京 進。 会社案内

会社案内

京 進

自分が一番親しんだラーメン屋といえば、間違いなく京王線桜上水駅北口にあった「進京亭」の名を挙げるだろう。 父に1973年に連れていってもらったのが最初で、その後渡米期間を挟んで1975年から2016年までずっとお世話になった店である。 他の店にはないラーメン、とりそば、ワンタンメン、味噌ラーメン、ギョーザ、ニラレバイタメ。 全部逸品だった。 しかも43年にわたって味がほとんど変わらなかった。 最初は店主と妹さんでやっていて、そしてそれがすぐ店主と店主の奥様に代わって、その後娘さん、息子さんと店によく出入りしていたのを覚えている。 なにしろ私が小学生の頃から中年になるまでずっと世話になっていた店だった。 2017年春より休業、そして2017年8月末に「忌中」の掲示が店に出ていたそうで、私も先日店の前で手を合わせてきた。 どんな店だったかについては、が参考になるだろう。 自分にとっては、1つの長い時代が終わった感は否めない。 亡くなられた店主のご冥福をささやかながらお祈りする次第である。

次の

有職菓子御調進所 老松

京 進

自分が一番親しんだラーメン屋といえば、間違いなく京王線桜上水駅北口にあった「進京亭」の名を挙げるだろう。 父に1973年に連れていってもらったのが最初で、その後渡米期間を挟んで1975年から2016年までずっとお世話になった店である。 他の店にはないラーメン、とりそば、ワンタンメン、味噌ラーメン、ギョーザ、ニラレバイタメ。 全部逸品だった。 しかも43年にわたって味がほとんど変わらなかった。 最初は店主と妹さんでやっていて、そしてそれがすぐ店主と店主の奥様に代わって、その後娘さん、息子さんと店によく出入りしていたのを覚えている。 なにしろ私が小学生の頃から中年になるまでずっと世話になっていた店だった。 2017年春より休業、そして2017年8月末に「忌中」の掲示が店に出ていたそうで、私も先日店の前で手を合わせてきた。 どんな店だったかについては、が参考になるだろう。 自分にとっては、1つの長い時代が終わった感は否めない。 亡くなられた店主のご冥福をささやかながらお祈りする次第である。

次の

進々堂 京大北門前 (シンシンドウ)

京 進

お知らせ• 老松について 菓子は、人と人との間をとりもつコミュニケーションツール。 菓子を通して、京都の歴史と文化をお伝えします。 有職菓子御調進所 老松は有職儀式典礼にもとづく婚礼菓子、茶席菓子を中心に、 たえず新しい菓子を生みだしています。 菓子 京菓子の伝統をふまえながら、形に、素材に、 たえず新しい息吹をふきこんできました。 婚礼菓子、茶席菓子のほか、京都の歴史をふまえた風土菓や、「夏柑糖」に 代表されるように、日本古来の原材料について考える菓子、「蓮根餅」や 「香果餅」のように、菓子のルーツを求めてアジア各地を巡った結果生まれた もの、「流鏑馬」「今様」のように、芸能文化を伝承するための菓子など、 菓子を通して、歴史文化を次代へと継承するための試みを行っております。 日本原産の作物や、古くから食されてきた素材に注目して、創菓しました。 文化事業 日本の文化では菓子が大きな役割を果たしています。 そんな日本の文化を大切に守っていくための活動を行っています。 老松では、京都の伝統文化保存のための様々な活動を行っています。 学校教育現場に赴いて、菓子づくり講習会や、京都の文化に関する講演を行ったり、 海外での茶会、レセプション等における日本文化紹介コーナーを担当するなど、 菓子に限らず、伝統文化のすばらしさを伝えていくための、幅広い活動を行っています。 菓子は、古く、信仰の場において、神と人とをとりもつ大切な食べ物とされてきました。 人が集まるところに文化が生まれます。 そんな「場」の文化にも、菓子はつきもの。 菓子は、人と人との間をとりもつコミュニケーションツール。 店舗案内 北野店 住所: 〒602-8395 京都市上京区社家長屋町675-2 電話: 075-463-3050 FAX: 075-463-3051 営業時間: 9:00~18:00 定休日: 不定休 アクセス: ・嵐電(京福)北野線「北野白梅町」より徒歩11分 ・京都市バス「北野天満宮前」より徒歩6分 ・京都市バス「上七軒」より徒歩4分 北野天満宮東門前、団子発祥の地でもある、京都最古の花街 「上七軒(かみひちけん/かみしちけん)」にあります。 花街ならではの、はんなりとした風情あふれる佇まいです。 茶席菓子、婚礼菓子などのオーダーを承っております。 和菓子づくり体験も行っております。 お気軽にお問い合わせください。 嵐山店 住所: 〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20 電話 : 075-881-9033 FAX : 075-872-2889 営業時間: 9:00~17:00 茶房10:00~16:30(L. 16:00) 定休日: 不定休 アクセス: ・嵐電(京福)嵐山本線「嵐山駅」より徒歩3分 ・JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」より徒歩7分 ・阪急嵐山線「嵐山駅」より徒歩14分 風光明媚、煎餅発祥の地に位置しています。 煎餅は、弘仁年間、唐より帰朝した空海が、嵯峨里の住人、 和泉守大掾和三郎なる者にその製法を伝え、嵯峨御所へ 献上したと言われています。 茶房では、注文ごとに本わらび粉を練り上げる本わらび餅や、 生菓子とお抹茶、善哉などをお召し上がりいただけます。 和菓子づくり体験も行っております。 お気軽にお問い合わせください。 その他の店舗• 大丸京都店 住所: 〒600-8511 京都市下京区四条通高倉西入立売西町79 地下1階=和菓子 電話: 075-211-8111(代) 営業時間: 10:00~20:00• ジェイアール京都伊勢丹 住所: 〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 地下1階=和菓子 電話: 075-352-1111(大代表) 営業時間: 10:00~20:00•

次の