提督が好きです。 魔改造好きな提督

いちゃいちゃ大好き提督日常

提督が好きです

私は今射撃演習場に来ている。 最近できるようになった技の練習をするためにね。 だって、この前山に向かって撃ったらえぐれちゃって上司にすごい怒られたわ。 「おぉ、提督も練習か?」 「いや、軍服着てどうやって射撃練習するんだよ」 「やっぱり俺達の様子見にでも来たんじゃないか?」 今喋ったのは摩耶、木曾、天龍の三人。 みんな、この鎮守府の中でも特に男勝りな部類に入るわ。 特に木曾は古参の艦娘だから雷巡への改装も行っているくらいね。 結構かっこいいわ。 私は年上好きだけど。 「違うわ、ちょっと練習しに来ただけよ。 技のね」 「技?どんなのだ」 「この前山に向かって撃ったら山を吹き飛ばしちゃって怒られたのよ」 「何してるんだよ………」 「かっこいい!ちょっと試しに撃ってみてくれよ!」 天龍が興奮気味に頼んできたわね。 まぁ、そのために来たんだしいいか。 「いいけど、少し離れててくれない?」 天龍たちが離れたのを確認して、私は"詠唱"を始めた。 「"千手の涯" "届かざる闇の御手" "映らざる天の射手" "光を落とす道" "火種を煽る風" "集いて惑うな" "我が指を見よ" "光弾・八身・九条・天経・疾宝・大輪・灰色の砲 塔" "弓引く彼方" "皎皎として消ゆ" 破道の九十一 『千手皎天汰炮』」 的を巻き込んで壁が消え去った瞬間だ ただいま夕張に提督室に呼ばれたんだけど阿修羅みたいなオーラ出してる夕張がいた、怖い。 「提督?今度は何してくれちゃったの?」 「あの………夕張、怒ってる?」 「別に、これっっっっっっっぽっちも怒ってないですよ?」 「すいません、出来心だったんです許してくだしあ」 「はぁ………で、何なんですかあれは」 「あれ?」 「演習場でかましてくれた奴ですよ」 「あれは密集地帯狙撃型非固定砲台よ、元々は妖精さんと一緒に見てたアニメの技だったんだけど妖精さんが作ってみたいって言い出したから……」 某死神マンガよりは酷くないよ。 決して五番隊隊長に撃ちこむわけじゃないし。 「……じゃあ、あの呪文みたいなのは何ですか?」 「あれは他の子が勝手に発動させないように設定したパスワードみたいなものね」 決して詠唱がかっこ良かったとかじゃないから。 「最後に一つ、演習場の壁はどうするんですか?」 「そこは妖精さんの不思議パワーで」 「てーいーとーく?」 「すいません自分で直します」 「じゃあ早く直してきてください……」 「hai!! 」 危なかった……夕張の怒りが有頂天になった瞬間だったよ。 「提督ー!いるか?」 「何天龍、用でもあったの?」 「さっきのやつ俺でもできるか?」 「出来無くはないけど、艦娘の艤装とは相性が悪いから最悪腕が吹っ飛ぶわよ?」 「………やっぱりやめとくぜ」.

次の

提督「ストーカーになると怖い星座?」

提督が好きです

vip2ch. 88 ID:6rthQnFj0 扶桑「あの、提督お話が」 提督「なんだ珍しい。 神妙な表情だ。 90 ID:6rthQnFj0 提督「何にせよ、場所を移したほうがいいな」 執務室 提督「さて、ここならば気兼ねなく話せるはずだ」 扶桑「それでは、えっと。 17 ID:6rthQnFj0 提督「随分と引っ張るじゃないか? 悪いことなのか? 良いことなのか?」 扶桑「私からの話でどちらの比率が大きいですか?」 提督「悪い方だ」 扶桑「そうですか。 悪い方なのですか」 提督「それなら早く言ってくれ。 43 ID:6rthQnFj0 提督「………」 扶桑「………言っても笑いません?」 提督「な、なんだよ。 48 ID:6rthQnFj0 提督「あ、ああ。 85 ID:6rthQnFj0 提督「………ヒーっヒッヒヒッヒ!」 扶桑「あ、あの、見ます練度表? こ、これです。 05 ID:6rthQnFj0 提督「ひか、光るとか、お前ぐふふふっ、しかも喋るし、くくく、書類一式にサイン? サイン! うへへへへへ」 扶桑「しょ、書類くくく、せっかくですから、言うことを聞いてあげましょう、うへへへへ」 提督「待て。 それだと指輪も取り出さないといけないじゃないか」 扶桑「はい。 35 ID:6rthQnFj0 提督「よしよし、ならば、指を出せ」 扶桑「はい」 提督「はめるぞ? 扶桑の指に指輪をはめるぞ?」 扶桑「はい。 私の指に指輪をはめてください。 75 ID:6rthQnFj0 提督「あ、愛しているよ、扶桑、くくく」 扶桑「私もです、ふふふ」 提督「い、いい夜だな。 ぐふふふ」 扶桑「そうですね。 23 ID:6rthQnFj0 扶桑「へへへへへへへへ」 提督「へへへへへへへへ」 榛名「へへへへへへへへ」 「「「「へへへへへへへへへへへ」」」」 おわり 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

いちゃいちゃ大好き提督日常

提督が好きです

vip2ch. 88 ID:6rthQnFj0 扶桑「あの、提督お話が」 提督「なんだ珍しい。 神妙な表情だ。 90 ID:6rthQnFj0 提督「何にせよ、場所を移したほうがいいな」 執務室 提督「さて、ここならば気兼ねなく話せるはずだ」 扶桑「それでは、えっと。 17 ID:6rthQnFj0 提督「随分と引っ張るじゃないか? 悪いことなのか? 良いことなのか?」 扶桑「私からの話でどちらの比率が大きいですか?」 提督「悪い方だ」 扶桑「そうですか。 悪い方なのですか」 提督「それなら早く言ってくれ。 43 ID:6rthQnFj0 提督「………」 扶桑「………言っても笑いません?」 提督「な、なんだよ。 48 ID:6rthQnFj0 提督「あ、ああ。 85 ID:6rthQnFj0 提督「………ヒーっヒッヒヒッヒ!」 扶桑「あ、あの、見ます練度表? こ、これです。 05 ID:6rthQnFj0 提督「ひか、光るとか、お前ぐふふふっ、しかも喋るし、くくく、書類一式にサイン? サイン! うへへへへへ」 扶桑「しょ、書類くくく、せっかくですから、言うことを聞いてあげましょう、うへへへへ」 提督「待て。 それだと指輪も取り出さないといけないじゃないか」 扶桑「はい。 35 ID:6rthQnFj0 提督「よしよし、ならば、指を出せ」 扶桑「はい」 提督「はめるぞ? 扶桑の指に指輪をはめるぞ?」 扶桑「はい。 私の指に指輪をはめてください。 75 ID:6rthQnFj0 提督「あ、愛しているよ、扶桑、くくく」 扶桑「私もです、ふふふ」 提督「い、いい夜だな。 ぐふふふ」 扶桑「そうですね。 23 ID:6rthQnFj0 扶桑「へへへへへへへへ」 提督「へへへへへへへへ」 榛名「へへへへへへへへ」 「「「「へへへへへへへへへへへ」」」」 おわり 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の