あおさ コロナ ウイルス。 【襲来!新型コロナウイルス】「予防効果」をうたうトンデモ食品が多すぎ! 納豆、あおさ、オリーブ葉、タンポポ茶、ハチミツ、梅肉エキス......: J

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

あおさ コロナ ウイルス

河原敏男教授、林京子客員教授らの実験結果により、海藻の「あおさ」にヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認したとし、「新型コロナウイルスでの効果にも期待」 という触れ込みの中部大学のプレスリリースが削除されました。 中部大学「アオサがヒトコロナウイルスに効果を確認」 プレスリリースは削除されたので魚拓です 中部大学 生命健康科学部の河原敏男教授別と中部大学大学院 工学研究科の林京子客員教授らは、化学薬品メーカーの江南化工株式会社(三重県四日市市、大谷淨治代表取締役)、ラムナン研究所(西村訓弘代表=三重大学副学長)などと共同で、海藻の「あおさ」(写真)にヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認した。 あおさに含まれるラムナン硫酸を培養したウイルスに接触させたところ、高い抗ウイルス活性を示した。 現在、中国を発生源として世界中にまん延しつつある新型コロナウイルスは動物から人間に感染したとみられている。 ヒトからヒトに感染するヒトコロナウイルスと新型コロナウイルスの構造は類似しており、新型にもラムナン硫酸の効果があると期待している。 中略 ヒトコロナウイルスの感染実験に用いることができる動物はいない。 そのためヒトコロナウイルスの代わりに同じくエンベロープとRNAを持つ A型 インフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対するラムナン硫酸の効果を調べた。 その結果、ウイルスに感染させたマウスにラムナン硫酸を与えたところ3日後のウイルスの量が半減した。 マウスの体内にはラムナン硫酸を与えなくても一定量の抗体はできるが、ラムナン硫酸を投与すると抗体は7日で約1. 5倍、14日で約2. 3倍と大きく増殖した。 中部大学が 「アオサがヒトコロナウイルスウイルス増殖抑制効果を確認」とするプレスリリースが出されましたが、よく見てみると A型 インフルエンザウイルスを用いたマウス実験に過ぎないということが分かります。 ラムナン硫酸がRNAとエンベロープを持つウイルスであるA型インフルに効いたのだから、同じ構造を持つ新型コロナにも効くだろう、という理屈のようです。 しかし、こういう推論は現時点では飛躍になってしまいます。 コロナウイルス実験ですらない• 新型コロナウイルスに対する効果ではない• コロナウイルスすら実験で使っていない• マウス実験である• 現実的に人間が摂取可能な量でウイルス増殖抑制効果があるのか不明 現時点でこれらの障壁があります。 特に2番目は決定的に重要です。 この段階で「ヒトコロナウイルスに効果を確認」という文言で公表するのは 大学の自殺行為と言って良いでしょう。 研究結果に対する評価としてあり得ません。 たとえ新型コロナに効果があるとしても4番目の問題をクリアしないと机上の空論に過ぎません。 中部大学の河原敏男、林京子、林利光、は「常習者」。 とりあえず明日アオサを買いに走る必要は無いです。 中部大学の河原敏男、林京子、林利光らは「常習者」ですね。 しかし、その多くはマウス実験でしかなく ヒトに対する効果が実証されておらず、「期待される」「可能性がある」という表現にとどまり、 どれだけの量を摂取すればその効果が得られるのかが不明であり、権威ある査読付論文誌に掲載されたものなのかもよくわからないものが多いです。 まとめ:新型コロナウイルスへの科学的エビデンス無し それが原因なら他のウイルス、つまり麻疹ウイルスやおたふくかぜウイルス、A型インフルエンザウイルス、エイズウイルスもエンベロープとRNAを持つ点で共通するので、それらも大阪では防げていないとおかしいんですけどね。 — Nathan(ねーさん) Nathankirinoha 現時点では新型コロナウイルスへの効果があるという科学的エビデンスは無いです。 (否定されたわけでもないが) 以下のようなラムナン硫酸サプリメントやアオサ商品を買うとしても、そういう事を理解してからにしてください。

次の

2019新型コロナウイルス

あおさ コロナ ウイルス

変異したコロナウイルス(COVID-19・SARS-CoV-2)による新型肺炎がひろまっています。 日本ではまだ感染者数、死亡数共に少なく100万人あたりの死亡数1未満です。 このまま感染スピードが低く死亡例も少ないのか、今後爆発的に増加するのか不明です。 (一般的にはウイルスは生存のために弱毒化します) 致死率0. 感染経路は、今までの風邪の原因であったコロナウイルスと同様の飛沫感染(エアロゾル)及び接触感染と考えられています。 それが事実の場合のオランダでの 死亡率は0. ご参照下さい。 (以前のコロナウイルスのSARS,MARSの時と異なりSNSが発達してるために) 情報が錯綜していますが、なるべく正確な情報を得るようにしましょう。 対策として、感染予防に期待出来る行動を記載します。 検査で特定された患者さんのおよそ17倍の方が既に感染後で抗体を獲得しているという話になります。 (コロナ感染に気付かず亡くなった方がいなければの計算です) この新型コロナの抗体検査の感度や特異度も不明で、まだなんとも言えないですけど本当でしたら感染の収束は早そうです。 検査を受けていないだけで知らない間にコロナウイルス感染後で免疫獲得している人が多い筈という意見はよくありますが、こうして実際に調査した結果が出ると説得力が増しますね。 ちなみに日本国内でも4月中に無作為抽出して抗体検査を行う予定があるとの事です。 個人での検証ですが、抗体検査を行った開業医の先生がいたようです。 147人中7人(4. 数値の読み方に関してまとめております。 せっかくやるなら統計の知識ある人も巻き込んで、選択バイアスを避ける方法や結果の信頼区間を計算したりとかもやると良い気もします。 信頼区間の意味はネットで色々見てみてください。 ともあれ、日本全体でPCR陽性が0. 国立感染症研究所感染症情報センターセンター長のインタビュー記事です。 わかりやすく書かれています。 NIHでウイルス学の研究をしている病理の先生の記事です。 専門家らしい内容です。 色々なところで書かれている事ですが、情報源を大切にしましょう。 免疫を強くする、なども眉唾ものが多いです。 明らかな嘘も出回っています。 極端に悲観的な見方や楽観的な見方をしている方もいますが、医師が実名でツイートしたから真実というわけでもありません。 以下、枠内は上記リンク先の峰先生の文章の抜粋です。 僕の個人見解ではないですし、ご質問ご意見等を当院へ連絡することはお控え下さい。 (引用元を辿れば、紅茶がウイルス感染予防に効果が出なかったことなども細かく記載されています).

次の

あおさのラムナン硫酸がコロナウイルスに効果?食べ方は?洗う?

あおさ コロナ ウイルス

売り切れ続出のあおさ。 メディアの嘘とは? 惑わされないようにちゃんと記事を解説します。 朝のテレビで、あおさがコロナウイルスに効果ある的な事言ってたが、 今スーパー2件回ったら全て売り切れてた。 しっかりと解説してきます。 あおさが新型コロナの特効薬はデマ!メディアの嘘とは? 注目されている中部大学のアオサの記事ですが、大学ジャーナルで記載されていた記事によると ウイルスは遺伝子としてDNA(デオキシリボ核酸)かRNA(リボ核酸)のいずれかを持ち、生きた細胞に寄生して増殖する。 表面をエンベロープと呼ばれるたん白質や脂肪の膜で覆ったタイプと覆わないタイプに分けられるが、ヒトコロナウイルスや新型コロナウイルス、A型インフルエンザウイルスなどはエンベロープとRNAを持つことで共通する。 ヒトコロナウイルスの感染実験に使用できる動物がいないことから、研究グループはエンベロープとRNAを持つ A型インフルエンザウイルスをマウスに感染させ、アオサに含まれるラムナン硫酸の効果を調べた。 その結果、3日後にウイルス量が半減し、抗体量が何も与えないマウスに比べて7日で約1. 5倍、14日で約2. 3倍になったことが分かった。 より引用 気をつけて欲しい部分を色付けています。 インフルエンザに感染させたマウスで実験しただけです。 ヒトコロナウイルス・ 新型コロナウイルス・ A型インフルエンザは共通して エンベロープ(タンパク質・脂肪)と RNA(リボ核酸)を持っている。 インフルエンザに効果があったんだから、 共通するエンベローブとRNAを持つ コロナウイルスにも効果があるんじゃないか? というあくまで 効果に期待としか書かれていません。 なのにメディアがこぞって コロナウイルスに効果がある!と持ち上げまくった結果まさかの本家の研究発表が削除されています。 PR 中部大学の発表に問題はないのか? 残念ながら本家の記事が削除されてしまっているのではっきりと全文確認ができませんでしたが 発表された記事のタイトルが とインフルエンザウイルスの抑制をまるで「コロナウイルス」に効果があったかのように書いているため、このタイミングで発表すればどうなるのかを考えてはいなかったのでしょうか? 問題はメディアだけではないようにも思えます。 驚きの値段で口コミが一切ない謎のサプリメントを開発販売する企業の売名行為なら辻褄があいますね。 まとめ:あおさは新型コロナに効果なし!メディアの嘘とは? 朝メディアがアオサがコロナウイルスに効果があると報道されたことで全国であおさが売切れ、しかも高額転売される始末。 だが、有識者がたんたんと「よく見ろ、おかしいぞ」と指摘し続けていますがそれでも「あおさが売切れ」さらには「あおさはコロナウイルスに効果があるんだ!」と持ち上げ続けるメディア。 改めて文章を読めばわかるのにメディアに踊らされている方々。 本家の中部大学の記事は削除。 転売目的の人たちが少しでも痛い目にあうといいのですが。 合わせて読みたい•

次の