イラスト 強調。 高品質なアイコンを無料でダウンロード!商用利用可能な素材サイトまとめ

集中線による強調の背景のイラスト素材 [8658629]

イラスト 強調

輪郭抽出のやり方• 今回は鳥の画像を例に手順を解説していきましょう。 様々な輪郭抽出のフィルターが出てきますが、今回は「Difference of Gaussians」をクリックしてみます。 キャンバス上のプレビューを見ながら、「Radius 1」と「Radius 2」をスライドしたり、数値を入力したりして変更します。 ちょうど良い輪郭抽出ができたら、「OK」をクリックします。 「Difference of Gaussians」を選ぶと、次の画面の例のような輪郭抽出ができました。 輪郭抽出の種類 前の項目では輪郭抽出のフィルターに「Difference of Gaussians」を選びましたが、他のフィルターで輪郭を抽出することもできます。 「Edge」を選んだ場合• 「Laplace」を選んだ場合• 「Neon」を選んだ場合• 「Sobel」を選んだ場合• 「Image Gradient」を選んだ場合• 「Difference of Gaussians legacy 」を選んだ場合• 「Neon legacy 」を選んだ場合 以上の手順で、写真やイラストの輪郭をフィルターを使って抽出することができました。

次の

枠、フレームのフリー素材、イラスト! ai、透過pngが無料【素材っち】

イラスト 強調

前回のラフ工程から作業を進め線画が完成したら、いよいよ塗りの作業です。 ラフの段階である程度配色のイメージを固めているため、全体の塗り分けはせずに、パーツごとにじっくりと塗りの作業を進めていきます。 人物は、肌のやわらかさや丸みをイメージしながら塗り込んでいくのがポイントです。 線画の色を変更する どんな線を引いたか見やすくするために、黒で線画を描いていましたが、黒のままだとイラストに硬い雰囲気が出てしまうため、彩色前に赤ワイン色に変更します。 これにより、背景が透明の場合、線画のみ色を塗ることができるようになります。 [ペン]ツールの[Gペン]を選択し、[ブラシサイズ:2000]と大きく設定。 カラーを赤ワイン色に設定して、線画をなぞりながら色を塗り変えていきます。 [サブビュー]パレットにラフを読み込む 下塗りを施したラフ案を、[サブビュー]パレットに読み込み、線画の隣にウィンドウを表示させます。 [サブビュー]パレットからは[スポイト]ツールを使って色を抽出することができます。 今後各パーツごとに塗り分けを行っていくときは、このラフ案から色を拾い、ベースの色として置いていきます。 今回は、アニメ塗りのようなパキッとした塗り込みと、柔らかい雰囲気のある水彩塗りの中間のような塗り方を採用してみたいと思います。 彩色用のフォルダとレイヤーを準備する 彩色用にフォルダーを準備していきます。 まず、[人物線画]フォルダーの下に[人物 色]フォルダーを作成。 その中にさらにサブフォルダーとして[肌、髪、目]フォルダーを作成し、肌を塗る用のレイヤーとして、新規ラスターレイヤーを追加します。 また、一番下の階層に、塗り残し確認用の色レイヤーを用意します。 明るい色を塗る際の確認用には暗い色のレイヤーを、暗い色を塗る際の確認用には明るい色のレイヤーを使いますので、2種類用意しました。 肌の部分を色分けする 顔や足、手など、肌の部分を[塗りつぶし]ツールで色分けしていきます。 [サブビュー]パレットから[スポイト]を使って、下塗りラフの肌色を抽出したら、[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]を選択。 先ほど準備した肌レイヤーを選択した状態で、肌にあたる部分を塗っていきます。 塗り残し確認レイヤーを使って、はみ出た部分や塗り残し部分を確認しましょう。 手や太ももも同様に色分けしておきます。 肌に赤みを足して表情を付ける 肌の塗り分けが終わったら、ほっぺたや耳、鼻の先の部分などに赤みを足し、やわらかな質感を表現していきます。 肌レイヤーの上に新規ラスターレイヤーを作成し、[下のレイヤーでクリッピング]をオンにします。 これにより、肌のベース色からはみ出さずに赤みを付けていくことができます。 今後塗り込みを行っていくときは、このようにベースとなる塗り分けレイヤーの上に塗り込み用のレイヤーを作成し、クリッピング設定をオンにするレイヤー構成を基本とします。 カラーは薄い朱色に設定しました。 影を入れて奥行きを出す 赤みレイヤーの上に新規ラスターレイヤーを追加し、影を塗り込んでいきます。 カラーはピンク寄りの少し暗めな肌色に設定し、髪の毛がかかる部分やくぼみとなる部分、衣服の陰になる部分などを塗っていきます。 目の印象を強くするため、上まつ毛にも影色を塗りました。 形状を意識しながら、奥まる部分には強く影を入れ、やわらかな質感を維持したいところには薄く影を入れるようにすると、より立体的な質感の演出ができます。 顔周りが塗り終わったら、手や太ももなどにも同様に赤みと影を入れます。 塗り重ねて肌に立体感を出す 少しの変化ではあるのですが、より肌に立体感を出すため、肌色を塗り重ねていきます。 カラーはベースの肌色と同じものを使用します。 最後に全体を微調整して肌を仕上げる 最後にハイライト用のレイヤーと、肌の色味調整用のレイヤーを追加して、それぞれ仕上げていきます。 ほっぺたの赤みも、最後に少しだけ強くしています。 肌色もさらに塗り重ねるなどして、立体的になるよう調整しました。 髪の毛の地色を塗る 肌が塗り終わったら、髪の着彩に移ります。 肌レイヤーの下に、髪を塗る用の新規ラスターレイヤーを作成します。 [スポイト]ツールでラフ案から髪の色を拾い、[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]を選択した状態で髪の地色を塗ります。 隣り合わせの色レイヤー(この場合は肌レイヤー)と線画の境界で塗り残しが出ないよう、境界部分からはみ出すように、[ペン]ツールの[Gペン]で塗り足しておきます。 肌の着彩時同様、塗り残し確認レイヤーを使って塗り忘れやはみ出しがないか確認し、[Gペン]や[消しゴム]ツールで調整します。 肌付近の髪の毛の色を明るくする おでこや顔まわりの髪に肌色を薄く重ね、自然にほんの少し明るく見えるようにします。 [下のレイヤーでクリッピング]をオンにしておきます。 影を付け、髪の毛のしなやかな質感を表現 さらに新規ラスターレイヤーを上に重ね、髪の描き込みを行っていきます。 髪の質感を表現するため、影色は筆を叩き付けるようにして塗っています。 奥まる部分は暗くなるよう塗り重ね、髪の毛が流れる部分はぼかして、しなやかな艶を表現しました。 髪の毛にハイライトをプラスする 前髪の中央にハイライトを入れます。 新規ラスターレイヤーを作成し、[合成モード:覆い焼き(発光)]に設定。 髪の流れに沿って描き入れた後、上部を[消しゴム]ツールでカーブを描くようになぞり、消しています。 [透明ピクセルをロック]をオンにしたら、白の上に灰色がかったトーンの黄色や紫を塗り重ね、光具合を調整していきます。 女の子の銀髪にハイライトを入れたときに、白からピンクに変わる色を演出できるような色を選んで塗っていきました。 [合成モード:覆い焼き(発光)]だと、 ハイライトが白からピンクに変わる色味になります 13. さらに髪の毛の影を描き込む 新規ラスターレイヤーを[合成モード:乗算]に設定し、遠近を付けるために髪の毛の奥まっている部分を青緑色で塗り足します。 次に同じく新規レイヤーを[合成モード:乗算]で追加し、帽子の影となる部分を髪の毛より濃い色で描きます。 髪の影よりも強めに大きく塗っていきました。 さらに、顔周りがもっと目立つように、前髪ともみあげ部分に少しだけ暗めの色を重ねました。 こちらも新規レイヤーを[合成モード:乗算]で作成して塗っています。 それぞれ、不透明度を調整して見え方を確認します。 全体の見え方を確認して仕上げる 暗い色を重ねたことで髪の印象が重たくなってしまったので、工程12で作成した髪のハイライトのレイヤーを複製し、一番上に重ねます。 漫画的な表現ではありますが、これできれいなハイライトが出来ます。 髪の毛はひとまずこれで完成です。 目の土台をざっくりと塗っていく 人物の魅力を決める目を塗っていきます。 髪レイヤーの下に、目を塗る用の新規ラスターレイヤーを作成します。 [ペン]ツールの[Gペン]を使い、白で目の周りをざっくりとはみ出させながら塗ります。 次に目レイヤーの上に新規ラスターレイヤーを作成し、瞳を塗ります。 [下のレイヤーでクリッピング]を設定し、ラフ案で決めていた瞳の色と同じように、灰色と黄色の組み合わせで塗りました。 さらに新規レイヤーを[合成モード:乗算]で作成し、[スポイト]ツールで肌の影の色を拾って、まつ毛の影となる部分を書き込みます。 光など細部を描き込む 新規レイヤーを作成し、[合成モード:オーバーレイ]に設定。 [スポイト]ツールで瞳の色を拾いながら、目の中を描き込みます。 瞳を描き込むときは、灰色と黄色などのように配色の境界部分や、目のハイライト付近に強い色を置くと、目の印象が引き立ちます。 若干目の色が薄いように感じたので、[合成モード:乗算]の新規レイヤーを追加し、瞳の上半分に丸く濃い茶色を置きました。 さらに[合成モード:オーバーレイ]の新規レイヤーを作成し、オレンジ色を瞳の上部にプラス。 [合成モード:加算(発光)]の新規レイヤーをもう1つ追加し、瞳の中央と下の部分に点々とハイライトを描き足すことで目に輝きを加えています。 最後に通常の新規レイヤーを追加し、瞳の下部に黄色で三日月の形を描きました。 目の線画の色を調整する 瞳の部分をある程度描き込んだら、目の線画の色味を変更します。 [人物線画]フォルダー内の目のレイヤーを選択し、[透明ピクセルをロック]をオンにします。 上まつ毛の中心部分には黒を置き、目尻や目頭に向かうにつれ赤や肌色に塗り替えています。 下まつ毛は薄い赤色にしました。 さらに目元に合わせ、口元や眉毛などの線画も柔らかい印象の赤ワイン色に変更しています。 このように線画の色を変える工程は、顔の印象に変化を与えるために非常に重要な作業だと考えています。 線画の上から描き込みをする 瞳にさらに細かい描き込みをしていくために、[人物線画]フォルダー内の一番上に、描き込み用のフォルダーとレイヤーを作成します。 目だけでなく、衣装や顔などで描き込みをしたいときにもこの[描き込み]フォルダーのなかにレイヤーを追加して描き込んでいくようにします。 さまざまな箇所の最終調整をこのフォルダー内で行っていくため、この中に作成したレイヤーには、[下のレイヤーでクリッピング]は適用しないことに注意してください。 目の描き込みレイヤーには、白いハイライトや明るい黄色を描き足し、瞳のキラキラ感を高めました。 自分の気に入る目になるまで、試行錯誤の連続です。 線画の下では埋もれてしまう部分も、線画の上から描き込むことで、さらにクオリティが上がったり、表情が豊かになることがあります。 線画に捕らわれることなく大胆に塗り込みができ、イラストの印象をガラッと変えることもできるため、「微細な最終調整ができる」フォルダーと考えるとよいかもしれません。 肌や目の印象に合わせて、顔のパーツも最終調整する 肌や目を塗ることでようやく女の子の顔の印象が見えてきたので、合わせて目以外のパーツも調整していきます。 工程18で作成した[描き込み]フォルダー内に新規レイヤーを追加します。 目の印象に比べて鼻が小さく感じたため、白いハイライトを大きくし、線画のときに描いた鼻の線を少し潰しました。 また[ペン]ツールの[Gペン]でほっぺたにも斜線を追加して、強調的な表現にしてみました。

次の

枠、フレームのフリー素材、イラスト! ai、透過pngが無料【素材っち】

イラスト 強調

そもそもイラストになんで個性って大切なの? 個性がないと言われるイラストは、どこにでもありそうな、いろんな人が描いていそうなイラストで、自分の強みが出せていないイラストですよね。 じゃあなんでそもそも個性って大切なんでしょうか? 「個性がない」って言われるとなんか凹みますよね。 個性がないとあなたは世の中のありふれたものや人にかき消されて、沼にズブズブ落ちていくように埋もれていってしまいます。 その沼から這い上がろうとしても、1歩1歩の足取りが普通のアスファルトを歩いている人の1歩と比にならないほど労力を消費します。 そうなると 世の中に遅れをとってしまうし、あなたのイラスト上達スピードやイラストレーターなどの将来の夢を叶えるのがどんどん遅くなっていってしまいます。 それってすごく勿体ないことですよね。 個性が出ていてアスファルトの上を歩いている人はこんなにも簡単に成長しているのに自分かこんなところで足止めを食らっているなんて…。 だから個性があるというのは世の中的には認められるしすごく必要だと言われているんですよね。 個性あるイラストとはなんなのか? よく個性がないイラストだ〜とか言いますが、そもそも個性って何か考えたことありますか? この個性っていう言葉の定義ってすごく曖昧ですよね。 ちなみに、インターネットで調べると 「個性(こせい)とは、個人や個体の持つ、それ特有の性質・特徴。 特に個人のそれに関しては、パーソナリティと呼ばれる」と出ます。 つまり簡単に言えば、 その人らしさや特徴、他人とは違うところみたいな意味です。 例えば、イラストがものすごく上手いとか、表現が独特だとか、足が速いとか。 でもよく考えてみてください。 果たしてこれは個性なのでしょうか?正確に言えば「スキル」ではないでしょうか? よく「個性」は「スキル」に間違われて捉えられてしまいます。 イラストならすごくかわいいキラキラ系とか毒々しい感じとか。 他にはないような雰囲気は持っているのですが、それって描く人の単純な「スキル」だと思いませんか? 私たちがよくこだわる「個性」というのは 「表面的な個性」です。 服装などの見た目もそう。 他人からいいと思われるもの、慕われる個性を選んでその個性を演じています。 その個性を演じることで人気になったり憧れの眼差しを向けられるからです。 「かわいいキラキラ系イラスト」があなたの個性ならそれはそのイラストが好きな人から慕われるために「スキル」を駆使して自分を演じていると言えます。 かわいいキラキラ系のイラストがあなたの個性なら、あなた自身の存在はなんなんですか?あなたからその「スキル」がなくなってしまったらあなたは何なんですか?ということです。 大切なのは結局なんなのかというと、 「個性をすべて排除して自分の素を考える」ということです。 自分の演じている個性をすべて剥ぎ取って見ることで、あなた自身を見つめることができます。 個性を出すにはどうしたらいいのか? 自分の素を見つけて本当の意味での「個性」を出すにはどうしたらいいでしょうか?個性を出すためのコツが2つだけあります。 共通点を見つける 私はよく自分が描いたイラストを最低5枚並べてすべて見比べました。 その中でかっこいいとかかわいいとか、そいう部分は全く抜きにして自分のイラストたちの 「共通点」を探します。 個性というのは自分が「自然に」どんどん積み重ねてきた中で「自然に」出てきた他人との差。 見つけた共通点が他人のイラストやデザインとかぶっていないかを見て考えるようにすると、自分の強みがわかるようになってきます。 個性を出そうとしない さらには 「個性を出すと意識することをやめる」のも大切です。 自分の個性がどうこうと言うよりも、見てくれる相手がどんなイラストを見たいのかとか、相手がどんなイラストを見たら満足な気持ちになるのかを考えて勉強するようにします。 そうすると自然と、あなたのイラストをみたい!好き!と言う人が集まってきます。 その人たちを満足させるためにあなたも努力を積み重ねていくと、自然と差が出てきて「個性」と呼ばれるものが出来上がってくると思います。 無理やり他者と差別化するとしたら… 本当の意味での「個性」を出すというよりも他者とは違うイラストを描きたい場合は次の3つのことを意識しましょう。 他者やライバルのイラストを徹底的に分析 他のイラストレーターの作品をひたすら分析して、それぞれの人のイラストの特徴を調べます。 画風や色彩や表現方法などを見て、それぞれのイラストレーターがどこに個性があるのか分析します。 そして、調査して被らないような特徴を自分のイラストに施します。 色彩で差別化する 差別化の代表例としてあげられるのは色彩です。 あなたの作品全体を通して、暗めの色をよく使うようにしたら、「暗めのイラストを描く人だ!」と周りから認識され、それが個性になります。 そうすれば、暗い雰囲気のイラストの依頼が特に殺到するようになるでしょう。 一部分を特に強調する これはかなり簡単な差別化ですが、自分の描きたいイラストとはそぐわない場合もあります。 キャラクターの腕や鼻や顔全体など、どこかの部分を特化して大きくしたり小さくしたり、とにかく奇抜なイラストを描き続ければ個性になります。 一部のマニアックなファンはできるかもしれませんが、大衆的な人気はなくなる可能性が大きい諸刃の剣作戦です。 最後に あなたのイラストがより良いものになるために、今すぐにでも自分のイラストの共通点を探して見ましょう!他人に自分のイラストの特徴を聞くのもすごくいいですね。 客観的な意見はいろんなことに気づかされていい影響になるので人の意見を取り入れることはすごく効果的です。 では今回はこの辺で!.

次の