教え て いただく 敬語。 「教えてもらう」の敬語でのいい方・例文|メール/ビジネス

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教え て いただく 敬語

「教えてください」の意味 「教えてください」の意味は「教えてほしい」 「教えてください」は、「 教えてほしい」という意味で使用される言葉です。 相手に何かを教えて欲しいという場面で使用する敬語表現です。 「教えてください」は、「教える」+ 尊敬語「ください」で、すでに敬語 「教えてください」は、 「欲しい」の敬語表現である「くれ」の尊敬語である「ください」という表現を使用したもので、すでに敬語表現となっていいます。 つまり、依頼をするとき「教えてください」という意味で使する丁寧な表現であるということがわかります。 「教えてください」の「ください」は補助動詞なのでひらがな表記 「教えてください」の「ください」は、平仮名で「ください」と表記する場合と、「下さい」と漢字で表記する場合があります。 簡単に説明すると、 「ください」・・・ お願いごとをする場合に相手に敬意を示す補助動詞 「下さい」・・・ 「くれ」という請求の意を敬意を示して表現する動詞 となります。 「教えてください」の場合、相手に依頼をするときに相手に対して敬意をしめる意味合いで使用されているため、「補助動詞」で使用しているということになります。 したがって、 「教えてください」の「ください」は平仮名が正しい表記です。 「教えてください」は丁寧さに欠けるので社外宛メールはもちろん社内でも使用を避けるべし 「教えてください」は、 ・日程を教えてください ・住所を教えてください ・パスワードを教えてください ・連絡先を教えてください ・分かりましたら教えてください などビジネスシーンでは様々な言い回しで「教えてください」と使う場面があるかと思いますが、実は「教えてください」は丁寧さに欠ける敬語表現で、社内であっても使用は避けるべきです。 理由としては、「ください」がという表現が、「くれ」という命令形の尊敬語であるということがあげられます。 元々「くれ」という命令をするニュアンスがある言葉であるということから、お願いをする表現としては少々きつい印象になってしまうのです。 特に目上の人や社外の人に「教えてほしい」と依頼をする場合は、より丁寧な表現でお願いをすることを心がけましょう。 「教えてください」のより丁寧な敬語表現 「お教えください」と、尊敬を表す接頭語「お」を付ける 相手にお願いをするときに使用する丁寧な表現としては、尊敬語を使用するという方法があげられます。 「教えてください」を、尊敬を表す表現にすると「お教えください」となります。 「教える」に、 尊敬を表す接頭語の「お」をつけて、「ください」という丁寧語をつけて使用すると、相手に対して尊敬を表すことができるので、より丁寧な表現になります。 例文 ・ご希望のプランがございましたらお教えください。 ・会議までに何かすべきことがあればお教えください。 ・何か他に利用できる交通手段があればお教えください。 「お教えくださいませ」と、「ませ」を付けると柔らかい印象に 「お教えください」を「 お教えくださいませ」に言い換えるとさらに柔らかい印象の言い回しになります。 「〜ませ」には 深い意味はなく、表現を柔らかくするためにつけている言葉です。 「お(ご)〜くださいませ」という表現は、「お気をつけくださいませ」「ご覧くださいませ」など、様々な場面で表現を丁寧にし、さらに柔らかくするために使用されます。 「〜ませ」は、女性的な印象があるとも言われていますが、男性が使ってはいけないということではありません。 例文 ・ランプが点灯したら終了になりますのでお近くのスタッフにお教えくださいませ。 ・何かアレルギーがございましたら、お教えくださいませ。 ・現時点で、到着時間が不明な場合は前日までにお教えくださいませ。 「教えていただけますか」だと謙譲語になる 相手に依頼やお願いをする場面では、謙譲語を使用しても相手に敬意をしめす丁寧な表現になります。 「教えてください」を謙譲語で表現すると「 教えていただけますか」となります。 「〜していただく」は、「〜してもらう」の謙譲語で、自分の行動をへりくだって表現することにより、相手に対して敬意を示す表現です。 その他にも、謙譲語を使用した表現には ・教えていただくようお願いたします ・教えていただくことは可能でしょうか といった言い回しがあります。 「願います」は、「 〜してほしいです」と教えてくれることを願う表現で、「お教え願えませんか」は「 〜をお願いできませんか?」と謙虚にお願いをしている表現です。 例文 ・請求書の作成方法をお教え願います。 ・不具合がござましたらお教え願います。 「教えていただけませんでしょうか」は社内の人に 「教えていただけませんでしょうか」は、「〜いただけません」という否定のニュアンスのある表現を使用することにより、 「〜してもらえますか?」と相手に答えを委ねるお願いの仕方になります。 例えば、「電話番号を教えていただけますか」というような使い方をした場合、丁寧語の「ます」を使用した肯定的なニュアンスのある表現で、「教えてください」とお願いをしているのと同じになります。 一方の「電話番号を教えていただけませんでしょうか」は、相手に教えるかどうかの判断を委ねている表現になります。 反応の時間を考えると、社外の人には肯定的な表現でお願いをしたほうがスムーズに進みますので、「教えていただけませんでしょうか」は上司など、社内の人に使用するのに向いています。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というようなアドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 ・何かお気づきの点があればご教示ください。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示ください。 ・お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示ください。 ・今後の売上向上に向けて改善点があればご教示ください。 ご教授ください 「ご教授」は、「 ごきょうじゅ」と読みます。 「教授」の意味は、「 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用」です。 「教授」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけ、「ご教授」とすることで目上の人に「教えてほしい」とお願いをする場面で使用することができます。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例文 ・是非ともこの分野での専門的な知識を学びたいと思っておりますので、ご教授ください。 ・データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授ください。 ・先週はお休みをいただき申しわけございませんでした。 来週からまた引き続きご教授ください。 ご指導ご鞭撻 ご指導ご鞭撻は「 ごしどうごべんたつ」と読みます。 「ご指導ご鞭撻」の意味は、 目上の相手からの自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現になります。 「ご指導」も「ご鞭撻」のどちらも、「ご指導お願い申し上げます」や「ご鞭撻の程、よろしくお願いします」のように、単独でも用いられていますが「ご指導ご鞭撻」と合わせて用いられることが多くなっています。 ちなみに名詞の「指導」「鞭撻」にそれぞれ尊敬語の接頭辞である「ご」がついたものです。 また、それぞれの意味は以下の通りです。 「指導」 ある目的に向かって教え導くこと 「鞭撻」 1.鞭(ムチ)で打つこと 2.怠らないよう強く励ますこと になります。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・何かと至らぬ二人ではございますが、今後とも今までと変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 ・本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 「教えてください」のその他の言い換え表現 「お知らせください」 「お知らせください」は、 「知らせ」という言葉に接頭語の「お」と「ください」という丁寧語をつけた表現です。 「知らせ」は、「知らせること」で、 何かを伝えるときや、報告をする・連絡をするといった場面で使用される言葉です。 「お知らせください」で、「連絡をください」「教えてください」というニュアンスで使用されます。 例文 ・何かお気づきの点がございましたらお知らせください。 ・詳細が決まり次第、お知らせくださいますよう、お願い申し上げます。 ・不具合がございましたらお知らせいただきますと幸いに存じます。 「お聞かせください」 「お聞かせください」は、 「聞く」に接頭語の「お」と、丁寧語の「ます」をつけた丁寧な敬語表現です。 「お聞かせください」は、「教えてほしい」というようなニュアンスで、何かを訪ねる場面で使用する表現です。 上述しているように、「ください」には命令のニュアンスがあるため、きつく感じられやすい表現です。 目上の人や社外の人に尋ねたい場合は、より丁寧な表現を使用するほうが無難です。 ・よろしければ使用してみた感想をお聞かせください。 ・解約に至った理由をお聞かせくださいませんか。 「教えてください」の英語表現 「知らせる」の英語は「inform 人 of」「let 人 know」「tell 人」など 「教えてください」で使う英語には、 ・inform 人 of 事 ・let 人 know ・tell 人 about 事 などがあります。 「 keep 人 updated」と表現すると「常に知らせる、常時報告する」というニュアンスになります。 「 report to 人」で「人に報告する」という意味になります。 「A reports to B」で「AはBの直属の部下だ」という意味になります。 「teach」は「(学問など)を教える」、「advise」は「助言する、忠告する」 「教える」の英語だと、まず最初に思いつくのが「teach」だと思うのですが、「teach」は「(学科・クラスなど)を教える」という意味なので、少しニュアンスが違います。 「advise」も「助言する、忠告する」という意味で、「tell」などとは違います。

次の

「お~していただく」「お~いただく」「お~くださる」

教え て いただく 敬語

まずは直接口頭で、教えてもらう際に使う言葉についてご紹介します。 教えてもらうの敬語は「教えていただく」となります。 これがシンプルでわかりやすい言い方です。 どんな相手にも使えるので便利で、一つ覚えておくとどんな場面でも困らないでしょう。 相手に教えてもらうよう頼むなら疑問形になり、「教えていただけませんか?」となります。 例:住所を教えてほしい時 では実際に、住所を教えてもらうときにどういった敬語になるか確認してみましょう。 単純に「教えてもらう」だけを直すのでは不十分です。 住所も丁寧な言い方に直して 「ご住所を教えていただけませんか?」 としましょう。 より恭しく表現したいならば、クッション言葉を使うとよいでしょう。 「恐れ入りますが、ご住所を教えていただけませんか?」 が一例です。 この文型は住所の部分を入れ替えることにより、応用することができます。 名前を教えてもらうなら、「お名前を教えていただけませんか?」です。 和らげる表現、クッション言葉を使ってみよう 敬語を使うとき一緒に使いこなせると便利なのが、「クッション言葉」です。 その名のとおり言葉を受け止めて柔らかくしてくれる表現です。 相手にお願いや言いにくいことを伝える時に使えます。 主に敬語表現の文頭につけて使うことがほとんどです。 今回は特に教えてもらうときに使う、依頼についての表現をご紹介します。 お願いは、ともすれば相手の迷惑になりかねない行為ですので、クッション言葉を用いて少しでも角が立たないようにすると良いでしょう。 「恐れ入りますが、お待ちいただいてもよろしいでしょうか」 「大変申し訳ございませんが、一列でお待ちください」 「お手数ですがこちらの書類に目を通していただけますか」 「ご多忙とは存じますがよろしくお願いいたします」 中には何気なく耳にした表現もあるでしょう。 ご自分の口からも自然に出るようにしておくと、いざというときに役立ちますよ。 「いただく」と「くださる」の違い みなさんのなかに、「教えてくださる」も敬語として正しいのではないか、と思われた方もいらっしることでしょう。 「いただく」も「くださる」も似た場面で使う敬語表現です。 しかし、行為の主体が違うため、異なったニュアンスとなります。 「いただく」、「くださる」の基本語は「もらう」、「くれる」です。 「もらう」は与えられる側、「くれる」は与える側にフォーカスが当たっています。 動詞に付属した際には「もらう」はこちらからの依頼や、命令の意味合いが込められ、「くれる」は、相手が自分の意思でやったことへの感謝のニュアンスが含まれます。 教えてもらうはお願いの表現 ですので、「もらう」の敬語、「いただく」はお願いするとき、「くれる」の敬語、「くださる」は感謝するときに使えます。 こちらから教えてもらうよう頼むのならば、「教えていただく」、となります。 とはいえ、現代ではあいまいになっている部分ではありますので、普段はそこまで気にしなくても大丈夫です。 より丁寧にお願いしたいときや、感謝の気持ちを込めたいときに意識してみるとよいでしょう。 メールで「教えてもらう」と依頼をする場合、口頭とは違った気遣いが必要となります。 相手がどのような表情をしているか分かりません。 間違った伝わり方をしてしまったとしても、すぐ訂正することもできません。 顔が見えない分、より丁寧さが必要となってきます。 もちろん「教えていただきたいです」でも構わないのですが、できればかしこまった表現を使えるとメールの場合は役立つことが多いです。 教えていただきたいです、のランクアップした表現はずばり、「お教えいただきたく存じます」、となります。 です、ます、は口頭では良いのですが文面だけで見るとカジュアルに伝わります。 特に目上の方でしたり、ビジネスの相手の場合は避けた方が良い表現です。 存じます、が望ましいでしょう。 また、ここでもクッション言葉を使うと相手への気遣いを感じ取ることができます。 例えば「ご面倒をおかけし申し訳ございませんが」といった言葉になります。 そこに感謝の言葉を付け加えるのが一番簡単なやり方です。 例えば、「教えていただきありがとうございます」となります。 先輩相手に、もう少し丁寧に敬意を示したい場合は「ご指導いただきありがとうございます」となります。 さらに目上の方に対したときは、「ご助言を賜り誠にありがとうございます」とすればよいでしょう。 教える、という言葉をご助言という、相手のアドバイスを高めた言い方になっています。 「賜る」は「いただく」のより上の言葉となります。 この敬語表現ならば、目上の方に対しては間違いがないでしょう。 しかし、敬語も大切ではありますが、お礼を言う際に重要となるのは感謝の気持ちを心を込めて伝えることです。 感謝の気持ちはどうしたら伝わる? 感謝を伝える際まずはタイミングが大切となります。 お世話になった際、そのすぐ後に感謝の気持ちを伝えることが重要です。 時間がたてばたつほど伝わる印象は薄れてしまいます。 次に必要となるのが具体性です。 教わった点を細かく上げることで、きちんと耳を傾け、受け止めた、と伝えることができます。 繰り返し自分から述べることで、内容確認にもなりますので便利です。 ご助言を賜り誠にありがとうございます」とすると相手を立てる言い方となります。 こうしてきちんとした敬語でもって謝意を伝えることができれば、次の機会も快く教えてもらうことができるでしょう。 「教えてもらう」の敬語の使い方ービジネス編ー 最後に、人生の大半を占めるビジネスシーンでの「教えてもらう」の敬語の使い方をご紹介します。 社内の日々の業務について教えてもらうことに関しては「教えていただく」でも十分です。 ミスをしてしまった時のように、相手への改まった敬意を伝えたいときは「ご指導いただく」がよいでしょう。 さらにその上、となった場合はご助言のように、かしこまった敬語表現があります。 それが「ご教示いただく」です。 教示という漢字を重ねた熟語を使うと固い表現となり、改まったシーンでも通用します。 クッション言葉をつけて敬語にすると、「ご多忙なところ恐縮ですが、ご教示いただけないでしょうか?」となります。 混同しやすい「ご教授」と「ご教示」の使い分け方 教示という言葉とよく混同されるものに、教授があります。 どちらも教えの表現ではありますが、その教えるものの対象が異なる表現となります。 教示の読み下し文は「教えて示す」です。 示す、という言葉は指を差して示す、という意味が含まれます。 目で見て教えてもらうものはわかりやすいです。 ですので、「ご教示」は単純にわかりやすく教えるという意味合いになります。 教授の読み下し文は「教えて授ける」です。 授けるには目上の者が、目下の者へ、利益となる物事を移動させる、という意味が含まれます。 目で見て教える教示よりも、より詳細に伝達をするイメージが強くなります。 ですので、「ご教授」は専門的な知識を必要とする物事を長期間に渡って伝える際にふさわしい表現といえます。 ビジネスには「ご教示」が向いている ビジネスにおいては「ご教示」が向いているといえます。 しかし、大半は物事の手順や方法がわからず教えてもらうことがほとんどでしょう。 その場合は「ご教示」を使うことで教えてもらう相手への敬意を示すことができます。 「ご教授」使うシーンとしては、専門職で、特定の分野について長期間に渡って教わるシチュエーションが考えられます。 専門職でなくても使うときがあるとすれば、異動になった時です。 長い間世話になった相手に敬意と感謝の念を伝える時に、これほどふさわしい敬語はありません。 「ご教授くださり、本当にありがとうございました」と、最後に伝えることができれば、お互いに晴れやかな気持ちで旅立つことができるでしょう。 「教えてもらう」の敬語を使いこなして、成長しよう.

次の

「お~していただく」「お~いただく」「お~くださる」

教え て いただく 敬語

仕事をやっていく中で、初めは何かと教えを乞いたくなることもあるかと思います。 しかし、上司などの目上の人に「教えてください」という言い方をするのは丁寧さに欠ける気がするものです。 これは正しい敬語表現なのでしょうか? 今回は、目上の人に教えを乞う際の丁寧な言い方について解説していきます。 「教えてください」は敬語だが、ビジネスシーンで使うには丁寧さに欠ける そもそも、「教えてください」という表現も正しい敬語ではあります。 ただし、 「ください」は元々「くれ」という命令形であるため、丁寧さに欠ける印象になってしまいます。 したがって、人によっては「教えてください」という表現は不快に思われてしまうかもしれません。 社外の人に使う場合や、立場の離れた人に使う場合は特に注意が必要です。 ちなみに、「教えてください」のように他の動詞に「ください」が付く場合は漢字ではなくひらがなで書くのが一般的です。 「教えてください」をより丁寧にした表現 「お教えください」 尊敬や謙譲の意を表す接頭語「お」を付けて 「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「お教えくださいませ」 「お教えください」に、さらに丁寧の助動詞「ます」を付した 「お教えくださいませ」は、さらに丁寧な表現になります。 また、 「お教えくださいませんか」のように疑問形にすると、一方的に頼むより相手の意向を伺う表現となり、より丁寧です。 一方、 「お教えくださいませ」に「です」を加えた「お教えくださいませんでしょうか」という表現も見られますが、これは二重敬語となり誤りです。 「お教えいただけませんか」 「ください」の代わりに「いただく」を用いた 「お教えいただけませんか」という表現も可能です。 ここでの「いただく」もひらがな表記が一般的です。 「教える」の類義語を用いた表現 「ご教示ください」 「教え示すこと」という意味の言葉「教示」を用い、 「ご教示ください」とするのも丁寧な表現です。 この表現は、 単純な事柄や方法について教えを乞う際に用いられることが多い表現です。 「ご教授ください」 「教え授ける」という意の言葉「教授」を用いた表現 「ご教授ください」とすることも可能です。 こちらは、「ご教示ください」の場合と比較すると、 より専門性の高い事柄について教えを乞うときに用いられます。 「ご教示ください」「ご教授ください」についても、助詞「ませ」を用いてより丁寧な表現にすることも可能です。 「ご教示くださいませ」「ご教授くださいませ」といった形になります。 その他の表現 その他にも、 「ご指導ください」「ご意見をお聞かせください」「ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」など、教えを乞う様々な表現があります。 また、「お教えいただけると幸いです」のように、 「~いただけると幸いです」とするとより丁寧な表現になります。 一方、「ご教示願います」のように「~願います」という表現も見られますが、これは丁寧さに欠けるとされることもあります。 「ご教示のほど、よろしくお願いいたします」とするのが、ビジネスシーンでは正しい表現です。

次の