セント ジェームズ 島。 リトル・セント・ジェームズ島

いまさらだけど知っておきたい、セントジェームスの歴史

セント ジェームズ 島

フランス語で「海から生まれた」を示すこの言葉は、セントジェームスの製品が自然と共存するノルマンディーの海の暮らしから生まれたことを表現しています。 ロゴのカラーはノルマンディーの海の色、ウエッソンやピリアックなどのモデル名を近海の島の名前に由来したもの。 それらは常に自然と調和し、そこに生きる人々に実用的なリアルクローズを提供してきたセントジェームスの歴史とポリシーを物語っています。 saint-james. 当時からスペインのバスク地方の船乗りたちによって着られていた伝統的な手編みセーターがその原型と言われています。 荒海を航海する船乗り達にとって、雨風から身を守ってくれる、温かくて丈夫なセーターは大切な必需品でした。 その中で、視界の悪い海上でも見分けがつきやすい赤・青・白のトリコロールやボーダー模様が生まれ、いつしかマリンセーターの原型となっていきました。 その後、無地は船長、ボーダーは船員用と区別したり、漁師同士が互いを見分けるなどの必要性から、次第にそのバリエーションが求められるようになっていきました。 saint-james. セントジェームス市近隣には良質な羊毛の産地として知られるモンサンミッシェルを擁し、古くからその紡績と染糸が行われてきました。 1850年頃 それまでアトリエでの手仕事であった紡績は当時の市長であったレオン・ルガレ氏によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築くまでに成長しました。 1889年、この地にセントジェームス社が誕生。 モン・サンミッシェルの干潟の牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使ったマリンセーターは地元の漁師や船乗りたちの間でたちまち評判となりました。 この船乗り達のためのワークウエアが現在のセントジェームスのシャツの原型となっています。 リゾートウエアとしての普及 バスクシャツがファッションアイテムとして脚光を浴びたのは1923年のこと。 南フランスのアンチーブ岬に居を構えていたアメリカの芸術家、ジェラルド・マーフィーが、同地方の船乗り向け衣料の卸問屋でこれを発見し、リビエラ海岸で着用におよんだ物がそもそもの始まりといわれています。 その姿が高級リゾートでバカンスを楽しんでいたセレブの注目を集めることになり、以後1930年代から40年代にかけてセントジェームスをはじめとするバスクシャツは欧米の高級リゾートで流行するようになりました。 ピカソが愛したバスクシャツ バスクシャツを愛用した数多くのセレブの中でも、パブロピカソのバスク好きは特に有名です。 トレードマークのようにバスクシャツを着こなした彼の姿はポートレイトやスナップ写真で数多く紹介されています。 中でも広く知られているのが巨匠ロベール・ドアノーによる肖像写真。 当時フランス軍に提供されていたNAVALを着るピカソ。 ふとテーブルの上に目をやると、まるでグローブのような巨大な手がそえられています。 ハッとして、よく見ると、それはパンだった!というトリック的な作品。 この写真は、ドアノーの名声を高めた一方で、セントジェームスのボーダーシャツを一躍有名にした歴史的一枚にもなりました。 他にも、デザイナーのジャン=ポール・ゴルチェはバスクボーダーの愛用者としてよく知られており、ウィンザー公、ケーリー・グラント、ラルティーグなど、かつてスタイルセッターと呼ばれた洒落者たちの中にボーダーのバスクシャツを愛用する人が多かったことも、ファッションアイテムとして認知されるきっかけになっています。 フレンチカジュアルとしての定着 1980年代、日本に紹介されたセントジェームスは、当初マリンスタイルの象徴的アイテムとして、その後の渋カジファッションでのボーダーブームの火付け役として注目を浴びました。 その後も、その流行に左右されないスタイルと長く愛用できる品質は男女を問わず幅広い世代に定着し、不動の人気を得ていきました。 創業以来100年以上もの間、伝統的な手法によるものづくりの精神は変わることなくひき継がれ現在に至っています。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

2020年 フォートジェームズへ行く前に!見どころをチェック

セント ジェームズ 島

、 : 面積 23 ヘクタール 57 エーカー 設立 1603 運営者 王立公園 アクセス 、、、 セント・ジェームズ・パーク : St James's Park は中央部、にある23ヘクタールのである。 この公園は 英語では聖ジェームズとなる に捧げられたにちなんで名づけられた地域の最南端にある。 セント・ジェームズ・パークはロンドン中央部にある公園群の中でも一番東側にあるもので、ここから西側へ、、がほぼ切れ目なくつながっている。 セント・ジェームズ・パークの西側にはが、北側にはが、東側にはが、南側にはバードケイジ・ウォークがある。 中央部にヴィクトリア・メモリアルを擁するクイーンズ・ガーデンズのところでグリーン・パークと接しており、この記念塔の向かいにはバッキンガム宮殿の入り口がある。 はザ・マルをはさんで向かい側にある。 一番近いの駅は、、、である。 セント・ジェームズ・パークはイギリス指定公園・庭園登録制度におけるグレード1登録公園である。 特徴 [ ] セント・ジェームズ・パークには小さな湖であるセント・ジェームズ湖があり、ウェスト島とダック島のふたつの島が浮かんでいる。 後者の島の名前はこの湖の水辺に住むからつけられた。 1664年にの大使からにが贈られており、それ以来ペリカンのコロニーが湖の大きな特色になっている。 ペリカンの翼はほとんど刈り込みしてあるが、食べ物めあてにまで飛んでいくペリカンが目撃されたこともある。 湖にかかるブルー・ブリッジを中心にすると、西側には木立に囲まれたバッキンガム宮殿がある。 東側にはダック島の北にスワイア噴水があり、湖の向こうにはのグラウンドや、旧、ホワイトホール・コートなどが後ろに見える。 ダック島の南にはペリカン・ロックにティファニー噴水があり、湖の向こうに、、シェル・タワー、がある。 公園には大きなのついた子ども用の遊び場もある。 来歴 [ ] 1532年にはからタイバーン川が流れてくる沼沢地一帯を購入した。 からヘンリー8世が買収したの西側の地域だった。 その後、ホワイトホールと改称されることになるヨーク・プレイスを王にふさわしい邸宅にするための土地購入であった。 1603年にがイングランド王として即位するにあたり、公園の排水と造園が命じられ、、、といったエキゾチックな動物はこの公園に、鳥のほうは鳥類園で飼われることになった。 時代、はフランスに亡命していたが、その際チャールズはフランスの王宮が備える手の込んだ庭園に感銘を受け、即位後におそらくフランスの造園家アンドレ・モレを雇ってもっとの庭園になるよう再設計させた。 王は公園を大衆に開放し、賓客やのような愛人をもてなすためにも使用した。 この頃の公園は、が詩「セント・ジェームズ・パークでの散策」 "A Ramble in St James's Park" で書いているような、行きずりのセックスを求める出会いの場所として悪名を馳せるようになった。 17世紀末から18世紀初頭になると、公園で牝牛が放牧され、ザカリアス・コンラッド・フォン・ウッフェンバッハが1710年に記しているように、「ラクタリアン」で新鮮な牛乳が買えるようになった。 18世紀にはさらなる変化があり、のために運河の一部が干拓され、1761年には王妃となるが使うため、の西の端に現在のバッキンガム宮殿にあたるバッキンガム・ハウスが購入された。 1826—27年の間に、のちにとなるジョージの依頼でさらなる改築が行われ、これは建築家で造園家のが監督した。 運河はもっと自然な形状の湖になり、整形された大きな通りは新しくロマン主義ふうの趣味にあったうねる小径に変更された。 同時にバッキンガム・ハウスが宮殿を作るため拡張され、入り口にはが作られる一方、ザ・マルは大きな行列用の道になった。 60年後の1887年に一般人の通行ができるようになった。 マーブル・アーチは1851年にとパーク・レーンの交差点にある現在の場所に移され、1906年から1924年の間にヴィクトリア・メモリアルが建設された。 作品への登場 [ ]• との作品『グッド・オーメンズ』 1990 では、天使アジラフェールと悪魔クロウリーがよくセント・ジェームズ・パークに来てカモにえさをやっている。 ギャラリー [ ]• Royal Parks. 2014年11月30日閲覧。 Royal Parks. 2015年6月1日閲覧。 Royal Parks. 2015年6月1日閲覧。 , , , 2017年7月11日閲覧。 The Royal Parks. 2014年2月18日閲覧。 Rochester. 2017年8月12日閲覧。 Cockayne, Emily 2007. Yale University Press. 100. 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 at the Royal Parks website.

次の

アメリカ大富豪「ロリコン島」事件でVIPの名が続々と

セント ジェームズ 島

裁判所の前に集まった被害者の女性たち(写真・ロイター/アフロ) 「私は彼の奴隷でした。 自分が無力で恥ずかしいと感じました……」 8月27日、米ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁で、涙を流しながら自身のを語る、10数人の美女。 彼女たちは今、欧米を揺るがす淫行事件の中心にいる。 「事件の被告はジェフリー・エプスタイン(享年66)。 中高一貫校で物理と数学の教員をしていましたが、投資の世界で頭角を現わし、資産総額が1200億円以上もある大富豪となりました」 こう語るのは、事件の詳細を知る在米ジャーナリスト・A氏。 「エプスタインは、2000年ごろから金銭や恐喝により、未成年の少女たちに、性的なマッサージや性行為をさせていました。 場所はフロリダの邸宅やパリのマンション。 そして悪名高い、彼の所有していたリトル・セント・ジェームズ島です。 一度連れてこられると逃げられない、カリブ海の孤島です。 莫大な資金を背景に、本格的な追及を逃れつづけた被告でしたが、今年の7月6日、ついに性的人身売買と共謀罪で逮捕されました」(A氏) 逮捕後、一貫して無罪を主張しつづけたエプスタインだったが、8月10日、事態は急展開を迎える。 拘置所の独房で、首を吊って自殺したのだ。 「問題はここからです。 『エプスタインは、事件が明るみに出ることを恐れた何者かによって暗殺された』という陰謀論すら議論されるほどです」(米タブロイド紙記者) 渦中の人物たちはそうそうたる顔ぶれだ。 「まず、イギリスのアンドリュー王子(59)です。 被害女性のバージニア・ジュフリー(36)が17歳のころに被告の仲介で、何度も性行為を強要されたと訴えています。 また、元米大統領のビル・クリントン(73)は、被告のプライベートジェットに合計26回搭乗したと報道されています。 その機内に同乗したという女性もいます」(前出・記者) 島へ行くための、エプスタイン被告のプライベートジェット機は、「ロリータ・エクスプレス」と揶揄されていた。 そして疑惑は、現米大統領のドナルド・トランプ(73)にまで及ぶ。 「トランプは、何度も別荘を訪れるほど被告と親密でした。 2002年のインタビューでトランプは、『彼は美しい女性が好きだ。 意味深なその口ぶりから、共犯者ではないかと疑われています」 「エプスタイン被告は、国際的な組織を運営していた」と証言する被害者もいたが、被告の死により、裁判は終わってしまう。 胸をなでおろしているのは、どこのVIPだろうか。 (週刊FLASH 2019年9月17日号)•

次の