さつまいも の 天ぷら。 意外に簡単!さつまいもで説明する天ぷらの作り方のポイント

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

さつまいも の 天ぷら

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の

名店「近藤」の看板料理、さつまいもの天ぷらのレシピを大公開

さつまいも の 天ぷら

「てんぷら近藤」のさつまいもの天ぷらは、なんと7cmという厚さの筒形。 本レシピでは揚げやすい5cmで。 揚げる時間は約30分と長いですが、この段階では外側は香ばしく揚がっても、中心にはまだ完全に火が入っていません。 これを紙で包み10分間、余熱でじっくり蒸らすことで柔らかさと風味を引き出します。 切り口の黄金色も美しいこんな天ぷらを、ご家庭でも作ってみませんか? いつものフライパンで、使う揚げ油は高さ3cm分。 これでOKです。 「てんぷら近藤」では2種類のごま油をブレンドして使っているとのこと。 生搾りの「太白ごま油」と、炒って香ばしい香りをつけた「焙煎ごま油」を3:1で合わせています。 ただ、太白ごま油は少々高価ですよね。 日常の食事ならサラダ油と焙煎ごま油を、同じように3:1で合わせるのがおすすめです。 『「てんぷら近藤」主人の やさしく教える天ぷらのきほん』より。 さつまいも、かぼちゃといったでんぷん質が多く身の詰まった材料を、大きなかたまりで揚げ、油から取り出した後の余熱をかなり長くとることで芯まで柔らかく、ホクホクに仕上げる手法です」(近藤文夫さん)。 甘みが強く、旨みもある品種で、収穫後、室(むろ)で3か月貯蔵したものを仕入れており、ねかせている間にでんぷん質が糖質に変わり、甘みが強くなっている。

次の

意外に簡単!さつまいもで説明する天ぷらの作り方のポイント

さつまいも の 天ぷら

サツマイモをよく洗って土などの汚れを落とす• (皮むきが必要な場合は皮を剥く)• 両端を切り落として、料理に使うサイズに切る• 切ったものは10分くらい水にさらしてアク抜きする それぞれ詳しく見ていきましょう。 洗い方 汚れが目立つサツマイモの場合は、きちんと洗っていきましょう。 流水にさらしながら手で洗いますが、汚れが落ちにくい時はタワシなどを用いて洗っていきます。 強くこすってしまうと傷が付いてしまいますので、あまり力を入れずに優しく洗ってください。 なお、スーパーで売っているものはあまり土もついておらず、綺麗なものも多いです。 なので、目立つ汚れがないサツマイモは手で表面をこすりながら、ある程度流水で洗ってあげるだけで十分です。 (たわしを使うほどではないかな~と思います) なお、時間があれば洗う前に水に10分ほどサツマイモを入れておくといいでしょう。 水に浸けることで土も浮いてきますし、汚れが落としやすくなりますよ。 スポンサーリンク 切り方 ではサツマイモを洗ったら次に切っていくわけですが、サツマイモは料理によって切り方が様々あります。 とくに使うことが多いかな~と思うのは輪切りで、端を切り落としたらそのまま横に切っていくだけです。 煮物や天ぷらではよく輪切りにしますね。 幅はレシピによって違ったりしますが、私は1cmくらいに切ることが多いです。 次に、 スティック状にする切り方。 お芋の端を切り落としたら1cmくらいの厚さで斜め切りにし、またその芋を1cm程度の幅で細長く切っていきます。 スティック状に切ったものはバターで焼いたり、揚げてお砂糖をかけて食べても美味しいです。 他の切り方だと乱切り(大学芋とか)や、チップス用にスライサーで薄くスライスする方法などがあります。 (スライスは切り方とは言わないかな?笑) アク抜き サツマイモを切ったらボウルなどに水を張り、10分くらい入れてアク抜きしていきます。 サツマイモをアク抜きする理由としては、 切ってそのまま放置すると変色してしまうので、見た目良く保つために水にさらします。 (サツマイモのアクの成分は水に入れることで抜けていきます) スポンサーリンク また、アク抜きすることで味が染み込みやすくなり、料理の味もよくなるという利点があります。 ただ、 サツマイモのアクと言われる成分は害があるわけではありません。 なので、見た目や味にそこまでこだわらないなら、アク抜きをせずに使っても食べることはできます。 言うなれば基本はやっておいたほうが良いけど、必須ではないという感じですね。 (笑) さつまいもに皮むきは必要?皮は食べられるの? さつまいもは外側に皮がありますよね。 基本的に サツマイモは皮をいっしょに食べれる野菜なので、ほとんどのレシピでは皮を剥く必要はありません。 たとえば天ぷらや炒めもの、煮物といったサツマイモ定番のレシピでは皮付きのまま使われることが多いです。 また、個人的にですがサツマイモの中身の黄色と外側の皮の紫色がいっしょにあると見た目がきれいなので、色合い的にも皮はあったほうがいいんじゃないかと思います。 (笑) ちなみに、サツマイモの食物繊維やビタミンCといった成分は皮の部分に多いので、栄養面を考えても皮をいっしょに食べたほうが良いですね。 なお、サツマイモの芽はジャガイモとは違い毒がないので、食べても大丈夫ですよ。 さつまいもの美味しい食べ方とレシピ サツマイモは、冒頭でも言ったようにおかずにもスイーツにも使える用途の幅が広い野菜です。 食事系の食べ方だと、• ふかし芋や焼き芋にする• 炊き込みご飯• 炒めもの• きんぴら• サラダ• 天ぷら• コロッケ など、豊富ですね。 大学芋• スイートポテト• ケーキやタルト• マフィン• パウンドケーキ などですね。 野菜であることを忘れそうなくらい、甘くて美味しいのがさつまいもなので、スイーツレシピと相性バッチリなんですよね。 切り方で紹介したようなスティック状にカットすれば、焼いても美味しいです。 また サツマイモを天ぷらにすると、サクッとした衣とほんのりとした甘さがマッチします。 醤油などをつけて食べてもいいですし、そのまま食べてサツマイモの甘さを楽しむのも良しです。 なおさつまいもは20度くらいから発芽してくるので、夏は新聞紙で包んだらビニール袋に入れて、野菜室で保存するのが良いでしょう。 (温度が低すぎてもNGなので、冷蔵庫なら野菜室が一番おすすめです) さつまいもは生食できるの? サツマイモの生食って聞いたことがないですが、 生でも毒はないので結論的には生食はできます。 ただ、 生のサツマイモというのは甘さがなく、アクも強いです。 私も一度好奇心でちょっとだけ生サツマイモをかじったことがありますが、何やらザラザラしている上に妙にバリッとして美味しくなかったです。

次の