ジェフ バックリィ。 ジェフ・バックリィとは

ジェフ・バックリィが『Grace』の録音で使用したギターをミューズのマシュー・ベラミーが購入 次回作で使用予定

ジェフ バックリィ

1994年のメジャー・デビューからわずか3年 後 、弱冠30歳でその短い生涯を閉じた孤高のシンガー・ソングライター、ジェフ・バ ックリィの衝撃のデビュー・ア ルバム「Grace」(グレース)発売25周年を記念し、初のオリジナル1CDでの 廉価 版が本日29日に発売された。 90年代を代表するロックの名盤「Grace」は、これまで未発音源や映像などを収めた豪華な「レガシー・エディション」 (2004年) などの再発はあったが、オリジナル盤と同様の1CDかつ「レガシー・エディション」で採用されたリマスター盤での廉価版リシューはこれが初めてとなる。 また、本アルバム収録曲中もっとも人気が高く、今なお世代を超えて世界中で聴かれ続ける至高の名演「 Hallelujah 」(ハレルヤ)が、 映画『R e d』 (2月21日公開)の劇中歌として大フィーチャーされているという。 この楽曲をどうしても最重要シーンで使いたいと切望した監督の三島有紀子から、その思いを綴ったコメントが届いた。 「Grace」のアルバムを見つけたのは、インディーズ映画の先輩の部屋で。 ジェフ・バックリィの歌声とギターの残響に心奪われ、私は独り膝を抱えて何度も聴いた。 その直後にジェフ・バックリィはこの世からはいなくなったが、中でも「 Hallelujah 」は精霊のように儚げに私に寄り添い、いつまでも力強く〝純度〟を問いかけた。 崇高であるがゆえに孤独で、その声は吐息のようだが確信に満ち、絶望と希望を行き来しながら本質を問うて来る。 そして、かつてこの音楽を聴いていた二人という設定にして、再び耳にしてしまった二人はどれだけ孤独を感じるのだろうと見てみたかった。 二人の愛の行く先に何が見えるのか。 それは、みなさまの目で確かめてもらえたら幸いだ。 だからこそ愛する者は救いを求め、すべての吐息で神を讃えるのだ。 60年代に活躍したシンガー・ソングライター、ティム・バックリィの息子。 90年初頭にニューヨークに移住し、イースト・ヴィレッジ界隈で定期的に弾き語りライヴを行なう。 翌94年、1stアルバム『グレース』で衝撃のメジャー・デビューを果たす。 ジェフ・バックリィは、97年5月29日、2ndアルバムのレコーディング中に訪れていたメンフィスのウルフ・リヴァーにて遊泳中に溺死、30歳でその生涯を閉じた。 その未完のメンフィス・セッションの多くが収録された2ndアルバム『素描』(98年)は、グラミー賞「最優秀男性ロック・ヴォーカル」にノミネートされた。 ローリング・ストーン誌の「最も偉大な100人のシンガー」で第39位、Q誌の「最も偉大な100人のシンガー」で第10位に選出。 95年1月に唯一の来日公演を行なっている。

次の

ティム・バックリィ

ジェフ バックリィ

ティム・バックリィ(Tim Buckley、1947-1975)というアーティストをご存知でしょうか。 張りのある表情豊かな歌声は唯一無二の存在で、私が一番好きなボーカリストです。 名盤ランキング 42 位にランクインしている息子ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)の方が有名ですが、父も根強い人気を誇る名盤を多数残しています。 ジェフはオリジナル・アルバムが 1 枚(『 』)しかなく、神懸っている代表曲「Hallelujah」(以下の動画)があるためとっつきやすいのですが、ティムは多作でしかも好きな作品が分かれるため、とっつきにくい印象があります。 そこで、ここでは、名盤として評価の高い 3 作品に加え、個人的にイチオシの名盤を紹介したいと思います。 (最も偉大なカバーソングとしてよく挙げられるこの曲は、エド・シーランなどさまざまなアーティストによって再カバーされています) アルバムの紹介に入る前に、ティム・バックリィの代表曲をいくつか紹介します。 曲名で検索すれば聴けるものもあります。 「Song to the Siren」 活動中はそれほど売れなかったティムですが、ディス・モータル・コイルが1984年にこの曲をカバーしたことで再評価を受けることになりました。 最近では、元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテもカバーしています。 YouTube の再生回数が最も多いのもこの曲ですが、このレベルの曲はたくさんあると思っています。 「Sing a Song for You」 これは、レディオヘッドのトム・ヨークが時々カバーしている名曲です。 それでは、本題の名盤ランキングに入りたいと思います。 3位:『Happy Sad(ハッピー・サッド)』 1969 年発表の 3 作目です。 ビルボードで最大 81 位と、ティムの作品中で最もヒットしたアルバムです。 ティム・バックリィの作品は、デビュー時はポップなフォーク・ロックから始まるのですが、作品を出すたびにエキセントリックな方向に進み、深みを増していく傾向にあります。 そのため、デビュー・アルバムは聴きやすいけど完成度が低く、5 作目、6 作目となると何だか凄いんだけど怪しげで聴く人を選ぶというものになっています。 この作品はこのバランスがちょうど良く、10 分を超える曲が 2 つもあるものの、高い完成度と深い音楽性の両方を味わうことができます。 ジャズ風の演奏も素晴らしく、暗いけど美しく儚い曲から元気な(? )曲まで多彩な楽曲があり、音楽通の方向けの入門作として適していると思います。 前出の「Sing A Song For You」もこのアルバムに収録されています。 しかしながら、残念なことにサウンドが時代を感じさせるものになっていて、ティムの声もクリアに聴こえません。 そこで強くお勧めするのが、次のライブ・アルバムです。 番外編:『Live at the Folklore Center NYC March 6 1967』 2 作目までの楽曲が収録されたライブ・アルバムなのですが、アコースティック・ギター一本で弾き語りをするという形をとっており、古さを感じることなくシンプルに楽曲の良さを味わうことができます。 演奏の完成度も高く、また何と言っても一番の魅力であるティムの歌声が生々しくクリアに聴こえてきます。 暗い曲が少ないこともあり、入門向けとしても非常におすすめです。 Amazon プライム会員は無料でストリーミングすることもできます。 今のところ YouTube でも全曲聴くことができます。

次の

ジェフ・バックリィとは

ジェフ バックリィ

「悲しげな人…」 そんなことを言ったら熱狂的なファンに怒られそうだが、彼の生涯でたった1枚の名作であるメジャーアルバムを見て美しいと感じたLyraが呟いた言葉が、それ。 Jeffの顔は、少年のような繊細さと、男臭いブルーズマンの間をユラユラ揺れているように見えた。 彼の歌声を聴いたら、自分の予感が当たっていたと確信した。 Lyraのタイプの男性ではないから、一生を共にしようなんて思わない。 が、「きっとJeffみたいな人と付き合ったら逃げられなくなるな」と感じた。 天にいる人なのに、今夜もあなたの声は、泣いてるように生々しく響くよ。 今日 Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム出身のシンガー・ソングライター、 Jeff Buckley ジェフ・バックリィ 本名:Jeffrey Scott Buckley 1966年11月17日 — 1997年5月29日)。 スポンサーリンク[ad go1] デビューから華々しく才能を認められ、ギタリスト、シンガーとして活動していたJeff。 だがレコーディングしている時、水泳中に30歳で溺死。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第39位 、「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第10位。 今日Lyraが和訳する曲は、Jeffの記念すべきデビュー・アルバム1994年8月23日リリースの『Grace』から同タイトルのデビューシングル【Grace】。 Grace is the only studio album by Jeff Buckley, released on August 23, 1994. While the album initially had poor sales, peaking at number 149 in the U. , and received mixed reviews, it gradually acquired critical acclaim and commercial success and, as of 2007, had sold over 2 million copies worldwide and been cited by critics and listeners as one of the greatest albums of all time. 44 in the UK. 母親は、 Mary Guibert マリー・グーバート。 誕生時、Jeffrey Scott Buckley ジェフリー・スコット・バックリィと名付けられたが、後に母親が Ron Moorehead ロン・ムーアヘッドと再婚 この結婚生活は、2年間しか続かなかった。 その間、Scott Moorehead スコッティ・ムーアヘッドとして育てられる。 父親の死後、Buckley 姓を継ぐことを決め、ミドルネームの『Scott』から本来の名乗るようになり『Jeff Buckley』となった。 母親がピアニスト兼チェリストであったため、「音楽的には非常に恵まれた環境にあった」とJeffは語っていた。 初めて買ったアルバムはの『Psycical Grafity 』で、Kiss キッスも幼少の頃のお気に入り。 ハイスクールでは、プログレッシブ・ロックやジャズ、フュージョン、ジャズバンドに所属していたという。 ハイスクールを卒業するとハリウッドに移住。 音楽学校『ミュージシャンズ・インスティテュート MI 』に入学。 1年の課程を修了後、ホテルで働きながら、様々なバンドでプレイするが芽が出ない。 美声と言わたヴォーカルも、この時期にはコーラス位しか歌っていないという、宝の持ち腐れ状態。 1990年チャンスを求めてニューヨークへ行くが、チャンスがなくその年のうちにロサンゼルスへ帰郷。 そして、レコード会社に自分を直接売り込む為、父親の元マネージャーに連絡を取り、デモテープを作成。 『バビロン・ダンジョン・セッションズ』と名づけた初デモテープは、脚光を浴びることもなかった。 苦労人を突き進んでいたJeffの転機が訪れたのが、父のニューヨークのトリュビュート・コンサートだ。 「Tim Buckley の息子」として出演しキャリアの大きな一歩になった。 幼少の頃一度しか会ったことのない、葬式にも出席しなかった父親が、チャンスを与えたことは、まるで大いなる皮肉であった。 Jeffは、クラブでライブ活動を初め、次第に口コミで評判を得て行き、1992年コロムビア・レコードと契約、『Live at Sin-e』 1993年12月 リリース。 1994月9月『グレース』リリース。 Jimmy Page ジミー・ペイジやRobart Plant ロバート・プラント、など各界著名人から高評価を受けたおかげでセールスも伸びていった。 だが1997年ミシシッピ川で泳いでいた際に溺死。 セカンド・アルバムの製作中で、溺れた当時は酒を飲んではいたが、ドラッグを使用した形跡や遺書等は無く、事故死であろうとされている。 遺体は、5日後に発見された。 Jeff Buckleyは、スタジオ・アルバムは今紹介した『Grace』1作品だけ。 だが、死後に未発表曲・ライブ音源などが多数発表された。 これは、いかにJeffが才能があり、素晴らしい作品を作り出したことを、音楽ファンが認めた証拠だと思う。 それが事実なのかは、わからないと思う。 だって自分の愛する音楽制中に、死のうとするのは、おかしいんじゃない? Jeffは音楽を愛していたのだし、苦労した時代を経てやっとの思いで、メジャーデビューも果たしたのだ。 簡単に死ねるわけがない。 きっと初めは、愛されているのかも分からない実の父への愛と憎しみから始めた音楽活動だろうけれど、生きる全てになったものを途中で投げ出すわけがないと思うからだ。 かわいい自分の分身とでも言えるアルバムを中途半端に投げ出すはずがない。 そう思えるほどJeffのアルバムは、才能と命の全てを吹き込んでいる。 それだけの威力がある曲だ。 と言うか、この歌声が凄い。 天使に思われるのもわかる。 でも、Lyraには天使よりも強い、情念が入り込んだ歌声だと言いたい。 まるで、彼の未来を言い当てているかにも取れて胸が痛くなるよ。 この曲は、元はJeffが昔作っていたインストゥルメンタルの曲【Rise Up To Be】に、歌詞を後付けしたものだ。 Jeffが、共同制作をしていた Gary Lucasの話にインスパイアされて、歌詞を書いたのだ。 歌詞をつけた方が良いというアドバイスを受けてJeffが書いた内容は、Garyが彼女と暫く仕事の為に、離れなければならなくて、空港で別れる時の悲しい気持ちをJeffに話したものだ。 愛する人と別れる寂しさ、悲しみをJeffはブルーズの歌詞のように激しく書き上げたと言っていいだろう。 それにLyraのまた好きないつもの深読みになるけれど、愛する人と別れたくない気持ちだけじゃなく、セクシーな気持ちも歌って居ると思う。 「この曲は、これだけで凄いエネルギーがある。 何も怖いものはなく、誰も、どんな奴でも、どんな女も、どんな戦争も、どんな銃でも、どんな武器をも怖くないって事を表したんだ。 誰だって、こいつしかいないって愛する人を見つけたら強くなるんだよ。 そう言う人間を見つけ決めたら、人は優美に出会うのさ。 」 優美こそが、【Grace】よ! Jeffってそう言う熱い人だったのかな?と可愛らしい顔には、合わないギャップにびっくりしちゃう。 Lyraはこう言う熱い人が好き。 熱い人は良いね。 カッコつけてる人は、なんも始まらないから。 熱く燃える方が良い。 きっとJeffみたい歌詞を書く人ならば、良い時を過ごせるだろう。 深く深くどこまでも。 続く続くいつまでも。 Wait in the fire, wait in the fire Wait in the fire, wait in the fire ハマったら抜け出せないよ。 Jeff wrote lyrics inspired by his saying goodbye to his girlfriend at the airport on a rainy day, and the vocal melody came naturally. It keeps you from reaching for the gun too quickly. It keeps you from destroying things too foolishly. It sort of keeps you alive; and it keeps you open for more understanding. , Europe, Japan, and Australia. In 1997, Buckley moved to Memphis, Tennessee, to resume work on the album, to be titled My Sweetheart the Drunk, recording many four-track demos while also playing weekly solo shows at a local venue. On May 29, 1997, while awaiting the arrival of his band from New York, he drowned during a spontaneous evening swim, fully clothed, in the Mississippi River when he was caught in the wake of a passing boat; his body was found on June 4. Music credits• Karl Berger — string arrangements• Jeff Buckley- vocals, guitar, keyboards, dulcimer, percussion• Loris Holland — organ track 7• Matt Johnson — percussion, drums, vibraphone track 10• Misha Masud — tabla track 10• Michael Tighe — guitar track 5 Technical personnel• Christopher Austopchuk — art direction, design• Steve Berkowitz — executive producer• Jeff Buckley — producer• Jennifer Cohen — design assistant• Merri Cyr — photography• David Gahr — photography• Bryant W. Jackson — assistant engineer• Chris Laidlaw — assistant engineer• Nicky Lindeman — art direction, design• Clif Norrell — engineer• Steve Sisco — assistant engineer• Andy Wallace — producer, engineer, mixing• Howie Weinberg — mastering track 10• Misha Masud — tabla track 10• Michael Tighe — guitar track 5 Technical personnel• Christopher Austopchuk — art direction, design• Steve Berkowitz — executive producer• Jeff Buckley — producer• Jennifer Cohen — design assistant• Merri Cyr — photography• David Gahr — photography• Bryant W. Jackson — assistant engineer• Chris Laidlaw — assistant engineer• Nicky Lindeman — art direction, design• Clif Norrell — engineer• Steve Sisco — assistant engineer• Andy Wallace — producer, engineer, mixing• Howie Weinberg — mastering Discography 作品 Studio Album オリジナル・アルバム•

次の