パン 手作り。 手作りパンを美味しく食べるタイミングと保存方法は?日持ちはいつまで?

手作りパンのレシピ・作り方20選!出来たてパンをおうちで楽しもう

パン 手作り

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

パン作りに挑戦!簡単手作りパンレシピまとめ

パン 手作り

ご自宅で手作りパンを作る方が増えてきました。 そんなみなさんからよく聞く悩みが「パンが固くなる」という現象。 どうして固くなるのでしょうか?私なりに生徒さんから聞いた情報や実際にレシピを開発して感じたことをお伝えしたいと思います。 手作りパンが固くなる原因 (ここでは、焼きあがったパンが固いという場合に考えられる事を記載しています。 保存状態や翌日に固くなるという原因はまた別の記事でご説明したいと思います。 手作りパンが固くなる原因は、4つです。 発酵不足• 水分が少ない• イーストを適切な場所で保存できていない• 捏ね不足 1つずつ詳しく解説していきます。 スポンサーリンク• 発酵不足 まず第一に考えられる原因は、パン生地の発酵不足です。 これは、みなさんほとんどの方がレシピ通りに作っているのに、発酵不足って!どういうこと!?と少し憤慨されるところではありますが、捏ねあがった生地の温度や室温、オーブンの発酵機能の温度など、様々な環境で発酵具合は変わってきます。 特に 捏ねあがった生地の温度が低いと、なかなか発酵しないことがあります。 室温が低いと発酵しないこともあります。 これも生地が冷えてしまうことが原因です。 気になる方は、 捏ねあがった生地の温度を測ってみてください。 生地が乾燥している場合も発酵しにくくなります。 発酵中に生地が乾燥しないようにオーブンの発酵機能を使用する場合は、庫内にお湯を入れたコップ(耐熱のもの)を入れる工夫も必要です。 必ずラップをかけましょう。 それでも乾燥してしまう場合は、霧吹きで生地に水をかけて発酵させるのもよいでしょう。 しかし、焼く前に霧吹きで生地に水をかけてしまうと表面が固くなりますので注意してください。 パン作りを始めたばかりの頃は、発酵がどのくらいが適切なのか分かりにくいことが多いです。 これは回数を重ねて理解するしかありません。 きちんと発酵されていれば、ふんわりしたパンが焼けます。 関連) 水分が少ない 次に考えられる原因は、生地に含まれる水分の量です。 水分量が少ないと当然パン生地は固くなります。 となってしまいます。 発酵することで少しは柔らかくなりますが、生地の水分が少ない場合は発酵がいくらきちんとされていても固いと感じるでしょう。 捏ねている時に、十分に生地が伸びるくらいまで柔らかくなる水分量を入れる必要があります。 粉によっても水分の差は出てきます。 レシピ通りの水分を入れても固く感じる場合もあります。 これは、粉がよく水を吸ってくれているからです。 このような場合は、水を足してみましょう。 捏ねている時に水を足して、柔らかく伸びのよい生地を作っていきます。 捏ねている時に、水を足す場合は、少量ずつ加えてください。 小さじ1ずつ増やしながら捏ねると、入れすぎてベタベタになることもありません。 スポンサーリンク イーストを適切な場所で保存できていない これは発酵不足と同じことが原因となるのですが、 一度開封したイーストは必ず冷蔵庫で保管してください。 一度開封し、空気に触れたイーストはその時点から活動を開始しています。 その活動を最小限にする為に冷蔵庫で保管しなくてはいけません。 常温で保管していた場合には、次に使用するときには既にイーストが活動してしまっていてパンに混ぜた時には活動できない状態になっていることがあります。 こうなると発酵しません。 いくら捏ねても発酵しても時間をおいても無駄です。 固いパンとなります。 イーストの保存は必ず冷蔵庫で保管しましょう。 関連) 捏ね不足 最後に考えられる原因は、パン生地の捏ね不足です。 最近ではホームベーカリーをお持ちの方も多いため、捏ねに関しては問題ないという事が多くなってきました。 しかし、手で捏ねている場合には、個人差があります。 実際に私の教室でも同じレシピで同じ時間みなさん捏ねて頂くのですが、 慣れている方と初めての方では捏ねあがった生地の状態は違います。 捏ねるのが上手な方もいれば、コツがなかなかつかめない方もおられます。 特に最初は、生地が手につくことが気になり、力が入らなかったり、生地を手から離すことばかり気になり上手く捏ねられないことが多いです。 パンを手で捏ねるということは、生地が手について当然なのです!!手について嫌だ~!と思っているより、ささっと捏ねてしまった方が自然と手から離れてまとまってくれます。 どうしても生地が付くのが嫌だと感じる方はゴム手袋をするとストレスなく捏ねることが出来ます。 オススメの手袋はこちらの記事でご紹介していますので参考にしてみてください。 関連) 生地の捏ねあがりのチェックは、ご存じの方も多いと思いますが、 生地を伸ばして指が透き通るくらいの膜が張っていればOKです。 ただし、初めての方にこの膜のチェックは難しいです。 私がいつもお伝えしていたのは、膜をチェックして破れてしまってもパカっと破れたらOK、生地がブツブツと切れたり糸を引く用に割れる時は捏ね不足です。 それも分からない・・・という時は、捏ねた生地の表面がツルっとしているかで判断してください。 表面ザラザラとしているパン生地は、グルテンが上手くつながっていない可能性があります。 ツルっとしていれば少し捏ね不足だったとしても発酵の間になんとかなります!(一次発酵中にもグルテンはつながっていきます) スポンサーリンク まとめ パン作りはやっぱり回数こなさなくちゃいけないのね・・・と思われたでしょう。 その通りです!! 自分の思うようなふんわり柔らかくて、見た目も綺麗というパンを焼くには作る回数を増やすことが一番なのです。 ですから、一度作ってあまり膨らまなくても、ちょっと形が思うようにいかなくても諦めないでほしいのです。 何度か作っている内に必ずきれいに焼けるようになります。 適切な水分量で、きちんと捏ねた生地が発酵すればパンはふんわりと焼きあがりますよ。

次の

パン生地の冷凍保存方法は?手作りのパン種の作り方や賞味期限も

パン 手作り

グルテンとは? 言葉は耳にすることが多い「グルテン」。 では、グルテンとは一体どのようなものなのでしょうか。 小麦粉独自のたんぱく質 簡単に言えば、グルテンとは小麦粉に含まれているたんぱく質のことです。 といっても小麦粉にそのままの形で含まれているわけではありません。 実は小麦粉には複数の種類のたんぱく質が存在し、それらは別々の性質を持っています。 小麦粉に水を加えて練ることで、このたんぱく質が融合、別の形に変化します。 そして出来上がったのがグルテンと呼ばれるものです。 弾力性と粘着性をもつ グルテンの特徴は、弾力性と粘着性を兼ね備えているということ。 また、グルテンの弾力性と粘着性は小麦の種類や品質、加える水の量、どのようにこねるかといったことによって変わってきます。 このグルテンは、美味しいパンを作るためには非常に重要。 つまり、どのようなグルテンを作るかによって、パンの味が大きく異なります。 グルテンの形成 では、グルテンがどのようにしてできるかということをもう少し詳しく見ていきましょう。 小麦粉には複数のたんぱく質が含まれていますが、その大半を占めているのが、「グルテニン」と「グリアジン」という二種類のたんぱく質です。 この二つのたんぱく質は、いわば正反対の存在。 グルテニンは弾力がありますが、伸びにくい性質を持っているのに対して、一方のグリアジンは、弾力は弱いものの、非常に伸びやすい性質があります。 そして小麦粉に水を加えてよく混ぜ合わせることで、グルテニンとグリアジンが混ざり、グルテニンが持つ弾力とグリアジンが持つ粘着性の双方の特徴を持ったグルテンが生まれます。 このグルテンはこねることで細かい網目を持った繊維状の形になりますが、水を多く加えるとしっかりしたグルテンが、逆に水を少なくしてあまりこねない場合、弾力と粘着性の弱いグルテンとなります。 実はこのグルテンは、和食の食材として日本料理では極めてポピュラーな存在である「麩」にも使われています。 小麦粉に水を加えてしっかりと練り、水洗いしてグルテンを残したものが「生麩」です。 パン作りのグルテンの役割 それでは、パン作りにおいてグルテンはどのような役割を果たすのでしょうか。 イーストの炭酸ガスを包み込む パンを作るときには、水や小麦粉、油脂、佐藤、塩などの他に酵母が必要です。 通常はイーストなどを用いるこの酵母は、発酵することで炭酸ガスとアルコールを発生させます。 このときに生まれた炭酸ガスは、細かい気泡となり、パン生地を内側から広げていきます。 実はこの気泡がふわふわしたパンの秘密。 つまり、気泡が多ければ多いほど、パンは膨らみ、ふわふわになります。 また、発酵によって発生したアルコールは生地を伸ばしやすくするため、より一層パンが膨らむことになります。 そしてここで重要になるのがグルテンです。 グルテンは弾力性と粘着性を発揮して、パン生地の内部で生まれた炭酸ガスを網目の中に取り込み、外に逃がさないように働きます。 言い換えれば、グルテンは風船のようなもの。 風船に穴が開いていると、どれだけ空気を吹き込んでも風船は膨らみません。 そのため、しっかりと小麦粉と水を練り、強いグルテンを作ることで、気泡を逃さず、ふわふわのパンを作ることにつながります。 また、生地が出来上がったパンはオーブンなどで焼き上げて完成しますが、そのときにもグルテンは重要な役割を担います。 パン生地にオーブンなどの熱が加わると、イーストなどの酵母は最後に炭酸ガスを発生、その結果さらに膨張して大きなパンとなりますが、そのときグルテンの網目状の組織も熱によって変化します。 通常のグルテンは生麩のようによく伸びる存在ですが、このグルテンに熱が加わると組織が変性、弾力性と粘着性を失い逆に固さを増します。 つまり、熱が加わったグルテンはパンの中の骨組みのような存在になり、取り込んだ気泡を外に逃がさないように働きます。 逆に言えば、グルテンの弾力性と粘着性が弱い場合、パン生地は酵母から生まれた炭酸ガスを十分にとどめることができず、十分に膨らむことができません。 また、焼きあがった後もパンのふくらみを支えることができず、ぺったりした焼き上がりとなってしまいます。 小麦粉を使った麺のコシもグルテン このように、パン作りにおいてグルテンは非常に重要ですが、それ以外の食品でもグルテンの弾力と粘着性は大きな役割を果たします。 たとえば、小麦粉を使ったうどんや中華麺、パスタなどは麺のコシが大切ですが、この麺のコシを生み出すのもグルテンの性質。 うどんの場合、コシの強い麺を生み出すために足で踏むといった工程が加わることもありますが、これはしっかりと圧力をかけてグルテンを作り出すため。 また、手打ちの麺には強いコシが生まれますが、これは機械で作った麺の生地の場合、グルテンが一定方向に伸びているのに対して、手打ちの場合はグルテンの組織が絡み合い、しっかりした網目状の組織を作っているから。 逆に、料理の中にはグルテンが生まれないように注意しなければならないものもあります。 たとえば、天ぷら。 天ぷらの衣には、水と小麦粉を合わせたものが使われますが、もしグルテンが多い場合には、ぼってりとした粘り気の強い衣になり、天ぷら特有のさくさくした軽い食感が失われてしまいます。 また、クッキーなども軽い食感が好まれますが、こちらもグルテンが多いと、重い食感になってしまいます。 このように、グルテンを上手に取り扱うことで、様々な美味しい食品を生み出すことができます。 グルテンが多いパンの特徴 パン作りにとって重要なグルテン。 では、グルテンと小麦粉の種類にはどのような関係があるのでしょうか。 多い順に強力粉、中力粉、薄力粉 小麦粉には、強力粉、中力粉、薄力粉などの種類がありますが、この粉の種類の違いはたんぱく質をどれだけ含んでいるかを表したものです。 もっともたんぱく質を多く含んでいるのが強力粉、以下、中力粉、薄力粉の順にたんぱく質の含有量は低くなります。 グルテンはたんぱく質の多い強力粉に多く含まれる 小麦粉の中でも、もっとも多くたんぱく質を含んでいるのが強力粉。 言い換えれば、水を加えてこねたときに、もっとも多くグルテンが生まれるのが強力粉ということになります。 パン作りに強力粉が向いているというのはこのため。 また、強力粉の中でも産地や銘柄によってたんぱく質の量には差がありますが、しっかりたんぱく質を含んでいる小麦粉を使用すると、しっかりとふくらむふわふわのパンが生まれ、比較的たんぱく質の含有量が少ない小麦粉を使った場合、フランスパンのようなハード系のパンや、デニッシュのようにさくさくした食感が生まれるということになります。 このように、パンは種類によってもグルテンをどのように扱うかということが大切になります。 まとめ パン作りで重要になるグルテン。 最初は難しいと感じることもありますが、基本的なポイントを押さえれば、誰でもきちんとグルテンを取り扱うことができます。 もし、もっと美味しいパンを作りたいという方は、さらに詳しいことを学んでみてはいかがでしょうか。

次の