コロナ 手袋。 「つり革に触りたくない」“新型コロナ”の予防で手袋の販売数が急増...百貨店に売れ筋を聞いた

新型コロナ 専門家「手袋のつけっぱなし 感染リスク考えて」

コロナ 手袋

他者との接触を避けたい... 新型コロナの影響は手袋にまで 感染が拡大する新型コロナウイルスの予防対策として、私たちができることの一つが衛生管理の徹底だ。 詳細については、編集部でもすでに取り上げているので、こちらを確認してほしい。 (参考記事:) 厚生労働省の特設ページより とはいえ、街には不特定多数の人が触れるものであふれていることも事実。 電車のつり革やドアノブ、エレベーターのボタンなどは触れざるを得ないこともあるが、その後すぐに手洗いやアルコール消毒ができるとは限らない。 特に公共交通機関を利用する人にとっては、大きな悩みだろう。 つり革などに触れないようにしている人もいるはず(画像はイメージ) こうした中、意外なものの需要が高まっているという。 それが手袋。 用途は防寒具としてではなく、他者との接触やウイルスが素手に付着することを防ぐためだというのだ。 実際にTwitterでは、「電車に乗る時はマスク、イヤホン、目を閉じる、手袋のコンボで徹底的に感染予防をしています」「電車通勤の方、吊革には手袋して掴まりましょうね」といった、投稿もある。 新型コロナウイルスの感染経路の一つは、「ウイルスが付いた共用部分などに他の人が触れたことで手にウイルスが付着。 その手で口や鼻を触ったことによる粘膜からの感染」だ。 確かに、この接触感染の予防には効果がありそうだ。 (参考記事:) 果たして、実際の店舗にはどのような影響が出ているのだろうか。 衣類などを取り扱う、東武百貨店・池袋本店に近況を聞いてみた。 当店では、冬物商品と春物商品の入れ替えに伴い、2月20日~2月27日にかけて販売数量の統計を取りました。 そうしたところ、 手袋の販売数量が2019年の同時期に比べて、約5倍となっていることが分かりました。 そのため、男性用と女性用との違いは不明です。 手袋の売れ筋については、素材は綿で、形状は5本指それぞれを覆うものが売れています。 水洗いできるもの、抗菌作用があるものが好評のようです。 売場の販売員によると、 2~3セットを同時に購入されるお客さまが多いとのことなので、衛生面を気にされて、頻繁に洗濯などをされているのではないでしょうか。 手袋に科学的な予防効果があるのかまでは言及できませんが、衛生面を気にされる人が多いことが影響していると思われます。 新型コロナウイルスの脅威が話題となっていることなどを踏まえて、このような売場となったと思われます。 これはマスクを着ける機会が増えたことが影響しているからと想定されます。 当店はマスクなどは花粉の時期に少し取り扱う程度なので、ドラッグストアのような影響は出ていません。 雇用する全従業員にマスク着用を義務付けているほか、アルコール消毒を含めた手洗いの徹底、うがいの徹底をさせています。 また、食品売り場では試飲・試食販売の一切を中止しております。 マスク需要が眼鏡の曇り止めにまで影響していた(画像はイメージ) 新型コロナウイルスに対する感染の不安は、身近な衣類である手袋の販売数量にまであらわれていた。 ただ、手袋の表面にはウイルスが付着しているため、身に着けた状態で目や鼻、口などに触れないこと、手袋自体をしっかり洗うことも大切だろう。 そしてもちろん、普段の衛生管理も重要。 基本的な手洗いやうがい、アルコール消毒も忘れないようにしたい。 【関連記事】.

次の

新型コロナウイルスの感染予防に“使い捨て手袋”が有効

コロナ 手袋

つり革や手すりなどからの感染を心配する声 コロナウィルスの感染拡大が騒がれている中、不特定多数が触れる電車のつり革、お金、ドアノブや手すりなどの手から感染を心配する声が上がっています。 特に外出時は、不特定多数の方が触れたものに触れる機会が多くなります。 電車やバスのつり革、お釣りの受け渡し、ドアノブ、手すり、椅子、机・・・。 接触感染を予防する為に、 外出時に 使い捨て手袋をはめ帰宅時に 使い捨て手袋を外し、すぐに手を洗うという対策で感染の予防をしている方も多いようです。 買い物、バス電車、これはめて行きます。 乗り物の吊り革 手すり、買い物カート、エレベーターのボタン、ドアノブ、スイッチどこでも触って帰って来たら捨てよう。 最近は安く売ってるしね。 更に帰宅時手洗いで完璧よな。 外出中はけっして首から上は手で触らないようにしている。 もちろん帰宅したら手洗い うがいである。 慌てずに必要な分だけ購入し、必要な方へ行き渡るようにしたいですよね。 ネット通販でも、 在庫ありの商品はたくさん販売していました。

次の

手袋で感染予防!効果はあるの?抗菌手袋や使い捨て手袋に人気!

コロナ 手袋

手袋をして作業する姿は、店舗のレジや飲食店、スポーツジム、また、買い物をする人の中でも見ることがあります。 感染対策に詳しい、愛知県瀬戸市の公立陶生病院の感染症専門医武藤義和医師は「手袋のつけっぱなしは、感染を広げるリスクになる」と注意を呼びかけています。 リスクの一つは同じ手袋をずっとつけ続けていることにあります。 例えば手袋を付けっぱなしにして次々と客と接し、お金や商品などを触れ続けていると、感染源に触れた場合、次から次に感染を橋渡しすることになりかねないということです。 また、手袋をしている安心感から手洗いや手指の消毒がおろそかになりがちです。 また、手袋の上からアルコールで消毒するという対策も考えられますが、効果が素手よりも低い上、アルコールによって目に見えない小さな穴が空くおそれがあるものもあるため、推奨されていないとしています。 目に見えない小さな穴であっても、その穴からウイルスや細菌が入り、知らないうちに自分の手が汚染される可能性があるということです。 「病院で手袋をしている医師や看護師を見る」という方もいらっしゃるかもしれませんが、武藤医師のよると薬が効きにくい耐性菌などに、感染した患者を診療する際などには、ほかに感染を広げないため、手袋をつけますが、必ず1人の患者ごとに手袋を付け替えています。 多くの患者の診療は基本的には手で行い、患者に触れる前後などに手や指の消毒を行うということです。 さらに、手袋は脱ぐ時にも感染のリスクがあるといいます。 手袋の外側にウイルスや細菌が付いていると、外すときに手に付着するおそれがあるためです。 手袋の袖口をつかみ、清潔な内側が外側になるように、ゆっくりとはずし、外したあとは必ず手洗いやアルコールで手や指を消毒をするということです。 手袋は使ったあとの外し方についても注意点があります。 衛生用品メーカーの「サラヤ」は医療従事者向けに、WEBサイト上で手袋の外し方を動画や絵も交えて紹介しています。 大切なのは、ウイルスや細菌などが付着しているかもしれないので「手袋の表側に触れないようにする」ことです。 外す時はまず、片方の手袋の袖口をつかみ、手袋を表裏逆になるように外します。 外した手袋は反対側の手袋でつかみ、こんどは手袋の袖口に指を差し込み、やはり手袋を表裏逆になるように外します。 忘れてはいけないのが手袋を外した後の手の消毒や手洗いです。 手袋を使っているうちに小さな穴が空いていたりして、手にウイルスや菌が付着することもあるため、必ず使用後に消毒や手洗いを行うようにします。

次の