トラウマ を 克服 する に は。 トラウマを克服する5つの方法とは

トラウマを克服する方法 1〜トラウマを思い出す意味〜

トラウマ を 克服 する に は

トラウマの原因やきっかけとなる出来事は人それぞれに異なります。 両親などの虐待がきっかけとなり心に深く傷を負ってしまうケースや、幼少期に起こした失敗により大人になっても同じような場面に出くわすと恐怖で震えてしまうなど症状も様々です。 心の問題は自分やまわりが感じている以上に奥深いものです。 今回は如何にして自分のトラウマを克服・解消するのかを簡単な3つの方法でご紹介します。 トラウマを克服・解消する3つのアドバイス 既に述べています通り、トラウマは人それぞれです。 心の傷と呼びながら、身体も同時に傷ついている深いケースもあります。 自分自身でできることを試すことも素敵なことです。 しかし、ダメな時は思い切って専門機関に相談することも一つですので、『選択肢はたくさんあるんだ』『この3つを実践してもダメな時はまた他のやり方で試してみる』という穏やかな気持ちで取り組んでください。 トラウマとなった状況は『過去のことである』ととことん割り切る、です。 一度心に刻まれた傷は事あるごとにフラッシュバックし過去の嫌な体験や感情を呼び起こします。 二度とあのような感情を味わいたくないと、身体は強張り気持ちにガードがかかってしまいます。 しかし、トラウマとなる全ての物事は過去の出来事です。 少し時間がかかるかもしれません。 しかし、とてもシンプルなことです。 過去のものにするまでの過程は少し辛いかもしれませんが、トラウマと自分自身をしっかり自己分析をしながら行いましょう。 必ずトラウマを克服し解消することは可能です。 それでは順番に方法を解説して行きましょう。 興味のあるところから読んでくださいね• 何をするにも自己分析は重要な役割をもちます。 特に心の問題であるトラウマは、気持ちや体の両方が密接に結びついているケースが多くあります。 自分が嫌に思う場面をあえて思い出して言葉や文字にするため、最初は相当なパワーが必要です。 ですが、この作業は客観的にトラウマと向き合うための作業であり、とても重要な役割をもちます。 『どのような場面に出くわすと怖いのか(自分自身のトラウマはなに? )『何が怖いのか(トラウマのきっかけは? )』と少しずつゆっくりと自分自身に問いかけてください。 幼少期の出来事がきっかけの場合は、自分で記憶や情景を捻じ曲げているケースもあります。 一番シンプルな言葉にまで落としこめるとゴールです。 複雑な感情が絡み合ってトラウマとなっているでしょうが、掘り下げると『恥ずかしかった』『羨ましかった』などの単純な感情に辿り着く場合もよくあります。 少しずつ時間を懸けて構いませんので、シンプルな言葉になるまでトラウマと自分自身と向き合い丸裸にしてしまいましょう。 次は更に進んで、その嫌な思いをした体験自身を『過去の出来事』として置き去りにしましょう。 現在でも心を悩ますトラウマは一見現在進行形で貴方にとりつく悩みのようにも思えるでしょう。 しかし『トラウマとは現在の状況とは何一つ関係のない過去の思い出の一つだ!』と完全に割り切ってしまうことでトラウマを克服し、解消しましょう。 映画やドラマ、小説を見て体験するように、自分自身のトラウマでさえも『何時しか、誰かの体験』としてワンクッションをおいて見つめなおします。 意識的な作業が必要になりますが、映画やドラマを見ているような気持で過去のトラウマとなった出来事を頭の中のスクリーンで再生します。 自分は椅子に座りスクリーンを眺めているイメージを強くもってください。 客観的にスクリーンに流れる自分自身の体験を映画やドラマの他人の体験だと遠ざけてください。 スクリーンでの上映が辛く感じる場合には途中で止めて、椅子から立ってもかまいません。 体験を客観的な出来事とするための作業です。 最後まで上映ができたなら『これは終わったことだ』『これは過去のことだ』とあえて口に出してつぶやいてください。 頭の中で見た(トラウマ)過去のイメージを単なる過去の出来事のひとつにしかすぎないと納得させるのです。 トラウマとなった出来事を『ただの過去』として認識できるようになれば最早今までのようにトラウマとして怖がる必要はありません。 やはり嫌なこと、自分が言いたくないような過去について他人に話すということはとても勇気とパワーが必要です。 自分自身への言葉にはできても、他人に話すまでには至らない場合、克服まであと一歩といったところでしょうか。 自分自身のトラウマですから、他人に話すことによって更に客観的に自分を見つめなおすこともできます。 さらに他人に話すためにストーリーを面白く脚色したり、ユーモアを盛り込めるようになれば、心の余裕がたくさんあるということですので、さらに望ましいでしょう。 話すうちに他人からの『そんな風に思っていたの? 』『私もこんなことがあったよ』という他人のエピソードを聞くことで、自分の殻がぽろっととれるような体験をする場合もあります。 誰しもが何かしらの心の傷を負い、恐怖や不安を感じています。 決して貴方だけが悩み途方に暮れているわけではありません。 人間は生きる中で上手に自分自身の感情や身体をコントロールすべもたくさん持っています。 簡単に嫌な思い出を忘れ去ることはできませんが、楽しいく嬉しい思い出で上書きをすること。 嫌な思い出は忘れること。 シンプルな心で毎日を過ごすことで、今以上にもっと素敵な毎日がおくれることでしょう。 トラウマは決して解決できない根の深い問題ではございません。 少しパワーがいることですが、トラウマとなるまでにどのような過去のエピソードや体験が絡んでいるのかをしっかりと解きほぐし理解しましょう。 更には客観的に『もう終わったのだ』と認識することで、より前に進みやすいように心を生理整頓してあげましょう。 必ずトラウマは克服・解消し素敵な毎日をすごすことができるのです。

次の

人はどうやって「トラウマ」を克服するのか

トラウマ を 克服 する に は

妻に浮気され続けている間は、私のフラッシュバックなどはあまりありませんでした。 というか当時は感覚・感情がマヒしていたのでしょう。 私のフラッシュバックがひどくなったのは、妻の1度目の不倫が終わり、夫婦としてやり直した後のことでした。 マヒしていた感情が正常な状態に戻るにつれ、当時の辛い記憶や感情がよみがえってきて苦しむようになりました。 仕事をしていても急に思い出したり、妻に言われた言葉が頭のなかで反響していたり、妻と浮気相手のいちゃつく姿を塑像してしまったり・・・ 常に脳みその2割ぐらいはこの記憶のことで使われていて、何をしていても背景として浮気のことが永遠に流れているような感覚でした。 妻と出掛けたり、手を繋いだり肌のふれあいがあっても、 「あいつともこんなことしたのか」と気持ち悪くなってしまうこともありました。 あと今でもよくあるのが、ふと気が付いたら「あの時ああしていれば」という妄想をよくしてしまっていました。 あの時妻を止めていたら あの時二度と会うなとしっかり言えたら もしもあの時に戻れたら・・・ そんなどうしようもない妄想をしていました。 妻の浮気から1年以上たって、離婚した今でもこのような症状は落ち着いたものの完全にはなくなっていません。 時間が解決するっていうけどさ・・・ 妻 夫)にフラッシュバックを伝える あなたがもし妻 夫)の浮気を許し、夫婦としてやり直して生活している場合は「あなたの浮気を思い出して辛い」ということをしっかりと妻 夫)に伝えましょう。 浮気の被害者であり、たくさん苦しんだあなたがこれ以上妻 夫)に対して我慢する必要はありません。 お前のせいで私は辛い思いしてるんだよ!としっかい言ってやりましょう。 注意してほしいのが、ただ単に感情をぶつけて罵ったりするのではなく、「あなたと今後もうまく夫婦としてやっていくために、このフラッシュバックをどにかしたい」というように前向きに気持ちを伝えると、妻 夫)も話を聞いて協力してくれるでしょう。 ここで 「終わったことをいつまでも言うな」とか「そんなこと言われても困る」とかいうような人であれば、長続きはしないでしょう。 正直言って、1度盛大に裏切られて浮気されたら、完全に許してまた夫婦でやり直すというのは難しいと思います。 いつまでも「加害者意識」」と「被害者意識」といのが残ります。 私は離婚したほうが精神的には楽になりました。 「愛していた人に浮気された」 この辛い記憶を完全に消し去って忘れることはできません。 それこそ記憶喪失にでもならないと。 あなたが抱えているトラウマやフラッシュバックとは一生付き合っていくものです。 記憶が消せないなら、あなたの捉え方を変えるしかありません。 簡単に書きましたがとても時間がかかるでしょう。 私もいまだに苦しんでいます。 フラッシュバックを無理やりこころの奥に抑え込んだり、忘れようと努力するのではなく、 いつの日か、浮気されたことを笑い話としてネタにして人に話すことができたなら、それが本当の克服なのではないでしょうか。 いつまでも苦しむよりは、誰かに笑ってもらったり、教訓として誰かに伝えていくのもいいと思います。 私がこうしてサイトを作ったのもフラッシュバック克服法のひとつです。 心療内科を受診してみては?.

次の

トラウマを克服する3つの方法

トラウマ を 克服 する に は

恋愛のトラウマを克服する為にストレスの解消方法や傷の治し方を探しても、過去の記憶に対して『苦しかった』だとか『恥ずかしかった』というネガティブな感情を抱えたままだと、恋愛のトラウマを克服するのは遠いです。 例えば、告白した事を仲間内でネタにされた、とか、精一杯の告白に対して『鏡で自分の顔を見ろ』だとか『お前なんかと付き合う訳ない』などの暴言を浴びせられた事が原因で、恋愛のトラウマになっている可能性があります。 悲しい記憶を何度も繰り返し思い出す事で、記憶が鮮明になり続け消えない心の傷となってしまうのです。 例えば、幼馴染の男性を長い間好きだった、何年も同じ男性を好きだった…など、長く一人の男性を愛していると『恋愛』そのものが日常となります。 好きの気持ちと同じくらい日常の一部となった恋心は、恋愛の域を超えたかけがえないものとなります。 失恋で恋愛がなくなると同時に『日常の一部』も同時に失う事となるので、どう克服して良いのか分からないまま時が過ぎるのです。 長い片思いをしていると、恋愛のトラウマとなり治し方や解消法さえ見つけにくくなってしまいます。 どんな恋でも失恋には大きなショックを傷を受けるもの。 大抵の場合は時間が過ぎると乗り越える事が出来ます。 ですが、余りにも失恋で大きなショックやストレスを受けてしまうと、このストレスが原因で恋愛がトラウマへと変化してしまうのです。 克服方法を見つけるには、失恋の『何』がストレスとなっているのかをきちんと自己分析する必要があります。 ストレスの解消方法と克服方法を同時に見つけられると、より効果的に失恋を乗り越える事が出来るでしょう。 恋愛のトラウマが消えない理由 恋愛のトラウマが消えないのは、一体なぜでしょう。 人並みに恋愛をしてきたのに、まさか自分が恋愛でトラウマを抱える事になるなんて…と、まさかの事態に驚いている女性も居るでしょう。 恋愛のトラウマは、失恋の度に起こる訳ではなく、相手の男性への気持ちの大きさによって変化します。 恋愛のトラウマが消えないのは、それだけ女性が男性の事を本気で愛していたという事。 恋愛のトラウマの治し方を見つける為にも、恋愛のトラウマが消えない原因を見ていきましょう。 例えば『あんなに好きになった男性は他には出てこないだろう』だとか『恋をしている日々は幸せだった…』と、自分自身で自分の記憶にしがみついているのです。 乗り越えるきっかけがない、と考えている内はいくら乗り越える方法や傷の治し方を調べたって難しい事。 まずは、自分で自分に乗り越えるきっかけを作らせないようにしていないか、今一度見つめ直してみましょう。 乗り越えるきっかけや傷の治し方は、まずは自分の心を整理する事から始めると良いですよ。 恋愛のトラウマとなっている男性は、きっととても素敵な人だったのでしょう。 『どうしても彼と付き合いたかった』だとか『彼に愛されたかった』という感情ばかりを抱いていると、トラウマを克服するのは難しいです。 未練を乗り越えるのはとても大変な事。 叶わなかったからこそ、失恋が心の傷となり恋愛のトラウマとなるのです。 未練を断ち切るには、もう一度同じ恋愛に向き合うべきです。 相手と会う事が出来るならダメ元で告白をしても良いでしょう。 ハッキリと振ってもらえれば未練も消えるでしょう。 それに、OKしてもらえる可能性だってゼロではないのです。 トラウマの対象となっている男性が、同じ職場の人や、定期的に顔を合わせる仲間内に居ると、どうしても忘れたくても忘れられないでしょう。 顔を合わせる環境にあるなら、もう一度ぶつかってみるのが最も効果的ですが、もう諦めると決めたのなら、顔を合わせる環境にあるのは辛いもの。 顔を合わせる度に傷がえぐられる感覚に陥るでしょう。 なるべく顔を合わせないように、配慮して自分の心理を整理する期間を設けられれば良いですね。 恋愛のトラウマの克服方法 恋愛のトラウマは、女性の心理を強く縛り付け、次の恋愛に進む事さえ躊躇させてしまう危険なもの。 トラウマを何年にも渡り抱え続け苦しんでいる女性も少なくありません。 もうこんな苦しい状況から早く抜け出したいですよね。 恋愛での苦しみは、藁にもすがるほど辛いものでしょう。 この苦しさを乗り越えるには、トラウマの治し方、克服方法をきちんと学ばなければならないのです。 ここでは、恋愛のトラウマの治し方、克服方法を3つ解説します。 恋愛のトラウマで受け続ける傷は、簡単な治し方で癒えるものではありません。 恋愛のトラウマで受けたダメージはもちろん、トラウマを抱えている期間中ずっと傷を作り続ける事になります。 新しい恋愛に踏み出そうと思っても、過去の恋愛のトラウマで受けた傷が疼いて一歩も進めなかったり、過去の恋愛を思い出しては小さな傷が増え続けてしまうのです。 恋愛で受けた傷を癒やさなければ前には進めませんので、効果的な治し方で恋愛のトラウマで受けた傷を癒しましょう。 恋愛のトラウマを乗り越える上で、過去を精算するのはとても大切。 なぜなら、恋愛のトラウマは『過去の出来事への執着』によって生まれるものだからです。 過去を精算するのに大切な事は、過去の自分の行動や感情を認めて受け入れてあげる事です。 過去の自分が恋愛で何を感じたか、なぜあんな行動に出たのか、それによって感じた後悔や恥ずかしさを感じた事を、自分で受け入れる事で、今まで執着していた過去からスッキリと手を離す事が出来ます。 過去の精算は、過去に感じたトラウマを今の自分で受け入れてあげる事によって成り立つのです。 『恋愛で受けた傷は恋愛で治せ』とはよく聞くフレーズですが、まさにその通り、恋愛のトラウマを乗り越える事が出来た女性たちから話を聞くと、口を揃えて言うのが『今の彼氏・主人に会えて幸せだから』という事。 新しい恋愛で酷く傷ついた過去のトラウマを解消出来るのです。 恋愛のトラウマを抱えている中で新しい恋愛に踏み出すのは難しいでしょう。 ですが、何も行動を起こさないといつまでも恋愛のトラウマから抜け出せません。 勇気を出して、自分から出会いを求めて行動しましょう。 恋愛のトラウマの解消方法 恋愛のトラウマを抱えている女性たちは、過去のトラウマをどうやって解消したのでしょうか。 消えない傷の治し方なんてあるのだろうかと悩むもの。 ですが、人は自分が思っているよりもっとずっと強いはず。 過去に恋愛にいつまでも縛られ続けるのは時間の無駄使いです。 トラウマの解消が成功した時、きっと『悩んでいた時間がもったいない』と感じるはずです。 1日でも早く恋愛のトラウマの解消方法を見つけて実践してみましょう。 もしもトラウマの原因となった男性の連絡先が分かる状況なら、過去のトラウマを克服し傷の治し方とする為に、思い切って連絡をとってみましょう。 直接会話の出来る電話がおすすめですが、現状的に無理そうならメールやLINEでもOKです。 『当時どうしようもなく好きだった人』の現在の様子を知る事で『どこが好きだったんだろう』と思う事も珍しくないのです。 恋をしている時は何もかもが素晴らしく見えるもの。 フィルターがかかっていない今の状況で相手を見ると、案外アッサリとトラウマを解消出来るかもしれません。 どうしても過去の苦しみから抜け出せない、恋愛のトラウマを克服出来ない状況に陥ってしまったなら、セラピストや信頼の出来る人に打ち明けてみると良いでしょう。 この場合『相談』というよりは『ただひたすら自分の苦しい胸の内を聞いてもらう』事に徹底しましょう。 相談をするとああでもないこうでもないと、解決の糸口を探してしまうもの。 どうにもならない恋愛のトラウマを解消するには、スッキリするまで毒を吐ききる事が一番なのです。 当時大好きで仕方なかった男性は、本当に唯一無二の存在だったのでしょうか。 恋愛のトラウマを解消するには、相手の『現実』を見る事が効果的です。 例えば『顔は好みだったけど、性格はわがままで自己中心的だった』や『優しいけど、結婚したら頼りがいが無さそう』など、何でも良いので思いつく限りの欠点を探すのです。 『これから出会う男性の中にもっと素敵だと思える男性が待っている』と思う事で、消えない傷が徐々に引いていくでしょう。 恋愛のトラウマを抱えないテクニック 一度恋愛のトラウマを抱えてしまうと、心の傷を乗り越えるのはとても大変な事。 女性によっては何年もの間トラウマに苦しめられ続けるでしょう。 そうなると、自分自身にとってマイナスでしかなりません。 家族や友人に心配をかける事もあるでしょう。 恋愛でトラウマを抱えない為にも、普段から『失恋をしてもトラウマにしないメンタル作り』に取り組む事をおすすめします。 恋愛のトラウマを克服したら、次の恋愛でも同じ失敗をしない為に恋愛のトラウマを抱えないテクニックをご紹介します。 失恋の時に、トラウマになるほど強いダメージに打ちのめされてしまうのは、自分に『劣等感』や『自信の無さ』を感じているからです。 自分の事を好きじゃない状態で失恋をしてしまうと『自分がこんなだから振られたんだ』だとか『なんでいつのこうなんだろう』と、トラウマになるまでに自分を責めて追い込んでしまうのです。 ナルシストくらいが丁度良いと言い聞かせて『こんな私を振るなんてバカな男』と思えれば、トラウマになる事を防げるのです。 失恋をきっかけに、恋愛のトラウマを抱えてしまう女性に共通しているのが『人付き合いが苦手』であるという事。 人付き合いが苦手で普段から人とのコミュニケーションが少ない為、失恋後に落ち込んでいる時でも一人でアレコレと考えてしまいます。 落ち込んでいる時に一人で過ごすのはかなり危険。 どんどん深みにハマってトラウマにまで発展させてしまうのです。 日頃から人付き合いを多くすると、失恋をした時にも前向きな考えやアドバイスをもらえるのです。 恋愛が大きなトラウマになる原因に『恋愛体質』というものがあります。 常に恋愛をしていないと不安、寂しいのは嫌、と感じている女性は何か芯を見つけられると良いですね。 趣味でも仕事でも良いので、自分の中に確固たる『大切なもの』があると、いざ失恋をしても『恋愛だけが全てじゃない』と思えるようになります。 この先の人生で恋愛のトラウマを抱えない為にも『恋愛よりも大切なもの』を見つけてみましょう。 恋愛のトラウマを乗り越えよう 恋愛のトラウマは、とても苦しいもの。 自分自身でもどうにもならない事だと分かっているから、いつまでも傷の治し方さえ分からない状態になるのです。 恋愛のトラウマを克服するには、いかに『トラウマ』に向き合えるかが鍵を握ります。 当時の自分を受け入れてあげる事で、深い傷の治し方や恋愛のトラウマを解消出来るはず。 恋愛のトラウマを克服して、新しい自分の人生をスタートさせてください。

次の