ねこ ふんじゃ っ た 歌詞。 ねこふんじゃった 歌詞 こどものうた( 童謡・唱歌 ) ※ marshillmusic.merchline.com

ねこふんじゃった 歌詞 こどものうた( 童謡・唱歌 ) ※ marshillmusic.merchline.com

ねこ ふんじゃ っ た 歌詞

作曲 [ ] 先述の通り、この曲は作曲者も発祥国も明らかになっていない。 一説によれば フェルディナント・ロー(Ferdinand Loh)だとされている。 ドイツ版の曲名「ノミのワルツ()」は作曲者の略名(F. Loh)が誤記されたものから来ているというのである。 ただし、フェルディナント・ローなる人物は実在せず、最初にこの説を紹介した書籍の筆者によるジョークだとも言われている。 作詞 [ ] 『』ではが作った歌詞が使われた。 また、がに作ったという別の歌詞も存在する。 なお、この曲は世界中で親しまれており、国や地域ごとに様々な歌詞や曲名が付けられている。 曲名 [ ] 世界中で約28種類の曲名がつけられている。 宮本ルミ子らによれば、曲名にが含まれているのはの他、、、、 、である。 ねこふんじゃった(日本)楽譜• ねこのマーチ(ブルガリア)• 猫の踊り(韓国)• 子猫之舞(台湾)• 黒猫のダンス(ルーマニア)• 猫のポルカ(フィンランド)• 犬のワルツ(ロシア)• 犬のポルカ(チリ)• 蚤(ノミ)のワルツ(ドイツ、ベルギー)• ノミのマーチ(オランダ、ルクセンブルク)• アヒルの子たち(キューバ)• 三羽の子アヒル(キューバ)• ロバのマーチ(ハンガリー)• お猿さん(メキシコ)• Kalle Johannson (スウェーデン)• トトトの歌(イギリス、アメリカ)• カツレツ(フランス)• チョコレート(スペイン)• 公爵夫人(デンマーク)• 三女の足(デンマーク)• 道化師ポルカ(アルゼンチン)• 追い出しポルカ(マジョルカ島)• 箸 -Chopsticks- (イギリス、アメリカ、カナダ、ハンガリー)• 黒のメロディー(ユーゴスラビア)• サーカスソング(イギリス、アメリカ、カナダ)• 泥棒行進曲(中国) 編曲 [ ]• 夢みちゃった変奏曲 - の編曲。 『おもしろ変奏曲にアレンジ! 〜童謡唱歌〜』()に掲載。 みんなのうた [ ] ねこふんじゃった 歌手 、 作詞者 作曲者 不詳 編曲者 映像 映像制作者 初放送月 - 再放送月 - 2006年 (以上 なつかし) 『みんなのうた』では『 ねこふんじゃった』というタイトルで、-に放送、歌はと。 映像はモノクロで、アニメーションはが担当した。 その後、から始まった『』の一環(最終作)として、に38年振りの再放送となった。 また衛星第2テレビでも、・同年・の3回に渡って、『』と共に放送された。 映像はみNHKんなのうたDVDーBOX第3集に収録されている。 脚注 [ ] []• 2009年11月24日. 2011年7月18日閲覧。 人差し指で弾く技法より「箸」と呼ばれている。 関連項目 [ ]• - としてよく付け加えられる。 - この「猫踏んじゃった」をもとに、「踏まれた猫の逆襲」という曲を作曲している。 - 「猫踏んじゃった」を即興的にどんどんアレンジしていく演奏スタイルで知られる。 - テレビアニメ版の挿入歌に、「猫踏んじゃった」の変え歌である、「ねこ呼んじゃった」という楽曲が存在する。 歌っているのは。 - EDテーマ「ブルふんじゃったネコふんじゃった」(歌:)は本作のパロディ。 - プレイ中に登場する猫をはねると、このBGMが流れて1ミスになる。 外部リンク [ ]• - (歌:間庭小枝).

次の

ねこふんじゃった

ねこ ふんじゃ っ た 歌詞

ねこふんじゃった 愛されて幾歳 かの、名曲「ねこふんじゃった」の人気は未だ衰えることなく、子どもたちのあこがれの速弾き曲なようで、幼稚園児も小学生も、レッスンの途中でスキあらば弾き散らかしてくれる。 私は、この曲を子供が弾くのは大賛成派。 理由その1、メロディがどんな子供の耳にも届くようになっている。 第4音がないペンタトニックに近い音階だから。 そしてそれ故のノーテンキさ、欲深さのなさが無垢くてよい。 理由その2、歌詞がメロディに対して超マッチ。 阪田寛夫さんなんだなー、ぞうさんとかさっちゃんの人。 なるほど。 さすがです。 日本語がきちんと音楽に連動させられている。 そして韻を踏んでるとこと、メロディのツボの一致感。 猫を飼っている人の怒りながらもアワアワしてる感がよく捉えられている、と思う。 理由その3、アウフタクトの曲である。 アウフタクト日本人苦手。 なので幼少期に弾く価値あり、なんだが、ただ、子どもの速弾きはとてもアウフタクトに聞こえないために、うちの生徒は、きっちり、そして、なんならうちで教えて上げてもいいけど、まともなリズムで弾いてねっと言ってアウフタクトで弾けるように(もちろん音楽を描くスケッチしながら)本格的にみっちり練習。 それから、世に送り出して、啓蒙活動に励んでもらうようにしてる。 書きながら気がついたんだが、この強弱のつけかた、モーツァルトのトルコ行進曲と同じだね。 ハーモニーを耳にしたり体験したりする機会の少ない日本の子どもにこれが広がっていることに私は大いに意義を感じる。 さて、そう、記事を書いてみたくなったのは、このハーモニーの2パターン。 これです。 ) 学校なんかで 起立!礼!直れ!の 号令に使われる(今でも使っているのかな?) 起立が トニック 礼がドミナント 直れ がまたトニック と調は違うけれど 機能は同じ。 たかがDTされどDT。 これがまたいい。 ポップスでもなんでもうたなんかのうまい下手は、テクニックだけじゃなくて、そういうことを感じる感覚もおおいに関係あり、で。 知ってる事が大事なんじゃなくて、感じること・・フィーリングの方、ね。 たかがねこふんじゃった されどねこふんじゃった、 ここから得るものは大きいよー という話でした。

次の

「ねこふんじゃった」という恐ろしい歌がある

ねこ ふんじゃ っ た 歌詞

タイトルは国によって色々 「ねこふんじゃった」は世界中で知られている曲ですが、タイトルは国によって様々なようです。 日本と同じように「ねこ」とつく国も多数あります。 日本でも「トトトのうた」または「チャップスティック」というタイトルの曲が知られていますが、これは「ねこふんじゃった」のことではなく別の曲です。 (「トトトのうた」と「チャップスティック」はタイトルが違うだけで、同じ曲です。 ) 紛らわしいですね… 「ねこふんじゃった」のタイトルがワルツとなっている国もありますが、この曲は3拍子の曲ではありません。 それなのにワルツとなっているのがなかなか面白いですね。 作曲者は誰? 世界中で知られている曲ですが、実は作曲者はわかっていません。 フェルディナンド・ローという人が作ったのではないかという説があるのですが、このような人物は存在しないそうです。 多分、最初にこの説を言い出した人の嘘だったのでしょう。 作曲者以外にもいつ頃作られて、どのように伝わっていったのかもよくわかっていません。 謎が多いですね… しかしこれほど広く知られている曲もなかなかないですよね。 日本でこんなに有名になったのはなぜなのか• 「ねこふんじゃった」は歌詞がついていますよね。 歌詞がついていなかったら、もしかするとここまでみんなが知っている曲にはならなかったのかもしれません。 ドレミのわからない人でも歌詞がつくことで、簡単に口ずさむことができるようになりますからね。 これが広まったきっかけなのではないかなと思います。 この歌詞をつけたのが坂田寛夫という人です。 この坂田さんは他にも「サッちゃん」などの童謡の作詞を多く手がけています。 彼が作詞した「ねこふんじゃった」はNHKの「みんなのうた」という5分間の音楽番組で放送されました。 初回の放送は1966年10月だったようです。 先ほど「トトトのうた」という曲があると書きましたが、この曲にも坂田さんが歌詞をつけています。 同じく「みんなのうた」で放送されました。 「トトトのうた」は「ねこふんじゃった」よりも少し前の1966年2月に初回放送されていたようです。 この「みんなのうた」という番組は1961年4月から放送されており、現在も新曲を放送し続けています。 たくさんの名曲がこの番組から生まれ、現在でも多くの曲が歌われています。 なぜピアノを習わなくても弾けるのか? 「ねこふんじゃった」はなぜピアノを習ったことがない人でも弾けてしまうのでしょうか? その理由は3つあるのではないかと思います。 1、 動きが少ない 2、 リズムが簡単 3、 構成がとても単純 この3つの要素が合わさっているから簡単に弾けてしまうのではないでしょうか。 この曲をちゃんと楽譜を見て譜読みをして弾いた人はほとんどいないのではないかと思います。 つまり、この曲を弾くときは、聴いた音から鍵盤を探り当てていったか、または他の人が弾いているのをじっと見て位置を記憶していったかのどちらかだと思うのです。 そのような方法で弾ける曲というのは、とにかく覚える量が少ないものでなければ無理ですよね。 この3点のどれか1つでも難しかったら、ここまで多くの人が弾ける曲にはならなかったのではないかなと思います。 難易度と弾き方 難易度はもう書くまでもないと思いますが、とても簡単です。 指を独立して動かすことができ、弾く位置さえ覚えられれば誰でも弾くことができます。 弾き方についても書くまでのないのかもしれませんが、より音楽的に弾こうと思うのであれば、気をつけることは2点あります。 注意点1 この曲は実は1拍目から始まっておらず、4拍目から始まっています。 つまりアウフタクト(弱起)の曲ということです。 (楽譜によっては2拍子で書かれているものもあります。 ) 最初の右手の黒鍵(8分音符)は1拍目ではないので、強拍ではありません。 次の左手こそが1拍目、つまり強拍になるのです。 アウフタクトの曲だということを頭に入れて、前拍(1~3拍目まで)をカウントしてから始めるようにしましょう。 注意点2 この曲のメロディーラインはどこにあると思いますか? ほとんどの方が右手をメインにして弾いているのではないかと思います。 確かに右手の始まりの8分音符はメロディーっぽいですよね! しかしこの部分は先ほど書いたように弱拍に当たる部分なので、しっかり弾いてはいけないのです。 この4拍目の音型は始まりだけでなく曲全体に出てきます。 この部分はメロディーと捉えるよりも合いの手のような感じで考えてみてはいかがでしょうか? 本当に重要なのは左手の方です。 左手をよく響かせて弾いてその上に右手が軽く乗っかるというのが私としては素敵な演奏かなと思っています。 子供の場合、速く弾ければ上手だと思っているようですが、そうではありません。 このような簡単な曲であっても拍がどうなっているのか、どこを目立たせてどこを引くべきなのかということを考えて音楽的に弾くというのが素敵な演奏です。 黒鍵をどのくらい弾いていると思いますか?結構弾いていますよね? 楽譜を見る前に実際にどのくらい黒鍵を弾いているのか確認してみましょう。 これが「ねこふんじゃった」の弾く位置の全てです。 (茶色のねこが右手、黄色のねこが左手です。 ) 実際の楽譜はこちらです。 (楽譜によっては嬰ヘ長調で書かれているものもあります。 実はこの曲は楽譜を見て譜読みしようと思うと、少し面倒な曲なんです。 ねこふんじゃったの編曲はたくさんある 「ねこふんじゃった」はたくさんの編曲があります。 私たちがよく知っているスタンダードな曲だけでなく、かなり難しくしたものや変奏曲になっているものもあります。 他にも連弾用に編曲してあるものもあり、様々です。 元々が簡単な作りの曲で余白が多くあるのでアイディア次第で色々といじれてしまう曲だと思います。 他にも簡単に弾ける曲を紹介 「ねこふんじゃった」以外に先ほどから「トトトの歌」(もしくは「チョップスティック」)について書いて来ましたが、実はこの曲も割と簡単に弾くことができます。 2本の指 左手と右手1本ずつ で弾けてしまうというのがこの曲の最大のポイントです。 「ねこふんじゃった」よりもほんの少し動きがあるので覚えるのは少し大変かもしれませんが、2本しか使わないので弾けますよ! 動画もたくさん上がっていますし、楽譜もたくさん出版されていますので、挑戦してみて下さい。 「ねこふんじゃった」と同じくこの曲も単純な作りなので、多くの編曲があります。 編曲された楽譜は「ねこふんじゃった」よりは少ないかもしれませんが、動画はたくさんあります。 チャップスティックの演奏は2:07からです。 ) 同じ曲でもアレンジによって全く雰囲気が違いますね!他にもたくさんの編曲があります。 聴き比べてみると面白と思います。 今回は「ねこふんじゃった」について書いてきましたが、いかがだったでしょうか? ピアノを弾いてみたいけど、楽譜が読めないし…と思われている方はまず「ねこふんじゃった」と「トトトのうた」から挑戦してみてはどうでしょう。

次の