イカスミアレルギー。 イカスミの黒い成分メラニンに花粉症などのアレルギー抑制効果が!?~中部大学研究チーム

イカスミパウダー (ikasumi powder/sepia) イカスミの販売 イカ墨ショップ

イカスミアレルギー

パッケージには「いか」記載 女性は2019年6月27日、「ファミマのタピオカミルクティーを何気なく飲んで、急に体調不良... よく見たらタピオカにイカスミ色素が!」とツイッターで自身の体験を書き込み、「アレルギーの皆さん、気をつけてください... 」と注意を促した。 投稿は3万8000以上リツイート(28日現在)され、「これは怖い」「なぜイカスミ色素をタピオカに入れるの!?」と驚きが広がっている。 女性は取材に対し、「普段加工食品の表示はかならず見るようにしていますが、今回はミルクティーを買ったつもりで、きちんと確認していませんでした。 完全にノーマークでした」と振り返る。 病院は受診しなかったが、いつもアレルギーを発症する時と同じ感覚を覚えたそうだ。 具体的な症状として、頭ののぼせ、内臓の不調、吐き気などがあったという。 J-CASTニュース編集部では、コンビニ大手3社の東京都千代田区内にある店舗で、タピオカ入りチルド飲料を買い求めた。 「ほうじ茶黒蜜ラテ」は着色料に炭末を使っていたが、そのほかはすべて「イカスミ」だった。 パッケージにはいずれも「いか」が含まれていると記載している。 消費者庁の「アレルギー物質を含む食品に関する表示指導要領」によると、いかには「イカスミ色素」と「タウリン(抽出物)」が含まれる。 えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生の7品目は、よりリスクが高く、表示は義務付けられている。 なお、タピオカミルクティー発祥の店とされる「春水堂(チュンスイタン)」に取材すると、着色料にはカラメル色素を使っているという。 多くのスーパーなどで販売されている乾燥タピオカ「ギャバン ブラックタピオカ」も同じ色素だった。 コンビニ大手各社の見解は ファミリーマートは今回の件を把握しているといい、「弊社では、法令を順守してパッケージに『いか』と記載させていただいています。 ただ、よりわかりやすい表記も今後は検討していきたい」と話す。 コンビニにタピオカ飲料を複数卸す「安曇野食品工房」でも健康被害は寄せられていないというが、いかのアレルギーを持つ消費者から「アレルギー反応は出るか」と問い合わせがあり、「喫食は控えていただいた方が良い」と答えたケースがあったという。 なお、イカスミを着色料に使う理由は「黒い色がよりはっきり出るため」だとした。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の

「黒いタピオカ」イカスミ着色のケースも アレルギー発症の可能性

イカスミアレルギー

2019年6月現在、日本で最も流行しているのは「 タピオカドリンク」であろう。 専門店の前には長い行列が出来ており、コンビニも飲食店もこぞってタピオカドリンクを販売している。 まさに、猫も杓子もタピオカドリンクといったところだ。 さて、そのタピオカを飲んで「 甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっていることをご存じだろうか? タピオカと海老・カニなどの甲殻類……。 イメージ的にはかなり遠い存在かと思いきや、実は意外な食材が使用されていたのだ。 ・イカスミ色素 「甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっているのはファミリーマートで販売されている『ファミマコレクション タピオカミルクティー』である。 ラベルに表示されている原材料の中に「 イカスミ色素」があり、これが甲殻類アレルギーを発症させるというのだ。 イカスミと甲殻類……。 一見あまり関係ないように思えるが、全国いか加工業協同組合によると、甲殻類アレルギーの原因物質「トロポミオシン」は イカやイカスミにも含まれているという。 なお『ファミマコレクション タピオカミルクティー』のイカスミ色素は、タピオカの着色に使用されているらしい。 気になったのでファミマ以外で販売されているタピオカドリンクも調べてみると、イカスミが使用されているものもあれば、 使用されていないものもあった。 やはり甲殻類アレルギーをお持ちの方は、その都度ラベルを見て成分を確認した方がいいだろう。 ・イカスミでも甲殻類アレルギー発症の可能性 ちなみに、あえて商品名を記載しないのは「イカスミが入っているから悪い」というワケではなし、現在はイカスミを使用していない商品でも、 今後イカスミを使用する可能性も否定できないからだ。 重ね重ねになるが、甲殻類アレルギーをお持ちの方は面倒でもラベルをチェックした方がいい。 なお、飲んだことがある人ならばおわかりだろうが、専門店で使用されているタピオカとコンビニドリンクで使用されているタピオカは、味もモチモチ感も 明らかに別物だ。 その専門店のタピオカは「カラメル」で色付けされているものが多いようだ。 とにかく、ネット上に「イカスミが含まれているタピオカドリンクを飲んでアレルギーを発症した」という声があるのは事実。 意外な組み合わせではあるものの、甲殻類アレルギーの方は十分にご注意いただきたい。 参照元:、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

アレルギーによる発熱の原因と対処法|子供のアレルギー症状

イカスミアレルギー

2019年6月現在、日本で最も流行しているのは「 タピオカドリンク」であろう。 専門店の前には長い行列が出来ており、コンビニも飲食店もこぞってタピオカドリンクを販売している。 まさに、猫も杓子もタピオカドリンクといったところだ。 さて、そのタピオカを飲んで「 甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっていることをご存じだろうか? タピオカと海老・カニなどの甲殻類……。 イメージ的にはかなり遠い存在かと思いきや、実は意外な食材が使用されていたのだ。 ・イカスミ色素 「甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっているのはファミリーマートで販売されている『ファミマコレクション タピオカミルクティー』である。 ラベルに表示されている原材料の中に「 イカスミ色素」があり、これが甲殻類アレルギーを発症させるというのだ。 イカスミと甲殻類……。 一見あまり関係ないように思えるが、全国いか加工業協同組合によると、甲殻類アレルギーの原因物質「トロポミオシン」は イカやイカスミにも含まれているという。 なお『ファミマコレクション タピオカミルクティー』のイカスミ色素は、タピオカの着色に使用されているらしい。 気になったのでファミマ以外で販売されているタピオカドリンクも調べてみると、イカスミが使用されているものもあれば、 使用されていないものもあった。 やはり甲殻類アレルギーをお持ちの方は、その都度ラベルを見て成分を確認した方がいいだろう。 ・イカスミでも甲殻類アレルギー発症の可能性 ちなみに、あえて商品名を記載しないのは「イカスミが入っているから悪い」というワケではなし、現在はイカスミを使用していない商品でも、 今後イカスミを使用する可能性も否定できないからだ。 重ね重ねになるが、甲殻類アレルギーをお持ちの方は面倒でもラベルをチェックした方がいい。 なお、飲んだことがある人ならばおわかりだろうが、専門店で使用されているタピオカとコンビニドリンクで使用されているタピオカは、味もモチモチ感も 明らかに別物だ。 その専門店のタピオカは「カラメル」で色付けされているものが多いようだ。 とにかく、ネット上に「イカスミが含まれているタピオカドリンクを飲んでアレルギーを発症した」という声があるのは事実。 意外な組み合わせではあるものの、甲殻類アレルギーの方は十分にご注意いただきたい。 参照元:、 Report: Photo:RocketNews24.

次の