新型 スカイライン。 【新型スカイライン詳解】400R〜史上最強のスカイライン登場【その3:メカニズム編】

新型スカイライン 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

新型 スカイライン

新型スカイライン インテリア 「 プロパイロット 2. 0」を搭載。 更に、「 踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載。 「エマージェンシーブレーキ」には歩行者検知が可能となる。 に搭載された 第2世代のステアバイワイヤシステム「ダイレクト アダプティブ ステアリング(DAS)」と新システムとして「ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)」を標準装備する。 0L 4気筒ターボエンジンを廃止。 「 3. グレード「400R」に日産車で初採用の「IDS(インテリジェントダイナミックサスペンション)」を標準装備。 グレード「GT Type SP」にはオプション設定。 グレード「400R」はエクステリアには専用デザインの19インチホイールとレッド塗装のブレーキキャリパー、ブラックドアミラーを採用、インテリアにはキルティング加工のシートやレッドステッチを採用した。 0L V型6気筒ターボエンジン 新型スカイライン プロパイロット 2. 0採用 車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせて使用することで車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握。 あわせて、高速道路上で周囲の車両の複雑な動きをリアルタイムで把握する。 また、ドライバーモニターカメラを装備しており、ドライバーが前方を注視しているか常に監視する。 ナビゲーションシステムで目的地を設定、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。 ルート走行を開始すると追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある高速道路の出口までの走行を支援し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて同一車線内でハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広く支援します。 また、ナビゲーションと周囲360度のセンシング情報に基づいて、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案。 ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始。 日産自動車の2018年度通期連結決算にて新型スカイラインに「プロパイロット2. 0」を搭載すると発表された。 Piloted Drive 1. 0 高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである。 Piloted Drive 2. 0 レーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。 Piloted Drive 3. 0 市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。 Piloted Drive 4. 0 無人運転を可能にする完全自動運転だ。 SOSコール搭載 「プロパイロット 2. 0」での走行中に、ドライバーが警報に反応せずシステムが車両を緊急停止させた際に専用のオペレーターに自動接続する「プロパイロット緊急停止時SOSコール」を搭載。 新型スカイライン「docomo in Car Connect」通信機を採用 車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を利用可能にする「通信機(TCU)」を採用。 車内においてLTEの高速データ通信を使ったWi-Fiを利用可能。 データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などがなく、定額で使い放題のサービスである。 1年を選択した方がお得なプラン設定となっている。 車に良く乗る方や複数人で乗車することが多い人にはオススメなサービスである。 スペック スカイライン 全長 4,815mm 全幅 1,820mm 全高 1,440mm-1,450mm ホイールベース 2,850mm エンジン 3. 0L V型6気筒 ターボエンジン 3. 6kgm 乗車定員 5人 トランスミッション 7速AT 駆動方式 2WD(FR) 2WD(FR) 2WD(FR) 4WD JC08モード燃費 — — 16. 8-17. 0L 4気筒ターボ エンジン 3. 6kgm 乗車定員 5人 トランスミッション 7速AT 駆動方式 2WD(FR) 2WD(FR) 4WD JC08モード燃費 13. 8-17.

次の

【新型スカイライン詳解】400R〜史上最強のスカイライン登場【その3:メカニズム編】

新型 スカイライン

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産の 新型スカイライン SKYLINE は、半自動運転のプロパイロット機能が搭載されるなど、魅力的なクルマに仕上がっています。 ただ、この新型モデルを細かく見っていくと、ちょっと気になるところや残念に感じる部分も…。 この新型モデルを実際に試乗して気になった部分・残念に感じたところは、何だったのでしょうか?また、試乗をする際にしっかりと確認した方が良いところは、どこだったのでしょうか? マイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン SKYLINE を試乗して気になった欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。 【欠点1】新型スカイラインのガソリン車の装備の充実度 2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型スカイライン SKYLINE の残念に感じたところの一つは、ガソリン車 ターボ車 の装備の充実度です。 ハイブリッド車には、半自動運転する事ができるプロパイロット2. 0だけではなく、ヘッドアップディスプレイ HUD や電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドなど最新のアイテム・装備が充実しています。 なので、ガソリン車のパーキングブレーキは、オーソドックスな足踏み式になっています。 このハイブリッド車とガソリン車の機能や装備の差は、ちょっと残念でした。 ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の機能の違いは、下記の記事にまとめています。 ハイブリッド車とガソリン車でどれくらい機能や装備が異なるのか気になる方は、ぜひともこちらの記事をチェックしてみてくださいね。 【欠点2】新型スカイラインの運転席の足回りのスペース また、今回マイナーチェンジをして新発売された日産の新型スカイライン SKYLINE で気になったのは、運転席の居住性・足回りのスペースです。 ただ、ちょっと気になったのは、運転席の足元空間です。 このクルマの運転席の足元空間は広めに取られているのですが、センターコンソールが大きく張り出しているため、少し左足側が窮屈な感じが…。 また、運転中、少し足を動かしただけでも左足がセンターコンソールにぶつかるのが、ちょっと気になります。 もしかしたら、センターコンソールの前方に様々なシステムを搭載しているため、このような形状になってしまったのかもしれません。 ただ、運転のしやすさや快適性を考えると、もう少し広々とした運転席の足元空間を確保して貰いたかったです。 【欠点3】新型スカイラインの後部座席周りの装備 また、新型スカイライン SKYLINE の後部座席周りの装備や機能の充実度も気になるところの一つです。 マイナーチェンジをしたこの新型モデルの後部座席には、エアコンの風を送り出す送風口やドリンクホルダー付きのセンターアームレストは用意されているものの、それ以外の快適に過ごすためのアイテムや装備は一切なし。 また、スマホやiPhone、タブレット端末などを充電するのに便利なUSBポートも後部座席周りには用意されていません。 ちょっとコレは残念ですよね。 このクルマは運転の楽しさを追求したドライバーズカーとは言え、後部座席用のシートヒーターや携帯やスマホを充電するのに便利なUSBくらいは用意しても良かったような感じが…。 この新型スカイライン SKYLINE をファミリーカーとして使用しようと考えている方や友達みんなでゴルフに行こうとしている方には、この脆弱な後部座席周りの装備や機能は、ちょっと残念に感じるのかなと思いました。 ちなみに、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも後部座席の足元空間 ニークリアランス も狭くなっているので、ご注意くださいね。 まとめ:メリットだけではなく、弱点・欠点もしっかりとチェックをしよう 2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された日産のプレミアムセダン車新型スカイライン SKYLINE はとても魅力的なクルマですが、実際に試乗をしたり後部座席に座ってみたところ、このような欠点・デメリットが目に付きました。 特に気になったのは、ガソリン車 ターボ車 の装備&機能の脆弱さです。 新開発をしたツインターボエンジンのキビキビとした走りはとても良かったのですが、その分、機能や装備の物足りなさが余計に気になってしまいました。 もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、新型スカイライン SKYLINE の良い部分だけではなく、このような欠点・デメリットにもしっかりと目をむけてみてくださいね。 ちなみに、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車は装備の差が大きいですが、見積もり金額の差も多きので、ご注意くださいね。

次の

日産スカイライン新型モデルチェンジ情報2022|電動化して350~500万円台スポーティ4ドアセダン

新型 スカイライン

さらには、最近の新車の純正オイルって柔らかいなと、お思いの貴兄も多いかも。 現行スカイライン400RのV型6気筒3. 近年の自動車開発における大きな命題のひとつが低フリクション(抵抗)化で、その対策はクルマ全体に、くまなく及ぶ。 特にエンジンは本体のみならず、各種ポンプ類やタービン、エアコンなど、装着される補機類も数多く、それらひとつ一つが機械的なフリクションの要因となるために、あらゆる策が講じられている。 今回のお題の結論から言えば、純正エンジンオイルの指定粘度が下がっているのは、兎にも角にも、燃費向上の妨げになるエンジンの内部抵抗を減らしたいからに違いない。 基本的なことでご存知の方ばかりだとは思うが、大雑把に言って、エンジンオイルの粘度指数は数字が大きい方が硬い=ドロドロしていて、小さければ柔らかくサラダオイルのようなサラサラな方向になる。 ドロドロの液体とサラサラな液体をかき混ぜる際に、どちらの抵抗が多いかは、流石に説明する必要もないだろう。 今や純正オイルは0w-8なんてのも! 新型ヤリスに採用された0W-8のトヨタ純正オイル 今やエンジン出力と同レベルに低燃費性能が求められるので、必然的にエンジンオイルも低粘度になってくる。 そして、軽自動車やコンパクトカーではもはや0W-8なんて領域になっている。 一例をあげると日産の軽自動車デイズやトヨタの新型ヤリスなどが0W-8を指定している。 ひと昔前のハイパワーターボ車であるランエボやWRX STI、スカイラインGT-Rあたりでの純正指定は5W-30くらいが相場。 エンジンをブン回して走る人や、サーキット走行などを趣味にしているオーナーは、保険的な意味合いもあって15W-50なんて粘度のオイルを入れていた。 筆者もかつて乗っていた80スープラには、が280psに対してブーストアップで400ps近く出ていたので15W-50を選んでいた。 なので、昨今の低粘度指定については、自身も単純に凄いなあとは思っていた。 400Rのタービンは最高許容回転数は24万回転/分! 400Rのタービンは過回転を抑制するために、ダイレクトに回転数をセンシングしている。 そんな折、「新型スカイラインのすべて」の取材時に、特に驚きを覚えたのが前述のスカイライン400R。 V6ツインターボの405psエンジンの純正指定が0W-20というのは、にわかには信じがたかった。 しかも400Rに装着されているツインターボのタービンの最高許容回転数は24万rpm 回転/分 で、それを定常22万rpmで使っている。 タービンの大きさはだいぶ大きいが、スカイラインGT-Rのあたりのタービンの回転数が恐らく10万rpm前後だと思うので、400Rのタービンがいかに高回転で使用されているかご理解いただけるだろう。 そして、この過酷に使われているタービンの軸受部分もエンジンオイルで冷却する必要がある。 なので、エンジン開発のエンジニアになぜそんな低粘度オイルで大丈夫のかを訊いてみれば、クランクメタルの材質や各部のクリアランス設定などで対応しているそうで、特に樹脂コートなども行っていないという。 ただ、前提として例に挙げたスカイラインGT-Rなどの20数年前と比べれば、基本的な加工精度や、コーティング技術の向上が貢献しているのは間違いないだろうし、オイル自体や添加物の品質が向上していることもまた事実ではあろう。 自動車開発や、周辺技術の進歩まだまだ止まることはなさそうだ。

次の