ちびっこ 天国 酒々井。 酒々井の大型プール ちびっこ天国休園 指定管理者応募なく 町、存廃含め活用法検討

【一番当たる】千葉県酒々井町の1時間毎の天気

ちびっこ 天国 酒々井

酒々井ちびっこ天国に行ってきました。 とてもたくさんの監視員さんがいて声をかけてくれたり注意してくれるので、例えばお子さんがたくさんいる家族でも安心して遊ばせられるプールです。 パラソルやテントの持ち込み禁止なのですが、陽射しを避けるプールサイドテントが休憩所がたくさん用意されています。 流水プール、波のプール、ちびっこプールとあって、小学生くらいのお子さんが楽しむのに、ちょうど良いかんじのプールです。 スライダープールが今期使用できなかったのが、残念でした。 車で行ったのですが、駐車場は近くの民間有料駐車場を利用します。 駐車料金は一日千円ということでしたが私たちの到着が15時過ぎていたので半額の500円にまけてくれました。 (開園時間は9:00〜17:00) 到着が遅くて2時間ほどしか遊べなかったのですが、その間に何度も監視人さんが声をかけてくれたり、助けている場面を見かけたのが印象的でした。 決められた時間にとる休憩の後、みんなでするラジオ体操も新鮮でよかったです。 我が家は、レンタルゴムボートを借りて(一時間500円)流れるプールでのんびり遊びました。 アットホーム感のある、のんびり楽しめるプールでした。

次の

【休園】酒々井ちびっこ天国

ちびっこ 天国 酒々井

酒々井町が休園を決めた大型プール「酒々井ちびっこ天国」(町提供) 酒々井町は「ちび天」の愛称で町内外から親しまれてきた大型プール「酒々井ちびっこ天国」(同町伊篠)の休園を決めた。 施設運営を行う指定管理者の期間満了に伴い、新たな指定管理者を募集したが、応募がなかったため。 老朽化などが背景にあるとみられ、町は存廃も含めて今後の施設の活用法を検討するとしている。 同園は県の外郭団体だった県福祉ふれあい財団の運営により1974年に開園。 同財団の解散に伴い、2007年3月に県から町に譲渡され、以来ずっと指定管理者制度で運営されてきた。 毎夏7月下旬から8月末までの約40日間営業。 約4万平方メートルの敷地に、1周380メートルの流水プールや約1200平方メートルの造波プールなどがあり、町内だけでなく、近隣の佐倉市や成田市などからも客を集め、1978年の最盛期には30万2千人の入園者でにぎわった。 しかし、近年は減少基調にあり、昨年はピークの15%の4万5634人にまで落ち込んだ。 町経済環境課によると、開園から大きなリニューアルがなく施設の老朽化が進んでいることに加え、着水面が浅いことから主力施設の一つであるスライダープールが2011年から利用中止となっていることなどが、入園者の低迷に影響しているとみられるという。 こうした中、16年度まで3年間運営を担った指定管理者の期間満了に伴い、町は本年度から2年間運営する新たな指定管理者の募集を昨年12月~今年1月に実施。 しかし、応募者は現れなかった。 町による直営も組織体制上難しいため、休園を余儀なくされることになった。 同課の担当者は「再開・廃止の判断だけでなく、新たな集客施設としての活用も考えるなど、さまざまな可能性をこれから検討していきたい」と話している。

次の

酒々井町の子供の楽園!「ちびっこ天国」が休園を発表。公営プールに未来はあるのか!?

ちびっこ 天国 酒々井

千葉県北部、印旛郡 いんばぐん にある町。 下総 しもうさ 台地北部にあって、印旛沼の低地を望む。 1889年(明治22)町制施行。 清水が湧 わ く土地の意から、酒の湧き出す井戸の伝説が生じ町名となった。 台地上をJR成田線と総武本線、京成電鉄本線および国道51号、296号、東関東自動車道が通じる。 戦国時代に千葉輔胤 すけたね は現在の本佐倉の将門 まさかど 山を居城とし、1590年(天正18)に滅亡するまで約130年にわたって酒々井の城下町は栄えた。 本佐倉城跡は国の史跡に指定された(1998)。 江戸時代には幕府の野馬の放牧地佐倉牧が置かれ、中期以後は成田参詣 さんけい の宿場町としても発展した。 米作と近郊農業のほか、工業は江戸時代から続く酒造業が盛んである。 成田国際空港のある成田市の南にあり、1975年(昭和50)ごろから中央部の台地は住宅地開発が著しく、町の人口が急増し、農業の町から住宅都市の性格ももつようになった。 京成電鉄本線宗吾参道 そうごさんどう 駅近くに、大小六つのプールを備えた「酒々井ちびっこ天国」がある。 六所神社 ろくしょじんじゃ の墨獅子舞 すみししまい は念仏を伴う民俗芸能で県指定無形民俗文化財。 面積19. 01平方キロメートル、人口2万0955(2015)。 [山村順次] 『『酒々井町史 史料集1~5』(1976~1980・酒々井町)』.

次の