上沼 恵美子 おしゃべり クッキング 鶏肉。 鶏ときのこの蒸し煮おしゃべりクッキング【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(2月28日)

【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】鶏肉とピーマンの炒めものの作り方・レシピ(12月18日)

上沼 恵美子 おしゃべり クッキング 鶏肉

鶏の香味ねぎ風味の作り方・レシピ 材料(2人分)• 鶏もも肉1枚(300g)• 長ねぎ1本• 柚子こしょう1g• 粒マスタード小さじ1• ぽん酢大さじ2• ごま油小さじ1• 塩適量• 黒こしょう適量• 油適量 作り方 1. 鶏肉に塩、黒こしょうをふり、フライパンに油適量を熱して皮目から入れ、鍋蓋などで押さえながらパリッとなるように焼き、裏返して更に焼く。 長ねぎは斜め薄切りにする。 柚子こしょう、粒マスタード、ぽん酢、ごま油を合わせ、長ねぎを混ぜて5分置く。 (1)を一口大に切り、器に盛り、(3)をのせる。 料理のポイント 鶏肉は鍋蓋で押さえながら皮をパリッと焼く。 長ねぎは調味料と合わせて5分置く。 まとめ 薬味がすごくおいしいですね。 ねぎ特有のクセがまったく感じられません。 鶏もすごくやわらかい。 結構ボリュームがありますが、ペロリと食べてしまいそう。 ミョウガをみじん切りにします。 長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。 鶏もも肉は一口大に切ります。 フライパンを中火に熱し、ごま油をひいて3を炒めます。 お皿に盛り、白いりごまと1を散らして完成です。 料理のコツ・ポイント 今回は長ねぎだけですが、ざく切りにした生姜を加えたり、刻んだ大葉を散らしたりと、お好みの香味野菜でアレンジしても美味しく仕上がります。 まとめ 「鶏肉とたっぷり長ねぎの香味しょうゆ炒め」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。 たっぷりの長ねぎで香味と甘味がアップ!鶏もも肉の美味しさを引き立てる、炒め物のレシピです。 たっぷり長ねぎの旨味と生姜やニンニクの香りも効かせるので、味付けはしょうゆでシンプルに。 たれの材料Aをすべて混ぜ合わせ、少しおいて味をなじませる。 鶏肉は厚い部分に包丁を入れ観音開きにし、厚みを均一にし、下味をまぶしておく。 フライパンにごま油を入れて熱する。 下味のついた鶏肉に片栗粉をまぶし、皮目から入れて、中弱火でじっくり揚げ焼きにする。 こんがり焼き色がつくと返して焼き、火を通す。 切り分けて、器に盛り、1のソースをかける。 シャキッとしたレタスや、きゅうりのせん切りなどもよく合います。 参照URL: レシピ名:炙り葱の鶏照焼(キッコーマンステーキしょうゆ香味てりやき風味使用) 材料(2人分) 分量のめやす 鶏もも肉 150g 塩 0.5g こしょう 少々 しいたけ 2枚 ねぎ 10g サラダ油 5g キッコーマンステーキしょうゆ香味てりやき風味 30g 作り方 1. 鶏肉は軽く塩、こしょうをふっておく。 しいたけは半分のそぎ切り、ねぎは斜め薄切りにする。 フライパンに油を熱し、鶏肉、しいたけを焼く。 鶏肉は火が通ったら取り出し、そぎ切りにする。 皿に鶏肉としいたけを交互に盛りつける。 てりやきソースをかけ、ねぎをのせ、バーナーで香ばしく炙る。 参照URL: 料理の先生【岡本健二】さんの紹介 日本料理は、「和のお惣菜」「母の味」と表現されることがあります。 どの年代の方にも心から安心して、安らぐ温かい味を大切にしていると思います。 「料理は愛情」で、ひと手間加えることによっておいしくなります。 簡単で作りたくなる料理はもちろん、そしてふっと思い出した時に、また作りたくなる、食べたくなる料理を一つでも多く、みなさまにご紹介していきたいと思います。 よろしくお願いします。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介 レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分 「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。 今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。 和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。 料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。 おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。 放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。 皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。 詳細:.

次の

朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ|

上沼 恵美子 おしゃべり クッキング 鶏肉

2015年6月26日(金) テレビ朝日 上沼恵美子のおしゃべりクッキング テーマ:なるほどクッキング〜鶏肉の使い方〜 ゲスト:相田 翔子さん 今日の上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、 【鶏のパリパリ揚げ】 を作っていました。 > 少ない食材と調味料で作れて、メインになる! 作らないわけに、いきません!! 早速、作ってみました。 放送のようにたっぷりの油で揚げず、 鶏肉の高さ半分くらいの揚げ油で揚げました。 揚げあがりがどうかと思いましたが、 どうにか、パリッと香ばしく揚がりました! おいしいーーーッ! 身の方はジューシーに仕上がって、 これは結構、うまいこと出来たように思います。 ちなみに下味の紹興酒は普通の料理酒を使用。 添える花椒塩は無いので省略しました。 でも、そのまま何もつけずに十分、下味が効いてて、 美味しかったです! 鶏のむね肉を甘酢につけて冷たくいただく一品。 < 実際に作ってみました!! > 早速、作ってみました。 > 簡単で、サッと作れそう。 ちなみに、放送よりも私は香ばしく焼き目をつけてから、調味料を加えてみました。 出し汁にトマトのみじん切りを加えてダシとしていただきます。 また、具としてもトマトをいただく、まさにトマトたっぷりの温かい素麺・にゅうめんです。 < 実際に作ってみました!! > 朝ごはんに作ってみました。 トマトのダシの効いたスープが、さっぱりとしてます! 輪切りにしたオクラの自然なとろみが、 スープと麺にほどよく絡んできます。 1人分でも結構なボリュームがありました。 6月8日月曜日放送された 【トマト豚しゃぶ】 は、ネーミング通りトマトと豚肉の組み合わせに、大根おろしを合わせます。 ゲストの浅田 舞さんが「トマトと大根おろし合うんですねぇ」とコメントしていたように、ちょっと驚きの組み合わせの一品です。 < 実際に作ってみました!! > 簡単であっさりしてて、サラダのようで、これはいい!! 作ってみました。 ん〜レシピ通り作ったら、ものすごい量が出来上がりました。 大丈夫なのかなぁ? と食べるまで不安でしたが、塩気が効いててシンプル。 ちなみに、我が家は(レトルト)カレーライスと合わせました。 豚バラ肉を1cm幅に切って、存在感よりも旨みを際立たせ、塩だけで食べるシンプルな一品です。 < 実際に作ってみました!! > 豚肉、コーン缶、青じそで作れます。 これは楽ちん!と作ってみました。 でも、ご飯のおかずというよりも、おやつ。 叩いたカツオに味噌やみょうが、ニンニクなどを合わせます。 角切りしたカツオでボリュームもアップ! アボカドを加えてサラダ風に仕上げた一品です。 < 実際に作ってみました!! 本来の味とどうか分かりませんが、 美味しくて、「これ、うまいねぇ」と主人にも好評! 作った甲斐がありました。 ニンニクや生姜、みょうがにゴマ油の風味も効いてて、 お酒のあてには、もってこい! これは、この夏また作りたくなる 【カツオのなめろう風サラダ】 でした。 パスタの卵を使った定番中の定番!ポイントは、卵をしっかり白身が見えなくなるほどかき混ぜること。 そして、火加減を大事にすることが失敗しないコツのようです。 < 実際に作ってみました!! ベーコンの塩気と卵、生クリームのコクが丁度いい! 大満足のカルボナーラに出来上がりました。 卵を2回に分け入れて、2回目はほぼ生でOK!というふわとろに仕上がる親子丼です。 < 実際に作ってみました!! > 親子丼なら、すぐに作れるかと思って、 早速、作ってみました。 思ったより手間がかかりました。 でも、それだけに煮汁が澄んで、 鶏の臭みも気にならなかったです。 生春巻きで使うライスペーパーを使います。 家族で楽しむというテーマだけに、餃子よりも簡単に包むことが出来ます。 < 実際に作ってみました!! > 包んで蒸し焼きするだけの簡単レシピ! 「餃子よりおいしい」と上沼恵美子さんのコメントも気になるし!! 早速、夕飯に作ってみました。 ライスペーパーで本当に簡単に包めました。 もう少し、焼き目をつけたかったです。 そしたら、「餃子よりも美味しい」に近づけたかな。 ちなみに、肉だねにしっかり味がついてました。 せっかくチリソースを買ったので、つけて食べましたけど! 卵焼きにエビが入って豪華バージョンです。 しっかり焼きながらも、ふわっとやわらかい仕上がりの一品。 < 実際に作ってみました!! > 卵の黄色とエビの赤色で、華やかな感じです。 エビのプリッとした食感がよくて、 ふわっとやわらかい卵と対照的。 メインのおかずというよりも、つまみにいただきました。 放送では、ピザの切り方で6つ切りに切っていました。

次の

上沼恵美子のおしゃべりクッキング【鶏胸肉の辛み炒め】レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

上沼 恵美子 おしゃべり クッキング 鶏肉

調味料は3回に分けて加える。 鶏もも肉は厚みを均一にして筋切りし、1. 5cm角に切り、鶏肉の下味の塩、こしょう、紹興酒、しょうゆ、水をもみ込み、片栗粉を混ぜる。 ピーマンは種を取って1. 5cm角に切り、赤唐辛子は種を取って縦半分に切り、長ねぎは1cm幅の斜め切りにする。 合わせ調味料の砂糖、しょうゆ、酢、紹興酒、こしょう、片栗粉、ごま油を合わせる。 鍋に油大さじ2を入れて赤唐辛子を弱火で炒め、赤黒くなったら取り出し、鶏肉を広げて中火で香ばしく焼けたら裏返し、ほぐしながら火を通し、長ねぎ、しょうがとにんにくの薄切りを加えて強火で炒め、香りが出たらピーマンを加える。 (4)に(3)を3回に分けて加えながら炒め合わせ、赤唐辛子を戻し入れ、カシューナッツを混ぜ、器に盛る。 さすがですね。 鷹の爪はそんなに辛くないけど、最後にピリッときます。 この甘さが中華の甘さなんですね。

次の