会津 若松 コロナ。 当館の新型コロナウイルスの感染予防対策

新型コロナウイルス感染症対策 特別セール・新サービスSOS掲示板

会津 若松 コロナ

本当に大変ですね。 それは、教育委員会の判断次第です。 今後休校になると思います。 新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言は、日本全国に拡大されましたが、あくまでも自粛を要請するだけです。 今の日本の法律では、これ以上の私権の制限は出来ません。 強制はできません。 でも、要請される相手が強く感じる効果はあります。 また、世間の批判も起こります。 要請に応じたところには、補償も行なうでしょう。 従って、自主判断が出来るところは企業でも、学校でも、営業しているところもあります。 でも、一般的には、責任追及と万一の時の賠償請求が怖いので、閉鎖しているところが殆んどです。 もつとも、自主判断しろと言われても、それを判断する能力もないので、 緊急事態宣言の終結に同調するしかないかもしれません。 コロナ騒動の収束の見通しが立っていないため、いろいろと報道はされていますが、本当のところは、現時点では誰も、何事も予測は出来ず未定です。 少なくとも、非常事態宣言が終わるまでは最大限に要注意でしょう。 専門家の意見では、ここまで感染が拡大すると、今から1年では収束するのは難しい。 今後の見通しも厳しい。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 」との見方のようです。 もちろん自粛がそこまで続いたら大変なことになってしまいますので、自粛の解除は時を見て行われるかと思います。 今、日本では生活への支障も大きくて大変と思います。 あとは、どの程度の対策で我慢するか、国民全体の考え方のバランスになるでしょう。 なかなか難しい問題だと思います。

次の

会津侍・若松っつん

会津 若松 コロナ

本学における現在の対応状況等について、以下のとおりお知らせします。 なお、感染症に関する状況は日々変化しているため、このページ内の情報も随時更新していきます。 このことを踏まえ、5月18日から学校を再開しますが、これまでの措置を改めることとしますので、お知らせします。 なお、新型コロナウイルスについては、日々状況が変化しているため、対応については今後変更される場合がありますので、御留意ください。 1 授業について 授業については、5月中は、遠隔(リモート)装置により行うことを原則とするが、6月からは、遠隔(リモート)装置により実施できない場合に限り、感染防止の措置を講じた環境の下で、対面での授業も可能とする。 授業は、原則、遠隔(リモート)装置により行うことから、学生の敷地内の立入は最小限とすること。 2 研究室活動について 研究室活動については、感染防止の措置を講じた環境の下で行うものとする。 ただし、可能な限り遠隔(リモート)装置による活動とすること。 3 感染防止の措置について 感染防止のため次の事項を遵守してください。 4 移動の自粛 当面の間、県外への不要・不急の移動はしないこと。 なお、やむを得ず移動した場合には、帰宅後2週間はマスクを着用の上、健康管理を徹底し、体調に少しでも異常を感じた場合には自宅待機すること。 ただし、他都道府県に帰省し、対面での授業開始に合わせて会津に戻り、大学へ通学しようとする学生は、通学する日の2週間前までにアパート等の自宅へ戻ること。 また、自宅に戻ってから2週間は自宅待機とし、遠隔授業のみの受講とする。 5 健康観察シートの記入徹底 健康観察シートについては、引き続き作成し常に携帯するとともに、発熱等風邪の症状がある場合には、自宅待機とし、学生課教務係まで連絡すること。 以下のいずれかの症状がある場合は「帰国者・接触者相談センター」にすぐに相談し、その指示に従うこと。 7 その他 (1)相談等がある場合には、学生課まで連絡すること。 (2)上記の他、を再度確認し、適切な行動をとること。 (3)大学関係者以外の敷地内への立入禁止措置は継続する。 (4)大学関係者以外の学生食堂・売店の利用禁止措置は継続する。 【問い合わせ先】 会津大学学生課教務係 0242-37-2600 E-mail:sad-aas u-aizu. なお、新型コロナウイルスについては日々状況が変化しているため、対応については今後変更となる場合がありますので、大学からの連絡を確認してください。 1 大学での授業の休止 大学で行う授業は、5月31日まで休止する。 ただし遠隔(リモート)装置により行うものを除く。 また、原則として、学生は敷地内(研究室を含む。 )の立入を禁止する。 (ただし、遠隔授業の対応環境が整わないため学内の演習室を利用する場合など大学の支援を要する学生を除く。 ) 2 移動の自粛 5月31日まで、県外への不要・不急の移動はしないこと。 なお、やむを得ず移動した場合には、帰宅後2週間はマスクを着用のうえ健康管理を徹底し、体調に少しでも異常を感じた場合には、自宅待機をすること。 3 健康観察シートの作成 健康観察シートについては引き続き作成して常に携帯するとともに、発熱等風邪の症状がある場合には、自宅待機とし、学生課教務係まで連絡すること。 4 大学からの重要な連絡 遠隔授業の連絡をはじめ、大学からの重要な連絡はメールで行うので、毎日必ず確認すること。 5 その他 (1)期間中、相談等がある場合は、学生課まで連絡すること。 (2)その他、を再度確認し、適切な行動をとること。 (3)大学関係者以外の敷地内への立入を5月31日まで禁止する。 (4)大学関係者以外の学生食堂・売店の利用を5月31日まで禁止する。 【問い合せ先】 会津大学学生課教務係 0242-37-2600 E-mail:sad-aas u-aizu. ただし、科目によって遠隔で授業が行われるので、教員からのメールを確認すること。 (ただし、遠隔授業の受講環境が整わないため演習室を利用する場合など、大学の支援を要する学生を除く。 不要不急の外出を控え、特に県外への移動はしないでください。 1 対象 会津大学 2 休校とする期間 会津大学 2020年4月21日(火)~同 5月6日(水) 【問い合わせ先】 会津大学学生課学生支援係 電話 0242-37-2515 E-mail:cl-health-welfare u-aizu. jp 在学生(学部生、大学院生)の皆さんへ 会津大学学生部長 新型コロナウイルス感染症への注意と健康観察シートの作成について 新型コロナウイルスによる感染を予防し、感染を拡大させないためには、感染予防に向けた一人ひとりの行動と学内教職員・学生全員の協力が不可欠です。 次の「注意するポイント」について、十分理解のうえ、常に意識して行動してください。 (欠席とみなさない措置が適用されます。 体内時計に則した生活をする、ストレスを感じても溜め込まない。 2020年度の開始にあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、全学生の健康状態と行動履歴について記録・確認することとしましたので、4月1日から当分の間、別紙の「健康観察シート」を作成するようお願いします。 ) 健康観察シート 学生向け) [] [] 新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しており、大学から重要な連絡事項がある場合は、大学のホームページや学務システムのフォーラム、又はメール送信により周知しますので、必ず毎日、確認するようにしてください。 【問い合わせ先】 会津大学学生課学生支援係 電話 0242-37-2515 E-mail:cl-health-welfare u-aizu. 〇教職員・学生の海外渡航について 本学の学生及び教職員の海外渡航に関しては、外務省が公表する感染症危険情報の危険度レベルに応じて以下の要請をしています。 ・レベル3の国・地域 「渡航を中止すること」 ・レベル2の国・地域 「不要不急の渡航を止めること」 「やむを得ず渡航が必要な場合は、必ず学長(法人理事長)の許可を得ること」 〇本学の主催イベント等について 本学が主催するイベント等については、以下のとおり開催基準を見直し、この取扱いを当面の間継続することとしました。 【大学イベント等を開催する際の基準】 ・全国的な大規模イベント等については、専門家会議や政府から慎重な対応が求められていることを鑑み、原則、規模の縮小、延期または中止とすること。 ・この時期に開催しなければならず、実施日の変更が困難なものは、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じたうえで実施すること。 ・その他、多数の参加者が集まるイベント等については、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じることができるか検討したうえで、開催の判断をすること。 【一般及び来学者の皆さまへ】 公立大学法人会津大学理事長 緊急事態宣言対象区域の拡大に伴う本学への立入禁止措置について 令和2年4月16日、政府が、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」対象区域を全国に拡大したことに伴い、本学では、5月 6日(水)31日(日)(*延期されました)までの間、感染防止対策のため他の県立学校と同様に休校とし、一般の方が本学敷地内へ立ち入ることを禁止いたします。 期間中は、車両の進入制限等の措置を講じますので、御協力をお願いします。 なお、休校措置の詳細は以下のとおりです。 3 休校中の措置 1 期間中、一般の方は敷地に立入りできなくなりますので、御協力をお願いします。 2 親元を離れて生活する学生にとって、大学周辺の皆様のお力添えが不可欠ですので、 御支援と御協力をよろしくお願いします。 【問い合わせ先】 公立大学法人会津大学事務局総務予算課総務係 電話:0242-37-2500 E-mail: cl-general u-aizu. jp 本学へ来学される際には、手洗い、咳エチケットなど感染症予防対策にご配慮くださるようご協力をお願いいたします。 〇本学の主催イベント等について 本学が主催するイベント等については、以下のとおり開催基準を見直し、この取扱いを当面の間継続することとしました。 【大学イベント等を開催する際の基準】 ・全国的な大規模イベント等については、専門家会議や政府から慎重な対応が求められていることを鑑み、原則、規模の縮小、延期または中止とすること。 ・この時期に開催しなければならず、実施日の変更が困難なものは、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じたうえで実施すること。 ・その他、多数の参加者が集まるイベント等については、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じることができるか検討したうえで、開催の判断をすること。 〇附属施設(図書館・学生食堂)の運営状況 ・附属図書館:学外の方の利用については、4月1日以降も当面の間停止します。 ・学生食堂・売店:学外の方の利用については、5月31日まで停止しています。 〇施設(講義室・体育施設、LICTiA、UBIC)の貸し出しについて 外部団体向けの本学施設の貸し出しについては、2月28日以降、当面の間、中止しています。 〇見学・視察の受入れについて 一般の団体による本学の見学・視察については、当面の間、原則として受入れ中止とさせていただきます。 なお、高等学校(学校単位)または受験生・保護者及び高校教員の方で本学の見学をご希望の場合は、一定の条件の下で受入れを行いますので事務局へお問い合わせください。

次の

当館の新型コロナウイルスの感染予防対策

会津 若松 コロナ

本学における現在の対応状況等について、以下のとおりお知らせします。 なお、感染症に関する状況は日々変化しているため、このページ内の情報も随時更新していきます。 このことを踏まえ、5月18日から学校を再開しますが、これまでの措置を改めることとしますので、お知らせします。 なお、新型コロナウイルスについては、日々状況が変化しているため、対応については今後変更される場合がありますので、御留意ください。 1 授業について 授業については、5月中は、遠隔(リモート)装置により行うことを原則とするが、6月からは、遠隔(リモート)装置により実施できない場合に限り、感染防止の措置を講じた環境の下で、対面での授業も可能とする。 授業は、原則、遠隔(リモート)装置により行うことから、学生の敷地内の立入は最小限とすること。 2 研究室活動について 研究室活動については、感染防止の措置を講じた環境の下で行うものとする。 ただし、可能な限り遠隔(リモート)装置による活動とすること。 3 感染防止の措置について 感染防止のため次の事項を遵守してください。 4 移動の自粛 当面の間、県外への不要・不急の移動はしないこと。 なお、やむを得ず移動した場合には、帰宅後2週間はマスクを着用の上、健康管理を徹底し、体調に少しでも異常を感じた場合には自宅待機すること。 ただし、他都道府県に帰省し、対面での授業開始に合わせて会津に戻り、大学へ通学しようとする学生は、通学する日の2週間前までにアパート等の自宅へ戻ること。 また、自宅に戻ってから2週間は自宅待機とし、遠隔授業のみの受講とする。 5 健康観察シートの記入徹底 健康観察シートについては、引き続き作成し常に携帯するとともに、発熱等風邪の症状がある場合には、自宅待機とし、学生課教務係まで連絡すること。 以下のいずれかの症状がある場合は「帰国者・接触者相談センター」にすぐに相談し、その指示に従うこと。 7 その他 (1)相談等がある場合には、学生課まで連絡すること。 (2)上記の他、を再度確認し、適切な行動をとること。 (3)大学関係者以外の敷地内への立入禁止措置は継続する。 (4)大学関係者以外の学生食堂・売店の利用禁止措置は継続する。 【問い合わせ先】 会津大学学生課教務係 0242-37-2600 E-mail:sad-aas u-aizu. なお、新型コロナウイルスについては日々状況が変化しているため、対応については今後変更となる場合がありますので、大学からの連絡を確認してください。 1 大学での授業の休止 大学で行う授業は、5月31日まで休止する。 ただし遠隔(リモート)装置により行うものを除く。 また、原則として、学生は敷地内(研究室を含む。 )の立入を禁止する。 (ただし、遠隔授業の対応環境が整わないため学内の演習室を利用する場合など大学の支援を要する学生を除く。 ) 2 移動の自粛 5月31日まで、県外への不要・不急の移動はしないこと。 なお、やむを得ず移動した場合には、帰宅後2週間はマスクを着用のうえ健康管理を徹底し、体調に少しでも異常を感じた場合には、自宅待機をすること。 3 健康観察シートの作成 健康観察シートについては引き続き作成して常に携帯するとともに、発熱等風邪の症状がある場合には、自宅待機とし、学生課教務係まで連絡すること。 4 大学からの重要な連絡 遠隔授業の連絡をはじめ、大学からの重要な連絡はメールで行うので、毎日必ず確認すること。 5 その他 (1)期間中、相談等がある場合は、学生課まで連絡すること。 (2)その他、を再度確認し、適切な行動をとること。 (3)大学関係者以外の敷地内への立入を5月31日まで禁止する。 (4)大学関係者以外の学生食堂・売店の利用を5月31日まで禁止する。 【問い合せ先】 会津大学学生課教務係 0242-37-2600 E-mail:sad-aas u-aizu. ただし、科目によって遠隔で授業が行われるので、教員からのメールを確認すること。 (ただし、遠隔授業の受講環境が整わないため演習室を利用する場合など、大学の支援を要する学生を除く。 不要不急の外出を控え、特に県外への移動はしないでください。 1 対象 会津大学 2 休校とする期間 会津大学 2020年4月21日(火)~同 5月6日(水) 【問い合わせ先】 会津大学学生課学生支援係 電話 0242-37-2515 E-mail:cl-health-welfare u-aizu. jp 在学生(学部生、大学院生)の皆さんへ 会津大学学生部長 新型コロナウイルス感染症への注意と健康観察シートの作成について 新型コロナウイルスによる感染を予防し、感染を拡大させないためには、感染予防に向けた一人ひとりの行動と学内教職員・学生全員の協力が不可欠です。 次の「注意するポイント」について、十分理解のうえ、常に意識して行動してください。 (欠席とみなさない措置が適用されます。 体内時計に則した生活をする、ストレスを感じても溜め込まない。 2020年度の開始にあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、全学生の健康状態と行動履歴について記録・確認することとしましたので、4月1日から当分の間、別紙の「健康観察シート」を作成するようお願いします。 ) 健康観察シート 学生向け) [] [] 新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しており、大学から重要な連絡事項がある場合は、大学のホームページや学務システムのフォーラム、又はメール送信により周知しますので、必ず毎日、確認するようにしてください。 【問い合わせ先】 会津大学学生課学生支援係 電話 0242-37-2515 E-mail:cl-health-welfare u-aizu. 〇教職員・学生の海外渡航について 本学の学生及び教職員の海外渡航に関しては、外務省が公表する感染症危険情報の危険度レベルに応じて以下の要請をしています。 ・レベル3の国・地域 「渡航を中止すること」 ・レベル2の国・地域 「不要不急の渡航を止めること」 「やむを得ず渡航が必要な場合は、必ず学長(法人理事長)の許可を得ること」 〇本学の主催イベント等について 本学が主催するイベント等については、以下のとおり開催基準を見直し、この取扱いを当面の間継続することとしました。 【大学イベント等を開催する際の基準】 ・全国的な大規模イベント等については、専門家会議や政府から慎重な対応が求められていることを鑑み、原則、規模の縮小、延期または中止とすること。 ・この時期に開催しなければならず、実施日の変更が困難なものは、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じたうえで実施すること。 ・その他、多数の参加者が集まるイベント等については、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じることができるか検討したうえで、開催の判断をすること。 【一般及び来学者の皆さまへ】 公立大学法人会津大学理事長 緊急事態宣言対象区域の拡大に伴う本学への立入禁止措置について 令和2年4月16日、政府が、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」対象区域を全国に拡大したことに伴い、本学では、5月 6日(水)31日(日)(*延期されました)までの間、感染防止対策のため他の県立学校と同様に休校とし、一般の方が本学敷地内へ立ち入ることを禁止いたします。 期間中は、車両の進入制限等の措置を講じますので、御協力をお願いします。 なお、休校措置の詳細は以下のとおりです。 3 休校中の措置 1 期間中、一般の方は敷地に立入りできなくなりますので、御協力をお願いします。 2 親元を離れて生活する学生にとって、大学周辺の皆様のお力添えが不可欠ですので、 御支援と御協力をよろしくお願いします。 【問い合わせ先】 公立大学法人会津大学事務局総務予算課総務係 電話:0242-37-2500 E-mail: cl-general u-aizu. jp 本学へ来学される際には、手洗い、咳エチケットなど感染症予防対策にご配慮くださるようご協力をお願いいたします。 〇本学の主催イベント等について 本学が主催するイベント等については、以下のとおり開催基準を見直し、この取扱いを当面の間継続することとしました。 【大学イベント等を開催する際の基準】 ・全国的な大規模イベント等については、専門家会議や政府から慎重な対応が求められていることを鑑み、原則、規模の縮小、延期または中止とすること。 ・この時期に開催しなければならず、実施日の変更が困難なものは、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じたうえで実施すること。 ・その他、多数の参加者が集まるイベント等については、専門家会議で示された「3つの感染対策」を講じることができるか検討したうえで、開催の判断をすること。 〇附属施設(図書館・学生食堂)の運営状況 ・附属図書館:学外の方の利用については、4月1日以降も当面の間停止します。 ・学生食堂・売店:学外の方の利用については、5月31日まで停止しています。 〇施設(講義室・体育施設、LICTiA、UBIC)の貸し出しについて 外部団体向けの本学施設の貸し出しについては、2月28日以降、当面の間、中止しています。 〇見学・視察の受入れについて 一般の団体による本学の見学・視察については、当面の間、原則として受入れ中止とさせていただきます。 なお、高等学校(学校単位)または受験生・保護者及び高校教員の方で本学の見学をご希望の場合は、一定の条件の下で受入れを行いますので事務局へお問い合わせください。

次の