竹脇無我。 竹脇無我の死因は?松山英太郎の死でうつ病も森繁久彌との絆で回復!

竹脇無我の若い頃は?十朱幸代と?姿三四郎?父親が自殺!兄は失明!

竹脇無我

竹脇無我の経歴とプロフィール? 竹脇 無我(たけわき むが) 生年月日:1944年2月17日~2011年8月21日 出身地:千葉県我孫子市 出身学校:青山学院中等部、高等部を経て青山学院大学法学部を卒業 所属事務所:石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィスを経てアクターズ・セブンに所属していました。 アナウンサーをしていた竹脇昌作の三男として生まれます。 名前の「無我」ですが、これは本名で、最初は「宇宙」という名前を父がつけようとしたのですが、母が反対したため「無我」になります。 半世紀以上前の話ですが、しかも、戦時中に「宇宙」という発想が自体、そうとう意識が高かったのかもしれません。 父の昌作が自殺により亡くなり、元ラジオ関東アナウンサーの長兄であった竹脇義果が半失明状態、さらには次兄の竹脇真理が脳腫瘍のため18歳で早逝するなどしたために、家計が厳しい状況にあい、一家の立て治しを図ろうと、16歳で映画界に入ります。 1960年、松竹映画「しかも彼等は行く」で俳優としてデビューします。 1965年、「アンコ椿は恋の花」で初主演を果たします。 1970年、テレビドラマ「姿三四郎」で一躍人気となります。 テレビドラマでは森繁久彌や加藤剛との共演が多く、親交も深かった。 スポンサドーリンク 竹脇無我の死因は? 身長:173cm 体重:60kg 声の良さから女性のファンが多く、しかも知的で優しい雰囲気から「理想の夫ナンバーワン」とも呼ばれました。 やっぱり、そうなんですね。 管理人は小学生でしたが、竹脇無我さんの二枚目っぷりは、子供でもわかりました。 ところが、外面と内面とのギャップに悩まされ、気の休まらない日々が続いたそうなんです。 役者として、安定した人気を得るようになりましたが、友人の松山英太郎が食道癌で1991年に亡くなったショックと、二枚目を演じるストレスなどから、49歳ごろから自殺の衝動をお酒で抑え始め、うつ病と診断されます。 ちょうど竹脇無我さんのお父様が亡くなられたのが、49歳です。 1997年、53歳のころに前妻と離婚してしまいます。 やがて、糖尿病と高血圧症も併発し、再度入院することとなり、娘からのサポートや森繁さん加藤剛さんからの手紙が励みとなり、うつ病の治療に専念します。 8年間の闘病生活の末になんとか復帰し、食生活も改善して闘病体験を語れるまでになりましたが、2009年に父と慕っていた森繁が亡くなったことによる精神的ショックもあり、以後再び落ち込みが激しくなり、一度は止めた飲酒と喫煙を再び続けるようになります。 2011年8月21日、同日未明に自宅内で意識不明の状態で発見され、東京都大田区の東邦大学医療センター大森病院に搬送され、集中治療室で入院中と報道されます。 脳幹出血の症状があり、集中治療室にて治療が続けられますが、同日14時5分、小脳出血により東邦大学医療センター大森病院にて67歳で亡くなられます。 竹脇無我の身長は? 身長:173cm 体重:60kg 現在娘や三人家族? 1970年に結婚、2人の娘が生まれますが、十数年の別居生活の後、1997年に離婚しています。 長女のは、アルロン・ジャパンの広報 次女は、イラストレーターをしている竹脇麻衣さん 後年には内縁の妻と同居していました。 亡くなるときは、前妻と娘2人、内妻に見守られながら息を引き取ります。 栗原小巻と噂? 1970年代後半から1980年代にかけては、十朱幸代、土田早苗を始めとする共演女優との不倫スキャンダルが週刊誌で時々報道されます。 栗原小巻さんとは、いろいろと共演されているのですね。 1968年、「三人家族」 1970年、「二人の世界」 1981年、「関ケ原」 確かに、これだけ同じ俳優さんと共演となると、何か噂されても仕方がないのかもしれません。 1970年 木下恵介監督制作のTVドラマ「二人の世界」 主演は、竹脇無我さんと栗原小巻さん 主題歌は、あおい輝彦さんです。 二人の世界 1970 主演に竹脇無我、栗原小巻の当時人気絶頂のゴールデンコンビを起用し高視聴率だった番組。 小巻さんの弟役のあおい輝彦の歌ったロッカバラードの主題歌も、テレビ主題歌が滅多にヒットしなかった時代に珍しくヒットチャートを駆け上がる大ヒットになりました — OMI OMI736 韓流ドラマの元祖、はたまた高度経済成長期の元祖トレンディードラマみたいなドラマだったようです。 【サイトへの問合せ回答】 第3回で雄一(竹脇無我さん)が駅で電車の窓越しに敬子(栗原小巻さん)と見詰め合う場面。 ロケ地は新橋駅のホーム。 混雑のしない日曜日に撮影。 それでもホームには見物客でごった返すありさま。 一発勝負でスタッフも神経を使い、エキストラが250人にも。 — マヤの暦・人生の自由研究 syowa40stvdrama 十朱幸代さんとは、1987年に「TBS「年末大型時代劇スペシャル 太閤記」で共演をしています。 土田早苗さんとは、「大岡越前」で共演されていますが、竹脇無我さんが亡くなられたとき、「お別れの会」に出席されているので、ウワサだけかなと思います。 土田早苗さんというと私にとっては時代劇の人で、特にハマってたのが『大江戸捜査網』の隠密同心稲妻のお竜と『大岡越前』の千春(榊原伊織(竹脇無我)の嫁)。 くだらない番組ばっかやってないで、また20時代とかに民放でも時代劇やってほしいな — 池乃こいし 369doughnut 小学生だった管理人ですら、竹脇無我さん、カッコいいと思っていたくらいですから、共演された女優さんにとっても魅力的だったと思います。

次の

清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)

竹脇無我

クールな二枚目俳優として活躍した竹脇無我(たけわき・むが)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため死去した。 67歳だった。 1944年、千葉県生まれ。 名アナウンサーとして知られた故竹脇昌作さんの3男で、青山学院高等部に在学中の60年に映画デビュー。 渋い二枚目役として、映画「人生劇場」などで一躍スターになった。 父譲りの美声で女性ファンの支持を集めた。 テレビドラマでは、とくに森繁さんにかわいがられた。 「だいこんの花」「おやじのヒゲ」シリーズなどでは森繁さんと親子役を演じた。 『オヤジ、オヤジ』と慕っていました」(プロダクション関係者) ところが、91年に松山さんが食道がんで他界。 加えて、ドラマの演技が一部から「ワンパターン」と揶揄され、49歳で自殺した父親の年齢に近づくと、プレッシャーから鬱病を患った。 97年には2人の娘をもうけた妻と離婚。 2000年に糖尿病と鬱病治療のため入院し、退院後も仕事を1年休養した。 03年に鬱病との闘いをつづった初著書『凄絶な生還 うつ病になってよかった』を出版したのを機にカムバック。 このとき単独取材したリポーターの武藤まき子さんが振り返る。 「まだ滑舌がおぼつかなかったですが、ゆっくりと、大丈夫ですからとお話しいただいた。 武藤さんが続ける。 「斎場で声をかけると、『う〜ん』と下を向いたまま。 コメントを求めると、『うん、分かった』と言ったあと、人目をはばからず泣きながら、『もう一度、会いてえ』と振り絞るように。 役者さんには珍しくカメラの正面を見ず、横向きのままで、痩せていました」 晩年は必ずしも俳優としては恵まれなかった。 関係者が明かす。 「鬱病から復帰したときに、やめたはずの酒を最近、口にするようになっていました。 皆、心配していたが、親しい人を遠ざける素振りもあった。 芯はナイーブな人。 時代劇「大岡越前」で私が町奉行、無我ちゃんが小石川養生所の医師、榊原伊織役。 最後に会ったのは今年の5月22日。 私の舞台公演が行われていた新宿紀伊国屋ホール(東京)です。 中村屋のおまんじゅうを持ってきてくれ「子供のころ、おやじがよくこれを買ってくれたんだよ」と言いながら、私にではなく、この芝居の主演を私と分け合っていた私の次男(俳優座・頼三四郎)にくれました。 「な、おやじっていいもンだろう」って言いながら、「おい、三四郎、おまえの芝居が好きなんだ、ファンだよー。 天下の名医、榊原伊織が、自らを助けることなく世を去るとは信じられない思いです。

次の

竹脇無我の死因や身長は?栗原小巻と噂?現在娘や三人家族?三四郎

竹脇無我

クールな二枚目俳優として活躍した竹脇無我(たけわき・むが)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため死去した。 67歳だった。 1944年、千葉県生まれ。 名アナウンサーとして知られた故竹脇昌作さんの3男で、青山学院高等部に在学中の60年に映画デビュー。 渋い二枚目役として、映画「人生劇場」などで一躍スターになった。 父譲りの美声で女性ファンの支持を集めた。 テレビドラマでは、とくに森繁さんにかわいがられた。 「だいこんの花」「おやじのヒゲ」シリーズなどでは森繁さんと親子役を演じた。 『オヤジ、オヤジ』と慕っていました」(プロダクション関係者) ところが、91年に松山さんが食道がんで他界。 加えて、ドラマの演技が一部から「ワンパターン」と揶揄され、49歳で自殺した父親の年齢に近づくと、プレッシャーから鬱病を患った。 97年には2人の娘をもうけた妻と離婚。 2000年に糖尿病と鬱病治療のため入院し、退院後も仕事を1年休養した。 03年に鬱病との闘いをつづった初著書『凄絶な生還 うつ病になってよかった』を出版したのを機にカムバック。 このとき単独取材したリポーターの武藤まき子さんが振り返る。 「まだ滑舌がおぼつかなかったですが、ゆっくりと、大丈夫ですからとお話しいただいた。 武藤さんが続ける。 「斎場で声をかけると、『う〜ん』と下を向いたまま。 コメントを求めると、『うん、分かった』と言ったあと、人目をはばからず泣きながら、『もう一度、会いてえ』と振り絞るように。 役者さんには珍しくカメラの正面を見ず、横向きのままで、痩せていました」 晩年は必ずしも俳優としては恵まれなかった。 関係者が明かす。 「鬱病から復帰したときに、やめたはずの酒を最近、口にするようになっていました。 皆、心配していたが、親しい人を遠ざける素振りもあった。 芯はナイーブな人。 時代劇「大岡越前」で私が町奉行、無我ちゃんが小石川養生所の医師、榊原伊織役。 最後に会ったのは今年の5月22日。 私の舞台公演が行われていた新宿紀伊国屋ホール(東京)です。 中村屋のおまんじゅうを持ってきてくれ「子供のころ、おやじがよくこれを買ってくれたんだよ」と言いながら、私にではなく、この芝居の主演を私と分け合っていた私の次男(俳優座・頼三四郎)にくれました。 「な、おやじっていいもンだろう」って言いながら、「おい、三四郎、おまえの芝居が好きなんだ、ファンだよー。 天下の名医、榊原伊織が、自らを助けることなく世を去るとは信じられない思いです。

次の