全裸監督 評価。 全裸監督

Netflix『全裸監督』シーズン1ネタバレ。山田孝之の演技が大絶賛!評価が分かれる村西とおるの生き様とは?

全裸監督 評価

キャスト紹介 村西とおる/山田 孝之 英語教材のセールスマンだったが、バーで助けた荒井トシに導かれ、大人向けの図書販売の世界へと向かう。 荒井トシ/満島 真之介 チンピラで村西の手助けをする。 川田研二/玉山鉄二 大人向けの本を出版していたが、村西に出会って彼と運命を共にする。 三田村康介/柄本 時生 黒沢映画と騙されて連れてこられ、村西の大人向けのビデオ制作にかかわる。 黒木香/森田望智 横浜国立大学教育学部美術学科の生徒だったが、イタリア留学の費用を稼ごうと大人向けのビデオ女優を志願する。 武井道郎/リリーフランキー 池澤に都合のいいように動く刑事に見えたが……。 池沢/石橋凌 大人向けのビデオ業界大手ポセイドン企画の社長で村西のサファイア映像を潰そうとする。 古谷伊織/國村 隼 ヤクザで、裏では池沢や武井とも繋がっている。 監督/武 正晴 原作/本橋信宏『全裸監督 村西とおる伝』 『全裸監督』のあらすじ 村西の運命を変えた2つの出会い。 村西とおるは北海道で英語教材のセールスマンをしていたが、彼が営業成績トップを取った次の日に同僚が会社の金をくすねて逃亡。 途方に暮れた村西が普段より早く自宅へ帰ると、村西の妻幸子は、なんと郵便配達の男と寝ていた。 幸子は「あんたの〇ッ〇スでは1回もイった事がないのよ!」と言うのだった。 ショックで自宅を飛び出てスナックで飲んでいた村西は、 荒井トシが他の客に絡まれているのを助けた。 これがきっかけとなり、村西は 裏の世界を見せてやると言う荒井トシが大人向けの音声テープを収録するのに付き合う。 そして村西はトシの大人向けの音声テープの販売に手を貸す。 営業マンだった村西は瞬く間に大人向けの音声テープの販路を拡大。 その後、大人向けの図書、特に修正がされていない大事な部分が隠されていない物が儲かると村西達は知る。 もちろん局所を見せるのは違法なので、ほとんどの出版社では断られたが、大人向けの図書の撮影をしていた 川田研二の下を村西達が訪れると、川田は村西に「あなたならどうする」と問うのだった。 すると、テキパキと女優にポーズの指導をして行く村西の姿を見た川田は 「あなたのような人を待っていた」と言って以後、村西達と行動を共にするようになる。 何度も逮捕される村西とおる。 本の販売は順調に行き、北大神田書店という店を構えて支店を次々と拡大していった。 北大神田書店の勢いに目を付けた池沢は、村西の北大神田書店を全部買取たいと申しでるが村西はそれを拒否。 警察の検問にも、川田が絵本と称する札束を入れた本を地元道警察に渡して乗り切っていたが、東京からやってきた武井刑事には通用せず、村西は違法図画販売で逮捕されてしまう。 出所した村西は東京へ行き、サファイア映像を設立し大人向けのビデオの制作に取り掛かる。 なぜなら、1980年代はビデオデッキとレンタルビデオショップが勢いよく拡大して行く時代だったのだ。 かって村西の修正無しの本の販売に手を貸していたヤクザ古谷に、撮影所を手配してもらい撮影を開始する。 そして古谷は、村西に池沢と武井刑事がつるんでいて修正無しの本の件で、村西は逮捕された事を教えたのだった。 黒沢映画を撮るなどと騙して、照明担当三田村康介、カメラ担当ラグビー後藤、メイク小瀬田順子のスタッフを用意した。 池沢が社長を務めるポセイドン企画の作品を見た村西は女優の顔が死んでいる、全く演技してないと感じて、女優の演技や演出に拘った大人向けのビデオを制作したのだった。 しかし、それは全く売れなかったので、村西はポセイドン企画の女優 みくに金を積んで引き抜いて作品を作る。 鉄道員の夫を亡くした未亡人役みくを、駅弁を販売するスタイルでplayするという内容だった。 しかしみくは、全く村西が要求する演技が出来ず、人形のように死んだ表情だったので村西は決心をして当時禁じ手とされていた前張りをしない、俗に言う 本〇で撮影する決心をする。 村西が拘るのはニセモノではなく本物を追求する事だったのだ。 本〇の撮影と聞いて男優が、違法行為は嫌だと逃げてしまったので、ラグビー後藤が男優の代役を務めて撮影を再開。 みくは本気の演技をして撮影は上手く行った。 しかし、ポセイドン企画の池沢の背後にいる武井刑事が動いて、本〇行為をして撮影した廉でみくは捕まってしまい、更に追い打ちをかけるように池沢は女優がサファイア映像の作品に出演しないよう 締め出しを図る。 そして、池沢が主導しているビデオ規制委員会では村西の作品をモザ〇クが薄すぎると自主回収を求めた。 村西はビデオ規制委員会への加盟を拒むが、それはサファイア映像の販路を絶たれたも同然の危険な行為だった。 困っていた村西達を助けたのは、みくが捨てたサファイア映像の名刺を頼りに村西を訪ねてきた 佐原恵美だった。 『全裸監督』のネタバレ 黒木香の誕生。 撮影所にやって来た佐原恵美(黒木香)を面接する村西。 なぜ恵美ちゃんは大人向けのビデオに出演したいの?という村西の問いに佐原恵美は「イタリアに留学する資金集め」「本当の自分でいたくなったから」と答えた。 本物を撮影したい村西とおると、ありのままをさらけ出したい黒木香との運命の出会いだった。 村西が佐原に「男性にどうして欲しいか?」と尋ねると「強く〇きしめて欲しい」と返す佐原。 村西が佐原をハグし、面接はそのまま撮影となる。 「君の好きな色は何だ?」と村西が佐原に聞くと「黒です。 」と佐原は答えたので、村西は「今日から君は黒木、黒木香だ。 」という。 佐原恵美は「はい。 」と答えた。 撮影は進み黒木が「ありのままの自分を見て欲しい」と、処理していないありのままのワキを見せる。 流石にトシは「剃った方がいいいんじゃないか」と突っ込むが、村西はそのまま剃らないで行く事に決めた。 ここに 黒木香が誕生した。 そして村西は「大事な黒木香のデビュー作だ、後日取り直す」と言って一旦撮影を終了した。 〇〇っぽいの好き。 先日、池沢達にモザ〇クが薄すぎると言われた事を受けて、ビデオ規制委員会のルール通りに行く事にする村西。 村西にはあるアイデアがあった。 トシに笛を買いに行かせると、村西は黒木との撮影を開始する。 トシが買ってきた笛で黒木がいいところで笛を吹くという村西のアイデアだった。 視聴者の目をモザ〇クから笛の音の方へと逸らす村西の作戦だった。 笛を吹きまくる黒木香の撮影は予想に反して黒木が主導する形となる。 こうして撮影を終えた黒木香のデビュー作『〇〇っぽいの好き』だったが、以外な所から妨害を受ける。 佐原恵美の母親、 佐原加代/小雪が作品の販売を中止して欲しいとビデオ規制委員会に訴えた。 サファイア映像はビデオ規制委員会に加盟していないにも関わらず、ビデオ規制委員会は『〇〇っぽいの好き』の販売を停止してしまう。 村西とおる再逮捕からラストまで。 万策尽きた村西は、ハワイでアメリカ人女優を使って飛行機の中で撮影するというアイデアを思いつき実行に移す。 ハワイでの撮影を無事に終え、打ち上げパーティをしていた村西を待っていたのは、アメリカ当局による逮捕だった。 村西とおるには懲役370年というとてつもなく長い刑の判決が下った。 当時は日米貿易摩擦の真っ最中で、村西とおるは見せしめとされたのだった。 村西を司法取引で釈放する為に、川田とトシは全力を尽くす。 何とか再販売にこぎつけた『〇〇っぽいの好き』だったが、レンタルビデオチェーン店メルヘン社長( ピエール瀧)には、池沢からの圧力がかかっていて『〇〇っぽいの好き』は売れるという証拠がなければ置けないといわれる。 そこで川田は、黒木香を『朝まで生テレビ』に出演させるなど、彼女を全面に押し出して大人向けのビデオの販促をする。 黒木香のルックスと、彼女の超個性的な語り口は瞬く間に若者の人気を集め、遂にメルヘンは『〇〇っぽいの好き』を独占販売する決断を下した。 一方トシは、撮影所からマスターテープを持ち出して古谷の下へ走り、修正されていない大人向けのビデオを制作して村西釈放の資金を作った。 トシが作った金と、大人向けのビデオの売り上げで保釈金80万ドルを用意して、司法取引でようやく村西は釈放された。 しかしトシは、裏稼業の精神的苦痛のせいか薬物に手を出してしまい、それを知った村西は保釈金を用意したのはトシであると知っていたが、苦渋の決断でトシを解雇する。 時代は昭和から平成へと切り替わろうとしていた。 年号の切り替え前に大人向けのビデオ業界の取り締まりに走る警視庁。 池沢率いるポセイドン企画は、サファイア映像に押されモザ〇クを薄くする方向で作品を制作していたが、それが警察の摘発の対象となり、池沢は逮捕されトシも修正されていない大人向けのビデオ制作の咎で逮捕されてしまう。 池沢は古谷に裏切られたのだ。 その一方で、トシを解雇していた村西は安泰だった。 刑期を無事に勤め上げたトシは、古谷らヤクザから迎えられる一方で、池沢は刑務所で首を吊っていた……。 『全裸監督』の見どころ。 細部にまで拘った昭和の再現。 営業マン時代の村西が仕事をサボってやっているインベーダーゲーム(版権の都合の為か良く似せた別物)や80年代を席巻したウォークマンや当時の分厚くてゴッツイビデオデッキなどの小道具もさることながら、80年代の歌舞伎町を再現したセットまで大から小までの拘りが半端ない。 これは予算に余裕のあるネットフリックスならでは。 セットや小道具のみならず、ビデオテープは巻き戻して返却する等(店によっては罰金を取られた)細かな点も再現されている。 また、随所に80年代やバブル期の映像が挿入されていて、昭和の映像を2k~4k映像で見るというギャップもまた楽しい。 何がどう凄いのかと言うと、古舘伊知郎に少し似た村西とおる独特の解説口調や、この役の為にわざわざ太ったという体形など、山田孝之の役作りに対する執念が凄い、まるで村西とおるを見ているようです。 また黒木香のクセのある ワタクシ~でございますを再現した森田望智にも拍手を送りたい。 ピエール瀧の出演 ビデオ店店長役でピエール瀧が出演していますが、これには村西とおる本人がこんなツィートをしています。 ピエール瀧さまの再活動。 ごもっともなこと。 裁判長さまは「社会内活動を通じて罪を償いなさい」と執行猶予をつけてくださった。 謹慎してただ反省の日々を送るのであれば刑務所で過ごせばいい。 以前にもまして華々しい活動をされ、ファンを楽しませて欲しい。 本作の脚本は『ナルコス』の脚本チームの監修を受けたようです。 起伏の激しい展開やラストで待ち受ける裏切りなど見ていて視聴者を飽きさせないオススメの作品です。

次の

Netflix「全裸監督」、次はシーズン2

全裸監督 評価

Netflix「全裸監督」公式サイトより Netflixで限定配信がスタートされている山田孝之主演ドラマ『全裸監督』が、各所で話題となっている。 AV監督の村西とおるの半生を描いた本橋信宏・著『全裸監督 村西とおる伝』を原作として、オリジナルの要素を加えた本作。 ビニ本販売で一山当てたものの警察に摘発された村西(山田孝之)が、AV監督としてその名を轟かせていく、ピカレスクロマンだ。 「AV監督という特殊な職業におけるカリスマが、個性豊かな裏社会の人間たちを巻き込みながら挫折したり成り上がっていったりする物語は、海外で人気となっている犯罪ドラマに近い雰囲気があります。 たとえば、『ブレイキング・バッド』や『ナルコス』といった海外ドラマであれば、ドラッグがテーマになっていますが、それをエロに置き換えることで、日本の社会にもしっかりフィットする作品になっていると言えるでしょう」(映画業界関係者) 地上波のテレビドラマに比べて、潤沢な制作費を誇るNetflix。 『全裸監督』でもその片鱗が伺える。 「歌舞伎町のセットを作ったり、実際に飛んでいるセスナ機の中でAV撮影のシーンを撮ったり、妥協がない作りは見ごたえがありますね。 また、エロ表現についても、もちろん地上波では絶対にできないことをやっていて、作品としての深みも十分。 日本のテレビドラマの歴史を変える可能性さえあると思いますよ」(同) 村西とおる監督を演じた山田孝之はもちろん、伝説的AV女優・黒木香を演じた森田望智など、キャストの演技も高評価。 なかでも、注目となっているのが、村西が所属する映像会社「サファイア映像」の社長・川田を演じた玉山鉄二だ。 「玉山はNHKの朝ドラ『マッサン』で主演したこともある俳優ですが、『全裸監督』ではエロに対するこだわりが異常に強いマジメなキャラクターを演じています。 イケメンイメージとはまったく異なる役どころで、まさに新境地です」(ドラマ関係者) 玉山と言えば、昨年Netflixで配信された『Jimmy ~アホみたいなホンマの話~』で、明石家さんま役を演じている。 これは、淫行騒動で降板した小出恵介の代役だった。 「スケジュールが大変な中での代役だったにも関わらず、こちらの演技も素晴らしかった。 玉山はNetflixでどんどん株を上げています」(同) ちなみに『全裸監督』には、コカインで逮捕され、いくつかの出演作が降板となったピエール瀧が、レンタルビデオ店の店長役で出演している。 「ピエール瀧はさすがにいい味を出していて、こちらの評価も高い。 簡単に降板にしなかったNetflixの判断は大正解だったでしょう。 俳優活動再開が早まってくる可能性もあると思います」(同) あらゆる要素で大絶賛を受ける『全裸監督』。 一大ムーブメントが起きるのも時間の問題?.

次の

【山田孝之主演】Netflix『全裸監督』ドラマオタク女の感想!

全裸監督 評価

鑑賞理由 Netflixオリジナル作品、 それも実写の日本コンテンツで、 配信前に こんなにワクワクさせてくれた作品は ありませんでした。 これを観ずして この夏、何を観るのか!! 猛暑という理由だけでなく 本作により映画館が遠のきました。 制作の背景 Netflixの潤沢な製作費は有名な話。 製作費がドラマ1話につき1億円! という噂さえ、最近耳にしました。 ドラマの内容次第では 予算に限りはなく、 制作側のやりたいように 撮らせてくれる、 という夢のような現場です。 日本のコンテンツ業界、特に映画業界は 世界に比べて予算規模の小ささは 嘆かわしく、 制作陣にとっては悩みの種です。 そして、規制も多く 自由な表現をできるのは もはや幻と化しています。 そこへ現れたのが、世界配信のNetflix。 映画の制作者たちは、 こぞって自分の企画を Netflixの担当者に投げています。 私の周りでは一様に 「世界に通用するエンターテインメントが 欲しい」と断られていますが… 果たして どんな作品・企画なら世に出るのか、 制作者たちはヒントを 待ちわびていました。 実写『火花』『Terrace House』の次に、 どんな企画が通るのか、 さっぱり分からないからです。 日本コンテンツの目立った動きとしては 2019年1月から配信が始まった、""が まさかの大ヒット。 アニメでは、『リラックマとカオルさん』、 『ULTRAMAN』、『新世紀エヴァンゲリオン』が 次々に配信スタート。 満を持して、やっと 実写ドラマの配信が始まります。 それが『全裸監督』です。 キャスティング キャスティングは どの役者をとっても申し分ありません。 山田孝之氏が、 ドラマが進んでいくにつれ 本人の村西とおるに近づいていく様は 観ていてとても愉快です。 山田孝之氏の体を張った演技は 期待を裏切りません。 黒木香を演じる森田望智氏を筆頭に ポルノ女優を演じる女優たちの まさに、ありのままをさらけ出し 身体を張って勝負しているところが 物語とリンクし 観客をのめりこませます。 感想 日本独特のエンターテイメントです。 まさに日本コンテンツ代表。 エンターテイメントとして 人間同士の対立構造を 物語の主軸にもってきているので とても分かりやすい。 音楽も有名な洋楽で、 物語を盛り上げています。 当然、 ポルノ業界を描いているので 裸の絡みが盛りだくさん! とにかく飽きさせません。 俳優さんもノリノリだし、 セットやキャスト、音楽も すべてが贅沢で、 観る甲斐があります。 確かに、全世界190か国配信する エンターテイメントとしては、 世界中の人が楽しめる要素が ちりばめられていました。 作品情報: ソーシャル経済メディアのNewspicsが 『全裸監督』配信の翌日に、 The UPDATE「Netflixはメディアを制するか」配信。 Netflixをテーマに、日本のテレビ業界やメディアの問題点と 世界でのコンテンツの傾向、日本のコンテンツとの違いが プロの視点で語られます。 中盤過ぎ「日本で、今後どんなメディアが出てくるか」という問いに 鈴木おさむ氏がズバリ、このメディアだ、と答えています。 彼が指摘したメディアを抑えることは 今後の日本メディアの動向を探る点で面白そうです。 ゲスト| 鳩山玲人氏(鳩山総合研究所所長)アメリカのメディア傾向を抑えてて参考になります 鈴木おさむ氏(放送作家)テレビ業界との比較、Konmariに対する批判に苦笑 明石ガクト氏(ONE MEDIA代表取締役)番組冒頭、日本メディアの構造を解説 工藤里紗氏(テレビ東京プロデューサー)企画を通し番組を当てることで有名 全世界で1億人以上の利用者を抱えているネットフリックス。 特にアメリカでは、メディア市場をネットフリックスが席巻しています。 テレビやラジオなどの既存メディアのシェアが大きいといえる日本で、今後、ネットフリックスやアマゾンなどの有力企業が競争を続け、エンターテインメント、メディア業界の勢力図は変わってくるのか? 鳩山総合研究所所長の鳩山玲人氏、放送作家の鈴木おさむ氏、ONE MEDIA代表取締役の明石ガクト氏、テレビ東京プロデューサーの工藤里紗氏を招き、徹底的に議論します。 (Newspicsより).

次の