藤原 竜也 小池 徹平 ドラマ。 TBS 28日藤原竜也主演「リバース」広沢(小池徹平)は殺された!?第2話ネタバレあらすじと第3話予告動画

リバース広瀬(小池徹平)死因がネタバレ?コーヒーではちみつ蕎麦アレルギー?

藤原 竜也 小池 徹平 ドラマ

Contents• リバース 藤原竜也の演技が絶賛の嵐 あさチャン!、ビビットご覧いただいてありがとうございます!まだまだ出ますよ?。 藤原竜也さん主演で話題になっています。 ヒロインは戸田恵梨香さん。 「デスノート」以来の共演ということでも注 目されていますね。 いろいろと話題のドラマ「リバース」。 一番注目されているのは、主演の藤原竜也さんの演技力の高さ。 ネットでも「演技うまい」と話題になっています。 中には「演技下手」という声もなくはないですが、圧倒的に多いのは「演技うまい」という声。 リバース面白いな??? やっぱ藤原竜也の演技うまい! — のんさん Nonsan0414 リバース1話目から凄い引き込まれた。 藤原竜也演技うまいなやっぱり。 小池徹平あれは役作りなのかめっちゃ風貌変わってて焦った! — てらど yuzuyoooou 蜷川幸雄さん演出作品「身毒丸」で鮮烈デビュー。 タイムズ紙で「身毒丸の矛盾と混乱を確信を持って演技している」と異例の高評価を得た藤原竜也さん。 世間的な評価も「演技派」「演技うまい」という声がかなり高い。 「バトルロワイヤル」「デスノート」「るろうに剣心」など数々の話題作にも出演。 演技力の高さでいえば間違いなく日本俳優界のトップクラスだと思います。 そんな藤原竜也さんですが、ドラマ「リバース」でも演技が高評価。 正直演技への評価が高いことは、藤原竜也さんの演技力を知っている人からすれば予想済。 しかし、今までの演技の評価とは違う方向性で評価されています。 それはドラマ「リバース」で演じる深瀬和久の役柄が影響しています。 藤原竜也さんが演じてきた 今までの役柄とは少し違うタイプの人物。 「リバース」の演技を見て、藤原竜也さんへの印象が変わったという方も多いようです。 ドラマ「リバース」で藤原竜也さんが「演技うまい」と言われるポイントは3つありました。 中には意外なポイントもあると思います。 深瀬和久(藤原竜也) =============== 有名大学を卒業後、中小企業に勤務する地味で真面目なサラリーマン。 今でこそ彼女がいるが、大学時代は自分に大きなコンプレックスを持っていた。 「価値がない」自分のことをそんな風に感じていた深瀬。 そんな深瀬にはたった一人だけ親友と呼べる存在がいた。 人生で初めてできた親友だった。 彼の名前は広沢(小池徹平)。 しかし広沢は大学時代のある事故で死んでしまう。 それぞれのポイントをネットの感想をピックアップしながら紹介していきます。 今までの藤原竜也さんの演技の評価とは方向性の違う声も挙がっています。 藤原竜也「演技上手い」3つのポイント ===============• ダサかわいい• 声の演技うまい• あの、地味でダサい感じがマジで可愛すぎるwww え、共感者いない? 友達に言っても可愛くないって言われる???? — AM! AMILK0429 藤原竜也「だれかぁ~」 ドラマ「リバース」で藤原竜也さんが「演技うまい」と評価される最初のポイントは「ダサかわいい」という点。 言葉だけ読むと、褒められてるのか、けなされてるのか分かりにくい。 しかしネットの声を読んでみると、評価されているようです。 藤原竜也さんがドラマ「リバース」で演じる深瀬和久は、「地味でダサい」男。 服もどこか決まっていなくて、行動も情けない。 美穂子(戸田恵梨香)を助けるシーンでは、「だれかぁ~」と周りに助けを求める始末。 ドラマの主人公にしてはかなりダサい(笑)。 今までの藤原竜也さんの役どころは、知的でかっこいい役柄とは正反対の役どころ。 戸田恵梨香さんと共演した「デスノート」では頭脳明晰なダークヒーロー夜神月を演じていました。 「デスノート」のころと比べると、ダサくてカッコ悪い藤原竜也。 でもそんなダサくてかわいいと思わせることができるのも、藤原竜也さんが「演技うまい」から。 改めて藤原竜也さんの演技力の高さを実感しました。 「リバース」の藤原竜也さんの演技で一番「ダサッ」と思ったのは、第2話で武田鉄矢さんが藤原竜也さんの運転する車に強引に乗り込んできたシーン。 「のってこないでぇ~!」という藤原竜也さんの演技でちょっと笑ってしまいました。 原作者・湊かなえも絶賛!「センスも悪い」 藤原竜也さんの、「リバース」での演技に関して原作者・湊かなえさんも絶賛しています。 藤原竜也さんの「ダサ演技」は 原作者のお墨付きをもらったようですね。 シュッとされた方なので、どうせかっこいい深瀬がいると思ったら別人だった。 服のセンスも悪いし、背中も丸い。 oricon. 表現できる竜也さんの凄さ? — らいふぁん?? この点は、今までの藤原竜也さんの演技力の評価と共通しているところですね。 これまでも藤原竜也さんの声の演技は「演技うまい」と絶賛されていました。 追い込まれたときに出す、声を震わせるような演技。 「カイジ」では、久しぶりのビールを飲むシーンで印象的な声を出していましたね。 「キンキンに冷えてるよぉ」というフレーズはモノマネ芸人に真似されがちです(笑)。 声だけでいろいろな感情表現をしている藤原竜也さん。 間違いなく「演技上手い」。 ドラマ「リバース」でもその声の演技のうまさは健在。 叫ぶシーンも、絞り出すように罪の告白をするシーンも、まさに声に感情がのってる感じ。 改めて藤原竜也さんの「声の演技うまい」と思ってしまいました。 そんな藤原竜也さんの声の演技が特にうまいと感じたシーンが予告動画に入っていたので、動画を貼っておきます。 ちょっと演技とは思えないくらいうまいです。 あの泣きの演技で一気に藤原竜也ファンになったわ… この回は消さずに残しておきたいと思った。 これからどんな風に展開していくのか楽しみでならない?? — Kis-Mari?? badomen980 0:20~の演技に注目【動画あり】 ドラマ「リバース」で藤原竜也さんが「演技うまい」と評価される三つ目のポイントは「泣くシーンの演技うまい」という点。 藤原竜也さんが「リバース」では、第2話で「泣き」のシーンがありました。 ここでの藤原竜也さんの演技に「泣いた」という声が多いようですね。 実は私も泣きました。 親友・広沢(小池徹平)の両親に土下座するシーン。 父親の「旨いものでも食っていたらいいのだが・・・」という声に対して、深瀬(藤原竜也)が、泣きながらその日広沢が食べた物を言葉にしていきます。 演出もうまいのですが、藤原竜也さんの演技が圧倒的にうまい。 「リバース」の中で私が一番「演技うまい」と思ったシーンでもあります。 藤原竜也さん含め、全キャストの演技の中でも一番うまいと思いました。 藤原竜也さんの演技は、やはり心動かされるというか、何かガツンと胸に刺さるものがありますね。 第2話の予告動画でも、そのシーンの一部がピックアップされてました。 制作側からしてもやはり 見どころの一つという意識があるのでしょうね。 そんな第2話の予告動画を貼り付けておきます。 0:20~あたりの藤原竜也さんの演技に注目。 「笑って・・・食べてました」という泣きながら言う演技は圧巻です。

次の

ドラマ【リバース】のキャストとあらすじ!藤原竜也×戸田恵梨香のデスノートコンビが復活!

藤原 竜也 小池 徹平 ドラマ

「夜行観覧車」も「Nのために」も観ていましたが、どちらもミステリーということで、どんどん展開があって謎が明らかになっていく、そのスピーディーさや、ここでこう来たか!?といった驚きがあって、とにかくハラハラドキドキするところが好きです。 「リバース」に関しては、僕が作品に出演させていただくことを知った上で読ませていただきました。 僕が演じる広沢は、原作では自分と見た目は違いますが、何か親近感のようなものを覚えました。 次が気になって仕方ない展開があって、最後には大どんでん返しがありますが、その展開には「そうだったのか…」と、ちょっとやるせない気持ちになりました。 ドラマでは、細かい描写がどう描かれるかわかりませんし、原作にはないドラマオリジナルのラストが用意されているとのことなのですが、自分がこの作品を広沢という役で届けられるのだという使命感のようなものを覚えました。 広沢という人物を演じる際に気をつけているポイントは? まず、広沢とはどんな人物なのだろう?ということをすごく考えました。 物語の中でも、人によっては違った印象を持たれている人物であり、本質が見えてこないキャラクターですが、監督からは、「普段の自分をベースに、変な力を入れずに演じてほしい」と言われました。 その言葉もあり、僕が考える広沢像を監督のイメージへとすり寄せていった感じです。 また、普通にやるお芝居の中でも、「このとき広沢は何を考えていたのだろう?」と、ドラマを観ている人たちに何かを想像させるような雰囲気も求められました。 とても難しいリクエストですが、広沢にはどこか親近感を持っていて、自分なりのイメージも膨らんでいるので、力まず自然体で演じられていると思っています。 自分が考えていったことと、撮影現場で出来上がっていくところが、カチッとはまっていくよう感じられているので、そこはとても楽しさを感じています。 撮影の様子はいかがでしょうか? 雪山でのロケから始まった撮影ですが、思い返してみると本当に過酷な状況だったなと思います。 楽しかったところもありますが、やはり大変だったという思いが強いので、衝撃的なスタートでしたね(笑)。 僕は基本的に朝から昼間の撮影が多かったのですが、皆さんは夜中まで、本当に寒い中での撮影でした。 すごく素敵な画になっていると思いましたし、良いシーンが撮れていました。 それと、広沢が登場するシーンは学生時代のところなので、ワイワイとした賑やかなシーンが多くて、すごく青春しているような良い雰囲気があります。 最後にこの見どころをお願いします 広沢については、ゼミ仲間とのワイワイとしたやり取りが、本当に学生時代の空気感いっぱいだと思うので、ムリに若作りをしているわけではありませんが(笑)、そんなキャピキャピ感を楽しんでいただけると嬉しいです。 ドラマとしては、毎回引き込まれるような展開が待っているので、毎週見逃さずにご覧いただけると嬉しいです。 犯人は誰なのか?皆さんがビックリするようなラストになっていると思うので、ぜひドラマの世界観にどっぷりと浸っていただければと思います。 BACK NUMBER•

次の

リバース 藤原竜也「演技うまい」3つの理由とは?

藤原 竜也 小池 徹平 ドラマ

俳優の藤原竜也さんが主演するWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」から、主人公の鷹野一彦役の藤原さんと、鷹野の相棒・田岡亮一役の竹内涼真さんによるトークセッション動画が5月20日、WOWOWの公式YouTubeチャンネルとドラマ公式サイトで公開された。 藤原さんと竹内さんが、14日から先行配信中の第1話を振り返り、第2話以降の見どころや撮影の裏話なども披露している。 約8分にわたる動画では、第1話の見どころについて竹内さんが「やっぱり出会い(のシーン)ですよね」と話すと、藤原さんも共感し、鷹野の田岡に対する接し方が変化していく様子などを挙げながら「出会いは注目だよね」と語っている。 また、藤原さんは「メインのシーンの連続だった」と過酷だったドラマや映画の撮影を振り返り、視聴者を「飽きさせない」ほど見どころが詰まっているとコメント。 中でも、竹内さんは第2話に登場する爆発シーンについて「ドン引きでした。 すごすぎて」「いろんなアクションをやった中でも、ちょっとびっくりしました」と言い、藤原さんは撮影の裏話を明かしながら「ぜひスローで見てほしい」とアピールしている。 さらに、公式サイトでは、緊迫したアクションシーンの裏側で起きていた爆笑ハプニングを明かす映画版のアフタートークも公開。 初回放送日の24日には、ドラマの放送時間に合わせて、藤原さんと竹内さんが見どころを実況解説しながらトークするコメンタリー映像が公式ツイッターに投稿されるという。 「太陽は動かない」は、「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一さんの同名サスペンスアクション小説(幻冬舎文庫)が原作で、映画と連続ドラマで展開。 映画とドラマはいずれも羽住英一郎監督がメガホンをとり、連続ドラマは吉田さんがストーリー原案を担当した。 映画は5月15日の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、公開日が延期となっている。 ドラマは、「AN通信」のエージェント鷹野と相棒の田岡が3年後に東京での開催が迫る国際都市博覧会の建設現場に潜入するが、眼前で何者かによって爆破される。 AN通信の上司・風間武(佐藤浩市さん)の指令を受けて、鷹野と田岡は本格的に爆破事件の首謀者の調査を始める……というストーリー。 5月24日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送される。

次の