さかな クン すごい。 さかなクンはやっぱりすごい! その経歴や、彼女の存在は?

多才なさかなクンのサックス腕前がすごい!金賞受賞の実績も!【動画あり】|今日もむー気分。

さかな クン すごい

さかなクンってどんな人? さかなクン 出典: プロフィール 本名 宮澤正之(みやざわ まさゆき) 生年月日 1975年8月6日 出身地 東京都生まれ 神奈川県綾瀬市育ち 身長 170cm前後 学歴 日本動物植物専門学院卒 所属 アナン・インターナショナル さかなクンの両親もすごい人? さかなクンの父親は、宮沢吾朗さんと言って囲碁の棋士をしています。 年齡は1949年11月生まれなので、2017年で68歳となります。 現在は、日本棋院に所属していて九段の腕前です。 さらに、宮沢吾朗さんはアマチュア時代から活躍していて、鋭い着眼で猛攻を仕かける剛腕家として心酔するファンも多いのだとか・・・。 なので、囲碁の世界ではかなり有名な方のようです。 また、宮沢吾朗さんのお父さんもアマチュアながら、かなりの腕を持っていたそうなので、囲碁は親子で受け継がれましたが、孫は魚に夢中になって受け継がれませんでした・・・。 しかし、一応さかなクンにも囲碁の指導はしたようですが、やはり囲碁よりも魚の方に興味を示したので指導は諦めたようです。 そして、現在のさかなクンを作り上げたのは、母親だと言えると思います。 さかなクンは小学生の時、友達が描いたタコの絵に感動し実物が見たいと母親に頼んで、タコを一匹買ってもらいました。 それからもずっとタコの事ばかり気になり、絵に描きたくてそれから1ヵ月もの間母親は息子の為にタコを買い続け、味を変えて食卓に並べたと言います。 その後もひたすら水族館へ通い、ずっとタコを見ていたそうです。 しかし、水族館のタコはたこつぼに入ってなかなか出てきませんので、1日居てほんの少ししか見れない日もあったと言いいます。 それでもちょっとだけ動いたタコに大はしゃぎするさかなクンに、母親は以下のような声をかけます。 「タコって面白いんだね。 お母さんもタコが気になってきた」 その言葉にさかなクンも大喜びで、一緒に感動を共有してくれる母親と過ごす時間が楽しかったと言います。 そして、その後もタコを見たくて水族館へ母親と通いますが、ある日タコが一回も見れない日がありました。 落ち込んでいると母親が 「残念だったわね。 でも、魚はほかにもいるのよ」と魚のイラストが入った下敷きを買ってくれたそうです。 そして、そこにある色んな魚を見て感動し、そこから魚ライフが始まったと言います。 また、学校では勉強よりもずっと魚の絵を描いていたので、絵は抜群にうまくなりましたが、その事で家庭訪問の際、担任から 「絵は素晴らしいけれど、勉強もしてください」と言われてしまいます。 普通はそこで 「分かりました、勉強もさせます」となるのですが、さかなクンの母親は、 「あの子は魚と絵が好きだからそれでいいんです」 と、担任に言ってのけました。 さらに、それではせめて絵の先生に習ってみては?と言う担任の提案に母親は、 「好きなように描いてほしいのです」 と返したそうです。 正直、ここまで息子を信じて、のびのびと好きな事をさせる母親も珍しいのではないでしょうか。 また、母親の口癖は 「命がとられるわけじゃないんだから」 と言う事で、要するにそれで失敗した所で別に死ぬわけじゃないのだから、好きなことをとことんやればいいと言う事なのだと思います。 そして、その教え通りに好きな魚を徹底的に極めて生きてきたからこそ、現在の仕事にも就けているのですから、母親の指導は間違って無かったと言うことでは無いでしょうか。 さかなクンの兄弟は? 一時期、ジャニーズの人が顔が似ていると言う事で兄弟では?と言われてた事がありましたが、それは完全なデタラメです。 ただ、本物のお兄さんもほんの少しだけ記述があるだけで、ほとんど知られていません。 名前や職業などは分かっていませんが、年齢はさかなクンよりも2歳年上と言う事です。 そして、兄のエピソードとしては、昔さかなクンが素人の時に初めて出演したTVチャンピオンの 「第3回全国魚通選手権」で準優勝した時の物があります。 この時、さかなクンが決勝で敗れたのは、 「フランスのスープ「ブイヤベース」を飲んで、ダシに使用された魚を7種類すべて当てろ」という問題でした。 さかなクンはこの時初めてブイヤベースなるものを飲んだと言う事で、さすがに知らない物は答えられないので敗れてしまいました。 そんな弟を見て、やさしい兄はアルバイトでお金を溜めて、弟をフランス料理屋へ連れて行って味の研究をさせてあげたと言う事です。 そして、その甲斐あって次の第4回大会から5連覇を達成する偉業を成し遂げ、見事殿堂入りを果たしました!なので、現在のさかなクンがあるのは、母親と兄のお陰とも言えるのではないでしょうか。 ただ、その兄が今何をしているかの情報は一切無いので、恐らく普通にサラリーマンをしていると思いますが、その辺の事はまた何か分かれば追記していきます。 さかなクンの現在の年収はどれくらい? さかなクンは現在、東京海洋大学客員准教授に就任しています。 また、タレントとしてもちょくちょくテレビに出演し、イラストの仕事や本の執筆などもこなしています。 さらに、現在以下のような役職も持っています。 これらの事を考慮してさかなクンの年収を考えてみると、まず40代の大学の准教授の平均年収は 869万円と言われています。 (出典 賃金構造基本統計調査) そして、さかなクンの場合はさらに 「東京海洋大学名誉博士」と言う役職が付いてるので、これよりももう少し上かも知れません。 また、タレント活動がどれぐらいの収入かは計り知れませんが、本業は大学の准教授なので現在はそんなには無いと思います。 そして、本は現在個人では7冊書かれていて、共書も3冊あるのでその辺の印税とかもあると思いますが、ベストセラーでも無い限りはこれもそんには無いのではないでしょうか。 さらに、「さかなクン」と名前のついた玩具も発売しているので、この辺のロイヤリティはかなり多いかも知れません。 <画像をクリックするとamazonにジャンプします> そして、先程紹介した「役職」などの報酬なども考慮すると、恐らくさかなクンの年収は全体で 1500万円~2000万円くらいは余裕であるのではないでしょうか。 もちろん予測ですので正確には分かりませんが、大学関連だけでも1000万円くらいはあると思うので、ひょっとするともっと多いかも知れませんね・・・。 さかなクンの結婚や子供は? さかなクンは現在結婚しているのでしょうか? 色々調べてみましたが、一部で現在は結婚していて子供も居ると書かれた物もありましたが、全体を通してみるとそれはウソで、さかなクンは現在も独身のようなので勿論子供もいません。 そして、彼女について調べてみた所、過去に一度ディズニーランドへ女性とデートに行った事があるそうです。 その女性はさかなクンの事を勿論知っていて、 「魚の話をいっぱいして下さいね」と言われたので、夕方まで魚の話をしていたら 「もう魚の話はいいです・・・」と言われて終わったようです・・・。 また、あるインタビューで 「女の子を好きになったりしないの?」と聞かれて、 「ありましたけど、やっぱり魚ですね!」と答えていたので、まだしばらくは魚が恋人となりそうです。 こちらの記事もどうぞ! 終わりに ある一つの事をここまで極められるのは本当にすごい才能だと思います。 父親が囲碁の有名な棋士なのには驚きましたが、その父親が無理やり囲碁を押し付けていたら、きっと今のさかなクンはいなかったでしょう。 そう思うと、子供を無理に型にはめるような教育は、子供の未来をも変えてしまう事にもなるので、さかなクンの両親のように子供のやりたい事をやらせるのが一番ですね! 今後もさかなクンの活躍に注目です!.

次の

多才なさかなクンのサックス腕前がすごい!金賞受賞の実績も!【動画あり】|今日もむー気分。

さかな クン すごい

さかなクンの母親の教育方針が凄すぎた さかなクンて、とっても素直で明るくて、誰にでも好かれる良い性格ですよね。 さかなクンのお母さん曰く、さかなクンはハイハイをしている頃から絵を描いていたそうですよ。 テレビで4歳の時に描いたトラックの絵が出ていましたが、驚くほど上手でした。 ある時から魚にハマり、学校の成績がメチャクチャ落ちたんですって。 そんな時学校の先生が、魚が好きなのはけっこうなことなんですが、勉強をもうちょっと頑張ったほうがいいんじゃないですか? とアドバイスしたそうなんです。 そこでお母さんは「うちの子は絵が好きで魚が好きなんだから、それで良いんです。 」って答えたんですって! なんか、泣けちゃいますよね。 さかなクンは週に2回も鮮魚店に連れてってもらっていたらしいですよ。 しかも、絵を描くために魚を一尾まるごと買ってもらっていたんだとか。 常識にとらわれず、子供が思うがままに自然に熱中していることをそっと応援してあげるというとんでもなく優しい教育方針なんですね。 それって、ものすごく勇気がいることだと思います。 成績がどんどん下がっているのに、同様せずにコレで良いと言い切る勇気。 素晴らしいと思います。 さかなクンとはちょっと離れてしまいますが、2012年のフジテレビ「天才の育て方TV」という番組に出ていたある母親の話です。 現在書道家となった子供の幼少期にビデオデッキなどの家電製品を分解してしまう時期があったそうです。 部品を全てバラバラにしてしまうという。 普通の親なら怒るところですが、分解の仕方がドライバーで丁寧に一つ一つバラしていくものだったので、静観したのだそうです。 迷惑だとして断ち切るのではなく、興味をとことん引き出す方針だったようです。 現在その少年は東北を中心に活躍する書道家になったそうですよ。 同じ親として本当に参考にしたいと思います。 さかなクンの経歴は? さかなクンはプロフィールにも書いた通り、テレビ東京「TVチャンピオン」魚通選手権で5連覇して芸能界入りしました。 その後は様々な番組で魚に関する啓蒙活動を行っています。 その功績が評価されて現在さかなクンは様々な役職についています。 東京海洋大学名誉博士や農林水産省お魚大使、静岡県御前崎市なぶら親善大使、新潟おさかな大使、日本ユネスコ国内委員会広報大使などです。 さかなクンの経歴でもっとも有名なのが、2010年に絶滅したとされていたクニマスを「再発見」したことですよね。 京都大学の中坊徹次教授の依頼でクニマスのイラストを描くことになったようですが、特徴の似ている山梨県の西湖のヒメマスを参考にしようとしていたところクニマスに非常に似たものが捕れたんだそうです。 それを京都大学に持込見てもらったところ間違いなくクニマスだったということです。 さかなクンすごすぎですよね。 さかなクンの敬称について さかなクンの敬称について話題になった事があります。 NHKのツイッター担当者が「さかなクン」についてツイートしたところ、「さかなクン『さん』」と敬称をつけるべきだという批判メールが殺到したそうです。 メールの多くは「さんをつけろよデコ助野郎」という言葉を含んでいたそうです。 それは大友克洋さんの漫画「AKIRA」から派生したネットスラングの一種で、ほとんどがそれを知っている人の冗談だったらしいです。 担当者はそれを知らず、夜通しでメール対応したのだそうですが後ほどそれが冗談だったと知ったんですって。 さかなクン自体は「さかなクンさんなどと敬称をつける必要はなく、そのまま呼んでほしい」と語っているみたいですよ。 以上、今回はさかなクンの母親の教育やふぐの帽子、経歴や敬称についてお送り致しました。 さかなクンはタレントですが、魚類についての研究者であり文化人としての価値が高い人ですよね。 今後も研究を進めてみんなが驚くような面白い話題をたくさん提供してほしいですね。 さかなクンがスカパラに加入した件については記事がありますので、ぜひチェックしてみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

さかなクンの凄い経歴・伝説をだらだらと並べてみた 年齢的にもまだまだ伝説は増えそう

さかな クン すごい

さかなクンの母親の教育方針が凄すぎた さかなクンて、とっても素直で明るくて、誰にでも好かれる良い性格ですよね。 さかなクンのお母さん曰く、さかなクンはハイハイをしている頃から絵を描いていたそうですよ。 テレビで4歳の時に描いたトラックの絵が出ていましたが、驚くほど上手でした。 ある時から魚にハマり、学校の成績がメチャクチャ落ちたんですって。 そんな時学校の先生が、魚が好きなのはけっこうなことなんですが、勉強をもうちょっと頑張ったほうがいいんじゃないですか? とアドバイスしたそうなんです。 そこでお母さんは「うちの子は絵が好きで魚が好きなんだから、それで良いんです。 」って答えたんですって! なんか、泣けちゃいますよね。 さかなクンは週に2回も鮮魚店に連れてってもらっていたらしいですよ。 しかも、絵を描くために魚を一尾まるごと買ってもらっていたんだとか。 常識にとらわれず、子供が思うがままに自然に熱中していることをそっと応援してあげるというとんでもなく優しい教育方針なんですね。 それって、ものすごく勇気がいることだと思います。 成績がどんどん下がっているのに、同様せずにコレで良いと言い切る勇気。 素晴らしいと思います。 さかなクンとはちょっと離れてしまいますが、2012年のフジテレビ「天才の育て方TV」という番組に出ていたある母親の話です。 現在書道家となった子供の幼少期にビデオデッキなどの家電製品を分解してしまう時期があったそうです。 部品を全てバラバラにしてしまうという。 普通の親なら怒るところですが、分解の仕方がドライバーで丁寧に一つ一つバラしていくものだったので、静観したのだそうです。 迷惑だとして断ち切るのではなく、興味をとことん引き出す方針だったようです。 現在その少年は東北を中心に活躍する書道家になったそうですよ。 同じ親として本当に参考にしたいと思います。 さかなクンの経歴は? さかなクンはプロフィールにも書いた通り、テレビ東京「TVチャンピオン」魚通選手権で5連覇して芸能界入りしました。 その後は様々な番組で魚に関する啓蒙活動を行っています。 その功績が評価されて現在さかなクンは様々な役職についています。 東京海洋大学名誉博士や農林水産省お魚大使、静岡県御前崎市なぶら親善大使、新潟おさかな大使、日本ユネスコ国内委員会広報大使などです。 さかなクンの経歴でもっとも有名なのが、2010年に絶滅したとされていたクニマスを「再発見」したことですよね。 京都大学の中坊徹次教授の依頼でクニマスのイラストを描くことになったようですが、特徴の似ている山梨県の西湖のヒメマスを参考にしようとしていたところクニマスに非常に似たものが捕れたんだそうです。 それを京都大学に持込見てもらったところ間違いなくクニマスだったということです。 さかなクンすごすぎですよね。 さかなクンの敬称について さかなクンの敬称について話題になった事があります。 NHKのツイッター担当者が「さかなクン」についてツイートしたところ、「さかなクン『さん』」と敬称をつけるべきだという批判メールが殺到したそうです。 メールの多くは「さんをつけろよデコ助野郎」という言葉を含んでいたそうです。 それは大友克洋さんの漫画「AKIRA」から派生したネットスラングの一種で、ほとんどがそれを知っている人の冗談だったらしいです。 担当者はそれを知らず、夜通しでメール対応したのだそうですが後ほどそれが冗談だったと知ったんですって。 さかなクン自体は「さかなクンさんなどと敬称をつける必要はなく、そのまま呼んでほしい」と語っているみたいですよ。 以上、今回はさかなクンの母親の教育やふぐの帽子、経歴や敬称についてお送り致しました。 さかなクンはタレントですが、魚類についての研究者であり文化人としての価値が高い人ですよね。 今後も研究を進めてみんなが驚くような面白い話題をたくさん提供してほしいですね。 さかなクンがスカパラに加入した件については記事がありますので、ぜひチェックしてみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の