外科医 エリーゼ 小説。 天才外科医が異世界で闇医者を始めました。

天才外科医が異世界で闇医者を始めました。

外科医 エリーゼ 小説

外科医エリーゼ81話のネタバレ 脱出した2人 城門までたどり着いたリンデンとエリーゼ。 しかし門は閉まっており、敵兵にも追いつかれてしまう。 リンデンが門に手をかざすと、門が消滅してしまう。 こうして逃げることに成功した2人だが、リンデンは突如吐血する。 それでもなお、エリーゼのことを気遣うリンデン。 エリーゼは、それよりもリンデンの容態がといい、血を吐いたということは内蔵に問題がある可能性があると告げる。 リンデンは、超常能力の反作用だから、時間が経てば自然に治ると言う。 エリーゼ「ダメです!殿下、早く治療をしなければ…!」 リンデンは、自分のことを心配してくれているのかというと、それが医者として患者を思う気持ちであったとしても、嬉しいという。 リンデンは、逃走ルートを計画しなおす。 北の方から行けば近道だが、シンフェポリの北側には共和国軍が密集しているため、南西側から行くことに決める。 南西側にはウクラ山脈が繋がっており、少し遠いものの、共和国軍の目を避けて北側に移動するにはこれがベストだったのだ。 残された勝機 その頃シンフェポリでは、負傷したユーゴー中将が、リンデンたちが南西側に向かったとの報告を受けていた。 ウクラ山脈を抜けて、北側に向かうことを見抜いたユーゴー。 ニコラスは業務を遂行できる状態ではなく、このままいけば我が軍の敗戦は既定事実だが、唯一残されたチャンスこそ、空帝を捕まえることなのだ。 ウクラ山脈が複雑とはいえ、エリーゼと一緒なら安全なルートを辿るしかないと考えたユーゴーは、 可能な限りの兵力をウクラ山脈に集結させるのだった。 低体温症に陥るリンデン エリーゼとリンデンは、山脈の洞穴に籠って休んでいた。 リンデンの体は冷たくなっており、低体温症を発症していたのだ。 それでもなお、自分の体を気遣ってくれるリンデンに、エリーゼは目を潤ませる。 そして、またしても吐血するリンデン。 超常能力の反作用だと言い、時間が経てば自然に治ると言い終える前に、エリーゼがそれを遮る。 「何を言ってるんですか!一刻も早く治療をしなければなりません」 エリーゼは、リンデンの足背動脈 足の甲の部分にある動脈 で脈拍を調べる。 脈拍は1分間あたり140。 体温も34度以下の低体温症。 幸い内蔵出血はさっきの一度だが、なんでこんなに脈が早く、体温が低いのか疑問を抱くエリーゼ。 超常能力が炎症反応を起こし、その結果として低体温症に陥ったと推察したエリーゼは、ひとまず炎症作用を抑えて身体を温めることにする。 リンデンが持ってきた薬について尋ねると、それはエリーゼのために持ってきたという薬だと答えるリンデン。 エリーゼは、どうしてこんなに変わってしまったのだろうと思う。 炎症を抑える薬を、リンデンに飲ませる。 リンデンは、こういうのも悪くないといい、夢ならこのまま覚めないでくれと呟く。 でしたら早く良くなってくださいというエリーゼ。 「すぐに良くなって、そなたを守るから」 リンデンは満面の笑みを浮かべてそう言うと、少し休んでから出発しようと言うのでした。

次の

天才外科医が異世界で闇医者を始めました。

外科医 エリーゼ 小説

外科医エリーゼ81話のネタバレ 脱出した2人 城門までたどり着いたリンデンとエリーゼ。 しかし門は閉まっており、敵兵にも追いつかれてしまう。 リンデンが門に手をかざすと、門が消滅してしまう。 こうして逃げることに成功した2人だが、リンデンは突如吐血する。 それでもなお、エリーゼのことを気遣うリンデン。 エリーゼは、それよりもリンデンの容態がといい、血を吐いたということは内蔵に問題がある可能性があると告げる。 リンデンは、超常能力の反作用だから、時間が経てば自然に治ると言う。 エリーゼ「ダメです!殿下、早く治療をしなければ…!」 リンデンは、自分のことを心配してくれているのかというと、それが医者として患者を思う気持ちであったとしても、嬉しいという。 リンデンは、逃走ルートを計画しなおす。 北の方から行けば近道だが、シンフェポリの北側には共和国軍が密集しているため、南西側から行くことに決める。 南西側にはウクラ山脈が繋がっており、少し遠いものの、共和国軍の目を避けて北側に移動するにはこれがベストだったのだ。 残された勝機 その頃シンフェポリでは、負傷したユーゴー中将が、リンデンたちが南西側に向かったとの報告を受けていた。 ウクラ山脈を抜けて、北側に向かうことを見抜いたユーゴー。 ニコラスは業務を遂行できる状態ではなく、このままいけば我が軍の敗戦は既定事実だが、唯一残されたチャンスこそ、空帝を捕まえることなのだ。 ウクラ山脈が複雑とはいえ、エリーゼと一緒なら安全なルートを辿るしかないと考えたユーゴーは、 可能な限りの兵力をウクラ山脈に集結させるのだった。 低体温症に陥るリンデン エリーゼとリンデンは、山脈の洞穴に籠って休んでいた。 リンデンの体は冷たくなっており、低体温症を発症していたのだ。 それでもなお、自分の体を気遣ってくれるリンデンに、エリーゼは目を潤ませる。 そして、またしても吐血するリンデン。 超常能力の反作用だと言い、時間が経てば自然に治ると言い終える前に、エリーゼがそれを遮る。 「何を言ってるんですか!一刻も早く治療をしなければなりません」 エリーゼは、リンデンの足背動脈 足の甲の部分にある動脈 で脈拍を調べる。 脈拍は1分間あたり140。 体温も34度以下の低体温症。 幸い内蔵出血はさっきの一度だが、なんでこんなに脈が早く、体温が低いのか疑問を抱くエリーゼ。 超常能力が炎症反応を起こし、その結果として低体温症に陥ったと推察したエリーゼは、ひとまず炎症作用を抑えて身体を温めることにする。 リンデンが持ってきた薬について尋ねると、それはエリーゼのために持ってきたという薬だと答えるリンデン。 エリーゼは、どうしてこんなに変わってしまったのだろうと思う。 炎症を抑える薬を、リンデンに飲ませる。 リンデンは、こういうのも悪くないといい、夢ならこのまま覚めないでくれと呟く。 でしたら早く良くなってくださいというエリーゼ。 「すぐに良くなって、そなたを守るから」 リンデンは満面の笑みを浮かべてそう言うと、少し休んでから出発しようと言うのでした。

次の

外科医エリーゼ60話ネタバレ・考察!帝国軍は勝利できるのか

外科医 エリーゼ 小説

漫画「外科医エリーゼ」52話のネタバレ 皇帝が激励の言葉を述べ、続いてリンデンも敵国フランソエン共和国に必ず勝利すると宣誓。 エリーゼも挨拶をし、最善を尽くすこと、1人寂しく最期を迎えさせないことを誓う。 湧く兵士達。 彼女の手をリンデンが握る。 兵士達に見せるためにわざと握ったのかと不思議に思うエリーゼ。 しかしリンデンの胸のうちは、必ず彼女を守る決意だった。 出征式の最中、皇太子の1人ミハイルは母親が療養している屋敷に来ていた。 出征式には代役を立てたから参加せずとも問題ないと、心配する使用人に言う。 使用人は今日はやめておいた方がいいと言うが、戦争に行けばしばらく顔がみれないからと押しきる。 療養中の母親は精神疾患があるようで、叫び何かを破壊している。 ミハイルの姿を見るとやはり叫び、グラスを投げつけてくるがミハイルにはオーラのようなバリアがあり、彼に当たる前に砕ける。 震えて縮こまる母親の手は傷だらけで、彼は薬を持ってくるよう使用人に指示をだす。 そして母親に、半島の人間が帝国の人間を虐殺したため戦争が起こり、クリミア半島に行くことを話す。 手柄をあげ皇帝になり、母親に何不自由ない生活を送らせると言い、元気でいるようにと伝えた。 帰る途中ミハイルは、皇位など投げ出して旅行に行きたいと、以前旅した東方の楽しさを思い出す。 エリーゼと一緒ならもっと楽しいだろう、彼女は医術研修、自分は護衛として、今度誘ってみようかと考える。 しかしため息をつき、できるわけないかと寂しく笑うのだった。 ブリチアを渡り、西大陸本島の東に位置するクリミア半島。 そこではフランソエン共和国の総統の一人息子ルイ・ニコラスが、ブリチアの新聞を面白いと読んでいた。 共和国では厳しく取り締められたせいで、共和国産の新聞は面白くないとぼやく。 そしてブリチアの新聞には、皇太子妃となるエリーゼが参戦すると書かれていた。 彼女と会ったときを思い出し、自分のものにしたいほど美しい女性だったことから、戦争に勝てば戦利品として彼女を得られるだろうと考える。 空帝のリンデンと戦うことも、エリーゼのことも、今回の戦争はおもしろくなりそうだとニコラスは思うのだった。 漫画「外科医エリーゼ」52話の登場人物 エ エリーゼ・ド・クロレンス・・・デイムクロレンス、デイムとも呼ばれている。 傲慢さ故火炙りにされた皇太子妃としての過去、地球での天才外科医としての過去の2つの過去の記憶を持ち、火炙りにされる10年前の自分に転生した貴族の娘。 過去の記憶を活かし、医師として人に尽くそうとしている。 また過去世で火炙りにした張本人であるリンデン皇太子との結婚を避けている。 リンデン・ド・ロマノフ・・・ブリチア帝国の皇太子。 変身能力があり、素性を画しロンという貴族としてエリーゼに何回も会い、恋に落ちた。 能力の使いすぎか、1年は変身できない。 空帝と呼ばれている。 ミハイル・ド・ロマノフ・・・リンデンと同じくブリチア帝国の皇太子。 彼も特殊な能力がある。 過去世でエリーゼと仲が良かった ルイ・ニコラス ・・・フランソエン共和国総統の一人息子。 砂漠のサソリと呼ばれる智将。 過去世で、エリーゼの兄クリスが戦死したのは彼が原因。 漫画「外科医エリーゼ」52話の感想 出征式を迎えて、エリーゼもリンデンも各々決意を固めましたね。 いきなりリンデンに手を握られたエリーゼは、あっけにとられていましたね。 リンデンはロンとして長い間彼女と接していたのでついしてしまったのでしょうけど、エリーゼにしてみれば大した仲でもないのに、参戦に激怒するわいきなり手を握ってくるわ、ちょっと怪しい人物に見えているのでは・・・・頑張ってリンデン。 ひさびさに登場したミハイルです。 リンデンとは異母兄弟のようで、彼の母親は療養中でした。 皇位争いに巻き込まれ心を病んでしまったのでしょうかね。 今正式な後継者はリンデンですが、後々ミハイルとリンデンで争うことがありそうですね。 そしてもっと久々、誰だっけというレベルで再登場したのがルイ・ニコラス。 誕生祭でエリーゼにダンスを申し込み、リンデンがそれを止めたエピソードの、31話に出てきた人物です。 エリーゼは前世の記憶から、一度彼の策略を止めています。 そのせいでより彼に意識されているようです。 リンデンはニコラスからエリーゼを守り抜くことができるのか、心配ですね。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の