東京 都 感染 防止 協力 金。 東京都感染拡大防止協力金、持続化給付金の経理処理

東京都「感染拡大防止協力金」を貰える業種は?個人飲食店は対象?申請の流れについて

東京 都 感染 防止 協力 金

しかし、飲食店は例外です。 営業時間を朝5時から夜20時までの間とし(テイクアウトの場合はこれ以外の時間帯の営業も可)、アルコール類の提供は夜7時までとする場合、協力金の支給対象となります。 協力金の申請について 感染拡大防止協力金の申請受付期間は、2020年4月22日 水 から6月30日 火 までを予定しています。 4月22日に募集要項が公表され、Webサイトにて申請受付がはじまりますが、直接持参や郵送でも申請ができます。 協力金の支給は、5月上旬からとなっているようです。 申請時の必要書類としては、下記の4つが予定されています。 店舗運営の悩みは開店ポータルBizに無料相談しよう 4月16日には、緊急事態宣言の対象地域が7都府県から全国へとひろげられました。 ゴールデンウィーク明けの5月6日まで、不要不急の外出の自粛とともに、さまざまな施設・店舗が休業や営業時間の短縮をおこないます。 新型コロナウイルスの影響で売上が減り、厳しい状況に見舞われている事業者も多いでしょう。 感染拡大防止協力金は、飲食店やビューティーサロン(まつげエクステサロンやエステサロンなど)のような個人店も利用できる制度です。 苦境の中でも資金繰りをしっかりおこない、経営を続けていくことができるよう、このような支援制度をぜひ活用してみてください。 【記事】 【記事】.

次の

さっそく「第2回東京都感染拡大防止協力金」の申請をしてみました!

東京 都 感染 防止 協力 金

「東京都感染拡大防止協力金」の概要 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、東京都は令和2年5月7日から緊急事態宣言を発表し、中小企業者に対して施設の使用停止や施設営業時間の短縮の協力を要請しました。 都の休業要請などに協力した中小企業者に対して支払われるのが、「東京都感染拡大防止協力金」です。 支給額は1業者につき50万円、2事業所以上で要請に応じた事業者は100万円支給されます。 申請時期はいつ? 東京都感染拡大防止協力金の申請受付期間は、「令和2年4月22日(水)~同年6月15日(月)」までとなっています。 なお、緊急事態措置期間が5月31日まで延長することに伴い、2回目の協力金の申請受付は、6月17日から受け付ける予定となっています。 申請方法は? 専門家による申請要件や添付書類の確認が必須 東京都感染拡大防止協力金は、円滑な申請と支給を実現させるため、専門家が申請要件を満たしているか、添付書類が揃っているかなどについて事前に確認することが条件となっています。 専門家による事前確認がなくても申請することは可能ですが、追加書類の提出を求められたり、確認のための連絡が入ったりなどするため、支給までに時間を要する可能性があります。 したがって、円滑な申請と支給を実現するために、専門家への確認を受けるように推奨されています。 なお、対象となる専門家とは次の通りです。 6月15日(月)までの消印が有効となっています。 切手を貼付し、裏面には差出人の住所と氏名を必ず記載してください。 宛先は次の通りです。 その際には、封筒に「東京都感染拡大防止協力金申請書類在中」記載してください。 開丁時間は、土日祝日を除く、8:30~17:00(月~金)となっています。 6月15日(月)の17:00までに投函するようにしましょう。 なお、対面での受付や説明などの対応はしていません。 申請要件は? 東京都感染拡大防止協力金は、次の要件をすべて満たしている必要があります。 また、上記の暴力団・暴力団員・暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。 参照: 受取方法は? 申請書類を受理した後、内容を審査します。 審査で適性と認められたときに、都感染拡大防止協力金が支給されます。 支給が決定した場合は、後日、支給に関する通知が送付されます。 一方、支給しない旨が決定した場合は、不支給に関する通知が送付されます。 まとめ 東京都感染拡大防止協力金の申請は、「専門家による申請要件や添付書類の確認」が要件となっています。 まずは対象となる専門家へ相談してみましょう。

次の

東京都 感染拡大防止協力金

東京 都 感染 防止 協力 金

しかし、飲食店は例外です。 営業時間を朝5時から夜20時までの間とし(テイクアウトの場合はこれ以外の時間帯の営業も可)、アルコール類の提供は夜7時までとする場合、協力金の支給対象となります。 協力金の申請について 感染拡大防止協力金の申請受付期間は、2020年4月22日 水 から6月30日 火 までを予定しています。 4月22日に募集要項が公表され、Webサイトにて申請受付がはじまりますが、直接持参や郵送でも申請ができます。 協力金の支給は、5月上旬からとなっているようです。 申請時の必要書類としては、下記の4つが予定されています。 店舗運営の悩みは開店ポータルBizに無料相談しよう 4月16日には、緊急事態宣言の対象地域が7都府県から全国へとひろげられました。 ゴールデンウィーク明けの5月6日まで、不要不急の外出の自粛とともに、さまざまな施設・店舗が休業や営業時間の短縮をおこないます。 新型コロナウイルスの影響で売上が減り、厳しい状況に見舞われている事業者も多いでしょう。 感染拡大防止協力金は、飲食店やビューティーサロン(まつげエクステサロンやエステサロンなど)のような個人店も利用できる制度です。 苦境の中でも資金繰りをしっかりおこない、経営を続けていくことができるよう、このような支援制度をぜひ活用してみてください。 【記事】 【記事】.

次の