業務 スーパー チーズ ドック。 業務スーパーの20本『チーズドック』はとろ〜りカリカリ食感の中毒的フード

【最安41円】韓国チーズハットグ(チーズドッグ)の業務用冷凍比較!値段が安いのは?

業務 スーパー チーズ ドック

価格はお高めで、3コセットなので 業務用と呼べるものではありませんね。 これを販売してたら赤字になっちゃいますのでボツです。 サクサクの生地中にもっちりチーズとプリプリソーセージが入っいます。 1個(1袋)当たり80gで:255円 100袋入りなので:25,500円です。 また大量購入したい方は、価格相談にも応じてくれるそうです。 写真で見る限り、とてもボリュームがありそうですね。 冷凍だけでなく既に調理済みの状態でレンジで温めるだけの商品もあります。 業務用( 240本入り64800円:1本あたり270円)も、商品リストにはあるのですが、現在こちらのチーズハットグはかなり人気のようで、品薄になっているようです。 詳しくは直接お問い合わせされてみてくださいね。 先日、さけるチーズとホットケーキミックスで簡単に作れる方法を知ったので、 さっそく試してみました。 この記事を参照にしてみてくださいね。 このやり方ですと、1本あたり100円ちょっとで、 とても安くチーズハットグを作ることができます。 しかし、さけるチーズは思ったよりもコストがかかります。 そこで、この アイデアをもとにして、 チーズの部分を変えることで、 もっと安くなる方法がないか調べてみました! そしてたどり着いたのが、 1本41円のチーズハットグセットです!! 【最安値裏ワザ】1本41円のチーズハットグセット それは、最安値のチーズフライ&最安値のホットケーキミックスの組み合わせです! 簡単に出来ますのでぜひトライしてみてくださいね。 すると、右上に検索画面がでますので、 そこで「 モッツアレラチーズフライ」とキーワード検索をかけます。 ) 牛乳などは近所から500ml~1Lを1本買えばOK! パン粉はなくてもいいけど、あるほうがそれっぽくなります! 42本分の分量は、ホットケーキは760g、 魚肉ソーセージは11本ほどあれば足りるかと思います。 この分量に対する牛乳の量は380ml~様子を見ながら足していきます。 マックスでも570mlぐらいかな。 少し、かためにしあげます。 に記載のように、好みでパン粉をつけて、揚げたら完成です!! 味付けは、マヨネーズ・マスタード・グラニュー糖が、三種の神器になります。 これなら全部込みでも、原価は 70円ぐらいではないでしょうか!? 1本の相場は400~500円なので、まちがいなく利益はとれそうです。 私も屋台やりたくなってきました。 w 簡単に作れるので、ぜひ皆さん作ってみてください!! チーズハットグの容器の業務用のおすすめは? チーズハットクを提供する時に使用するトレイも、 インターネットで購入することができます。 そこで、今回は一部紹介したいと思います。 この商品は「スティック紙トレー」で1本用500枚売りで売っていました。 他にも2本用や様々なスティックトレー紙がネットでは売ってあるのでぜひ見てみてください。 チーズハットグはのぼり旗で目立たせよう! 今からチーズハットグを販売したい方などは のぼり旗を立てると良いですよね。 ネットならのぼりもリーズナブルなお値段で購入することができます。 例えばこんなのぼり旗があります。 他にも様々な種類の のぼり旗があるのでぜひチェックしてみてください。 抽選でなくて、 全員ですよ?すごすぎません!?!? 参加したい方は、にエントリーすればOKです。

次の

チーズドッグ(ハットグ)はコンビニに売ってる?冷凍が業務スーパーで買えるの?

業務 スーパー チーズ ドック

大容量の食品をお買い得価格で購入できる業務スーパー。 食のプロも購入する食品を一般の客も買うことができるということで、大変な人気を集めています。 そんな業務スーパーで現在大ヒットとなっているデザートがレアチーズです。 紙パックにそのまま入ったレアチーズが、安くて美味しいと人気になっています。 紙パック入りというインパクトある見た目とあって、「本当に美味しいのか?」と購入をためらう方も多い様です。 ですが、メディアに取り上げられた途端に売り切れが続出し、今では業務スーパーを代表する大人気商品となっています。 本記事ではそんな業務スーパーのレアチーズについて詳しくリサーチし、人気の理由と手軽なアレンジレシピを紹介します。 業務スーパーで大人気となっているのが、この紙パックに入ったスイーツシリーズです。 さまざまなメディアに取り上げられているこの紙パックシリーズのスイーツ、人気の理由は 見た目のインパクトと味・価格・容量の多さです。 牛乳パックのような見た目のレアチーズの容量は、 何と驚きの1kgです。 紙パックを開けると中にはぎっしりレアチーズが1kgも詰まっています。 手にするとずっしりと重く、中身がぎっしり詰まっていることがわかります。 さらに驚きなのはその安さです。 業務スーパーのレアチーズは1kgで 価格はなんと275円です。 牛乳と同じ製造ラインで作ることでコストを削減し、この価格を維持しているのだそうです。 牛乳パックにレアチーズを入れるという大胆な発想と、豆腐のようなインパクトあるビジュアル。 そして1kgもの大容量なのに275円というお手頃な価格で人気に火がつき、今では業務スーパーを代表する大ヒット商品となりました。 業務スーパーのレアチーズは、しっかりした固さのゼリーのような食感です。 レアチーズなので重さはなく、あっさりした口当たりです。 甘さも控えめで酸味のあるさっぱりした味わいです。 業務スーパーのレアチーズのカロリーは100g当たり200Kcalで、一般的なレアチーズよりもやや低めです。 スポンジやタルト生地がない分、カロリー控えめとなっているようです。 ベイクドチーズケーキなどしっかり濃厚なチーズケーキが好きな方には少々物足りないかもしれませんが、さっぱり食べられるのでこれはこれで好きという方も多いようです。 価格が価格なだけに「業務スーパーのスイーツはまずい」という噂も一部であるようですが、ネット上の口コミでは概ね好評なようです。 先ほど説明したように、業務スーパーのレアチーズはアレンジがしやすいのも人気理由のひとつです。 レアチーズタルトを作るとなると材料を揃えるだけでもかなり大変で、それなりの道具や技術が必要です。 しかし業務スーパーのレアチーズを使えば、 レンジでチンして市販のタルト生地に流し込むだけという2ステップでレアチーズタルトを作ることができます。 業務スーパーではタルト生地も販売しているので、一緒に購入することも可能です。 完成したレアチーズタルトは本格的で、とても業務スーパーのレアチーズには見えません。 先ほど紹介したベリー系ソースと共に盛りつければ、おもてなしにもおすすめです。 難しい工程が無いので、子供と一緒に作るのも良いでしょう。 簡単なのに美味しいと話題のアレンジなので、ぜひ試してみて下さい。 業務スーパーのレアチーズ400g• スライスチーズ2枚半• 卵(中)3個(白身と黄身に分けておく)• 砂糖20g• 薄力粉40g(ふるっておく)• バター(マーガリン)少々• 耐熱ボウルにレアチーズと、スライスチーズをちぎって入れ混ぜておきます。 軽くラップをして500wで3分半加熱します。 取り出したら滑らかになるまでかき混ぜて、粗熱を取っておきます。 オーブンは180度に予熱しておきます。 角が立ってきたら残りの砂糖全部加えピンと角が立つまでかき混ぜます。 粗熱が取れたレアチーズに卵黄を加え、薄力粉を数回に分けて加えかき混ぜます。 メレンゲを2回にわけて加え、下からすくうようにさっくりと混ぜます。 バターを塗った型に入れ、お湯をはった180度のオーブンで20分焼きます。 温度を160度に下げてさらに20分焼き、焼きあがってもしばらくそのまま置いておきます。 生地が沈んできたらクッキングシートをかぶせ逆さまにします。 冷蔵庫で1日置いたら出来上がりです。

次の

業務スーパーのおすすめチーズ12選!激ウマアレンジレシピ&保存法

業務 スーパー チーズ ドック

業務スーパー|チーズドック|559円 業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、559円(税込)で販売中。 内容量は440gで、20本のチーズ入りミニドッグが入っていました。 ひとくちサイズで1本あたり 27. 95円の計算ですから、業スー冷食としてはちょっとお高めな印象があるかも。 サクッとカリカリなアメリカンドッグ風の生地は、ミックス粉の優しい甘さ。 しっとりした口どけとこうばしい香りで、チープすぎないバランスです。 その下から溢れ出るチーズは、とろとろもっちりしたクリーミィな口当たり。 酸味のパンチはほどほどで、個性的な香りは立たず、オーソドックスなチェダーなどをベースにした加工チーズでしょうか。 全体的にはジャンクフード寄りですが、しっかり濃いめの風味ととろける食感が中毒性アリ。 ご褒美感高めの小腹おやつが欲しい時に最適ですよ! 特徴をまとめると以下のようになります。 ソーセージではなくチーズが詰まった、ひとくちサイズの冷凍アメリカンドッグ• 濃厚チーズとこうばしい生地で、やみつき度高めのジャンクなおいしさ• コスパ的にはもう一歩だけど、食感の良さとチーズの満足度でリピ買いしたくなる• レンジ調理もできるけど、生地からチーズがこぼれやすく、生地もフカフカ系の食感になるので、どちらかといえば揚げ調理がおすすめ•

次の