猫 オスメス 飼いやすい。 猫のオスメス、飼いやすいのはどっち?それぞれの性格や行動の特徴

どっちが飼いやすいの?!猫を飼うならオス?それともメス?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

猫 オスメス 飼いやすい

猫のオスとメスそれぞれの性格は? 猫を飼う前に、「絶対オス猫!」「メスがいい!」など元々決めている方もいるかもしれませんが、決まっていない場合にはまず性格の違いも参考にしてみて下さい。 猫種によっても性格は様々なので一概には言えない事ですが、一般的にオスはやんちゃで遊びが好きな甘えん防と言われ、メスは大人しくクールで、 気まぐれな子が多いと言われています。 猫はよくツンデレや気分屋なんて言われる事もありますが、そういった猫らしい性格はメス猫に多いようです。 行動の違いはある? オス猫がやんちゃで遊び好きとお話ししましたが、メス猫も遊びは大好きです。 ただ、オスの方が運動量も多く、たくさん遊んであげないと、運動不足になってしまう可能性も。 また、オスは甘えん坊で懐きやすいとされているので、そういった面も魅力ですが、マーキングをする習性を持っています。 自分の縄張りを主張する為に様々な場所にオシッコをするので、それに悩まされる飼い主さんも多いです。 猫のオシッコはとても強烈でなかなか取れないものですので、メスを選ぶという方もいます。 トータル的な費用の違いは? オス猫のマーキングはちょっと困りものですが、メス猫も発情期にはトイレ以外の所でオシッコをしてしまう事がありますし、発情期中はかなり大きな声で長時間鳴いたりします。 しかし、オス猫もメス猫も子供を作る予定がない場合は去勢手術や避妊手術をすれば、これらの困った行動が軽減されます。 手術費用は去勢手術が15,000円~25,000円程で避妊手術が20,000円~3,5000円程度です。 手術自体はオスの方が安い傾向にありますが、オスはメスよりも大きくなりますし、運動量も多い分餌代は多くかかります。 その他にも、病気になってしまったら治療費は当然かかりますが、ワクチンや手術や餌代など、猫を飼う前から分かっている費用を合わせると、メス猫の方が経済的と言えるでしょう。 まとめ オス猫とメス猫の様々な違いについてお話させて頂きましたが、これらをトータルして考えると、初めて猫を飼うという方にはメス猫の方がいいかもしれません。 マーキングや費用、大人しいという性格からも言える事ですが、もし特にこだわりがないならメス猫のが飼いやすいと言えます。 しかし、飼い主さんの好みにもよりますし、同性の方が気持ちが伝わりやすいとも言われています。 猫を飼う際には「飼いやすいか」もポイントですが、オス猫もメス猫も飼ったことがある私としては、どちらにもそれぞれの良さや魅力があります。 初めて猫を飼う方は飼いやすさも参考に、「この子!」と思えるようなインスピレーションを大事にしてもいいと思いますよ!.

次の

ラグドールのオスとメスで性格は違う?飼いやすいのは?

猫 オスメス 飼いやすい

猫の性格の特徴について 猫の性格は品種や性別によっても違いがありますし個性によるものもあります。 オス猫とメス猫の性格の違い 猫の性格の一般的な特徴 オス猫の性格 メス猫の性格• 甘えん坊• やんちゃ• 遊びに夢中になる• 用心深い• 気まぐれ• ツンデレ• すぐに威嚇する 一般的にオス猫は甘えん坊で人懐こく、猫のおもちゃにもよく反応します。 基本的にかまってちゃんなので、甘えん坊な猫が好きな方にはオスがオススメです。 オスほどオモチャに反応でず飽きっぽいです。 メスは子育てをするため自立心が強く、オスと比べて手がかからない傾向があります。 ちょっと無愛想にも見えますがメスの方が猫らしい性格といえますね。

次の

飼いやすい猫の種類TOP5!初心者が猫を迎える時の選び方は?

猫 オスメス 飼いやすい

性格が穏やか• クールで気分屋• プライドが高く• オスに比べて、あまり甘えない• 警戒心が強く、一人遊びを好む メスの方が、『猫っぽい性格』と言えるかもしれません。 発情時の特徴 最も困った特徴は、 発情期の行動です。 オス猫 縄張りを示すため スプレイ行為(尿かけ)をし、 メス猫を求めて 喧嘩をしたりします。 行動範囲が広いため、 家出騒動を起こす可能性があります。 メス猫 とにかく 鳴き声がうるさいです。 発情期の行動は、オスメスどちらも近所迷惑の心配があります。 しかし、これらの心配は、 去勢・避妊手術と 完全室内飼いで解決することができます。 どちらを選ぶべきか では、どちらが飼いやすいのでしょうか? 飼いやすさという点からだけ考えれば、 おとなしいメス猫の方が飼いやすいでしょう。 自立していて、孤独でも大丈夫な メス猫の方が、 特に一人暮らしで日中家にいない人や、 家で仕事をしている人には向いています。 要は、 手間がかからない、ということです。 しかし、あなたが、べったり猫と触れ合いたいのであれば、 甘えん坊でかまってちゃんの オス猫の方が 遊び甲斐があっていいでしょう。 Sponsored Link わが家の場合 21才まで長生きしたうちの猫は、 メスでした。 最初は、 とにかく人に慣れず、 膝に乗ってくることなどありませんでした。 抱っこも、私以外は完全拒否で、 歳がおばあちゃんになったあたりからやっと、 家族が撫でても拒否しなくなりました。 一人遊びが上手で、若い頃は、夜中に 玄関からリビングまで、一番長い直線距離を何度もダッシュしたり、 マタタビの小枝を前肢ドリブルでじゃれたり、 抱えて猫キックしたりと、 よく一人で遊んでいました。 そんな性格でしたので、お留守番させても、 「帰ったら寂しくていたずらしていた!」 なんてことは一度もありませんでした。 もちろん、個体差はあると思いますが、 うちの猫の場合は、 メス猫の特徴がよく当てはまるという例だったといえます。 オス … 懐きやすい、かまってちゃん• オス … スプレイ行為、喧嘩、家出• メス … 鳴き声がうるさい *去勢・避妊手術と完全室内飼いで解決。 飼いやすさ(手間のかかりにくさ)という点だけなら メス• メス … 一人暮らしや あまり構ってあげられない人• オス … 猫とべったり遊びたい人 あくまで傾向ですので、個体差はありますが、 猫を選ぶ最初の基準として、知っておくとよいでしょう。 但し、個人的には、 最初にインスピレーションやひとめぼれで 「この子!」と迷いなく(性別関係なく)、 運命を感じるような出会いがあれば、 それはそれで、とっても幸せなことだと思いますよ!.

次の