あ つもり 花 の 交配。 【あつ森】花の交配表と種類一覧【あつまれどうぶつの森】

【あつ森】花の交配と植え方を徹底解説!!【あつまれどうぶつの森】【あつ森実況】

あ つもり 花 の 交配

花はそれぞれ遺伝子情報を持っている。 遺伝子情報から花の種類が決まり、同じ種類の花でも遺伝子が異なる場合がある。 今作は1日に繁殖できる花の数に上限はありません。 遺伝子情報と繁殖の仕組み• 画像は白色成分のみの例ですが、全ての成分が同じように組み合わせて抽選されます。 繁殖過程• 水やり判定• 繁殖判定• 交配判定• 繁殖 水やり判定 繁殖は「水やり」または「雨」が降っていないと行われません。 確認が取れた花のみ次の判定に進みます。 繁殖判定 繁殖に失敗した日数が増えるほど基礎確率が上がります。 繁殖するか掘り起こすと0日に戻ります。 また水やりをしてくれた他島民の人数が増えるほど繁殖率が増えます。 周囲8マス• 同種の花• 水やり済み• 未交配 を満たす花から抽選されます。 満たす花が1つもない場合は自己繁殖になります。 離島の花• 離島で見つかる花の遺伝子情報は固定。 種がある色は種と同じ遺伝子情報。 種がない色はを参照。 表の見方• 表の見出し(1行目)をタップするとその項目を基準に並べ替えできます。 そのため、自己増殖の危険性が植え方により異なってきます。 例えば上の場合、真ん中の白は確実に交配対象になるので、黄色に自己増殖の可能性が出てきます。 もしこの交配方法でほしいのが黄色の場合、自己増殖と見分けがつかないのでまずいでしょう。 逆に、欲しい色が白ならば、下の植え方をすると白に自己増殖の可能性が生じるのでまずいです。 おそらく種白と種黃からは交配白がほしいのだと思われますので、上の植え方をしたほうがよいということになります。 ただ、そういう理論が面倒な場合、クロス植えではなくペア植えのほうがいいと思います。 ここで尋ねるのは適切ではないのかもしれませんが… 青バラの交配を目指す過程で、特定の色の花を増殖させたいことがあります。 例えば紫11-00-00-00苗が、2株あるとします。 その他の条件としては、水やりはA, Bどちらも毎日、自分のみが行います。 言い換えるならば、交配が行われる一回あたりの確率と、自己増殖する確率とを比べ、交配が行われる確率が自己増殖する確率の2倍あるなら、交配をする方がよいと考えております。 どこを調べても答えが出ませんので、ご存知のかた、ご教授願えませんか。 それか、体感ではこっちの方が早いよ!的なアドバイスでも構いません。 また、私の考え方におかしな点がありましたら、ご指摘お願いします。 返答ありがとうございます。 交配時に2株ともリセットされるなら、 そうですよね、このリセットの仕組みがポイントになりそうですね…。 交配時、水やりで上がった繁殖率が、2株とも減るのか、片方はそのままなのか、気になるところですが、2株とも繁殖率が元に戻るのであれば、Aは、Bの二倍の時間がかかるでしょうし、これほどまで差が出るのなら素人の私でも検証できそうです。 もし、交配する株のうち一株しか繁殖率が元に戻らないとしても、AとBで差がなは出なさそうなので、とりあえず自己増殖の方法を選ぶことにします。 本当に困っておりましたので、助かりました。 丁寧なご説明ありがとうございました。

次の

【あつまれどうぶつの森】花の植え方・色交配のやり方(園芸・ガーデニング)

あ つもり 花 の 交配

花の交配のやり方 1.花を隣接させる 花を交配するには花同士を 縦か横、斜めに隣接させる必要があります。 また、花は同じ種類でしか交配することができないので注意しましょう。 日をまたぐことで一定確率で新しい花が咲きます。 新しい花は一定確率で咲くので翌日になれば必ず咲くというわけではありません。 十字型に設置することで花が咲くマスを増やし、交配の確率を上げることができます。 同色の花を交配する場合 基本パターン 展開パターン 同色の花を交配する場合は十字型に植えるようにしましょう。 十字を連結させていくイメージで花を植えていけば効率的に同色の花を配合させていくことができます。 注意点として 異なる色同士が触れ合っている必要があるので、花を植える際は上下左右が斜めに必ず異なる色を配置するようにしましょう、 花を交配させる際の注意点 花の植え替えに注意しよう あつ森では花に対して「摘む」と「植え替え」という2つの行動をすることができます。 花を交配させる場合は「植え替え」をする必要があるので注意しましょう。 花を植え替えるには、スコップで花を掘り出し植え替えたい場所に花を植えるだけです。 花を摘み取るだけでは植え替えはできないので注意しましょう。

次の

【あつ森】花の交配表と種類一覧

あ つもり 花 の 交配

花はそれぞれ遺伝子情報を持っている。 遺伝子情報から花の種類が決まり、同じ種類の花でも遺伝子が異なる場合がある。 今作は1日に繁殖できる花の数に上限はありません。 遺伝子情報と繁殖の仕組み• 画像は白色成分のみの例ですが、全ての成分が同じように組み合わせて抽選されます。 繁殖過程• 水やり判定• 繁殖判定• 交配判定• 繁殖 水やり判定 繁殖は「水やり」または「雨」が降っていないと行われません。 確認が取れた花のみ次の判定に進みます。 繁殖判定 繁殖に失敗した日数が増えるほど基礎確率が上がります。 繁殖するか掘り起こすと0日に戻ります。 また水やりをしてくれた他島民の人数が増えるほど繁殖率が増えます。 周囲8マス• 同種の花• 水やり済み• 未交配 を満たす花から抽選されます。 満たす花が1つもない場合は自己繁殖になります。 離島の花• 離島で見つかる花の遺伝子情報は固定。 種がある色は種と同じ遺伝子情報。 種がない色はを参照。 表の見方• 表の見出し(1行目)をタップするとその項目を基準に並べ替えできます。 そのため、自己増殖の危険性が植え方により異なってきます。 例えば上の場合、真ん中の白は確実に交配対象になるので、黄色に自己増殖の可能性が出てきます。 もしこの交配方法でほしいのが黄色の場合、自己増殖と見分けがつかないのでまずいでしょう。 逆に、欲しい色が白ならば、下の植え方をすると白に自己増殖の可能性が生じるのでまずいです。 おそらく種白と種黃からは交配白がほしいのだと思われますので、上の植え方をしたほうがよいということになります。 ただ、そういう理論が面倒な場合、クロス植えではなくペア植えのほうがいいと思います。 ここで尋ねるのは適切ではないのかもしれませんが… 青バラの交配を目指す過程で、特定の色の花を増殖させたいことがあります。 例えば紫11-00-00-00苗が、2株あるとします。 その他の条件としては、水やりはA, Bどちらも毎日、自分のみが行います。 言い換えるならば、交配が行われる一回あたりの確率と、自己増殖する確率とを比べ、交配が行われる確率が自己増殖する確率の2倍あるなら、交配をする方がよいと考えております。 どこを調べても答えが出ませんので、ご存知のかた、ご教授願えませんか。 それか、体感ではこっちの方が早いよ!的なアドバイスでも構いません。 また、私の考え方におかしな点がありましたら、ご指摘お願いします。 返答ありがとうございます。 交配時に2株ともリセットされるなら、 そうですよね、このリセットの仕組みがポイントになりそうですね…。 交配時、水やりで上がった繁殖率が、2株とも減るのか、片方はそのままなのか、気になるところですが、2株とも繁殖率が元に戻るのであれば、Aは、Bの二倍の時間がかかるでしょうし、これほどまで差が出るのなら素人の私でも検証できそうです。 もし、交配する株のうち一株しか繁殖率が元に戻らないとしても、AとBで差がなは出なさそうなので、とりあえず自己増殖の方法を選ぶことにします。 本当に困っておりましたので、助かりました。 丁寧なご説明ありがとうございました。

次の