えと な スプラ トゥーン。 [スプラトゥーン2]有名実況者、プレイヤーまとめ

【スプラトゥーン2】更新データの内容を教えてください。

えと な スプラ トゥーン

この項目では、のについて説明しています。 一般名詞としてのplatoonについては「」をご覧ください。 古代ギリシアの哲学者については「」をご覧ください。 その他の例については「」をご覧ください。 製作会社はで、監督・脚本は。 出演は、、。 、第44回受賞作品。 タイトルの「プラトーン」は、の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成されるの意味である(本来の発音に近い表記はプラトゥーンである)。 概要 [ ] 1970年代の『』や『』に次いで、1980年代にを描いたの代表作である。 であるオリバー・ストーンが、の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。 アメリカ国内だけで予算の20倍を超える1億3800万ドルの興行収入を記録した。 ストーリー [ ] の(「南ベトナム」)。 白人の クリス・テイラーは自分と同年代の、それも地域によっては依然として白人と比べて劣悪な扱いを受けている黒人やその他の少数民族、果ては誰も名前を知らないような小さな町で生まれ育った貧困層という、の底辺層である若者が、職業と現金を求めて、次々とに入隊していく現実に憤りを覚えていた。 そして、両親の反対を押し切って大学を中退して、に志願、の戦場へやってきた。 しかし、(ベトコン)のに悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで敵味方が混在する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の正義漢ぶった決断を後悔する。 クリスは、国境付近に駐屯するアメリカ陸軍第25歩兵師団のある小隊に配属される。 そこは、まさに戦鬼と化した鬼軍曹 バーンズと、まだ人間らしさを残した エリアス軍曹が取り仕切り、小隊長の若い少尉では干渉できない小社会だった。 クリスはさまざまな出自の若い兵士たちの中で、時に敵と戦い、時に戦友たちと大麻を嗜み、徐々に小隊、兵隊生活、そして戦争になじんでいく。 だが、戦争はさらに過酷さを増し、ベトコンやの罠ばかりか、味方の同士討ちまでもが小隊を襲う。 戦友は次々と倒れ、生き残った戦友たちの中には、現地民間人に手を出すものまで現れ、彼らの処遇を巡ってバーンズとエリアスの対立は決定的な破局を迎えた。 エリアスは民間人を殺害しようとしたバーンズを軍法会議に告発しようと考えていたが、バーンズは戦場の混乱の中でエリアスを撃つ。 重傷を負い戦地に取り残されたエリアスは北ベトナム軍の追撃によって絶命した。 クリスは、バーンズの態度から彼がエリアスを撃ったことを察知し、仲間たちに報復を呼びかけるが、彼らはバーンズに一喝されて尻込みしてしまう。 翌日、北ベトナム軍の大部隊が夜襲を仕掛け、クリスたちは戦場で敵に囲まれてしまう。 クリスたちの防衛線を突破した北ベトナム兵が後方地帯にも浸透し、大隊本部は自爆攻撃によって大隊長ごと壊滅する。 クリスたちの中隊長は陣地ごと空爆するように要請を出し、クリスたちは味方の空爆に巻き込まれてしまう。 翌朝、負傷したものの空爆から生き延びたクリスは、更に重傷を負っていたバーンズを見付け、ベトコンの銃で射殺する。 クリスは味方の部隊に救出され、戦場を後にする。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 版 クリス・テイラー ボブ・バーンズ2等軍曹 ゴードン・エリアス3等軍曹 バニー ビッグ・ハロルド 中博史 レッド・オニール ラー ハリス大尉 ガーター・ラーナー キング 谷口節 フランシス ウォルフ中尉 ウォーレン ジュニア ガードナー ボブ・オーウィグ テックス 古澤徹 ドク 田原アルノ クロフォード ロドリゲス サンダーソン(サンディ) マニー・ワシントン 青山穣 トニー 柳沢栄治 水野龍司 エース 古澤徹 タブス 吉田孝 モアハウス 青山穣 パーカー 永井誠 ジャスパー 鳥畑洋人 キーファー 永井誠 マシューズ 檀臣幸 アル 落合弘治 ホフマイスター 手塚秀彰 サル 後藤史彦 エベンホック 吉田孝 老女 原語流用 掩蔽壕に居る第一中隊少佐 オリバー・ストーン 手塚秀彰 大川透• ソフト版:初回盤発売1998年6月25日 演出:蕨南勝之、翻訳:峯間貴子、調整:金谷和美(ビーライン)、担当:山口芳子/平馬陽子、オペレーター:藤巻良(ビーライン)、プロデューサー:佐渡和広(カルチュア・パブリッシャーズ)、制作:夏海佑実(エンジェルワークス)、制作協力:有限会社ビーライン、配給・制作:カルチュア・パブリッシャーズ株式会社• テレビ朝日版:初回放送1989年10月8日『』 演出:、翻訳:佐藤一公、調整:小野敦志、プロデューサー:猪谷敬二、制作:• テレビ東京版:初回放送2003年9月25日『』 演出:向山宏志、翻訳:、調整:飯塚秀保、効果:リレーション、担当:古田啓介、川島誠一、プロデューサー:久保一郎、渡邉一仁、寺島洋平、制作:テレビ東京、グロービジョン スタッフ [ ]• 製作総指揮:、• 製作:• 撮影:• 音楽:• 特殊メイク:• 美術:• 日本語字幕翻訳:• 日本語吹替翻訳: 作品解説 [ ] 出演したは当時まだ無名に近いものが多く、予算は600万ドルと多くはなかったが、実体験に基づいたリアリティのある戦闘シーンなどハリウッド的スペクタクル映画の要素も備えており映画は大ヒットした。 『プラトーン』の成功でオリバー・ストーンはベトナム戦争を題材にした映画の先駆者として評価されるようになり、一人のの生涯を描いた『』を監督。 同作品でもを受賞した。 は主役を演じたチャーリー・シーンにより行われた。 配役 [ ] 主人公のクリス・テイラー役には当初やが候補に挙がっていたが、共に出演を断られた。 また、の実兄であるにも出演を依頼したが関連の交渉が成立せず、「テイラーを演じるには若すぎる」として出演を断っていた弟のチャーリー・シーンが演じることとなった。 また監督はにもテイラー役をオファーしている。 デップは自分が若すぎることと自らに知名度がないことを理由に断ったが、ストーンは「彼は将来一大映画スターになるであろう」と予測し、(端役ではあったが)ガーター・ラーナー役での出演を直訴した。 冷酷無比な人物として登場するバーンズ軍曹 の役は当初に出演を依頼していた。 撮影・演出 [ ] 撮影当時は、ととの国交がなかったため、ので行われている。 映画に参加する全てのは、撮影開始2週間前からに滞在し、当時の生活を実践した。 とは、軍人仕様と同一のもの(GIカットに)とさせられ、を浴びることさえ許可されなかった。 また、で夜を明かす際も、ローテーションで監視まで行う徹底ぶりであった。 指導には、元大尉であり、本作でハリス大尉役を演じているデイル・ダイが係わっている。 映画で使用されたは、オリバー・ストーンがリアリティに拘った結果、当時製造されていたのパッケージを施したを再現した。 映画に参加したの中には、着用しているに自らメッセージを書き加えたものもいる。 焼き討ちした村を離れ、大勢の兵士が銃を携行して移動するシーンには、の製モデルガンが、小道具として使われていた。 受賞・ノミネート [ ]• 受賞:作品賞、監督賞、編集賞、録音賞• 第44回• ノミネート:脚本賞• 第41回• 受賞:監督賞、脚本賞• ノミネート:撮影賞• 第2回• 受賞:作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞• ノミネート:主演男優賞(デフォー)• 銀熊賞(監督賞)• 第22回 監督賞• 第7回 監督賞• 第61回 委員選出外国語映画第2位• 第11回 最優秀外国語作品賞 脚注 [ ]• 2011年4月3日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁• 終盤の通信のシーンではになっている。 バーンズ軍曹のモデルとなった人物は、過去、顔のキズを治すため沖縄基地へ赴任したことがあり日本人女性と結婚している(原作より)。 ダイは本作のノベライズも執筆している。 通訳兵ラーナーを演じたジョニー・デップは、シンプルに当時交際していたのの名前を書いた。 また彼は撮影当時22歳であったが、アメリカ国外へ出たのは『プラトーン』の撮影が初めてであった。 彼の将来性を見抜いていたストーンは、ジョニー・デップを初めてハリウッドに紹介した人物であるとされている。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

【スプラトゥーン2】更新データの内容を教えてください。

えと な スプラ トゥーン

プレイヤー情報 世界を取ったマルチウェポナー「えとな」 初の2連続インタビュー。 インタビュー「デュアカス編」! プレイヤー名 えとな チーム GGBoyz メイン武器 デュアルスイーパーカスタム・バケットスラッシャーデコ twitter OpenRec 今のメイン武器について教えてください 前にインタビューを受けた時は、傘で受けたのですが… タイミング的に、傘をやめたあたりでしたね(笑) で、今のメイン武器はデュアルスイーパーカスタム、バケットスラッシャーデコ、ボトルガイザーなどです。 このインタビューではデュアカスについてお話していただければと思います デュアカスを使い始めたのは、GGBoyzで対抗戦をやっていた時に、ジェットパックへの対抗策として持ち始めた感じです。 当日の他の3人の武器だと射程とかの問題で、対抗策が無かったんですよね。 ジェットパックを落とせる武器を持とう、という話し合いがあって、その中で自分が持ち始めたのがきっかけです。 デュアカスの長所について教えてください サブスぺが非常に優秀なのがそのまま長所になりますね。 固形ボム(スプラッシュボム)とアメフラシというサブスぺは非常に優秀です。 射程も長いです。 他武器でいうと プライムシューターとかとほぼ同じ長さなんです。 さらにスライドを持っていて、 対面拒否も出来て、詰めることも出来て自由度がかなり高い。 長所はいくつか述べましたが、最大の長所は、これだけの 射程を持っていてなおかつスライドを持っていることですね。 チャージャーとかスピナーに対しては、射程という観点から若干不利が付きますが マニューバなどの射程武器に対してメタを余裕で取れる次点で、非常に価値があります。 また、チャージャーやエクスなど、こちらに対して明らかに射程が長い武器に対しても、スライドを使えば射程が実質1.5倍くらいに伸ばせます。 元々長い上に、2回スライドすればチャージャーと同じくらいの射程になるのではないでしょうか。 さらに、 生存能力が非常に高いのも長所です。 射程で牽制しつつ、スライドで下がれるので生存を意識した立ち回りをすることで、非常に長くゲームにかかわることが出来ます。 デュアカスの短所について教えてください 元々スライドするとインク管理が厳しかったのが、アップデートで20%もメインインク消費が増えてインク管理がかなり厳しい武器になってしまいました。 他のスライドとちがって、ちょっとスライド後に歩くのも癖がありますね。 長所の中で、生存能力が高いというお話をしましたが、生存しようとしてスライドし続けるとインク管理がかなり厳しいです。 また、優秀だと言ったサブのスプラッシュボムも、投げてから10発くらいうつとすでにインクが枯渇します。 メイン、サブともに優秀ですが、それと引き換えにインク管理の難しさを抱えた武器といった感じですね。 自分は相当デュアカスを使い込んできていると思いますが、未だにたまに枯渇しますね(苦笑) ポイントとしては、ボムを投げすぎないことが大事だと思います。 わかばとかでスプボムを使う時は、ボムをメインでの立ち回りになると思います。 例えば、壁の右側に起きボムして左に誘導するとかですね。 ただ、こういう立ち回りはデュアカスではインク効率上かなり難しいので、メイン中心でどう戦うかというのを意識したほうがいいと思います。 また、デュアカスだけではないのですが、スイーパー系は弾速が遅いので、偏差うちが必要になることが多いのでそこにも慣れが要求されます。 初心者に今お勧めするならなんの武器ですか? シマネですかね。 優秀なサブスぺである、クイボとボムラ。 初心者の人はスペシャルの使い方が難しいと思うのですが、ボムラは使ってるだけで最低限の貢献はできますし、クイボは足を取れますしね。 あとジャンプ撃ちしてエイムがぶれないのが一番いいですね。 きちんと相手にエイムを合わせられれば、全て綺麗に当たるので、そういう意味でもお勧めします。 えとな(デュアルスイーパーカスタム インタビューは4ページ構成です。 1.デュアルスイーパーカスタムの長所短所 えとな(デュアカス (第三回甲子園優勝・Splatoon2WorldChampionship優勝) 2. 3. 4. -, ,.

次の

えとな🍵

えと な スプラ トゥーン

この項目では、のについて説明しています。 一般名詞としてのplatoonについては「」をご覧ください。 古代ギリシアの哲学者については「」をご覧ください。 その他の例については「」をご覧ください。 製作会社はで、監督・脚本は。 出演は、、。 、第44回受賞作品。 タイトルの「プラトーン」は、の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成されるの意味である(本来の発音に近い表記はプラトゥーンである)。 概要 [ ] 1970年代の『』や『』に次いで、1980年代にを描いたの代表作である。 であるオリバー・ストーンが、の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。 アメリカ国内だけで予算の20倍を超える1億3800万ドルの興行収入を記録した。 ストーリー [ ] の(「南ベトナム」)。 白人の クリス・テイラーは自分と同年代の、それも地域によっては依然として白人と比べて劣悪な扱いを受けている黒人やその他の少数民族、果ては誰も名前を知らないような小さな町で生まれ育った貧困層という、の底辺層である若者が、職業と現金を求めて、次々とに入隊していく現実に憤りを覚えていた。 そして、両親の反対を押し切って大学を中退して、に志願、の戦場へやってきた。 しかし、(ベトコン)のに悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで敵味方が混在する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の正義漢ぶった決断を後悔する。 クリスは、国境付近に駐屯するアメリカ陸軍第25歩兵師団のある小隊に配属される。 そこは、まさに戦鬼と化した鬼軍曹 バーンズと、まだ人間らしさを残した エリアス軍曹が取り仕切り、小隊長の若い少尉では干渉できない小社会だった。 クリスはさまざまな出自の若い兵士たちの中で、時に敵と戦い、時に戦友たちと大麻を嗜み、徐々に小隊、兵隊生活、そして戦争になじんでいく。 だが、戦争はさらに過酷さを増し、ベトコンやの罠ばかりか、味方の同士討ちまでもが小隊を襲う。 戦友は次々と倒れ、生き残った戦友たちの中には、現地民間人に手を出すものまで現れ、彼らの処遇を巡ってバーンズとエリアスの対立は決定的な破局を迎えた。 エリアスは民間人を殺害しようとしたバーンズを軍法会議に告発しようと考えていたが、バーンズは戦場の混乱の中でエリアスを撃つ。 重傷を負い戦地に取り残されたエリアスは北ベトナム軍の追撃によって絶命した。 クリスは、バーンズの態度から彼がエリアスを撃ったことを察知し、仲間たちに報復を呼びかけるが、彼らはバーンズに一喝されて尻込みしてしまう。 翌日、北ベトナム軍の大部隊が夜襲を仕掛け、クリスたちは戦場で敵に囲まれてしまう。 クリスたちの防衛線を突破した北ベトナム兵が後方地帯にも浸透し、大隊本部は自爆攻撃によって大隊長ごと壊滅する。 クリスたちの中隊長は陣地ごと空爆するように要請を出し、クリスたちは味方の空爆に巻き込まれてしまう。 翌朝、負傷したものの空爆から生き延びたクリスは、更に重傷を負っていたバーンズを見付け、ベトコンの銃で射殺する。 クリスは味方の部隊に救出され、戦場を後にする。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 版 クリス・テイラー ボブ・バーンズ2等軍曹 ゴードン・エリアス3等軍曹 バニー ビッグ・ハロルド 中博史 レッド・オニール ラー ハリス大尉 ガーター・ラーナー キング 谷口節 フランシス ウォルフ中尉 ウォーレン ジュニア ガードナー ボブ・オーウィグ テックス 古澤徹 ドク 田原アルノ クロフォード ロドリゲス サンダーソン(サンディ) マニー・ワシントン 青山穣 トニー 柳沢栄治 水野龍司 エース 古澤徹 タブス 吉田孝 モアハウス 青山穣 パーカー 永井誠 ジャスパー 鳥畑洋人 キーファー 永井誠 マシューズ 檀臣幸 アル 落合弘治 ホフマイスター 手塚秀彰 サル 後藤史彦 エベンホック 吉田孝 老女 原語流用 掩蔽壕に居る第一中隊少佐 オリバー・ストーン 手塚秀彰 大川透• ソフト版:初回盤発売1998年6月25日 演出:蕨南勝之、翻訳:峯間貴子、調整:金谷和美(ビーライン)、担当:山口芳子/平馬陽子、オペレーター:藤巻良(ビーライン)、プロデューサー:佐渡和広(カルチュア・パブリッシャーズ)、制作:夏海佑実(エンジェルワークス)、制作協力:有限会社ビーライン、配給・制作:カルチュア・パブリッシャーズ株式会社• テレビ朝日版:初回放送1989年10月8日『』 演出:、翻訳:佐藤一公、調整:小野敦志、プロデューサー:猪谷敬二、制作:• テレビ東京版:初回放送2003年9月25日『』 演出:向山宏志、翻訳:、調整:飯塚秀保、効果:リレーション、担当:古田啓介、川島誠一、プロデューサー:久保一郎、渡邉一仁、寺島洋平、制作:テレビ東京、グロービジョン スタッフ [ ]• 製作総指揮:、• 製作:• 撮影:• 音楽:• 特殊メイク:• 美術:• 日本語字幕翻訳:• 日本語吹替翻訳: 作品解説 [ ] 出演したは当時まだ無名に近いものが多く、予算は600万ドルと多くはなかったが、実体験に基づいたリアリティのある戦闘シーンなどハリウッド的スペクタクル映画の要素も備えており映画は大ヒットした。 『プラトーン』の成功でオリバー・ストーンはベトナム戦争を題材にした映画の先駆者として評価されるようになり、一人のの生涯を描いた『』を監督。 同作品でもを受賞した。 は主役を演じたチャーリー・シーンにより行われた。 配役 [ ] 主人公のクリス・テイラー役には当初やが候補に挙がっていたが、共に出演を断られた。 また、の実兄であるにも出演を依頼したが関連の交渉が成立せず、「テイラーを演じるには若すぎる」として出演を断っていた弟のチャーリー・シーンが演じることとなった。 また監督はにもテイラー役をオファーしている。 デップは自分が若すぎることと自らに知名度がないことを理由に断ったが、ストーンは「彼は将来一大映画スターになるであろう」と予測し、(端役ではあったが)ガーター・ラーナー役での出演を直訴した。 冷酷無比な人物として登場するバーンズ軍曹 の役は当初に出演を依頼していた。 撮影・演出 [ ] 撮影当時は、ととの国交がなかったため、ので行われている。 映画に参加する全てのは、撮影開始2週間前からに滞在し、当時の生活を実践した。 とは、軍人仕様と同一のもの(GIカットに)とさせられ、を浴びることさえ許可されなかった。 また、で夜を明かす際も、ローテーションで監視まで行う徹底ぶりであった。 指導には、元大尉であり、本作でハリス大尉役を演じているデイル・ダイが係わっている。 映画で使用されたは、オリバー・ストーンがリアリティに拘った結果、当時製造されていたのパッケージを施したを再現した。 映画に参加したの中には、着用しているに自らメッセージを書き加えたものもいる。 焼き討ちした村を離れ、大勢の兵士が銃を携行して移動するシーンには、の製モデルガンが、小道具として使われていた。 受賞・ノミネート [ ]• 受賞:作品賞、監督賞、編集賞、録音賞• 第44回• ノミネート:脚本賞• 第41回• 受賞:監督賞、脚本賞• ノミネート:撮影賞• 第2回• 受賞:作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞• ノミネート:主演男優賞(デフォー)• 銀熊賞(監督賞)• 第22回 監督賞• 第7回 監督賞• 第61回 委員選出外国語映画第2位• 第11回 最優秀外国語作品賞 脚注 [ ]• 2011年4月3日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁• 終盤の通信のシーンではになっている。 バーンズ軍曹のモデルとなった人物は、過去、顔のキズを治すため沖縄基地へ赴任したことがあり日本人女性と結婚している(原作より)。 ダイは本作のノベライズも執筆している。 通訳兵ラーナーを演じたジョニー・デップは、シンプルに当時交際していたのの名前を書いた。 また彼は撮影当時22歳であったが、アメリカ国外へ出たのは『プラトーン』の撮影が初めてであった。 彼の将来性を見抜いていたストーンは、ジョニー・デップを初めてハリウッドに紹介した人物であるとされている。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の