脂肪 吸引 後悔。 脂肪吸引から約7年経過。吸引直後と比べて現在の両足は・・・?

医師が教える二の腕の脂肪吸引で後悔しないために知るべき知識

脂肪 吸引 後悔

脂肪吸引をうけて満足の結果を得るには、医師やクリニック任せにするのでなく、あなた自身が脂肪吸引の正しい知識をもつことがなにより重要です。 ここでは、脂肪吸引を考えている人がクリニックに行く前に事前に知っておくべき全知識を項目別に紹介しております。 脂肪吸引に関する正しい知識を身につけていただくことで、期待はずれの結果に終わってしまったり任せるべきでないドクターに当たってしまったり心配しなくてもいいことで不安になってしまうなどのリスクをなくすことができ、安心して脂肪吸引を受けられるようになります。 カウンセリングを受けに行く前に必ず目を通していただき、満足のいく脂肪吸引をうけられるようにしましょう。 脂肪吸引の方法として他に提案されるものについて 脂肪吸引の方法の中でもよく目にするのが『ベイザー脂肪吸引』と『切らない脂肪吸引』ではないでしょうか?ベイザー脂肪吸引は9割の脂肪が取れる、凹凸やたるみを出さずに限界まで脂肪が取れる、術後の経過が軽くすむなど、夢のような方法であるかのように紹介されていることが多いです。 また、切らない脂肪吸引は手術でないにもかかわらず効果が大きく脂肪吸引より費用が安くすむように紹介されています。 しかしどちらも宣伝文句で言われているような効果は実際にはありません。 事前に事実を知っておくことで誤解したまま治療を受けることがなくなり、後悔のない施術を選択することができるようになります。 必ずチェックしておきましょう。 下半身の脂肪吸引について 下半身は自力で努力してもなかなか成果を出すことができない部分なので、下半身の脂肪吸引は脂肪吸引の中で一番人気のある部位です。 脂肪吸引を検討している人は手術を受ければどのくらい細くなれるのか、手術後はどのくらいで普通の生活に戻れるのか、リスクはどのようなものがあるか、費用はどのくらいかかるのか?たくさんの疑問点があると思います。 ここでは、太もも、お尻、ふくらはぎの脂肪吸引について、前もって知っておくべきすべての知識を紹介しています。 正しい知識を身につけた状態でカウンセリングをうけることで、自分に合った医師選びが容易になり、あなたにとって満足のいく脂肪吸引を選ぶことができるようになります。 絶対に目を通しておいてください。

次の

脂肪吸引による失敗写真【人気の腹部編】

脂肪 吸引 後悔

脂肪吸引希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「 脂肪吸引をした後、いつから運動していいですか?」「 脂肪吸引をした後、いつからジムに行っていいですか?」「 仕事は何日休めばいいですか?」などのご質問をいただきます。 脂肪吸引を受けた後、 手術当日から抜糸するまでの約1週間は、短距離を歩いたり、家事をしたり、赤ちゃんを抱っこしたり、事務仕事をする程度のことは可能です。 それ以上の激しい運動などをすると、吸引した部位に負担がかかったり、血行が良くなったりすることにより、吸引した部位の腫れや痛みが強くなることがあるので、お控えください。 事務仕事などの軽作業なら手術翌日からでもできるので、事務員やOLの方は手術翌日から出勤して仕事されることもありますが、多少の痛みはあるため、 痛みに弱い方は2~3日くらいは休みをとるのが無難です。 美容師、理容師、ウエイトレス、居酒屋の店員、看護師、介護士などの仕事も、手術翌日からできることはできますが、やはり2~3日くらい休みをとるのが無難です。 約1週間後の抜糸が終わったら、軽い運動から徐々に始めていただいて大丈夫です。 軽いウォーキングや、吸引した部位以外のエクササイズ、筋力トレーニングなどから徐々に始めていきましょう。 ただし、まだ痛みや腫れがある頃なので、運動をして、痛みや腫れが強くなるようでしたら無理はせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。 手術後2週間経過した頃には、痛みや腫れはだいぶ落ち着いているので、吸引した部位のエクササイズや筋力トレーニングも、軽めの動作から始めていただいて大丈夫ですが、痛みや腫れが強くなるようでしたら無理をせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。 手術後4週間経過した頃には、痛みや腫れはかなり治まっているので、もう何をしていただいても結構です。 普段通りの運動や、ジムに行って全身エクササイズや、全身の筋力トレーニングをしていただいて大丈夫なので、運動をお楽しみください。 バストを大きくする方法は大きく分けて3種類あります。 1つはシリコンバッグプロテーゼを乳腺下や大胸筋下に入れる豊胸手術。 2つ目はヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸豊胸。 3つ目は大量の脂肪吸引をして、バストに脂肪注入する脂肪注入豊胸です。 患者様にそれぞれの方法のメリット、デメリット、リスクなどを詳しく説明させていただいたところ、気になる脂肪を脂肪吸引で取ることができ、異物を使うことなく、効果が半永久的に持続する脂肪注入を選択されました。 患者様は、お腹周り(上腹部、下腹部、わき腹、腰、背中)、二の腕、お尻、太ももから脂肪吸引することを希望されていましたが、この方くらい大量に脂肪がついている場合は、一度に全身から脂肪吸引をするのは様々なリスクがあるため、まずは一番気にされているお腹周りから脂肪吸引することになりました。 手術は全身麻酔で行い、お腹周りから約2000ccの脂肪を吸引し、吸引した脂肪から余分な水分やトリグリセライドなどの不純物を除去し、PRP(血小板成長因子)、脂肪幹細胞も含めてバストに約300ccずつ細かく丁寧に注入しました。 6ヶ月後にはバストに注入した脂肪は、吸収される脂肪は吸収され、生着する脂肪は生着し、2cup弱程度大きくなりました。 また、お腹周りが一回り細くなり、ウエストが引き締まったため、バストが大きくなったのがより強調され、プロポーションがより良くなりました。 このあと、太もも、お尻、二の腕から脂肪吸引し、バストに脂肪注入して、更にバストを大きくすることも可能です。 20代女性の方です。 二の腕から腕の付け根、ワキにかけてたくさんの脂肪がついていました。 現在、二の腕の痩身は脂肪吸引と イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルが主流なのですが、この方は結構たくさんの脂肪がついていたということと、一度にたくさんの脂肪を取ってしまいたいということだったので、脂肪吸引をすることになりました。 両腕で、約800ccの脂肪を吸引しました。 術後は一回り腕が細くなったのが分かっていただけると思います。 二の腕は イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルの効果が出やすいところなので、最近は イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルをする方が多いのですが、この方のように、1回でたくさんの脂肪を取ってしまいたい方は脂肪吸引をさせていただきます。 このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

脂肪吸引した後、いつから運動していいのか? : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

脂肪 吸引 後悔

質問1「リバウンドするんでしょ? 」 脂肪吸引はリバウンドしにくいと言えます。 この手の質問をよく頂くことがありますが、 基本的にはリバウンドしないと考えて頂いて構いません。 脂肪吸引は、元々の脂肪細胞の総数を減らすことができます。 脂肪吸引したところは脂肪細胞が減っているので、 以前よりも太りにくくなるのです。 脂肪吸引とダイエットの大きな違い 脂肪吸引することは、脂肪細胞の数自体を減少させます。 一方、ダイエットの効果は脂肪細胞を小さくすることであり、脂肪吸引のように細胞の数を変化させるものではありません。 どちらがリバウンドしにくいかは、言うまでもないでしょう。 質問2「後遺症が残る? 」 やり方次第で後遺症が残ることはあります。 脂肪吸引のやり方次第では、後遺症が残ってしまうことがあります。 細く・美しくなるための脂肪吸引で、なぜ後遺症が残ってしまうのでしょう。 ここでは、よくある脂肪吸引の後遺症3つと、これに対するTHE CLINIC の回避策をご紹介。 実際にあった他院の失敗画像も踏まえてお話しします。 脂肪吸引の後遺症「皮膚のたるみ」の原因と回避策 脂肪に対して皮膚が余ってしまい、たるんだ見た目になってしまう症状がこちら。 皮膚に近い、浅い層の脂肪を取り過ぎてしまったことや、雑な吸引で組織を傷つけてしまうことが原因です。 【皮膚のたるみの回避策】 術前のマーキングを綿密に行うことと、ベイザー脂肪吸引を活用することで皮膚のたるみを回避します。 術前のマーキングは、仕上がりを左右する重要な作業。 ゲストひとり一人の体の動きや脂肪の付き方を見ながら、 取るべき脂肪と取ってはいけない脂肪を見極めることで、取り過ぎや取りムラのリスクを回避します。 また、ベイザー脂肪吸引なら、脂肪に隣接する線維組織を断裂させずに脂肪を除去することが可能です。 その結果、傷付かずに残った 線維組織が術後に皮膚を引っ張り、たるむことのない引き締まった仕上がりが得られます。 ちなみに、ベイザー脂肪吸引の機器は高性能ゆえ、扱うドクターにも高い技術が必要とされるので、当院のドクターは全員、このベイザー脂肪吸引の上級資格保持者です。 他院のドクターへの指導も任せていただいておりますので、技術面ではどうかご安心ください。 脂肪吸引の後遺症「ぼこぼこ」の原因と回避策 脂肪吸引した部分がぼこぼことした触り心地、見た目になるという後遺症です。 ドクターの技術不足や脂肪吸引の機器古さによって脂肪の取りムラが起こり、明らかに不自然な見た目になります。 【ぼこぼこの回避策】 ぼこぼこの場合も皮膚のたるみと同様、術前のマーキングの重要性は言うまでもありません。 これに加えて、当院では道具にもこだわっています。 当院のベイザー脂肪吸引では、 「Vent X」というカニューレを使用するのですが、これには長さや細さ、形状の異なるものがあります。 それらを部位や吸引範囲に応じて使い分けることで取りムラのリスクを回避しているのです。 例えば、 脂肪を取り過ぎてはいけないところの吸引には細いもの、曲線美が必要とされる部位の吸引には曲がったものを使います。 特に二の腕や足といった関節のある部位で起こると、曲げ伸ばしなど日常の動作にも支障が出てしまいます。 皮膚と筋肉が癒着し、引きつれが起こってしまうのです。 【引きつれの回避策】 引きつれの原因「取り過ぎ脂肪吸引」には、これまでご紹介した後遺症と同じく、術前のマーキングやベイザーリポで回避します。 取り過ぎないように、取るべき脂肪の量と位置を見極め、ベイザーリポでまんべんなく脂肪を除去するのです。 そもそも、 脂肪吸引はたくさん取れば成功という訳ではないということを覚えておいてください。 私たちは脂肪をたくさん取ることよりも、 美しいボディラインを実現することを意識しています。 質問3「あんまり細くならないって本当? 」 コミュニケーションがとれていれば、イメージギャップは生まれません。 脂肪吸引はダイエットと違い、 アプローチした部分の確実な痩身効果が期待できます。 むしろ、ダイエットではなかなか細くできない二の腕や背中といった部位を確実に細くできるのが、脂肪吸引の魅力。 基本的に、 つまめる脂肪 皮下脂肪 があれば、脂肪吸引で細くすることができます。 逆に、内蔵脂肪が多い腹部や筋肉量が多いふくらはぎの脂肪吸引を検討されている方は、術後、想像よりも細くならなかったと感じるかもしれません。 こうした説明が事前にきちんとされておらず、術後の見通しが不確かだと、後々トラブルに発展するものです。 THE CLINIC のカウンセリングはドクターが担当 カウンセリングをカウンセラーが行うクリニックもあるようですが、THE CLINIC では、実際に施術を手掛けるドクターがカウンセリングを担当します。 美容外科はあくまでも医療機関であり、カウンセリングを行う者に医学知識や臨床経験がなければ表面的な提案になりかねないと考えているからです。 カウンセリングでは術後の仕上がりをイメージしながら進めるので、イメージの相違が生まれることはありません。 質問4「傷跡が目立つからバレる? 」 傷口に配慮していれば、傷跡が目立つことはありません。 結論から言うと、傷口への配慮さえあれば、大きく目立つことはありません。 ただし、傷口に大きな負担がかかったり、傷口の場所を明らかに目立つようなところに作ったりすれば、術後のバレリスクが高まるでしょう。 脂肪吸引時、何度も カニューレを往復させる関係で摩擦熱が起こり、 火傷してしまうケースもあります。 THE CLINIC はスキンポート使用で傷への負担を軽減 THE CLINIC では、皮膚のしわにまぎれる目立たない場所に数ミリ程度の小さな傷を作りますが、吸引の際には「スキンポート」という、 皮膚を保護する器具を装着します。 こうすることで火傷など、肌への負担を最小限に抑えますのでご安心ください。 質問5「やっぱり危険なの? 」 手術である以上、危険性がゼロとは言えません。 こういった相談が多く寄せられるのは、ごく稀に報道される「死亡事故」が大きな原因でしょう。 たしかに、脂肪吸引で事故が起こっているのは事実です。 最近でも、愛知県名古屋市の美容外科で脂肪吸引を受けた女性が手術の3日後に亡くなったという報道がありました。 もちろん当院でも、重大な事故の可能性はゼロではありません。 医療行為を行う以上、どのクリニックでも 「危険性が全くない」とは言い切れないのです。 ただ、どのクリニックも脂肪吸引の危険性を低くする取り組みを行うことはできます。 THE CLINIC はゲストの情報収集や術前後フォローを徹底 当たり前のことではありますが、当院では危険リスクを回避するために、さまざまな対策を取っています。 脂肪吸引を行うドクターは、事前に手術で吸引する脂肪の量や部位を見極め、 手術中はもちろん、術後もフォローを徹底しています。 加えて当院では、手術中の麻酔・全身管理は、麻酔科医の指導に基づいて行っています。 さらに、カウンセリング時にはゲストに過去の病歴を聞いたり、手術後の体調変化があった場合はこまめに報告をいただくようにしたりと、詳細な情報収集を欠かしません。 このように、ドクターやクリニックはあらゆる事態を想定して、リスクマネジメントを行う必要があると考えています。 幸い、これまで当院で重大な事故が起こったことはなく、その点は大きな救いです。 引き続き気を引き締めて、日々の施術にあたっていきたいと考えています。 結論: 失敗リスク回避にはドクター・クリニック選びが重要 脂肪吸引の失敗がなぜ起こるか、リスクと呼ばれるものの真相については、ご理解いただけましたか? カウンセリング時には、メリットだけでなく、今回お話ししたようなデメリットや回避策も包み隠さずお伝えします。 脂肪吸引を毎日行っている私たちが伝えたいのは、失敗やリスクは、クリニックやドクター次第で回避できるということ。 脂肪吸引を検討されている方は、クリニック・ドクター選びを重視してみてください。 そうすれば、ご自身が満足できる結果を得られるはずです。 「脂肪吸引を考えているけれど、失敗したらどうしよう? 」そんな不安から、決断を躊躇している方は少なくないのではありませんか? ここでは、実際にあった脂肪吸引の失敗を写真でお見せするとともに、... ベイザー脂肪吸引 ベイザー リポ を標榜するクリニックが、最近増えてきました。 従来の脂肪吸引機を凌駕するハイスペックな性能が、多くの医師、ゲストに高く評価されているのだと思います。 ただその一... 脂肪吸引による凸凹や不自然さといった失敗が絶えない一方で、失敗の修正ができるドクターの少なさが問題になっています。 また、失敗を認めないために修正を断るドクターも少なくありません……。 「脂肪吸引は怖い」というイメージを持っている方も多いはず。 やはり少数ながらも実際に起こっている合併症や死亡事故からかと思われます。 それらの原因と回避法を、こちらのコラムでご覧ください。 当院で毎日のように行っている脂肪吸引。 特に太ももは人気の部位ですが、ダウンタイムを不安視される方も少なくありません。 そこで今回は、6ヵ月前に太ももの脂肪吸引を受けた当院スタッフの経過を報告し...

次の