収納がほとんどない家に暮らす稲垣えみ子さんに聞いた、収納の話。

「稲垣えみ子、超~リスペクト!」って…黒歴史になっちゃったな。 みたいな生活。

Next

稲垣えみ子が語る(後編)

そうして残った1には、絶対的な価値がある、と稲垣さんは断言します。 著書に『死に方が知りたくて』(PARCO出版)、『震災の朝から始まった』(朝日新聞社)、『アフロ記者が記者として書いてきたこと。 実際みたら、ビックリ。

情熱大陸「節電女子_稲垣えみ子」の暮らしから学ぶ、幸せを手に入れる方法

これはさ、稲垣信者たちは動揺するよね。 私に全部は真似は出来ないけれど、自分にできることから自分なりの「冒険」を始めて行こうと思います。 そんなにたくさんは持っていないつもりでしたが、何しろ収納がないので、近所の中古家具屋で買ったチェストに全部入れるしかない。

Next

50歳、無職、アフロ女子の「おカネがない快感」

まぁ、私の方が全然ショボいんで、人のことをどうこう言える立場じゃありませんし、 人はみんな不完全で、素敵な面もショボい面も持ち合わせていて当然、って思ってますけどね…。

元朝日新聞 稲垣えみ子さんの生活は冷えとりの参考になるかも

ってかさ、これ「AERA」に載ってるんだよな? ちゃんと、原稿にチェック入ってるんでしょ? OKが出たから、活字になるんだよね? これ読んでさ、ちょっとおかしいなって思わなかったのかね。 もともと好きで買ったものだから、私には合わなくてもも、他の人に合えばよかったなとこ心から思う。

Next

収納がほとんどない家に暮らす稲垣えみ子さんに聞いた、収納の話。

みんな、おカネがないと幸せになれないって思っているかもしれないけど、おカネ以外の幸せになる手段というのは、実はすでにたくさん持っているんじゃないか。

50歳、無職、アフロ女子の「おカネがない快感」

これなら確かに冷蔵庫いらず。 そんな稲垣さんに、「収納についてお話を聞かせてください」とお願いすると、「私でいいんですか?」という言葉が返ってきました。 でも人って残念ながら、頑張ったからといって思うように評価が得られるとは限らない。

Next