コロナ むかつく。 新型コロナウイルスで休校‼卒業式、卒園式はどうなる😱前代未聞の卒業式になる?!|KISAKI AIRI

G20で新型コロナが主要議題に 麻生財務相「経済影響のリスク」

コロナ むかつく

6代目山口組系の現役幹部は、次のように解説する。 「(対立している)神戸山口組が流したフェイク情報ではないかと見ている。 全くのウソ。 こういう情報を流して何か得することがあるのか、目的が分からない。 場合によっては、稼業とは全く無縁の素人さんのイタズラかもしれない。 どちらにしても、意味がない情報だ」 情報はSNS上で瞬く間に流れ、警察当局も当然ながらキャッチした。 事実であれば重大な情報のため、それゆえ振り回されることになったが、愛知県警の捜査員が高山の姿を確認。 新型コロナウイルスに感染している様子はなく、警察当局もフェイク情報との見方を固め、騒動は落ち着くこととなった。 とはいえ、6代目山口組では兵庫や大阪の団体、稲川会でも都内の団体などで、具体的な感染例が次々に報じられている。 「新型コロナで重症化しやすいと言われているのは『高齢者』と『喫煙者』。 暴力団員は高齢化が進んでいる上に、喫煙者が多い。 タバコだけでなく、不摂生な日常をつづけているのだから、万が一、組織内で感染が広がると普通の組織より影響が大きいだろう」(ある指定暴力団幹部) コロナの感染拡大後、入れ墨をした男性が人工呼吸器を付けている写真が暴力団関係者の間で流れたが、入れ墨も感染拡大に悪影響を及ぼしているとの説もある。

次の

コロナウイルス、本気でうざいですね。今大2なのですが来年の...

コロナ むかつく

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「コロナ離婚」の増加が懸念されている。 在宅勤務が導入され、家でともに過ごす時間が増える中、互いの価値観の違いが目立って不満をためる夫婦も多いという。 国内外ではストレスから家庭内暴力(DV)に発展するケースも増加している。 夫婦間の危機をどう乗り越えればいいのか。 (江森梓、石川有紀) 相談、日に日に増加 《あー旦那むかつく 子供の世話してるとか言って携帯しか見てねーし》 《旦那だって好きで家にいるわけじゃねーからな》 ツイッター上では、「#(ハッシュタグ)コロナ離婚」と付けられた投稿が目立ち、夫婦間の愚痴がつぶさにつづられている。 夫が在宅勤務なのに家事を手伝わなかったり、飲み会に出かけるなど新型コロナに対する危機感の相違にいらついたりと、内容はさまざまだ。 夫婦問題に関するカウンセラーの大塚くにこさんによると、感染拡大後は相談件数が日に日に増えており、「こんなことは初めて」ともらす。 「熟年離婚と同じ」 なぜ、こうした事態が起きるのか。 「定年後の熟年離婚と問題の芽は同じ。 在宅勤務などで、一緒に過ごす時間が長くなり、夫婦問題が顕在化したに過ぎない」 中高年の更年期障害を長年診療し、夫の言動が原因で妻の心身に不調が起こる症状を「夫源病(ふげんびょう)」と命名した医師、石蔵文信・大阪大人間科学研究科招聘(しょうへい)教授はこう打ち明ける。 新型コロナ感染拡大の影響で物資が行き渡らなくなったり学校が休校になったりと生活環境が変化する中、家事や育児ストレスが増す一方、経済・雇用情勢も不安定化してリストラへの不安も大きくなっている。 そうした中で互いに不満を募らせていくケースが少なくないという。

次の

コロナで学費が払えない!授業料免除や返済不要の奨学金支給で新型コロナウイルス感染症に伴い家計が急変した学生等を支援

コロナ むかつく

衛生観念欠如の夫、手洗いは水で5秒だけの70代父 トピックは投稿主に共感する声が大半だ。 記者が見た限り、夫への不満を募らせている人が多く、子ども達を守るためにも離婚するしかないと覚悟を決めている人もいる。 「うちの旦那休日友達と映画館とかパチンコ行きたがるよ 行かせないようにしてるけど、断る理由が『嫁がだめだって』ってさ。 呑気で呆れてる」 「主さんと全く同じです。 仕事から帰ってきても手洗いうがいせずそのままご飯食べてる旦那。 こっちは神経質に手洗いとかちゃんとやってるのに、バカらしくなります」 「帰宅しても手も洗わなかったのが散々言ってやっと最近になって水で3秒程チョロっと指先だけ濡らすようになっただけ。 もちろんマスクはしてくれない。 (中略)風呂に入らず帰宅した服のまま布団に入って寝たり衛生観念に欠陥があるようで子供達を守るためにも離婚するしかないと思っています」 家族に危機感がないと、イライラするのかもしれない。 20日から彼氏と温泉旅行だと。 私16日に出産予定で産後は実家にかえる予定なのに、コロナもらって帰ってきたらゆるさない」、「父親。 70代なんだから危機感持てと言ってるんだけど、マスクは苦しいから嫌、外から帰ってきてもうがいしない。 手洗いは周りが散々いってやるようになったけど、隠れて見てたら水だけで5秒くらいちょろっと」。 また、「ママ友がタイムラインとかに子供連れてショッピングモールや映画、カラオケに行ったと載せてる。 縁切りました」と友人に不快感を示す書き込みもあった。 一方、自分自身があまり神経質にならないという意見は、わずかだ。 「わたし。 出かけるの好きだし普通に出掛けます。 幸いライブとかはあんまり興味ないのでライブハウスは行きませんけど、全然ディズニーとかやってれば行きたいです」 「今までと変わらずジム行くし、美容院も行ってるし外食もしてますが何か問題でも?」 「基本的には既存の風邪や肺炎と変わらんし、コロナだからって特段何をする訳でも無い。 手洗いうがいをいつもより少し気をつけようかな、くらい。 普通にご飯食べに行ったり、旅行行ったりしてる」 集団感染が発生する際の共通点 厚生労働省は新型コロナウイルス感染予防の考え方として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に「咳エチケットや手洗い」を行い、風邪症状があれば外出を控えるようで呼びかけている。 また集団感染には「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」などの共通点があるとし、「人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まること」を避けるように注意喚起している。 手に入りにくい状況が続くマスクについて、厚労省は「現在、予防用にマスクを買われている方が多いですが、感染症の拡大の効果的な予防には、風邪や感染症の疑いがある人たちに使ってもらうことが何より重要です」と説明している。

次の