日本酒と焼酎の違いとは?作り方や原料など5つのポイントで徹底解説

先程ご紹介したように焼酎は蒸留という製造工程を経ているため、アルコール度数は日本酒より高めで、20~25度のものが多くなります。 それにも関わらず、清酒の個性がそれぞれ異なるのは、蔵元や杜氏が米の種類や精米歩合、種麹、酵母、仕込み水にこだわり、製法などにさまざまな工夫を加えているためです。 覚えるMEMO• 「蒸留酒」とは、醸造酒を"蒸留"させたお酒です。

Next

日本酒と焼酎の違いは?原料や製造方法の特徴を知ろう

なんかこう考えると面白いですね。 日本酒は常温、冷、燗と温度を変えることで味わいの変化を楽しむことができます。 parentNode. 蒸留酒には「米や麦を原料にした焼酎」や「穀類を原料にしたウイスキー」、 「ブドウなどの果実を原料にしたブランデー」などがあります。

Next

清酒と焼酎の違いとは? 原料から製法、たのしみ方まで徹底比較 | ガジェット通信 GetNews

焼酎は蒸留によって作られるので、アルコール度数が醸造酒である日本酒よりも強くなっています。

Next

日本酒と焼酎の違いとは?作り方や原料など5つのポイントで徹底解説

お酒は、原料から取り出した糖分をアルコール発酵させることで造られています。

Next

「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の差は? 16種類の「日本酒の種類と違い」を解説

お酒というのは、大きく分けると醸造酒と蒸留酒に分けられます。 日本を代表するお酒は?と聞かれれば、真っ先に「日本酒」や「焼酎」が思い浮かぶのではないでしょうか。

Next

今こそ知ろう!焼酎と日本酒の違い!

固有の香味と色沢が良好なものです。

Next

日本酒と焼酎の違いは?原料や製造方法の特徴を知ろう

清酒は、酒税法に基づきほぼ同じような条件で造られます。

Next