知らなくていいコト 原作ネタバレ。 『知らなくていいコト』第7話あらすじネタバレ|野中がケイト出生の秘密を暴露|ソクラテスのつぶやき

知らなくていいコト(ドラマ)第6話の無料動画や再放送は?ネタバレ・感想も調査!

知らなくていいコト 原作ネタバレ

Contents• ntv. カリスマ講師ジーザス 年が明け、1月6日の校了日した編集部でしたが、その直後に山手トンネルが崩落したニュース速報が流れます。 警察の知り合いに問い合わせたケイトが、名代学園高校のラグビー部員を乗せたバスが事故に巻き込まれていて、ラグビー部員からの110番通報があったことを聞き出します。 名代学園高校に取材に向かったケイトは、学校付近の神社に入っていく女子高生を見かけ、一人だけ神社で降ります。 お参りをする女子高生の彼氏がラグビー部員だと聞き、話を聞くのでした。 その後、全員無事に生還し、ケイトの撮った写真やコメントがメインに使われます。 バスに乗っていたケイトは、その中にいた受験生らしき女子高生たちの話題に食いついて話を聞かせてもらうことに。 予備校のカリスマ講師として話題になっている、ジーザス富岡が、慶英大学 医学部の小論文の問題を3年連続で当てたのでした。 小人数制の特Aコースは月謝30万円と高額ですが、 合格率70%と公表する中、実際には100%だと言います。 デスク会議でジーザスのネタを報告する黒川でしたが、本の出版に合わせて連載班が著者インタビューをすることになっていました。 野中が担当する著者インタビューに、ケイトも同行することになるのでした。 夜、尾高の家に行き、正月休みに乃十阿に会いに行ってしまったことを打ち明けるケイト。 乃十阿と話したことはあるのかと聞くと、出所後に話を聞きに行ったことを話します。 ニュースカメラマンを辞めた理由について尋ねると、杏南から乃十阿の話を聞いた後、考え方が変わったと言う尾高。 もし乃十阿を目の前にしたら、冷静にシャッターを切ることはできないと感じ、ニュースカメラマンとしての自信を失ったのでした。 自分や杏南が居なければ、今頃はニュースカメラマンとして世界に羽ばたいていたかもしれないと思ったケイトは、尾高に申し訳なさを感じます。 野中のインタビューに同行するケイト ジーザスの講義を取材しに行く野中とケイト。 特Aコースについてもさりげなく話を聞こうとしますが、断られてしまいます。 その後、別室で著者インタビューをする野中たち。 予測力や予感力について話すジーザスですが、特Aコースについてジーザスにも話を聞きます。 すると、 今日の講義は休講になり土曜日に振り替えると言うジーザス。 慶英大学医学部の小論文問題の選考方法について取材しに行ったケイトは、10個の候補の中から医学部長が2つに絞る予定だと聞きます。 医学部長にも話を聞きたいと申し入れると、 入院中で小論文の問題もまだ絞り切れていないことが判明。 ジーザスの講義が中止になったことと関係があると考えたケイトは、岩谷にもそのことを報告します。 土曜日の朝までに何か動きがあると、ジーザスと予備校の校長、慶英大学医学部長をそれぞれ張り込むケイトたち。 後を追うと、 病院のロビーに座っていた校長がイスの上に置いた紙袋を、自分の持っていた同じ紙袋とすり替える瞬間を目撃します。 その瞬間の動画も撮影し、その後校長がジーザスに電話した声も録音するケイトたち。 ジーザスへの直撃は待てと岩谷から言われたケイト。 そこに木嶋が、文科省の局長と慶英医学部長とのやり取りの録音データを手にいれてきます。 医学部長は予備校から受け取った金を文科省の大学教育局長に賄賂として渡し、医学部の新キャンパス設立のための便宜を図ってもらっていたのでした。 岩谷は、医学部長、文科省局長、予備校校長、ジーザスの4人同時に直撃すると指示をします。 ジーザスの元に向かったケイトは、校長と医学部長との金銭授受の動画を見せます。 しらばっくれるジーザスでしたが、最終的に文科省の大学教育局長に賄賂が流れていることを聞かされ、自分が利用されていることを知ったジーザスは全てを話すのでした。 知らなくていいコト4話の感想 ケイトと別れてからの、野中の変貌ぶりがすごいですよね。 ケイトと別れること自体は仕方ないとして、その後のケイトに対しての嫌悪感がよく分かりません。 まるで、自分が騙された被害者であるかのようですよね。 自分の器の小ささを正当化するための防衛本能なのでしょうか。 さらに小さくしているような気もしますが…。 それにも増して驚くのは、ケイトのタフぶりですね。 仕事に没頭することで考えないようにしているのもあるのでしょうが、メンタル強いな~と感心してしまいます。 尾高という存在が、心強くいられる理由の一つだとは思いますが、強すぎですね。 乃十阿が冤罪の可能性もあるのでは?と考えるケイトですが、どんな事情があったのか、気になります。 知らなくていいコト4話の視聴率 「知らなくていいコト」3話の視聴率は、 9. 1%でした。 1話:9. 2話:8. 3話10. 4話:9. 1% 少し下がってしまったものの、順調ですね。 乃十阿が父親だとは分かりましたが、冤罪の可能性など、謎はまだ続きそうです。 「知らなくていいコト」はhuluで放送終了直後から配信されています。 2週間無料トライアル があるので、無料期間中に視聴すれば料金はかかりません。 2週間のトライアル中に解約すればいいのです。 もちろん気に入って、他にも見たい作品がある場合は、解約しなければそのまま継続するのもアリですね。 その場合は月額1,026円(税込)がかかります。 記者としては絶好調のケイトですが、プライベートは複雑そうです。 乃十阿の事件についても、本格的に調べることになるのでしょうか。

次の

知らなくていいコト(ドラマ)第6話の無料動画や再放送は?ネタバレ・感想も調査!

知らなくていいコト 原作ネタバレ

Contents• 野中は相変わらず仕事を休んでいるようだ。 そしてなぜかケイトは珍しく病欠をとっているようだが・・。 ケイトはなぜかドイツへ・・!? ケイトがいたのはドイツのローテンブルグ。 尾高も知らず、電話でその事実を知ったようだ。 実は乃十阿の弁護士の話には続きがあった。 ケイトは乃十阿の別れた奥さんと息子がむかし住んでいた住所を聞いていたのだ。 そこから息子の現在をわりだしたところ、その息子はピアニストとしてドイツに住んでいることがわかった。 すると偶然その息子を発見することに。 現在 息子は結婚しており、3歳くらいの子供がいるようだ・・。 ケイトはその姿を見て何を思ったのか・・。 ケイトと編集長の岩谷が対立!? ケイトは結局なにもせずにドイツから帰ってきた・・。 週刊イーストに戻り、編集長の岩谷に呼び出されたケイトは乃十阿の事件に関してわかった情報をすべて伝えた。 すると岩谷は 「面白いじゃないか、記事にしよう」 しかしケイトは乃十阿の息子を窮地に陥れることになるため、引け目を感じていた。 これまで様々な人のプライベートに踏み込み、記事を書いていたにもかかわらず・・。 岩谷はそんなケイトを一度担当から外し、 編集部のみんなに乃十阿の事件に関して洗いざらい調べさせることにした・・。 乃十阿事件の真相は明確になった・・!• 乃十阿の奥さんは現在再婚しており、何不自由なく過ごしているそうだ。 事件当時、乃十阿の奥さんは乃十阿の不倫のせいで精神的に参り、子供にもあたるほどだった・・。 乃十阿の不倫相手とは真壁杏南でお腹にはケイトがいた。 乃十阿の奥さんは関係を修復するためにキャンプを開いたが、そこで事件が発生してしまった・・。 同じキャンプに参加していた知り合いが持っていた写真の中に、3歳の息子が毒のある葉を入れている瞬間がはっきりと写っていた・・。 これで記事にするための証拠はすべてそろった。 岩谷はケイトを呼び出した。 「俺が記事を書くのか?ケイトが記事を書くのか!?」 尾高とケイトの関係に遂に決着が・・ 尾高はケイトを呼び出した。 話したいことがあるようだ・・。 尾高は岩谷からすべて話を聞いていた。 「俺が動物カメラマンになった時と同じだな・・」 尾高がニュースカメラマンを辞めたのは人のプライベートにつっこんだ記事を書けないと悟ったからだ・・。 今のケイトは過去の自分の状況と同じだった・・。 「ケイトは俺と違うよ。 ケイトには誰にもかけない記事を書いてほしい・・!岩谷さんが書くんじゃだめだ・・。 命削って真実を書け・・!!」 とまどうケイトに対し言葉を続ける・・。 「俺は命削って真実を書くケイトが好きなんだ・・!結婚しよう・・!」 そう言ってケイトを抱きしめた。 すでに離婚は奥さんに伝えているようだ。 あとは子供の親権を決めるだけ・・。 「私も尾高さんが好き・・死ぬほど好き・・。 だけど・・」 ケイトは尾高が子供を思う気持ちを見抜いていた。 それは乃十阿が人生を犠牲にして息子をかばった気持と同じように・・。 「好きだけど・・私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ・・?そんな尾高さんはイヤなの・・。 」 ケイトは涙ながらにプロポーズを断った・・。 そして尾高はまたケイトを抱きしめた。 「俺のことを2回もふるなよ・・!」 声は震えていた・・。 ケイトはその日の夜、涙を流しながらデスクに向かっていた・・。 事件の記事を完成させるために・・。 意外な結末に!? 岩谷は記事を受け取り掲載に向けて動き出したが・・なんと 社長から掲載は却下されてしまった。 3年前の乃十阿出所の記事を載せたときの バッシングが尾を引いているようだ。 結局岩谷はすぐに気持ちを切り替え、ケイトも少しショックを受けたがいつも通り仕事に向かった。 後日、ケイトは家に戻っていた乃十阿に事件についてまとめた記事を渡しに行った。 ただ乃十阿は何も語ることはなかった・・。 尾高と野中の結末は? 尾高はケイトに振られたあと家に帰ると、泣き叫ぶ子供だけが残されていた・・。 親権は尾高に書き換えられた離婚届とともに・・。 野中は自分がケイトの父親が乃十阿だとリークしたことを編集部のみんなに明かし、辞表を提出した。 ただそこで乃十阿は殺人犯ではないことを初めて知らされ、野中はあっけに取られていた・・。 数年後、野中は今回の出来事を本にしたところ、ベストセラー作家になっていた・・。 以上最終回のネタバレでした! 知らなくていいコト【最終回】感想! 尾高がケイトに告白するシーンは最終回で最も感動するシーンでしたね・・。 結局尾高さんはケイトに振られてしまったのですが、ネット上でもケイトと尾高さん関係に関するツイートが多くみられました。 また何かのきっかけでケイトと尾高さんくっついて幸せになって欲しいな…….。 ほんとに切ない…….。 そして尾高さんの奥さん子供置いてっちゃったのが結構怖かったというか、なんというか、驚いた。 — だれか。 奥さんが 吉高由里子に負けない位 魅力的な人だという描写でもあれば、不倫するなんて許されない!という反応が多くなっていたと思う。 もし動画で見てない方はチェックしてほしいですね! また 野中誰よりも出世してて面白すぎる笑 — とぅるーり Pmd1SqlLVfrgF1K 結末は完全に予想外でしたが、野中が最後まで笑わせてくれたのはよかったですw とにかく毎回ツイッター上でも話題になり「知らなくていいコト」は最高のドラマでしたね!!ありがとうございました!.

次の

知らなくていいコト結末予想と原作はあるのか調査!出生に秘密がある!?

知らなくていいコト 原作ネタバレ

真壁ケイト: 吉高由里子 主人公。 東源出版の一流週刊誌「週刊イースト」の編集部で働く特集班記者 真壁杏南: 秋吉久美子 主人公の母で、映画翻訳家。 脳梗塞で他界してしまう。 野中春樹: 重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの恋人で、同じ編集部で働く記者。 尾高由一郎: 柄本佑 ケイトの元カレで元同僚。 動物専門のカメラマン。 岩谷進: 佐々木蔵之介 ケイトの上司で、出版社の編集長。 乃十阿徹: 小林薫 ケイトの父親で、かつて世間を騒がせた殺人犯。 出所後の現在は、自転車屋で働いている。 黒川正彦: 山内圭哉 特集班・デスク 小野寺明人: 今野隆文 特集班(黒川班)のケイトの先輩 佐藤幸彦: 森田甘路 特集班(黒川班)のケイトの後輩 第7話ゲスト 知らなくていいコト 第7話あらすじネタバレ 尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知った ケイト(吉高由里子)。 ついに2人は一線を超えてしまう。 「バチが当たっても、時々私と一緒に居て。 何も望まないから。 」と甘えるケイト。 すると尾高は 「そんな風にうまくは行かないよ。 ケイトはそれでいいかもしれないけど、俺そんなに器用じゃないもん。 さりげなく両立なんてできない。 」とケイトを優しく抱きしめる。 不倫を追う立場でありながら、道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くケイトだった。 翌日、高熱を出した 黒川(山内圭哉)に代わり、デスク代理に指名されたケイト。 校了前日の激務に追われていた。 そんな中、編集部には次々とトラブルが発生。 マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手・ 笹美鈴(小沢真珠)が殴り込んできたのだ。 記事を書いたのは誰だと、大声を張り上げ大騒ぎ。 すかさず編集長の 岩谷(佐々木蔵之介)が出て行くと、 「我々はきちんと裏の取れたものでないと、記事にしません」と主張。 美鈴は一方的な証言で記事にするのかと、さらに騒ぎ立てるが、岩田は美鈴に何度も取材を申し込んだが、応じなかったため、歴代のマネージャーや、周りの歌手たちによる証言を元に、記事を書いたと説明した。 「私は恫喝なんてしないない!」と叫ぶ美鈴に、 「あなたは今私を恫喝しておられますよね?」 と岩谷が言い返す。 図星をつかれ、逃げ場のなくなった美鈴は、「なめんじゃねえ!」と、岩田をビンタ。 怒りが収まらない様子で、帰って行った。 美鈴が帰ったのを見届けると、岩谷は今起こったことを動画撮影していたか確認すると、記事にまとめあげろと冷静に指示。 「2時間で戻る」と岩谷はそのまま、編集部の業務に後ろ髪を引かれながらも、駆り出された連載を抱える大物作家・ 丸山シゲオ(西村まさ彦)の接待へと向かった。 場が収まったと安心したのもつかの間、今度は右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が、突然掲載の撤回を要求し、スクープ記事が飛ぶ大ピンチに。 家族の事を考えると、実名告発はやっぱり止めたいと、言ってきたのだ。 担当記者が、なんとか説得しようと、告発者に合いに向かったが、ボツになった場合の代わりとなる記事のネタ探しに、編集部は一丸となって奔走する。 気難しい作家で有名な、丸山との食事会真っただ中の岩谷。 校了前の編集部の様子を見に、席を外すと言って後を連載班に任せ、食事会を抜け出して編集部へ戻っていく。 岩谷が編集部へ戻ると、告発者の説得を根気よく続けろと指示。 しばらくすると、告発者の気持ちが変わったと連絡が入る。 予定通り右トップの記事としての掲載が確定。 食事会を中座した岩谷は、連載班に「10分で戻る」と連絡し、急いで店へ戻っていった。 編集部には更にトラブルがやってくる。 大人気アイドル・篠原モモカの写真集発売前に、週刊イーストが、彼女の路チュウ写真を掲載すると耳にした、出版局長・ 江川直之(おかやまはじめ)が、アイドルのスキャンダルが露呈すれば、写真集の売上が落ちてしまうからと、掲載を1ヵ月送らせて欲しいと、圧力をかけてきたのだ。 黒川班のデスク代理のケイトが、掲載については編集長次第だと、口外できないことを説明するが、江川はすぐに岩谷を呼べといって聞かない。 食事会へ戻ろうとしていた岩谷は、ケイトからの連絡により、再度編集部へ戻ることに。 岩谷は写真の掲載中止はしないと断言。 その方が写真集が売れるだろうと言うが、江川は全く引かない。 一方、岩谷が戻って来ないことで、すっかりヘソを曲げてしまった作家の丸山。 連載は止めるとダダをこね始めたと連絡が入る。 岩田はすぐに食事会へ戻らなければと、江川の話を保留にしようとすると、江川は丸山と懇意の中だから俺に任せろと、一緒に食事会へ行ってしまった。 江川のおかげで丸山との接待は無事終り、ホッとする岩谷と連載班。 校了前で徹夜の作業になるだろうと、差し入れのお寿司を購入し編集部へ戻る。 疲労と活気と混乱が渦巻く編集部は、岩谷からの差し入れに一息ついていた。 しかし、そんなムードを壊すかのように、刃物を手にケイトに近づいていく人物が。 週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生。 ケイトは前回、不倫スクープをした、天才技師の妻・和美(三倉茉奈)に刺されてしまった。 そしてケイトが襲撃された場を偶然目撃した尾高。 とどめを刺そうとケイトに襲い掛かった和美から、とっさにケイトをかばい、背中を刺されてしまう。 救急車で運ばれる尾高とケイト。 尾高の手術は成功し2人とも無事だった。 岩田には今回の襲撃事件を右トップにし、特集記事にすることを決定する。 その頃、尾高の病室を訪れようとしたケイトだったが、部屋から出てくる子供を抱えた尾高の妻を目撃してしまう。 ケイトは自分の病室へ戻ると、尾高からメッセージが届く。 (尾高)「生きてる?」 (ケイト)「生きてる」 (尾高)「今どこ?」 (ケイト)「ウチ」 会いたい気持ちを抑え、嘘の返事を打つケイトだった。 編集部には警察も入り、特集記事の準備で皆が奔走するなか、一人孤立していた 野中 (重岡大毅)。 暇なら全員分の飲み物買ってきて、と買い出しに行かされ、疎外感を感じていた。 野中が編集部のビルを出ると、外には大量のマスコミが。 その中の一人が野中に近づき、被害者の真壁ケイトについて、教えて欲しいと名刺を渡す。 ケイトと尾高の関係や、編集部内での孤立で、屈折した思いを抱く野中。 名刺の人物の取材を受け、ケイトの父が殺人犯・ 乃十阿徹(小林薫)であることを暴露してしまう。 『知らなくていいコト』第7話|視聴者の反応 尾高がケイトをかばったことで、2人の関係に気づいた野中。 ケイトを振った身でありながらも、2人への屈折した感情から、ケイトの出生の秘密をマスコミにバラすという、最低の行動に視聴者は予想通り激高です。 命を張ってケイトを守ろうとする尾高と、ケイトを陥れようとする野中の対照的な描写は、人間の深い愛情と闇の対比を体現しているようで、ドキドキしてしまいました。 秘密をバラされたケイト。 このピンチをどう乗り切るのでしょうか。

次の