スラムダンク名言。 【スラムダンク】赤木剛憲の名言・セリフ集│名言格言.NET

スラムダンクの名言集、実はビジネスに使える!

スラムダンク名言

キミは秘密兵器だからスタメンじゃないんです 策 略 家。  まんまと花道を納得させてしまいました。 今まで多くの学生にバスケの指導をしてきたであろう彼には、花道のようなタイプもお手の物なのでしょう。 こういう言い回しは見習いたいものです。 ラスト2分が勝負 行けますか? スタミナ切れを起こした流川に。 こういうところで 勝負を仕掛けてくる安西先生は流石は名監督だと思います。 こういう時間の目安ってどうやって考えているんだろう。 君たちは強くなる 教え子たちの力を信じていない指導者って、なんか嫌だ。 強くなることを確信して育てていってくれる安西先生。 彼の元でなら成長のために頑張れる気がする。 最後まで・・・希望をすてちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ 出典: ミッチーの試合を大きく変えた台詞。 諦めてしまったら、できることも叶わなくなってしまいます。 諦めかけたその時、そっと思い出してほしい台詞。 君たちはケンカしたからおしおきです ささやかなお仕置きを。 いや、試合に出たい彼らにとっては かなりの苦痛だったのかもしれませんが。 試合への想いを爆発的に貯められる、なかなか素敵なお仕置きだと思います。 君がいて良かった・・・ 過去の自分を美化して、現在の自分を否定するミッチー。 そんな彼に一番必要だったのは 肯定の言葉だったと思うんです。 特に尊敬する、安西先生からの。 必要なときにそっと寄り添える人間でありたいものですね。 そう…桜木君、ここからはその気持ちが大事です。 「勝ちたい」という気持ちがないなら海南大附属などと戦うべきじゃない 気の持ちようで変わるものは、あります。 彼らの能力を信じているからこその言葉でもあると思います。 テクニックだけでなく、気の持ち方も考えてくれる先生。 二人でゴール下 死守ですよ 犬猿の仲であるこの二人の手を合わせてしまうなんて…!無謀な行動にしか見えませんが、安西先生だからこそできる技。 レアすぎる光景はもはや感動。 …精神が肉体を超え始めたか………!? 足を怪我した赤木の執念に安西先生からも驚きの声が。 ところで、最近の社会に生きる人々は忙しさから精神的に疲れを抱える人が多いようです。 くれぐれも肉体超えないように。 ほら、安西先生もびっくりだから。 これは試合だし、ゴリだから。 勝負をかけます 勝負師安西 光義!なんとも素敵な決め顔です。 普段と変わらないようにも見えますが決め顔です。 こんな風にずばっと意思決定してみたいものです。 私は反対だ ここまできっぱりと言ってくれる人って少ないんじゃないでしょうか。 どことなく安心感すら抱くこの否定にはなぜか優しさすらを感じます。 今 アメリカへ行くと言う…それは逃げじゃないのかね?まして全国にはもっと上がいるかも 見たくない、見えていない現実を、 突きつけることは時には大切なことだと思うんです。 監督して、そして流川楓を見てきた一人の大人として、流川を考えて出た言葉。 とりあえず、君は日本一の高校生になりなさい。 突きつけるだけでなく、今最も必要な、 ゴールを示してくれる安西先生。 投げっぱなしで、直しなさい、変えなさいと言われても困惑するばかりですもんね。 ところで、自分であとは考えろって、結構無責任な台詞だと思う。 お前なぁんか勘違いしとりゃせんか? ブラックヘアードデビル 黒髪鬼 と呼ばれていた過去を持つ安西先生。 今の姿からは全く想像が出来ません…。 口調すらも鬼監督に変わっています。 お前の為にチームがあるんじゃねぇ チームの為にお前がいるんだ!! チームプレーというのは、 自分のために用意された舞台の上で踊ることではありません。 自分というのをどう置くのかは、しっかりと考えるべきだと反省です。 まるで成長していない……… アメリカでのバスケの試合に出場する谷沢の姿を見た安西先生が心の中で呟いた一言。 ネットでも多々見られるこの台詞はここが 原点です。 帰ってこい谷沢!わしの監督生活の最後にお前を日本一の選手に育て上げるつもりだったんだ!!お前はまだ素材だ!環境次第で白くも黒くもなる 名監督である安西先生の大きな失敗は、谷沢の メンタル面まで考慮できなかったことかもしれません。 どんな磨けば光る素材でも、大きな傷をつけてしまったり、磨くのを怠ってしまえば、それは光らなくなってしまうものですね。 谷沢からの手紙 谷沢の悲しい叫びが聞こえてくるようで。 安西先生の最後の監督生活に育てたかった大切な大切な選手の末路。 彼の心にも大きな傷が出来たかもしれません。 ウォームアップ なんかもう色々と たゆんたゆんとしています。 見るだけで和んでしまいます。 ぜひとも安西先生のお腹とか顎とか たゆんたゆんとさせてみたいと思ってしまいました。 下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 一句頂きました!自分自身の現状を知り、それをどう打開していくかを知ることが一番大事ですね。 ただ闇雲でいるよりも、効率も求める必要をも。 ワクワクしてこないかね こういう、 動くきっかけみたいなものを作ってくれる人って素敵だと思うんです。 ただ機械的にやらせるのではなく。 人って、感情を持っている生き物ですもん。 ほっほっ シュート二万本です さらっと 途方もない数字を伝える安西先生。 でもこれくらい余裕そうに言ってくれる方が実はやる気も出ると思うんです。 こんなのもできないのか自分…!みたいな感じで。 道楽か… そーかもしれんね 一日一日と… 成長がはっきり見てとれる この上もない楽しみだ 人の成長に喜びを感じる人って、上司としての適性があると聞きました。 今はそうでなくても、相手の成長を楽しめる余裕を持てる人間でありたいと思ってしまいます。 気楽でいいじゃないですか これで多分誰もウチが勝つとは思ってないですよ ランクCに分類されて憤る部員たちに対して。 どんなことでも自分にとって プラスに転換することって、結構大事かもしれません。 何事も、前向きに。 終わった時にわかるでしょう これが正しいか正しくないか 正しくなかったと思い知らせてあげましょう なんとなく スカッとする言葉!これぞ下剋上の第一歩です。 やってやろーじゃん ってやる気を起こさせる安西先生はやはり策士だと思う。 彼のプレイをよく見て…盗めるだけ盗みなさい。 そして彼の3倍練習する。 そうしないと……高校生のうちには到底彼に追いつけないよ 裏を返せば、そうすれば追いつけるかもしれないということなんでしょうか。 とはいえ、 あの流川の3倍練習だなんて、1日24時間では足りそうにありません。 それでも追い付く道を示してくれる安西先生。 全国制覇とは、口だけの目標かね 全国制覇を 「達成することが出来る」目標として一番に捉えていたのは安西先生だったのでしょう。 この人が言うのなら、本当に達成できる気がする、そうとすら思わせてしまう彼が。 一番に。 まあわりといいほうかな 褒め言葉としてこれでいいのかな?とも思いますが、 限界を作らない答えというのがなかなかに魅力的だと思います。 花道もなんだか満足げな。 リバウンドを制すれば勝てる! 花道がずっと心に留めてきた言葉。 やんわりと彼の活躍が 必須だと伝える言葉。 「かも」とかではなく断定しているところがいいなと思います。 ただ待っているだけでは、奇跡なんておきません。 こういう時に出される力の怖さを、長い監督人生を経て体感してきたのでしょうか。 もちろんそのつもりだ 湘北の勝利は 必然であるかのような言い方。 彼の頭の中では、たくさんの戦略が練られていたのでしょうか。 「仮定形」をめったに使わない彼の頭の中、見てみたいものです。 もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意が必要なんだ。 人間、芯を持って生きていかないと、ゆらりゆらりと流されてしまいますよね。 流された先が幸福であればいいのですが、それもなかなか難しくって。 何かを成し遂げたい、そんな思いを持った時には、その「何か」に向かってぶれない心を持つべきでしょう。 おや もともと君に怖いものなどあったのかね? 選手のモチベーションを上げる策略で、声を掛けに行く安西先生。 花道の扱いは本当に手慣れたものだと思います。 感情的な部分と理性的な部分、どちらもコントロールできてこその 名監督。 試合前の恐怖心は誰にでもあるものそれから逃げずに受け止めそして乗り越えた時に初めて理想の精神状態にたどりつける さすが赤木君たどりついたね 心に刻んでおきたいお言葉。 恐怖心に呑みこまれてしまっては、委縮してしまって出せる力も出し切れないかもしれません。 一度はその経験をしてしまったゴリだからこそ、辿りつけた境地でしょう。 そろそろ自分を信じていい頃だ…。 今の君はもう十分あの頃を越えているよ いつもいつも自分を責めるミッチー。 彼に一生付いて回りそうなその後悔。 安西先生もその葛藤をずっと見守り続けていたのでしょう。 「十分あの頃を越えている」 安西先生に言われるほどうれしいことがあるでしょうか。 これは局地戦だ つまり実力差があっても ここだけは絶対勝てるというポイントで勝負する……河田弟との1対1なら 間違いなく桜木君だ 勝てますよ 実生活でも反映されるべきではないでしょうか。 「絶対勝てる」という強みを生かして戦っていくということ。 そのためには強みを磨き続けていかないといけませんが…! 技術も・・気力も・・体力も・・・持てるもの全て・・全てをこのコートにおいてこよう 戦力でぶつかっていくことでしか得られないものもあります。 すべてを置いてくるような気持ちで、そんな気持ちで戦ってみたいなと思うのは私だけでしょうか。 聞こえんのか? ブラックヘアードデビル の再来…!やっぱり人間、性格というのは変わるものではなく覆い隠すものなのでしょうね…(笑)こういう顔もたまには見せてほしいなと思います。 まだ勝てると思ってるのは私だけですか 最初から最後まで、ずっと強い気持ちを保ち続けていたのが安西先生。 この強い気持ちこそが彼の戦略を磨き上げ、強固なものとしていたのかもしれません。 あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・? あの名言がここで復活。 彼の軸となっているのもこの言葉なのかもしれません。 つらくなったときには是非ともこの言葉を思い出しましょう。 それが出来れば君が追い上げの切り札になる…! 「切り札」という言葉って魅力ですよね。 相手の目をじっと見て、確実に伝えるその姿が印象的でした。 相手の役割が重要であればあるほど、その事実を伝える事って大切だと思うんです。 それだ!! ケンタッキーの例のおじさんのように不動なことに定評がある安西先生。 そんな彼が思わず感情的になって身を乗り出してしまいます。 たまにはこういう 人間臭さを表に出す人って惹かれます。 おい… 見てるか谷沢… お前を超える逸材が ここにいるのだ…!! それも… 2人も同時にだ… 谷沢… 亡き谷沢へのやりきれない想い。 監督人生最後に育て上げたかった谷沢という 逸材を超える逸材を前にして。 彼は嬉しかったのでしょうか、それとも悔しかったのでしょうか。 複雑な感情が絡み合って、この表情が生まれたんだと思います。 今度は抜ける 沢北と流川。 「2本のパスは布石…一つに絞れないから考える ディフェンスは後手になる」 賭けに出れなかった代償は、絞りきれなかった代償は、ここにあるのでしょうか。 桜木君がこのチームにリバウンドとガッツを加えてくれた 宮城君がスピードと感性を 三井君はかつて混乱を ほっほっ…のちに知性ととっておきの飛び道具を 流川君は爆発力と勝利への意志を 赤木君と小暮君がずっと支えてきた土台の上に これだけのものが加わった それが湘北だ 安西先生の語る 「湘北高校バスケ部」。 彼ほどまでに冷静に、そして優しく見守ってきた人はいません。 かつて混乱を、という茶目っ気溢れる言葉でミッチーを救っている気もします。 桜木君 白状します 君の異変にはすぐに気づいていた 気づいていながら君を代えなかった……代えたくなかった 「あくまでも勝つつもり」で戦略を組み立てていた安西先生が、自身の欲を吐露してしまった瞬間。 花道という逸材のプレーは、いつまでも見ていたかったのでしょう。 どんどんよくなる君のプレイを見ていたかったからだ 指導者失格です あと少しで一生後悔するところでした… 指導者という立場ではやってはならないこと、そんなことを、安西先生ですらやってしまうことはあるものです。 現在の自身の欲求と相手の将来の二つを天秤にかけて。 そんな場面、心当たりある人、いるんじゃないですか? 勝利を前に 思わず ガッツポーズをする安西先生。 不安定で、掴めそうで掴めない、そんな勝利を手にした時の嬉しさは計り知れないでしょう。 山王という、格上の相手に対して。 湘北高校の勝利です。

次の

スラムダンクの名言集|日常で使えるセリフ15選!名シーン・名場面も!

スラムダンク名言

キャラ: 田岡 茂一(たおか もいち) 声優:石塚運昇 アニメ: 原作: ジャンル:、 制作: 放送局:系列 放送時期: 【プロフィール】 陵南高校バスケ部監督。 年齢は41歳で、10年以上の監督歴を持つ。 非常に気が短く厳しい人物で、試合中わずかでも気を抜いたプレイを行った選手は怒鳴りつけ、思い出すだけで部員たちが冷や汗を流すほどの厳しい練習を課すが、部員たちを思いやる面も見せる。 高校時代は「神奈川に田岡あり」と言われた選手で、高頭とはその頃からの因縁の関係であり、学年は高頭より1年年上である。 名言・名台詞 敗因はこの私!! 陵南の選手たちは最高のプレイをした!! ゆっくりでもいい。 自分の力でやり遂げろ! でかいだけ?結構じゃないか 体力や技術は身につけさすことは出来る… だが お前をでかくすることはできない たとえオレがどんな名コーチでもな 立派な才能だ 仙道は牧をも超える器だ!! オレはそう信じている!! オレは絶対にあきらめん あいつも3年間がんばってきた男なんだ 侮ってはいけなかった 魚住よ…お前が3年になったとき 陵南発の全国大会出場 おれはそんな夢を見ているんだ ん?おかしいか?こんなおっさんが バカ者!! もっとデカイイスだ!! ハバのあるのを!! ヤツは切れる!! 相当切れる!! 魚住! オレは絶対にあきらめん この田岡茂一が陵南の監督について10年 初めて今年チームの中心になれる男を得たんだ それはお前だ「ビッグジュン」 そう… 今でいえば オレが仙道 高頭が流川みたいなもんだ だがそれでもウチが負けることはない!! オレの監督歴の中で今年のチームが1番練習した 1番キツかったはずだ よくがんばった そろそろ陵南が王者になっていいころだ 1年にしてすでにこれほどゲームに影響力を及ぼすプレイヤーはそうはいないだろう… 奴はとてつもないスターになる… そんな予感がする… 湘北には不安要素がいくつもある 今はまだそれが表面化していないだけだ 流れは絶対にもう1度うちにくる!! 湘北の不安要素その1は ファウルトラブルだ!! 湘北の不安要素その4!! 素人・桜木!! なぜ 桜木がそこにいるんだぁ!? よし!!行こうか! 練習だ!! キャラクター 一覧•

次の

【心に響く】スラムダンクの名言・名シーン集まとめ

スラムダンク名言

桜木「洋平・・・きのうはやっぱりオレ・・・ けっこうすごかった・・?」 洋平「あの大歓声がきこえなかったのか?」 桜木「オレ・・なんか上手くなってきた・・」 翔陽戦で勝利した後、洋平との会話@体育館 いつものお調子者の様子とは違い、素直に自分の成長に喜びを感じているシーンです。 桜木「オヤジ・・・何をやったらいいんだ?」 安西「ほっほっ シュート二万本です」 一同「なにいーーーーっ!!??」 桜木「2万で足りるのか?」 湘北メンバーが合宿でいない間と桜木は残って猛特訓することになりました。 めがね君 引退が伸びたな この天才のおかげで 大好きです 今度は嘘じゃないっす 大好きなバスケットが待ってるから やっと・・・・・・ ダンコたる決意ってのができたよ 桜木「あいさつがわりだ」 山王と湘北が試合前に練習しているときに、桜木が山王側のコートにいきなり入ってダンクシュートをかましたときのシーンです。 緊張という状態を超えていつもの桜木になっています。 桜木(この試合・・・絶対オレが何とかしてやる) 不思議と迷いはなかった やるべき事が一つに絞られたから それに こんな風に 誰かに必要とされ 期待されるのは初めてだったから・・・ ヤマオーはオレが倒す!! By 天才・桜木!! の中でも最も有名なシーンの内の一つ。 桜木「へっへっへ どーだおめーら これで勝つしかなくなったぜ」 赤木「・・・」 桜木「何だゴリその顔は もう勝てねーとでも思ってんのか」 赤木「何だと・・・」 三井「おめーが簡単に言うよーな点差じゃねーぜ」 赤木「あ? バカめ」 「おめーらバスケかぶれの常識はオレには通用しねえ シロートだからよ!!」 やまおーはオレが倒すととんでもない発言をした後のシーン。 この桜木のシロートな発言がもうダメかもしれないという湘北の悪い空気を変えた。 桜木「アメリカね・・ふふん オレもアメリカだ」 この桜木の顔かわいいw 美紀男:ごめん君・・・ 桜木:あやまるな丸男。 勝負じゃねーかよ!! 美紀男が桜木にファールをしてしまったシーン。 バスケットマンだからこその言葉。 「桜木君、白状します。 君の異変にはすぐに気づいていた・・・。 きづいていながら君を代えなかった。 代えたくなかった・・・。 どんどんよくなる君のプレイを見ていたかったからだ・・・ 指導者失格です。 あと少しで一生後悔するところでした・・・。 」 桜木「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・ 全日本のときか? オレは・・・オレは今なんだよ!!! やっとできたぜ オヤジの言ってたのが・・・断固たる決意ってのができたよ」 (怪我しているのにコートに復帰した桜木に皆が心配する中で) ぬ・・・どーした深刻なカオして 心細かったよーだね君たち!!!おれ抜きで!! この天才にはちょーどいいハンデだ ヤマオーぐらいの相手ならな いずれ世界に出るこのオレにとってヤマオーなど通過点に過ぎんからな!!! 優勝すんだろゴリ!!!!通過点じゃねーかよあいつらなんか!!! 一同:ダンコ勝つ!!!! 最高のシーン。 残り1分で本気で逆転しようとする。 (ゴリ)の名台詞 彩子「出るつもり!?先輩 むちゃですよこんなにハレてて さっきよりもどんどんハレてきてるわ! 検査をしないと!立てもしないのに!骨に異常があるかもしれないのよ!!」 赤木「 いいからテーピングだ!! くそ・・どうしてだ なぜ今・・・!!骨が折れても良い・・・歩けなくなっても良い・・・やっとつかんだチャンスなんだ!!」 海南戦で負傷し、彩子に止められるシーン。 やっとつかんだチャンスを逃したくはない!! 最後に笑うためにも死ぬ気でプレイしろよお前ら!! オレはいつも寝る前にこの日を想像していた・・・ 湘北が・・・ 神奈川の王者海南大付属とIH出場をかけて戦うところを 毎晩思い描いていた 一年のときからずっとだ 絶対勝つ!! リバウンドを制する者は試合を制す 基本がどれほど大事かわからんのか!! ダンクができようが何だろうが 基本を知らん奴は試合になったら 何もできやしねーんだ!! 常にフォームをチェックしろ! 今が一番大事なときなんだ!! 間違ったフォームで練習してても うまくならん!! とにかく反復だ くり返しくり返し同じことをやって 体に覚えさせるしかない! 何にでも当てはまる言葉。 赤木「オレが河田に勝てなければ湘北は負けると思っていた。 オレがダメでもあいつらがいる。 あいつらの才能を発揮させてやればいい。 そのために体を張れるのはオレしかいない。 おそらく現段階でオレは河田に負ける。 でも 湘北は負けんぞ」 魚住が「泥にまみれろ」とアドバイスをしてくれたことで赤木は気がつく。 湘北にはとても頼もしい味方がたくさんいることを。 自分が勝てなくても湘北が勝つことは出来ることを。 赤木「湘補国言いリズムをもたらしているのは桜木だ。 奴がオフェンスリバウンドをことごとく拾ってくれるからだ。 晴子 お前が見つけてきた変な男は湘北に必要な男になったぞ・・・」 赤木:おれたちゃ別に仲良しじゃねえし お前らには腹が立ってばかりだ だが このチームは最高だ・・・ (ミッチー)の名台詞 落とす気がしねえ オレはもうあの6番を止められねえ 走ることも・・・ 抜くことも・・・ 何もできねえ・・・・・・ オレから3Pをとったらもう何も残らねえ・・・!! もうオレにはリングしか見えねえ 何故俺はあんな無駄な時間を・・・ 過去への後悔。 ・・・!! バスケがしたいです・・・ そうだ・・・思い出せ・・・ そうだった・・・。 MVPを取ったときもそうだったはずだ。 こういう展開でこそオレは燃える奴だったはずだ 翔陽戦で厳しい戦いを強いられているシーン。 ブランクが長いため体力が続かずいよいよダメかと言うときに 「いちねんにしちゃスゲェ奴だとは思っていたが これほどとは・・・」 三井「普段はクソ生意気でにくたらしくて無口で無愛想で生意気で無口な野郎だが・・ だがこいつはすげえ・・・!!海南をねじ伏せちまってるぜ!!」 湘北と海南の戦いで流川の大活躍を見て。 三井の発言が何とも面白い笑 三井「オレは誰なんだよ・・・!?言ってみろ!! おう オレは三井 諦めの悪い男・・・」 瀕死の状態になりながらもを決める。 三井: 静かにしろい・・この音がオレを蘇らせる。 何度でもよ。 山王戦後半。 流川からのパスの。 これで10点差に追いつく。 の名言集 三井「すみません先生・・」 「君がいてよかった」 翔陽戦で4連続3P()、計20点を入れて大活躍した三井。 体力切れでコートを去るときのの言葉。 連絡はあるのか 手紙は来たか? 一体誰をたよっていったんだ ツテはあったのか? (ビデオを見て) まるで成長していない・・・ 誰か谷沢に基礎を教える人間はいるのか? あいつ英語はどうなんだ?チームメイトとうまくコミュニケートできていないようだ。 そもそもこのチームはなんだ。 それぞれが勝手なプレイばかりだ。 まるでまとまってない。 一体指導者は何をやっとるんだ。 これじゃ谷沢はダメになる・・!! 帰ってこい谷沢! わしの監督生活の最後にお前を日本一の選手に育て上げるつもりだったんだ!! お前はまだ素材だ!環境次第で白くも黒くもなる!! 谷沢に対して厳しかったのはそれだけが期待していたということなのだろう。 安西「余計なプレッシャーを与えたくなかったんでね・・・それと気負いもね 相手がどこかを考えるよりも自分たちのことが先ですから」 彩子の「どうして対戦先を教えてくれなかったんですか」という問に対して。 豊玉に勝っても山王とぶつかることになる湘北。 しかしは敵のことを考える前に自分たちのことを考えなければならないと言う。 「気楽でいいじゃないですか これで多分だれも内が勝つとは思ってないですよ。 終わったときにわかるでしょう。 これが正しいか正しくないか 正しくなかったと思い知らせてあげましょう。 」 バスケ雑誌で湘北C、山王AAと評価されて皆ががっかりしているときに。 「全国制覇を成し遂げたいのなら もはや 何が起きようと揺らぐことのない断固たる決意が必要なんだ!!」 山王のビデオを見ているときに 「前半はいいできだった そして忘れよう。 まだ5合目にきたばかりだ 山王を王座から引きずり下ろすための本当の挑戦はここからだ あと20分 技術も・・気力も・・体力も・・・持てるもの全て・・全てをこのコートにおいてこよう」 最高のシーン。 安西「桜木君 プレイを見るんだ ここに座りなさい 聞こえんのか? あ? 私だけかね? まだ勝てると思ってるのは・・・」 桜木「あきらめたんじゃなかったのかオヤジ・・・」 安西「あきらめる? あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」 一瞬かつての白髪鬼に戻る。 桜木がリバウンドをすることによって2失点を防ぎ、2得点のチャンスを得ることが出来る、つまり4点分の働きが出来ると言い、「それが出来れば君が追い上げの切り札になる」と結ぶ。 桜木:おいオヤジ逆転できるよな?! 安西:もちろんです。 桜木君がこのチームにリバウンドとガッツを加えてくれた。 宮城君がスピードと感性を。 三井君はかつて混乱を・・ほっほっ・・・のちに知性ととっておきの飛び道具を。 流川君は爆発力と勝利への意志を。 赤木君と木暮君がずっと支えてきた土台の上にこれだけのものが加わった。 それが湘北だ。 名シーン。 そろそろ自分を信じていい頃だ…。 今の君はもう十分あの頃を越えているよ。 必ず何か勝つ方法はあるはず… 彼らとて同じ高校生だ 勝負に"絶対"はないのだから も最後まで諦めない。 の名台詞 流川「どーせいつかはそいつら倒さなきゃならねーんだろ 早いか遅いかの違いだ」 山王とぶつかることで信長にご愁傷様と言われたときに。 流川「日本一の選手ってどんな選手だと思う・・・きっとチームを日本一に導く選手だと思うんだよな。 一歩も引く気はねーぜ」 豊玉戦。 片目をぶつけられて厳しい状況で。 流川「体が覚えてらっ 何百万本も打ってきたシュートだ」 片目が見えないために遠距離感がつかめないはずなのに見事に決めてくれる。 ・・・税金みてーなもんだ・・・・・・ おめーのヘマはもともと計算に入れてる・・・・・・ ・・・つっただろど素人 1つ教えてやるぜ バスケットは算数じゃねぇ 赤木春子の名台詞 初心者だけど・・・いつかバスケ部の・・・・・・・・・・・ 救世主になれる人かも知れないよ・・・お兄ちゃん!! 桜木君っていうの 昨日の試合はきっと一生忘れられないよ だって・・・バスケットマン桜木君が 初めてダンクを決めた試合だもの。 「桜木選手初めてダンク決めたのはいつですか?」 将来絶対聞かれるよ・・・・・!! 体育館でまってるわ 桜木君。 私練習見てるから どんな天才にもミスはあるわよう!! 海南戦のラストに誤って敵にボールをパスしてしまい敗北してしまった湘北。 そんなときに優しく言葉をかける春子。 はじめからうまくできる人なんていないんだから!! 一生懸命やってる人に対して失礼でしょう 晴子「あんなに練習したのに・・・ なんだか 怖くなってきた・・・お兄ちゃんが今まで必死で積み上げてきたものが全て 全てこの試合で消えて無くなるんじゃないかって・・・」 赤木が沢北にブロックされた瞬間。 このシーンは晴子の悲しみが伝わってくる バスケットは・・・お好きですか? 木暮君の名台詞 お前は根性なしだ ・・・・・・三井・・・・・ ただの根性なしじゃねーか・・・・・ 根性なしのくせに 何が全国制覇だ・・・ 夢みせるようなことを言うな!! ここの木暮君は最高です 流川 お前が味方でよかったよ・・!! 赤木がいないときにこれほどまで頼れる奴がいるなんてかつては考えられなかったことなんだ・・!! 海南戦で赤木が負傷したときに流川が次々に3Pを決めているシーン。 {まだ終わりたくない・・ もう少しこのメンバーでバスケがしたいんだ} 陵南戦の始まるとき。 ここで負けてしまうとへの道が閉ざされ3年生は引退となってしまう。 オレ このまま辞めたくない バスケットが好きなんだ・・・ 木暮「こうなったら信じようぜ 勝てるさ絶対 入部した時を思い出してみろよ 今まで残ったのはあのとき本気で全国制覇を信じた奴だけだぜ」 翌日に山王戦を控えて皆が不安なときに。 木暮君の台詞はいつも光っている。 木暮:味方の頼もしさに一瞬心がゆるんだのか・・・赤木・・・ ずっとこんな仲間が欲しかったんだもんな・・・ 山王戦クライマックス。 赤木がの時に目に涙を浮かべるシーンで。 木暮「2年間も待たせやがって」 赤木と三井は高校一年の頃非常に仲が悪く、協力すれば最強なのにと思っていた木暮君。 その二人が最高のチームワークを発揮してくれる。 の名言集 宮城「おい 切符買っとけよ」 板倉「切符?」 宮城「明日帰るんだろ?」 豊玉の板倉に対して。 名言過ぎる・・・(笑) ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!! かっこいい・・・ バスケに命かけることに決めた オレがチームを強くして・・・試合に勝って・・・ それで彼女が笑ってくれれば最高さ しっかりしろォ!! 流れは自分たちでもってくるもんだろがよ!! 田岡監督の名台詞 魚住「もうやめます・・」 田岡「誰でも一度はそう思うもんだ」 魚住「毎日思ってます!う・・3年も続けられません・・・。 いっつも怒られて 体力はないし 先輩の足手まといになるだけだ」 田岡「・・・口を拭え。 」 魚住「自分はただでかいだけって陰口たたかれてるのも知ってる」 田岡「・・・!! この田岡茂一が陵南の監督について10年。 初めて今年、チームの中心になれる男を得たんだ。 それはお前だ「ビッグジュン」。 でかいだけ?結構じゃないか。 体力や技術は身につけさすことは出来る・・・。 だが、お前をでかくすることはできない。 たとえオレがどんな名コーチでもな。 立派な才能だ。 魚住よ・・お前が3年になったとき、陵南発の全国大会出場 おれはそんな夢を見ているんだ。 ん?おかしいか?こんなおっさんが。 魚住「い・・いえ! いいえ!!」 田岡「よし!!行こうか! 練習だ!!」 (回想シーン)魚住はかつて散々しごかれていたが、それは田岡監督の期待の表れでもあった。 魚住は着実に成長し周りの仲間にも恵まれ、陵南を支えている。 ゆっくりでもいい!! 自分の力でやり遂げろ!! 仙道は牧をも超える器だ!! オレはそう信じている!! 名言 あんなになすすべなく抜かれてそのままにはできねーさ・・・ 負けず嫌いなんだあいつは キョクタンに! この体育館には2度と来ないと言え!! バスケ部を荒らしに来た三井のグループたちに対して。 「かつての桜木なら絶対殴ってるよ 試合なんてカンケーなしに」 Bああ・・・あいつ大人になったな 洋平「そうじゃねぇ バスケット選手になっちまったのさ・・・」 いいシーン。。 堂本監督名言 「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる これも非常に有名なシーン 谷沢の名台詞 いつかの先生の言葉が近頃、よく頭に浮かびます。 お前のためにチームがあるんじゃねえ チームのためにお前がいるんだ。 ここでは誰も僕にパスをくれません。 先生やみんなに迷惑をかけておきながら、今おめおめと帰るわけには行きません。 いつか僕のプレイでみんなに仮を返せるようになるまで、頑張るつもりです。 バスケットの国アメリカのーー その空気を吸うだけで僕は高く飛べると思っていたのかなぁ・・・ のかつての教え子の谷沢。 突然アメリカに渡り連絡を絶っていたが、事故に遭い無くなってから発見された4年前の手紙。 名言 そのデカイ体はそのためにあるんだっ!! 今までの全てはこの時のためにやってきた いいか 絶対に勝つんだ 陵南バスケ部の全てを出しきるぞ!! オレはチームの主役じゃなくていい 倒せ赤木!! 牧を倒してこい!! 魚住「華麗な技を持つ河田は鯛 お前にカレイなんて言葉が似合うと思うか 赤木 お前はカレイだ 泥にまみれろよ」 河田に勝てずに完全に自信と集中力を失っていた赤木に対して。 豊玉の監督の名言 「オレはお前らが大嫌いだ なのになぜ・・・負けちまえって気にならないんだ それはお前らが心底勝ちたがってることは知ってるからだ・・・」 内部でもめ合っている豊玉。 ですがどうしても勝ちたいという気持ちはみな同じ。 名言 「・・・」 「仙道ならきっと何とかしてくれる・・!!」 海南VS陵南にて。 窮地に陥っている陵南であるが仙道がいることによってまだ何か波乱が起こる予感を漂わせてくれる。 まだあわてるような時間じゃない 陵南VS湘北戦で湘北にリードされ、陵南に焦りが見えてきたとき、仙道はこの一言でチームメイトを冷静にさせる。 青田龍彦名言 全国制覇? あ!? こんなところでモタついてて全国制覇ができると思うか!! 柔道とバスケットと競技は違う物の、上を目指す意志は同じ。 池上亮二名言 三井「おいお前!そんなに張り切って最後までもつといいけどな!!」 池上「オレはオレの仕事をする!この試合に悔いは残さねえ」 ディフェンスに定評のある池上の言葉。 名言 見たくはない・・ 海南の勝利も敗北も・・・ 海南と湘北の戦いを見ずに帰ろうとする藤真。 ライバルの海南の勝利は見たくない一方で、そのライバルが無名の湘北に負けてしまうことも望まない複雑な心境・・・ 自信をもて!! お前に勝てる奴などいない!! 高頭監督名言 勝ちたいという思いが強い方が勝つ!! 海南はよそのどのチームよりも練習している!! そしてその中でもスタメンを勝ち取った連中はそれこそ血のにじむような努力を重ねてきたんだ。 海南に天才はいない。 だが海南が最強だ!! 湘北VS海南戦にて。 前半の流川の奮闘もむなしく神のなどで差がどんどん開いていくシーン。 「限界ぎりぎりの三井を支えているのは自分のために赤木がスクリーンかけてくれる・・その一瞬を逃さず宮城がパスをくれるはず・・・ 落ちても桜木がリバウンド取ってくれるはず・・・という信頼 奴は今赤ん坊のように味方を信頼しきることで何とか支えられている」 ひろしチームの監督 「価値を掴む機会と見たら全力を注ぎ込んでそこで決めちまう。 見逃して次を待つなんてのは二流のやることよ なあ堂本」 湘北VS山王。 後半開始直後に大量得点した山王であるが、メンバーを変えようとせずさらに点を取りに来る模様。 この監督の発言は汎用性のある言葉。 沢北栄治名言 沢北「日本一?日本一のプレイヤーになりたいのか?流川 なるがいいさ オレのいない日本でな。 夏が終わったらオレはアメリカだ。 」 tsunepi.

次の