しらたき きんぴら。 低糖質のしらたきは糖質制限レシピにも使える!しらたきの栄養やおすすめレシピも紹介

朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ|

しらたき きんぴら

しらたきとは? しらたきはこんにゃく芋からできた食品です。 板こんにゃくは、生こんにゃくをすりつぶして作るものとこんにゃくを乾燥させて精粉にして作るものがあります。 しらたきは精粉から作る板こんにゃくと同じ工程で作られます。 板こんにゃくは型などに入れて固めますが、しらたきはシャワーのような機械から細く出して固めたものです。 しらたきと糸こんにゃくは似ています。 単に言い方の違いだけで同じものとされている場合も多いようです。 しかし、厳密には作り方が違うようです。 しらたきは固まっていないこんにゃく精粉をお湯の中に流し入れて固めたものです。 糸こんにゃくはすでに固まっているこんにゃく精粉を細い穴から押し出したり、細く切ったりして作られるものです。 1番多く含まれる栄養素は食物繊維です。 食物繊維は食事のときに摂取すると血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。 またコレステロールや糖質の吸収を抑えてくれる効果もある大切な栄養素です。 すきやきにしらたきは良い組み合わせと言えます。 他にたんぱく質が含まれます。 三大栄養素の1つで体を作る役割を持った栄養素です。 骨の主な成分であるカルシウムや美肌効果のあるセラミドも含まれています。 糖質やカロリーはとても低く、ダイエット中でも気にせずに食べられる食品から栄養を摂取できるのは効果的です。 しらたきはクセもない食品なのでメニューに積極的に取り入れることをおすすめします。 栄養素をたくさん含む食材ばかりで作る栄養満点レシピです。 油揚げは茹でるのでカロリーは低く、他の食材も低カロリー、低糖質の食品です。 ひじきにはしらたきにも含まれる食物繊維の他、カルシウム・マグネシウム・ビタミンBや葉酸なども含まれています。 油揚げは大豆製品でカルシウム・マグネシウム・ビタミンE・鉄分・大豆たんぱく質・大豆イソフラボンなどが含まれています。 栄養たっぷりの食材で作るサラダは副菜やお弁当のおかずにぴったりです。 簡単時短レシピで作り置きもできるおすすめのレシピです。 ゴボウには水溶性・不水溶性の両方の食物繊維が含まれています。 他にもたくさんのミネラルを含む栄養価の高い食材です。 ニンジンには免疫効果・ガンの予防にいいカロテンや塩分を排出する作用があるカリウムが含まれています。 カロリーも糖質もあまり低くはないメニューですが、このレシピのようにしらたきと油揚げでかさ増しすることでカロリーや糖質の摂取を抑えることができます。 しらたきは糖質も低く価格も安い嬉しい食材です。 通常の牛丼よりも玉ねぎやしらたきが多めに入ったヘルシーな牛丼です。 玉ねぎは煮ると甘みが出て美味しくなります。 たっぷり入れるときはクタクタな感じで味がしみているくらいが美味しそうです。 クックパッドでも人気のレシピでつくれぽで味を絶賛する声が多いです。 美味しい味付けがしらたきにもよくしみてお肉少なめでも満足できるダイエットメニューになりそうです。 挽き肉には糖質がほぼ含まれていないので気にせずに食べられる食材です。 カロリーはありますが、牛挽き肉や豚挽き肉に比べると鶏挽き肉のカロリーは低いのでおすすめです。 先にしらたきにしっかり味を付けてから鶏挽き肉と合わせて煮詰めるのでしらたきに味がしみていて美味しいです。 ご飯少なめでおかずもりもりが良さそうなメニューです。 お弁当にも旦那さんのお酒のおつまみにもいいでしょう。 作り置きしておくと色々に使えて便利な1品です。 他の野菜やきのこ類を加えると低糖質で栄養バランスが良くなります。 クックパッドで人気のメニューでつくれぽで美味しいというコメントがずらりと並んでいます。 余熱か保温程度の微妙な火加減で卵とチーズを混ぜることでクリーム状のソースが出来上がります。 しらたきは長く火を通しても硬くならないので慌てずに混ぜましょう。 スライスチーズは糖質が低いです。 カロリーはやや高いですがタンパク質やミネラルは摂取できます。 使う材料や味付けは普通の焼きそばと同じです。 中華蒸し麺を使ったときの糖質は60gくらいでカロリーは300kcalを超えます。 しらたきを使ったときの糖質は0. 1gでカロリーは10kcalほどです。 しらたきを大量に食べすぎるのは良くないですが、糖質制限中に焼きそばを食べられるのは嬉しいです。 中華蒸し麺1人前としらたきで2人分にかさ増しして作ると良さそうです。 耐熱容器に材料を入れてレンジで加熱して出来上がりなので火を使わずに完成です。 暑くて火を使いたくない日の調理にぴったりです。 鍋も使わないので洗い物が少なくて後片付けが楽です。 糖質の少ない材料で作る糖質制限に向いているレシピです。 夏が旬のピーマンと疲労回復の効果がある豚肉を食欲のそそるピリ辛でいただきます。 しらたきの食べ過ぎには注意が必要 しらたきには食物繊維が豊富に含まれていますが、その食物繊維には水溶性と不水溶性があり、市販のしらたきは不水溶性です。 不水溶性は水分を吸収する作用があり、腸内の水分を吸収して膨らみます。 便秘の方の場合はこの作用によって腸が動いて排便につながることがあります。 しかし大量に食べると水分が吸収されすぎて便秘になることがあり注意が必要です。 しらたきなどに含まれる食物繊維は消化や吸収をゆっくりにする作用があり、食事に取り入れることで糖質の吸収を抑える効果があります。 しかし食べすぎると消化不良になり調子が悪くなることがあるので注意しましょう。 ダイエット目的でしらたきばかりを大量に食べると他の栄養素を摂取できないので栄養不足になる心配もあります。 しらたきには味がないので濃い味付けに調理していると塩分の取り過ぎにもなりかねません。 適量は100gから多くても200gくらいにしましょう。 他の食品と合わせてバランスも考えて食べるようにしましょう。

次の

しらたきダイエットで1週間で5キロ痩せた効果的なやり方を公開

しらたき きんぴら

きんぴらごぼうの準備 まず、ごぼうの下ごしらえです。 ごぼうの香りは皮に多く含まれているので、土を洗い落した後、 「包丁の背で軽く皮をこそげる」または「タワシでやさしくこする」くらいにして皮を軽く落とします。 続いてごぼうの切り方です。 ごぼうはささがきやせん切りなど、いろいろな切り方できんぴらに仕上げることができますが、 おすすめは『斜め薄切りにした後に、棒状に切る』というやり方です。 切る手順は、まずごぼうを2~4㎜ほどの好みの太さの斜め切りにします。 それを3~4枚くらい重ねて縦に棒状に切ることを繰り返します。 下の写真は1枚目が3~4㎜角、2枚目が2~3㎜角に切ったものですが、ささがきや繊維にそったせん切りよりも切りやすいので、太さもの調整しやすいと思います。 この切り方の特徴としては、 シャキシャキ感がありつつも、繊維を一度断つように薄切りにしているので、食感が少しやわらかく、歯切れもよい仕上がりとなってくれます。 さらに、 ベースとして使うのはサラダ油やこめ油などの植物性の油で、そこにほんの少しごま油を加えるとコクが出てより美味しくなると思います。 油を入れたフライパンを中火にかけたら、ごぼうをざる上げして、しっかりと水気を切ります。 水はしっかり切りましょう。 油が熱くなればごぼうを入れ、 中火のままの火加減で2分炒めます。 2分後にはごぼうにも透明感が出てきます。 一度火を止め、Aの調味料を順に加えます。 再び中火にかけ、 全体を混ぜ合わせながら1分半ほど汁気を煮詰めてできあがりです。 器に盛り付けて、ごまを2~3つまみほど、指でひねって軽くつぶしながらふりかけると、きんぴらごぼうも一層美味しくなると思います。 冷蔵庫で5日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは好みで温めてから。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(レンジなどで再加熱した後に一度冷ましてから弁当に入れましょう)。 好みでごぼうを加えるタイミングで 輪切り唐辛子を入れ、ピリ辛に仕上げても。 ごぼうだけではなく、にんじんをプラスしたいときは ごぼう100gに対し、にんじん50g(同じ太さのせん切り)の割合にすれば、同じ分量の調味料でOKです。 最後に味見をしてみて、味が足りなければ、 しょうゆや砂糖を適宜足し入れて調整してください。 更新情報:ささがきごぼうのきんぴらを紹介していましたが、切り方を変更して、まとめ直しました(2018.

次の

低糖質のしらたきは糖質制限レシピにも使える!しらたきの栄養やおすすめレシピも紹介

しらたき きんぴら

糸こんにゃくのきんぴらの準備 まず、用意するものは 糸こんにゃく、にんじん、ベーコン、にんにくです。 糸こんにゃくを香りの強い具材とともに、食べやすく食欲そそるきんぴらにします。 個人的にはきんぴららしく茶色に染まるので白っぽい糸こんにゃくで作ることが多いです。 はじめに糸こんにゃくは袋から出して水気を切り、まな板の上で長さを2~3等分ほどに切ります。 沸騰したお湯にティースプーン軽く1杯ほどの塩(分量外)を加え、1分ほど下ゆでしたらざる上げし、しっかりと水気を切ります。 にんじんは皮をむいて3~4㎝長さのせん切りにして、ベーコンは5~6㎜幅に切ります。 にんにくは包丁の腹の部分で軽くつぶしておきます。 糸こんにゃくのきんぴらのレシピ フライパンにオリーブオイル小さじ1とにんにくを入れて中火にかけます。 油が熱くなってにんにくの香りが立ってきたら、にんじんを入れて はじめににんじんだけで1分ほど炒めます。 にんじんを炒めたらベーコンを入れ、軽く箸でほぐしながら炒め合わせます。 ベーコンがほぐれたら水気を切った糸こんにゃくを入れて、 時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。 砂糖の甘さはお好みで)。 再び中火にかけ、全体を混ぜて調味料をいきわたらせます。 2~3分ほど炒めて、汁気を軽く煮詰めればできあがりです。

次の