技として定着し、各国が競争力を上げてきたことからメダルの獲得が厳しい状況となってきた。 ・1992年バルセロナオリンピック 結果は6位に。 監督はサントリー所属の大古誠司、主将は植田辰哉。 ・1996年アトランタオリンピック 未出場 ・2000年シドニーオリンピック 未出場 ・2004年アテネオリンピック 未出場 ・2008年北京オリンピック 結果は11位。 監督はJVA所属の植田辰哉、主将は荻野正二。 2009年から日本男子バレーボール日本代表の愛称は「龍神NIPPON」。 龍神のように強さと気高さを持ち、世界の強豪と戦ってほしいという願いが込められている。 しかし、2012年ロンドンと2016年リオデジャネイロでは続けて予選敗退し、オリンピックへの出場権を得ることができなかった。 1964年オリンピック初出場で銅メダル 1964年東京オリンピックでの男子の結果は銅メダル。 女子の金メダル獲得の陰に隠れながら、男子で金メダルを獲得したソ連をセットカウント3-1で破るなど熱戦を繰り広げていた。 メンバーには後に世界一のセッターと言われた猫田勝敏選手、メキシコオリンピックで監督を努め殿堂入りも果たした松平康隆コーチが参加していた。 「負けてたまるか」をモットーに奮闘したメキシコオリンピック 記録映画「東京オリンピック」では1カットも使われず、屈辱を味わった男子バレーボール。 1968年のメキシコ五輪では「負けてたまるか」をモットーに奮戦し、見事銀メダルを獲得した。 監督は東京オリンピックでコーチを努めた松平康隆だった。 絶体絶命から大逆転を収めた「ミュンヘンの奇跡」 「ミュンヘンの奇跡」と伝えられる伝説の勝負は、1972年ミュンヘンオリンピック準決勝、ブルガリア戦だ。 ブルガリアの巧妙なクイックに歯が立たず、あっという間にセットカウント0-2という正念場に立たされた。 しかし、松平監督の守備を固める作戦で第3、第4セットと取り返し、迎えた勝負の第5セットで3-9とリードされるも、途中でベテランセッター猫田が入ると流れが大きく変わる。 そのまま勢いに乗り大逆転。 続く決勝では東ドイツを3-1で打ち砕き、念願の金メダルを獲得した。 関連記事リンク(外部サイト).

次の