おっ パイ 痛い 乳がん。 乳管内乳頭腫

異常の発見 Archives

おっ パイ 痛い 乳がん

ここではおっパイが痛い時の原因の一つ、乳腺症という病気について詳しく説明していきます。 乳腺症とは、女性ホルモンのバランスが崩れることで乳腺に痛みやしこりが生じた状態を言います。 30〜50代の年代に多く見られ、加齢やストレスなどが起因して発症するものと考えられています。 生理周期にも深く関わっていて、特に生理前になると症状が強く現れる傾向にあります。 女性が生涯で一度はかかってもおかしくないと言われるほど、ほとんどの人が乳腺症を発症しています。 実際にの検診を受けて乳腺症と診断されるケースは非常に多く見られます。 sponsored link 【乳腺症の原因】 乳腺症の原因は、女性ホルモンの分泌が過剰になるなどホルモンバランスが崩れることが起因しています。 女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)は乳房内の乳腺や乳管洞を発達させる働きがあり、、主に排卵前と生理前に多量に分泌されますが、生理後は分泌量が急激に減ります。 これを長年繰り返すうちに、発達した乳腺が元に戻りにくくなったり強い変化を起こしやすくなったりして症状を引き起こすのが原因となります。 さらに、この時期の女性は子育てに追われたり、職場では責任の重い役職に付いたりと社会環境も複雑でストレスが溜まりやすい状況下に置かれることも背景にあります。 【乳腺症の症状】 乳腺症の症状は、乳房から両脇の下にかけて張りや痛みを感じ、しこりはやや固くて大小さまざまなものが複数でき、それぞれの境界線がわかりにくくはっきりしていないのが典型的な症状です。 しこりは生理前に大きくなり生理が始まると途端に小さくなるのが特徴です。 また、閉経を迎えると症状は軽快するか自然と消失する傾向にあります。 でできるしこりと似た部分があるので非常に勘違いされやすく、乳がんを疑って検査を受けられる方の多くが乳腺症と診断されるほどです。 sponsored link 【乳腺症の治療】 乳腺症は基本的にしこりも良性で、検査で乳がんではないと分かれば特に変わった治療を行う必要はありません。 ストレスの軽減を図る、睡眠を十分に取る、栄養バランスを整え食生活を改善する、適度な運動をするといった健康的な生活を起こることが症状の改善に繋がります。 痛みが強い場合にはロキソニンやボルタレンなどの鎮痛薬を服用して対応します。 また、女性ホルモンの過剰分泌に対しては抗エストロゲン薬を使用する場合もあります。 このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。

次の

左胸に違和感がある。チクチク痛む。

おっ パイ 痛い 乳がん

おっぱいの痛みを訴える人のほとんどが背景に乳癌の不安を抱いています。 おっぱいが痛いと思っていても実は狭心症であったり肋間神経痛であったり することもたまに見受けられます。 実際におっぱいの痛みの場合、その痛みの原因が乳癌でないことを除外 診断することが一番大事です。 おっぱいの痛みの多くは良性変化である 乳腺症によることが多いです。 乳腺専門医を受診し正確に診断してもらうことが重要になります。 逆に考えれば、痛みという症状が折角出たので良い機会だから、 乳腺専門医を受診して診察してもらう事が安心に繋がりますし、また自分 の乳房に関心を持つきっかけになれば、なお、良いとも考えられます。 脇の下はリンパでしょう。 私も生理前はリンパは触れないほどいたくなりますししこりもありますが 毎年の検査で乳がんは見つかってません。 胸には乳腺がありますので、よく胸も痛みます。 良い機会ですから、年齢がわかりませんが、受診して不安は解消しておきましょう A ベストアンサー それはおそらく、わきの下にある「リンパ腺」が腫れているのでは? リンパ腺は全身にありますが、炎症を起こすと腫れます。 炎症の原因は様々なので、現段階で特定は出来ませんが、 私は風邪を引いた時に、わきの下が痛くなりますよ。 わきの下を指で押しながら探ると、グリグリした物が指に当りませんか? もし当って、それが痛ければ、リンパ腺の可能性が高いと思われます。 「リンパ腺の腫れは、痛みがある時は、さほど怖くない」と以前に医師から聞いたことがあります。 身体に異変が起きると、とても不安になりますよね? よく分かります。 でも、実際に検査をしてみたら「な~んだ、心配して損した」と いうことがほとんどだと思います(私もよくあります)。 勇気を出して病院に行きましょう^^。 Q 立ち仕事をしています。 三週間ほど前 起きたら突然 左肩に鈍痛を伴う違和感を覚えました。 もともと腰痛持ちではありましたが 肩こりは自覚症状がなかったので肩こりが来たのか、と思っていました。 なのでインドメタシン配合の塗り薬を塗ったり マッサージしたりしましたが 依然として改善されず 整形外科でレントゲンも撮ってもらいました。 骨に異常はみられず 結果は筋肉がパンパンに張っている、ということで 近所の接骨院に転院してマッサージを受けております。 が 依然改善されないまま 最初は肩から肩甲骨周辺の痛みが 変な別の痛みを感じるようになりました。 タイトルの通りで、腕を根元から引っこ抜かれそうな痛みなのです。 筋が痛い?肩こりの弊害?とも思いますが 肩こりで 胸~わきの下が痛くなるなんてこと あるのでしょうか?腕をダラリと下げていたり 右側後方を振り返った時に 痛みが有ります。 リンパが腫れているとか 別の事を疑ったほうがいいのでしょうか?その際 どの科に見てもらえばいいのでしょうか? A ベストアンサー こんにちは!! ご相談の痛みはまだ続いていますか? 性別や年齢、仕事等が判りませんのでハッキリ云えませ んが文面から見て胸椎を傷めたことによる肋間神経痛で はないかと考えられます。 寝返りした時にでも背骨が僅かにズレたのではないかと 思います。 時々あります。 頸椎であれば寝違え、腰椎で あればギックリ腰ということになります。 背骨が僅かにズレると神経痛を起こすことがあります。 立ち仕事とのことですがレジとかパソコン等の操作が長 時間続くと少しずつズレてきて寝返り等切欠を与えると 余計痛みやすいです。 レントゲンの検査で異常がなかったとすれば可能性があ ります。 出来ることならこのズレを見つけて元に戻せる 方が近くにいると良いと思います。 腕を動かす角度や頚を動かすと痛みが変わることから恐 らくそうだと思います。 胸椎の傷めた箇所によって肋間神経痛を起こし胸が苦し くなったり、胃の具合が悪くなることもあります。 腕がやんだり痺れたりすることもあります。 本来は整形外科の分野ですが検査ではなかなか判っても らえません。 手で触れてみると判るのですが・・・ 出来ることならストレッチ等で背骨を大きく動かす様な 体操をしてみてください。 お大事に。 こんにちは!! ご相談の痛みはまだ続いていますか? 性別や年齢、仕事等が判りませんのでハッキリ云えませ んが文面から見て胸椎を傷めたことによる肋間神経痛で はないかと考えられます。 寝返りした時にでも背骨が僅かにズレたのではないかと 思います。 時々あります。 頸椎であれば寝違え、腰椎で あればギックリ腰ということになります。 背骨が僅かにズレると神経痛を起こすことがあります。 立ち仕事とのことですがレジとかパソコン等の操作が長 時間続くと少しずつズレてきて寝返り等切欠を与え... A ベストアンサー ご自分でバストをチェックする場合は以下の点に注意するとよろしいかと思います。 ・乳房に内出血がないか ・乳汁の異常な分泌がないか ・乳首の陥没が無いか ・生理にあわせて乳房が硬くなっていないか ・腕を上げたとき、皮膚のひきつれはないか ・手を腰に当てたとき、乳房にえくぼが出ないか ・虫に刺されたような毛穴の拡張部分はないか ・脇の下にコリコリした痛みはないか ・乳房に指を押し当てたとき、しこりのようなものはないか 何らかの異常がある場合は、お時間を見つけて乳腺外来を受診するとよいかもしれません。 チェックして異常が無いのに乳房が痛む場合は、乳房の左右差による下着の圧迫、利き手との関係、日常生活や職場において頻繁に行う動作による機械的なストレス、生理周期との関係などが考えられます。 痛みが出る前の状況を細かく思い起こしてノートなどに書き起こしてみると、肩こりの原因と共に、乳房の痛みの原因が判明するかもしれません。 Q 2年前の秋ぐらいから、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れて、だるい痛みがたまにあり、左乳房にも痛みが出るようになったので、受診。 更年期のせいと言われ、EVENING PRIMROSEという更年期の乳房の痛みを和らげるハーブ系の薬をもらう。 症状が断続的に現れるので、翌年の夏、マンモグラフとスキャンをしてもらったところ、異常なしと言われる。 左腕の筋肉に変な感じを覚えることがあったが、それは胸からの影響とのこと。 その後も症状はなくならず、痛みはだんだんひどくなった。 冬になるころには、痛みで明け方目が覚めることもあるようになった。 痛む時期とやわらいで、ただ重い感じがするだけの時期があるのに気がつくが、生理の周期とは全然マッチしていない。 その後の検査で、疑いがいくつか晴れ、結局、胃に沢山のポリープがあって、食道にヘルニアがあるというのが新しい発見となったが、どれも脇と乳房の痛みとは結びつかない。 このときの乳房のマンモグラフは異常なし、スキャンは左乳頭の内側に影があるかも、ということで、定期的な観察を勧められる。 いろいろな、致命的な病気の心配を四六時中してしまうせいか、4月末には左脇の下と乳房の痛みに加え、心臓だか食道だかよく自分でも分からなかったが、その辺りが握りつぶされるような痛みをたまに感じるようになった。 イギリスで再度スキャンを受けるが、何にもないとのこと。 こちらの医者が言うには、乳がんでこんなに痛かったら、もう末期とのこと。 結局、最初の診断通り、更年期のホルモンバランスの乱れのせいということに落ち着き、鎮痛剤とEVENING PRIMROSEの服用で、自然に落ち着くのを待つということになった。 いったん落ち着いたものの、この6月の終わりごろから痛みが始まり、痛くて眠れない夜もある。 左手もしびれた感じが強くなったが、ものをつかむことはできる。 たまに左足もしびれた感じがするようになった。 左の二の腕は重く、これまたしびれた感じで、筋肉が硬く盛り上がった感じ(右手が利き手で握力も強いのに、左腕の力瘤の方が大きく出ます)。 左肩も重い。 ときに焼印を押されたような、ときにキリでぐりぐりと突き刺したような内側に響いていくような痛みで、思わず声を出してしまうこともある。 腕と胸の付け根の筋肉に違和感がある。 こんな状態で、受診。 手足の痺れ感があるので、ストロークの心配がないかどうかのチェックを受けるが(握ったり、圧力に抵抗したり)、こちらは心配なしで、やはり、ホルモンバランスのせいと言われる。 胸と肩、腕はつながっているから、神経が圧迫され、筋肉にも影響して、しびれたり、違和感が出たりしているのだと説明される。 どうして、左ばかりなのかという問いを対しては、人体の神秘はまだまだ解明されていなくて、よく分からないとのことだった。 こんなに痛いのに、ほんとうに単なる更年期障害なのでしょうか? 更年期障害を調べると、のぼせやほてり、肩こりなどが代表的な症状で、多種多様な症状があり、個人差が大きい、というようなあいまいなものです。 鬱っぽくなって、なんにもやる気がなくなるとか。 痛みと、それによって引き起こされている不眠とによって、からだ全体がだるいし、疲れているし、痛みのせいで気持ちは悪くなるし、鬱にさえもなりそうです。 それに、症状から検索をすると、恐ろしい致命的な病名がずらりと出てきて、読む気さえも出てきません。 それから、のぼせ、ほてりというのとは少し違うような気もするのですが、頭からホルモンかなにか出てきて、それがそのまま頭にたまって、頭だけが変な感じがすることがあります。 でも、頭痛はしません。 または、両肩から二の腕にかけて、じわっとなにか液体が走るような感じることがあります。 更年期のせいと言われ、EVENING PRIMROSEという更年期の乳房の痛みを和らげるハーブ系の薬をもらう。 症状が断続的に現れるので、翌年の夏、マンモグラフとスキャンをしてもらったところ、異常なしと言われる。 左腕の筋肉に変な感じを覚えることがあったが、それは胸からの影響とのこと。 その後も症状はなくならず、痛みはだんだんひどくなった。 冬になるころに... A ベストアンサー 症状が似ています 肩から腕、指まで痛かったり、筋肉がだるかったり、排卵期は特に胸の張りと一緒に腕が辛いです 様々検査しましたが異常なく、現在漢方薬を飲み鍼などに通っています 異常なしがかえって不安になりましたが、こういう更年期的な不定愁訴もあるということで今は納得して内科で漢方薬を頂いています 痛みがあると不安になり、ここ数ヶ月でいろんな症状が出ました 気分が落ち着くといくつかの症状が消えていることに気づきました 腕や肩、胸の症状はまだありますがうまくつきあっていこうと思っています きっと時期がきたら治ると自分に言い聞かせています 不安から病気になることを初めて知りました 安心できる先生を見つけて相談してみて下さい きっと落ち着くと思います A ベストアンサー NO3のkwgcmm1001です(^^) 私は 整形外科を受診し まず 骨のレントゲンを撮ってもらいました。 この時 骨は異常無しでした。 その直後は 整形外科で低周波(?)治療を受けました。 でも 参考URLにも書きましたとおり ・肩が張るような 痛み ・左胸横(わきとの接点)~胸わき~二の腕まで つるような 引っ張られるような 何とも言えないイヤな痛み(激痛ではないです) ・右後方を振り帰ってみると 首筋から 肩甲骨にかけてつれるような痛み が 2週間たっても 改善されず 次は整体へ。 骨盤の歪みから…と診断されました。 腰痛は解消されたのですが 相変わらず わき~胸は にぶい・引っ張られるような痛みがありました。 整形外科へ通うのに 少し距離があるので 近くの接骨院へ転院しました。 こちらでは とにかく背中と腰の筋肉が張っているということで マッサージを受けています。 おかげで 背中の痛みは 大分 和らぎました。 わき近辺(腕の付け根周辺)は 相変わらず 痛いのですが 痛みに慣れたのか一時の我慢できない痛みでは なくなりつつある様です。 私の質問に対する回答者様の回答の中で「胃の調子」「呼吸がしにくい」という点が 当に合致したので 自分なりに『肋間神経痛』で納得しました。 前述の整形外科では その時「肋間神経痛」という言葉を知らなかったので 先生にも特に その疑いを伺っていません。 今度聞いてみようと思います。 私は胸(乳房)の方は 特に痛みは無いです。 ただ肋間(肋骨)の神経痛なので 乳房に痛みがあっても あり得るのでは?と思います。 「肋間神経痛」で 検索してみてください。 いろいろの症状があるようです。 「乳がんかしら?」と疑って 婦人科を受診して 実は「肋間神経痛」というパターンも多いそうです。 まずは 乳がん検診を受けられて 相談された方が良いと思います。 そこで『肋間神経痛』と診断を受ける場合もあるそうですので。 長々と失礼しました。 早く 良くなりますよう…(^^) NO3のkwgcmm1001です(^^) 私は 整形外科を受診し まず 骨のレントゲンを撮ってもらいました。 この時 骨は異常無しでした。 その直後は 整形外科で低周波(?)治療を受けました。 でも 参考URLにも書きましたとおり ・肩が張るような 痛み ・左胸横(わきとの接点)~胸わき~二の腕まで つるような 引っ張られるような 何とも言えないイヤな痛み(激痛ではないです) ・右後方を振り帰ってみると 首筋から 肩甲骨にかけてつれるような痛み が 2週間たっても 改善されず... Q 25歳の会社員です。 2ヶ月ほど前から、胸の上の方にちくっとした痛みと、胸の張りを感じています。 ちくっとした痛みはふとした時に起き、あまり痛くはありません。 生理前によく胸が張ることはありますが、生理が終わってからもしばらく続いています。 心なしか、胸も大きくなりましたが、体重に変化はありません。 普段自分では触らないので気がつきませんでしたが、 恋人に触られた際に「痛!」というくらいの痛みを感じます。 鈍痛ですが… ワイヤーなしのブラを使うと楽なのですが、パッドの入っているもの、ワイヤー入りのものだと痛みが増します;; はずすと、途端に楽になるのですが… 妊娠を疑いましたが、生理は29~30日周期で定期的に来ていますし、避妊もしています。 変わったことといえば、ここ最近今までなかったPMS 頭痛や吐き気等)が起きるようになったことです。 乳首より上の所に、しこりのようなものがあり、もしや乳がん?と思いましたが、乳がんのしこりの特徴とは少し違っていて…(説明が下手で申し訳ありません) 一年半ほど前にしこりを発見し、乳腺専門?の病院で診てもらったことがありますが 結果は良性で、ホルモンバランスが崩れているのでしょう、との事でした。 何が原因でそうなっているかは分かりませんが 病気なのかも…と思うと少し不安です;; 妊娠?乳がん?成長痛? このような症状の方、詳しい方、どなたでも構いませんので アドバイスを頂けると嬉しいです。 25歳の会社員です。 2ヶ月ほど前から、胸の上の方にちくっとした痛みと、胸の張りを感じています。 ちくっとした痛みはふとした時に起き、あまり痛くはありません。 生理前によく胸が張ることはありますが、生理が終わってからもしばらく続いています。 心なしか、胸も大きくなりましたが、体重に変化はありません。 普段自分では触らないので気がつきませんでしたが、 恋人に触られた際に「痛!」というくらいの痛みを感じます。 鈍痛ですが… ワイヤーなしのブラを使うと楽なのですが、パッドの入っているもの、... A ベストアンサー はじめまして。 少し気になりましたのでコメントさせて頂きます。 私の友人が2年間、小さなイボが乳首の横にあり、痛みがあったのですが、 結局、イボの切除しました。 その時の聞いたお話です。 1 性行為の時は、あまり痛みは意識しなかった。 2 自分に合わないのに、綺麗に見えるブラをしていた。 3 病院には、1年以上行かなかった。 結果、初期悪性腫瘍で、イボより、かなり広い範囲を切除しました。 (ガンの転移防止の為) 無理な下着付けていませんか? 胸のサイズに合ってるブラしていますか? 性行為中にも、少しでも痛み感じますか? ご自分で触ると痛いですか? どちらにしても、早めに病院で検査する事をお勧めします。 Q 背中の痛みと乳がんの可能性はあるかなと心配しています。 今年の2月頃から右の肩こり~背中、腰あたりの鈍痛があり、だるい思いをしてます。 毎日のようにマッサージにいくわけにも行かないので、シップで凌いだりしていますが、 毎日こうしているわけにもいかず、、、(くさいしお金もかかるし) どうにもだるく肋骨あたりまで最近はだるくて、深い息も若干しずらいです。 (といっても生活は普通にしていますが、すっきりスヤスヤ前のように眠れないというか、なんだか息苦しい感じです・・) 激痛というわけではないのですが、重だるく毎日肩たたきで背中や肩や腰をたたいたり、右肋骨周囲を 押さえたり(指圧)しています。 すっきりしません。 で、内臓疾患を疑い、たまに腹痛もあったので消化器科でいろいろ調べたのですが原因不明です。 (採血、腹部超音波、CT、胃カメラ、大腸内視鏡、レントゲン) 婦人科は子宮筋腫の持病があり定期的に通院してますので、検査もしてますが、関係ないようでした。 いったい何が原因なのか・・・ ふと、乳がんも背中に症状が出ると前聞いたことがあるので、乳腺外来にいったほうがいいのかな?!と思ってきたのですが・・・どう思いますか? マッサージに行くとやはり背中、肩、首はものすごく凝ってる&はってるといわれ、背骨の横にコリの硬いのがありますね~、コリコリわかります?って汗だくで指圧されますが・・ そのへんが凝ってるとわき腹肋骨あたりまで痛みがはしったりするともいわれますが・・ ちなみに健康診断で婦人科検診は毎年受けてます。 昨年マンモグラフィーも1年前に受けて異常なしでしたが・・・ 何か経験のある方、思い当たる方、レスお願いします。 毎日朝起きたときから背中から肋骨、肩まで筋肉痛のような感じで朝からまたシップです・・涙。 背中の痛みと乳がんの可能性はあるかなと心配しています。 今年の2月頃から右の肩こり~背中、腰あたりの鈍痛があり、だるい思いをしてます。 毎日のようにマッサージにいくわけにも行かないので、シップで凌いだりしていますが、 毎日こうしているわけにもいかず、、、(くさいしお金もかかるし) どうにもだるく肋骨あたりまで最近はだるくて、深い息も若干しずらいです。 (といっても生活は普通にしていますが、すっきりスヤスヤ前のように眠れないというか、なんだか息苦しい感じです・・) 激痛というわけ... A ベストアンサー 痛みがマシになっているとのことで安心しました。 自然気胸という病気であれば、確かに肺にできた穴が小さいときは自然に治ってしまい、病院にいっても安静や運動を控えるといった、ひどくさせない対処療法で様子観察になります。 もちろん息切れとか痛みが続けば入院治療になります。 ただ、またいつか起きるかも知れないということと、本当に自然気胸かどうか確認しておかないと、ほかの病気と混同して間違った判断をしない(大丈夫とタカをくくって受診しない!)ことが心配です。 また、本当に自然気胸なら、たとえばダイビングとか、登山なんかで肺に圧力がかかるレジャー・急に呼吸困難になった時に対処が難しい運動は控えたほうがいいといった注意が必要です(単なるランニングとか、球技・水泳なんかの学校での運動はすぐに休んだり、病院に行けるので大丈夫です)。 そういった正しい注意を確認しておく必要がありますので、今回まだ胸に違和感があるなら受診してください。 もしまったく症状がなくなってしまったら、仕方ありませんが、そのときは今度同じ症状が出たら必ず受診してください。 繰り返し起こす人もおられますので、できればネットで自然気胸について確認して、説明文を見て納得できないことがあれば受診を考えてください。 特に熱が出るとか動悸がするとかあまり自然気胸で起きない症状があればほかの病気の可能性があります。 ほかの方のように本当に心配な人は「大丈夫、病院いかなくてもいいよ」とは言いません。 僕も基本的なキーワード「若年、胸部上方の急な胸痛、息切れ」で導き出される病気が自然気胸なので説明しましたが、本当に診断するためには胸の音を聞いたり、写真を撮ることが必要です。 やはり自己判断で気をつけてください。 お大事にしてください。 痛みがマシになっているとのことで安心しました。 自然気胸という病気であれば、確かに肺にできた穴が小さいときは自然に治ってしまい、病院にいっても安静や運動を控えるといった、ひどくさせない対処療法で様子観察になります。 もちろん息切れとか痛みが続けば入院治療になります。 ただ、またいつか起きるかも知れないということと、本当に自然気胸かどうか確認しておかないと、ほかの病気と混同して間違った判断をしない(大丈夫とタカをくくって受診しない!)ことが心配です。 また、本当に自然気胸なら、... Q はじめまして。 1ヶ月前から、下記の症状があります。 28歳・女性・未婚・既往症ナシ・過去に大きな病気もなし・自分で触診する限りでは乳房にしこりもなし・2年前に父が肺ガンで他界・祖母が現在肺ガンの治療中 これだけでは、判断が難しいと思いますが、この症状だけでガンかもしれない!という可能性はありますか?または別の病気の可能性などありますか? 現在、他界した父に変わって家族を養っているので、今死ぬわけにはいきません。 念のため健康診断で、女性用の検査 マンモと超音波)と受診する予定です。 はじめまして。 1ヶ月前から、下記の症状があります。

次の

Vol.3 乳房が痛みますが、乳がんの可能性は?【40歳からのからだ塾WEB版】

おっ パイ 痛い 乳がん

もくじ• 主な症状は、乳房の痛み・しこり・分泌物 乳腺症の症状は、主に次のとおりです。 乳房の痛み(疼痛)• ここでご説明したような症状は、ほとんどのケースで自然に軽快していくため、過度な心配は必要ないでしょう。 病変の一部を取って、顕微鏡で詳しく調べる検査 血管が拡張すると、乳房が張って痛む 卵巣からは、エストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが分泌されています。 エストロゲンが過剰な状態が続くと、乳管・間質の量が増加します。 特に間質は、血管が拡張し、うっ血状態になり乳腺全体が張り、硬くなるので、しこりのようになり、痛みを伴う場合があります。 女性ホルモンの分泌量が多すぎるのも原因 乳腺症の発症理由としては、エストロゲン(ホルモン)の過剰な状態が挙げられます。 発症は35~50歳台に多く、閉経後はまれ 乳腺症は、ホルモン分泌が盛んな35~50歳台の女性に多くみられます。 閉経後に乳腺症が発生するのはまれです。 痛みや硬結などの症状は、月経前に強くなり、月経とともに軽減、終わる頃には緩和されることが多いです。 出産後に授乳しなかった人はなりやすいの? 次のような人は、乳腺症を起こしやすいと考えられています。 出産後の授乳期に、「乳腺炎」を発症した人• 授乳していない人・授乳期間が短かった人• ストレスが多い人 経過を観察するケースが多い 乳腺症は、基本的には積極的な治療を必要としません。 半年に一度のペースで、経過を観察するケースが多いです。 しかし、乳房の痛み・ハリ感が強い場合には、次のような対症療法が行われます。 漢方薬の処方• ホルモンバランスを調節できる低用量ピルの使用など しこりから、水を抜く処置が、行われることもあります。 乳がん発症は非常にまれ 乳腺症が見つかったら、乳がんも気になりますよね。 乳腺症は、次の2つに区別されます。 ・非増殖性病変 ・増殖性病変…がんになりやすいとされる ほとんどが、がんになりにくいとされる非増殖性病変と考えられています。 乳がん発症は非常にまれで、大部分は、乳がんとは関係がない乳腺症です。 まとめ 乳腺症自体が、乳がんのリスクを上げません。 しかし、乳腺症によりしこりが生じている場合には、そのしこりが 乳腺症によるものなのか、乳がんによるものなのかを、触診のみで判断するのは困難です。

次の